FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

メンフォスいろいろ

大阪オーシャンズで盛り上がっている中
監察方のレポで楽しみながらも
メンフィス情報にパニクったりワクワクしたり・・・

落ち着きのない日々じゃぁ~

メンフォス会見招待情報であまりにうろたえて
マイナス思考に陥っていたら、・・・

コメント欄で「こんな時間に通行人殿」から教えていただいたマグさん情報で少し落ち着いた
(あはは)
こんな時間に通行人殿、おせっかいどころか、全然知らずにいたのでお知らせ感謝です!!
\(~o~)/

マグさんから救いの手が

それでも、運のなさは変わらずなんで、いじいじしていたが
「言葉にすれば叶う」と信じて

ワタシは当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる当たる

暑苦しいぃぃぃ(笑)

こんなアホなことやってる中、娘からメールがキタ!

「ロンドン動画を観たらいいね~メンフィス、
やっぱもう1回追加したくなった!
予定が合えばこれから買おうかな」

買えよ買えぇぇぇ~~~
ホリプロオンラインで買え~~~
買ってくれぇぇぇぇ~~

激プッシュしてみたが

「でも来年にならないとわかんないから
当日券でもいっか」

だとぉ( ゚Д゚)

今買えよ、今!!!
今から買えよぉ~~~


あとは、神頼みしかないな
お不動さまぁぁぁ~


なにかとワクドキですな、いろいろと(あはは)



赤坂アクト公式に番組情報がアップ!!

エン活にまたまたメンフィスが登場とな!!
TBS「エン活!」
10/28(火)深夜2:56~3:26 放送予定


抜かってはならんぞぉ~~

ハッカドゥ~!!!!!!

カテゴリ: メンフィス

tb: 0 |  cm: 0
go page top

メンフィス制作発表会見!!

ホリプロオンライン

メンフィス制作発表会見がキタ~

会見は11月18日(火)16時からで
歌唱披露もありとな

うおおおお~
こういうのを待っていた!
歌う会見を待っていた!!

\(~o~)/\(~o~)/\(~o~)/

ふひょおおおおお~~

で、会見発表だけならただただ喜んでればいいのだが
なんとも心乱す企画が出ているのだ

これから期間限定でチケット購入者の中から
抽選でこの制作会見にご招待とな!!

ああああああ
マジかああああ~

もう今年の生コウジは終わったと思っていたのに
しかも、メンフィス曲を初披露だなんて

あまりにも誘惑が大き過ぎるよぉ~

で、さらにさらに「抽選で」というのが壁じゃ

もうこれ以上チケット買えないアタスだが
制作会見が見られるなら、無理に無理を重ねてでも
「もう1枚買うぜ~~」
と覚悟を決めたいが

「抽選で」だもんね

ああ、運の悪さは天下一品
自分だけ外れるという恐怖がぁ

無理して買って外れたらどうするううう

でも、当たるかも
でも外れるかも
でも当たるかも
でも外れたら
でも行けるかも
でもダメかも
でも当たるかも
でも
でも
でも
でも

「でも」のリフレイン状態で頭爆発しそうじゃ~~

会見動画はきっとアップされるだろうから
無理しなくくてもエエがな

と自分をなだめてみたり

会見、生コウジ、生歌だよおおお~

と自分を煽ってみたり

いたいどうすりゃいいんだろう

どうしたらいいかわからないよ~

とりあえず叫んでおこう

ハッカドゥ~



カテゴリ: メンフィス

tb: 0 |  cm: 2
go page top

初日報告第二弾!!

もうひとりのナニワの監察方からも、初日の報告レポがキマシタ~

初日要所要所のレポだそうです。
では紹介させていただきます。


梅田のラスベガス無事終了しました!


・ジョンソン先生

いやーー、結構初日からアドリブちょこまかかましまくりで
特にジョンソン先生は初日からあんなだし(爆笑)
あ、よっぱなジョンソン先生が手に持ってた一升瓶は「さつま白波」でした!
何故にヴェガスで焼酎なんや~~(笑)

「しゅじゅちゅにはぁ

・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・(間!間!!!)」

この間がなんともいえず素晴らしく、
東京で見てる方も多いようだったのでこの間をとってる間、
観客がだんだん前のめりになってくような気がしました(笑)

捌けていくときは拍手喝さいだった!
ジョンソン先生恐るべし!
しゃっくりがまたうまい!
めっちゃ千鳥足で!
「検査の結果が出たらぁ・・・ひっく!!」(もう爆笑~)


・FBIのペック

ペックが
「あれから3ヶ月・・・まだ終わっていなかった」
って言った時の声がまあ低くてしぶいのなんのって。
「だが皮肉なことに・・・素晴らしい音楽だ」
とトーンが一緒な気がした(笑)
空耳?空耳かしら??(笑)


・イエンを発掘する場面でのラスティ

マジシャンのバシャーのステッキで遊んでるうちに2つに折れちゃって・・・
そのあとのイェンのキメ技のときのドラムロールの際に、
その折れたステッキでドラムスティックみたいにかがんで床をたたいていました。


・JUMPの前のつばよけラスティ

ビルから飛び降りたソールが唾を豪快に飛ばしたので
横にいたラスティが勢いよく避けた。
で、そのためにそのまた横にいたルーベンが結構な勢いで飛んでった(笑)


・せり下がりの2人

せり下がり時ダニーの肩へ乗せる手はゆっくりと払われてましたが、
その後えらい長いこと見詰め合ってました。
そして
JUMP後は勢いよく楽しそうにダニーに肩をくみにいって捌けていきました~

・演技指導はバシャーが妖怪体操。

・おふくろはバツ4に戻ってた

・テスに見つかって声をかけられる場面のラスティ

「あだす?」
で東京終盤のままでした。
ただその後ダニーと白々しい再会演技をするとこでは
ダニーが現われてビックリな俺を最大限に表現するためか、
あごがウガーーって外れてる感じで変顔になってた(笑)
捌けていくときもあご外れたままだから台詞がふがふが状態やったw

・フィナーレのせり上がりラスティはやっぱりやっぱりカコいいよ~~!!!


・カーテンコールは慎吾ちゃんが耕史くんに頼りまくり。
東京での公演数とか日程とか大阪の公演数とか
最後のお決まりの締めの言葉までぜーーんぶ耕史くんに聞いてた。
「あんたは香取慎吾の出来すぎる秘書か!!」って突っ込みたくなりました(笑)
慎吾さん、カーテンコールの間は、客席と耕史くんしか見てなかったと思いますw

以上、大阪初日のレポでした。



うおおおお~
よっぱな演技させたら日本一あるよ
よいどれ課長を思い出しますな(笑)

たくさんのレポ、本当にありがとう
感謝感謝ですうう\(~o~)/

こんなに皆さんから報告してもらって、
わたしゃ幸せモノじゃ~~

カテゴリ: オーシャンズ11

tb: 0 |  cm: 0
go page top

大阪パンフ!!

もうひとりのナニワの監察方からは大阪パンフの報告がキマシタ!!

これが、あまりにもスペシャル過ぎて、もーもーもー

パンフには
大阪公演へ向けてのコウジメッセージ

「某キャストYさんの夏のおもひで」
が載っているそうじゃ~~

その内容を教えてもらったら
これがまあおもろいのなんのって

大阪公演へのコウジメッセージは、とにかくノリノリイケイケで
どんだけ楽しんだ、きみは~って感じじゃ(笑)

「わたしく『オーシャンズ11』一員のちょっぴりおてんばで愛嬌たっぷりのラスティでございます」
なんて文章から始まっておるのだ!
おてんばって、おなごか(あはは)

「ダニーと共に仲良く愉快痛快に」
なんて言っちゃってて
「愛しの」って言葉が隠されている気がするし

「ぎらぎらにいかしたハンサムさで大阪でもぶっちぎりに輝いちまおう」
とか
「なんかすげー燃えてきたんだけど」
とか
言葉使いがヤングなラスたんだわ(笑)

この間観たサリエリ様は誰やったんか!?
あははは~

また、パンフには
「某キャストYさんの夏のおもひで」
というタイトルの記事があり
オーシャンズの稽古始めから今日の初日までのYさんのこなしてきたスケジュールが箇条書きになって載っているのだ。

オーシャンズ終了の後に

「次作舞台稽古突入」
ってあったり(LMTのお稽古のことだな)
「兵庫公演にて兵庫へ」
ってあったり
おもろいのは、兵庫に滞在中にホテルのテレビでオーシャンズCMを観たらしく
「兵庫にて
オーシャンズ11がまだ終了していなかったことに気付く」
とある(笑)

またまた~
やだな~もう~(この!この!)
なにをおっさってるんだか(笑)

大阪パンフが欲しいよお~~~~~

カテゴリ: オーシャンズ11

tb: 0 |  cm: 0
go page top

初日のラスたん・ペック・カテコ

ナニワの監察方からまずはジョンソン速報が来て、
そのあとペックとかカテコなどの速報が来たのでアップします!



初日のペックはまだ様子見な感じでした。

リビングストンが逃げようとしたので刑事が
「こら、逃げるな!」
と彼を取り押さえ、ペックに
「ちゃんと取り調べてくれよ」
と言い残して退場。

その後、しばし間があってから
ペックがひと言
「あれから3カ月…まだ終わりじゃなかった…」
と言っただけでした。

期待が大きかったのか、客席からはやや受けな感じ(笑)
その後の野田さん調台詞はそのままでした。

あと

モロイ兄弟の場面で呼ばれて出てくる時のラスたんは
「オッス!おらラスティ!」
と、おなじみ悟空編だったし

テスに呼び止められた時の
「あだすー?」
もそのままでした。

とにかくラスティのキレキレダンス、やっぱかっこエエ~~
キメのポーズも惚れ惚れしました
せりあがりが近い感じがしたので
梅芸の方がオーブよりせりが前にあるのかも知れません。




なるほど、ペックたんはこれからだな(笑)

キレキレダンス、キメキメせり上がり
くうううううう
うらやましいいいいい~~
さぞや悩殺だろうなぁ



そして、カテコの報告もキマシタ!
そのままアップさせていただきます。

ただ、監察方曰く
「記憶があいまいなので、言葉など正確じゃないです。
端折ったり抜けていたりしているので、だいたいこんな感じだったいうことで・・・
そこのところをご承知くださいね」
とのことです。



大阪初日のカテコ

オーブでは、せっかくそれらしいカテコができるようになった慎吾くんでしたが、今日はオーブの初日のようなぐだぐだに戻ってました(笑)

いきなり耕史くんの顔を伺うようにみる慎吾くん。
観客へのお礼の言葉のあと、夫婦漫才がはじまりました(笑)

慎吾くん
「東京は6月のいつから…」
耕史くん
「6月9日から7月の6日…」
慎吾くん
「6月から7月のいつかまで、30何回…」
耕史くん
「33回ですね。」
慎吾くん
「33回。大阪は10…」
耕史くん
「13回です。」
慎吾くん
「13回。2、3カ月あいて…」
耕史くん
「3カ月です。」

この阿吽の呼吸というか、
いつもの絶妙の間で被せていくのが、もう。


さらに慎吾くん
「大阪から新しいキャストの方もいて、
ボクも何とかスケジュールが合って、なんとかここに…
間合わなければ草なぎがここにいるはずでした。」

会場爆笑!

慎吾くん
「思い出し稽古というのをしたんですけど、ここ(カテコ)はしなかったですね。
いつも、なんて言ってましたっけ?」
と耕史くんに聞く。
耕史くん
「夢のラスベガス…」
慎吾くん
「あーあー、そうです!
夢のラスベガスから気をつけて…梅田?の街にお帰りください。
今夜、夢のなかで会いましょう。」

キャーという歓声が上がり、でカテコ1回目の幕が降りました。

拍手が鳴りやまず、カテコ2回目。

慎吾くんひとり舞台にいて、みんなを手招きで集める。
一呼吸おいて、
慎吾くん
「夢の…はここじゃなかったですか?」
と耕史くんに尋ねる。
耕史くん
「いや、さっきでいいんです。」

慎吾くん
「ありがとうございましたー!」
と客席に大きく手をふって幕。

この絶妙のやりとり
この人ら、おもろいわー(^○^)

不安なときは、何度も耕史くんの顔を見る慎吾くんがかわいすぎました~





以上、ナニワの監察方より大阪初日報告でした


ああ、ホントに
「あのこがアタシのカタワレだってこと」
って感じの、この2人の絶妙の掛け合いがすばらすぃ~~

行けなくても、こうして舞台の様子を教えてもらえて、本当に幸せですううう

カテゴリ: オーシャンズ11

tb: 0 |  cm: 0
go page top

初日のジョンソン

速報でナニワの監察方のひとりからジョンソン報告キマシタ
ありがとう\(~o~)/

もう、ジョンソン先生、初日から飛ばしまくってて
監察方メールを読んだだけで大爆笑してもうた(笑)

期待に応える男よのう(あはは)

以下は大阪初日のジョンソン報告です



今日のジョンソン先生は酔っ払いキャラでした。

頭にシルバーのネクタイをハチマキのように巻いて、
一升瓶を引っ提げて、
「みちを、みちをあけてくだひゃい」
の例の台詞で千鳥足で登場。

場内爆笑・・

「ベロベロだよっ」
って(笑)
フラフラしながら台詞を言ってる。
台詞の合間に
「ひっく!」
って、しゃっくりまで入れて。
得意技だよね(^o^)

ベネ様は
「こんな医者、絶対診てほしくない」
「酒を抜けよ!」
「抜けよ!」
と突っ込み。

そして捌けるときにジョンソン先生は
「救急車へ…オレを…」
って言うてました(笑)

警備員の歌のあとも
「ベロベロになってきたぁ」
と言いながらせり下がっていきました。

はじめから飛ばしてきましたな(笑)
もう出尽くしたかと思っていたのに、案外ストレートなネタ。
やられました(^з^)-☆



あっははははは~
やりおったな

このメールだけで笑いが止まらんです
読んだだけでこんだけ笑えるんだから
生で観たらどんだけ笑ったか~

初日からこれだど、これからどうなるんだろうか(あはは)

ジョンソン、ラブ~~~

カテゴリ: オーシャンズ11

tb: 0 |  cm: 0
go page top

祝 大阪オーシャンズ開幕!!

大阪オーシャンズ11 

初日おめでとうございます!!



チーム大阪オーシャンズのみなさんが無事に千秋楽を迎えられますように
心から祈りつつ、多摩の地で初日を迎えさせていただきます




いざ!!!!!


1402224564304のコピー 

カテゴリ: オーシャンズ11

tb: 0 |  cm: 0
go page top

メンフィス in ロンドン

あまりにも「サリエリ帰り」しちゃってて・・・

朝から晩までサリエリ曲を聴いていたら
溺れ過ぎて厭世的な気分になってしまった

なにも手につかなくてどうにもならんので(あはは)

サリエリさま恐るべし


そんな折にメンフィス公式でロンドンメンフィスの動画が紹介されていて
これを観たら、まあハマるハマる

たった2分ほどの映像なんだが
これだけでも楽しい~~~
血が騒ぐ~~~

カコええ~~~

なんかブロードウェイ版とは違う雰囲気があって
なんだろう、微妙な色合いとか・・・

今すぐロンドンへ行って観たいよぉぉ
大阪も行けないのにロンドンなんて無理じゃ(あいたた)


新しいヒューイが誕生

ヒューイって本当にみんな違うなぁ・・・
(みなさんもちろんすごいのだが)

ロンドンヒューイは、動画で見ただけだが、めっちゃラブリー
なんかカワイイんだもんな


この動画のなかでRadioを歌うヒューイを見ていたら
右手で指さして足を広げて立って
「Haaaaa~~~~」
て歌いあげている姿が、そのままコウジヒューイに脳内変換できた!

楽しみ過ぎるううう

サリエリ様の声を聴いて、歌が一段高く上った感があるので
なおさらじゃ~~~

そして

やはり
Steal Your Rock and Roll
は盛り上がるなぁ

カテゴリ: メンフィス

tb: 0 |  cm: 4
go page top

いよいよ

「ついにトミーがアタシのことを」(by ヘド姐さん)

あ、はいはい(笑)

ついに何かがキタってときには
どうしてもこのヘド姐さんの台詞を
書かずにはいられんのよ、アタス・・・

ってことで

ついに今日、大阪オーシャンズが開幕


ああ、残念無念
行きたかった・・・

こういうちょい凹ん出る時は、ワタスに代わってヘド姐さんに叫んでもらう
ヘド姐さん、お願いします

「アンタもカントもいつも欲しいチケットが手に入るってもんじゃないわ

「じゃあさぁ~
アタシはどうなのさ
旅費がなけりゃのぞみという名の近道特急には乗れなかったわけでしょ

「でもどうやって越えたらいいの、関ヶ原
越えようとしてみーんな乗ってる

「アタシを梅芸に連れてって~~~
アタシの頭にはもうそれしかなかった

「ラスティィィィ~
アタシの声が聞こえるうう~

・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・


多少無理やりな感もありますが(^^;


最後はトミーとヘド姐さんからこの台詞を借りて・・・

「ねえヘドウィグ、愛って永遠かな」
「永遠じゃないわ、でもこの2人は永遠

「真面目に言ってトム、アタシ組!は不滅だと信じてる




舞台の成功を多摩の地で心から心から心から祈っています。

チーム大阪オーシャンズの皆さん

そして

ジョンソン先生、

ふぉおおお~~~



ジョンソン先生だけ別格なのか(笑)

カテゴリ: オーシャンズ11

tb: 0 |  cm: 0
go page top

フランス語で殺シンを歌おう

フレコン以来

❝寝ても覚めてもサリエリ様❞

っていうか、厳密には

寝ても覚めても殺しのシンフォニー

憑りつかれてます、
ヤバいです

ヒマさえあれば聴いている

フランス殺シン
日本殺シン

を交互に・・・。


この2日間は殺しのシンフォニーしか聴いてないもんね

殺シンを聴いている時以外は虚ろで
使いものにならん状態

日常生活が破たんしとるがな

この状態を娘に知らせたら
「こうなると思っていたよ」という返信がキタ(あはは)


仏語シンフォニーを鬼リピしていたらとどうしても仏語で歌ってみたくなった!
なったが、英語と違って歌詞を見ても発音できんのよね~

ああ、大学の時に単位に関係なく随意で仏語の授業をとったのに
単位に関係ないから力が入らず、ほとんどサボっていかなかった
あの時真面目に授業を受けてりゃヨカッタなぁ・・・

娘に聞いても英語は出来るが仏語は全然ダメとのこと
婿殿も同上

すかす、知り合いに仏語の堪能な方がいたので
歌詞にカナを振ってもらえることになった!

やるぜ!!
必ず覚えて、歌うぜ!!!!!

さあ、みんな
フランス語で歌おう、
殺しのシンフォニーを

♪Je voue mes nuits
A l'assasymphonie
Aux requiems♪

カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 0
go page top

梅芸!

サリエリ地獄に堕ちっぱなしで殺シン一色
なかなか現世に戻れずにいるが・・・

そうだそうだそうだった!!

大阪オーシャンズの開幕目前だった!!!!!!

と、

ここで

ナニワの監察方から写メがキタ~~~\(~o~)/
いつもおおきに!

拙者は遠征できないから

「託した」 (組!!の副長風に)


梅芸にオーシャンズトリオ出現

写真


サリエリ様からラスたんへ

振り幅が激しすぎじゃ~~

ジョンソン先生もナニワの色に染まるのだろうか(笑)

カテゴリ: オーシャンズ11

tb: 0 |  cm: 0
go page top

眠れぬ夜に響く~(追記あり)

もう夜中の3時だぁ

ダメだ

じぇんじぇん眠れない

元祖サリエリ様のフランス語殺シンをDVDで観て
コウジサリエリ様のCDで殺シンを聴き
元祖サリエリ様のフランス語殺シンをDVDで観て
コウジサリエリ様のCDで殺シンを聴き
元祖サリエリ様のフランス語殺シンをDVDで観て
コウジサリエリ様のCDで殺シンを聴き
元祖サリエリ様のフランス語殺シンをDVDで観て
コウジサリエリ様のCDで殺シンを聴き
元祖サリエリ様のフランス語殺シンをDVDで観て
コウジサリエリ様のCDで殺シンを聴き

この繰り返しでもう3時
誰かアタシを止めてぇぇぇぇ~~

でも、なんかこういう状態で今起きてる人ってワタス一人じゃないような気がする(笑)

ROMのコウジサリエリの殺シンは拙宅のここで書いたように

「今さら神にすがろうとしてももうどうにもならないのか
追いつめられて、もう引きかえせないのか、
いや
でも、
なおも苦しみながら踏みとどまって」

「すがるのは
神か
悪魔か
そんなギリギリにまで追いつめられたサリエリが
最後に頭からまっさかさまに地獄へ堕ちていく」

苦悩しつくして最後に地獄へ堕ちていくイメージだった。

でも、今回のサリエリの殺シンは
「登場からすでにダークサイドへ落ちている感」
が強かった気がする。

もがき苦しむというよりは
もう魂は暗黒世界の中にあって
その中で怒りと憎しみに燃えている

・・・ワタシが感じたのはそんなイメージだった。

だからあんなにも鬼気迫るサリエリで
美しくも恐ろしかったのか。

とにかく、ただただ圧倒され、こっちはひれ伏すのみだったもんなぁ

会場の空気があの時だけ異色だった気がする。
サリエリのダークな世界に会場全体が染まっていたようだった。

一人の男の中に爆発的に燃える負の感情、

ああ、恐ろしいけどなんて素晴らしいんだ~

好き過ぎてつらい(^^;

眠れない
興奮のあまり神経高ぶり過ぎやろ

まさに♪眠れぬ夜に響くサリエリ~~♪状態

どうにかして眠らねば
羊でも数えるか、あ~あ


(追記)
昨日のフレコン衣装について
オペラグラスを使わなくても細部まではっきり見えるようなすごい席で見た友から、衣装の詳細を教えてもらったので、メールそのまま紹介させていただきまする。
ただし、友曰く
「記憶違いもあるかもしれないし、服飾用語について詳しくないので、ご承知くださいね」
とのことです。
みなさん、そこんとこヨロシクですう(^^)/

・「All I ask of you」
見た目、皺加工した和紙みたいな凹凸ありの白シャツ。
(丈はヒップあたりまでのオーバーシャツでした)
サッシュのような、きちんとした帯状の白ストールを 左右の前身頃に沿って真っ直ぐに垂らす。
ストール左側にぶどうの房のようなかたちの銀ブローチ。
首に銀ペンダント。
下は黒パンツ(柔らかそうな素材)
先のとがった黒革靴。銀の鋲付き。

・「L'Assasymphonie」
黒オーバーシャツに黒革ロングコート。
下は黒っぽい斑染めジーンズ。
シャツ裾は花がくちゅくちゅと垂れ下がっているように見える アシンメトリーでフェミニンなデザイン。
黒の花の中に、ひとつだけ白の花房が下がっていた。
靴は同じ。

・「One Day More」他
先ほどの格好から黒コートを脱ぎ、ベストとストールをプラス。
ベストはライトグレー、黒の5つボタン(はめずに羽織ってるだけ)
縁と左右真ん中あたりに白の縦ライン入り。
左身頃には白でアカンサスのような模様あり。
ストールは青、赤、黒の三色縦縞。
ネクタイ状に首下あたりで銀の留め具で留めている。


友よ、よくぞここまでと思えるほどの詳細な衣装観察報告ありがとう
ひたすら感謝感謝ですm(__)m

自分の記憶はホントにいい加減だなぁ(^^;
遠かったから、質感や細部は全然わからなかったす

カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 2
go page top

フレコン(6)~フィナーレとカテコ

第二部の終わりはレミゼ3曲だったが
その前にちょこっとトークがあった。

殺シンを歌い終わったすぐあとに
「山本さんはフレンチミュージカルとはどんな関わりがありますか?」
と聞かれ

「今歌った曲がロックオペラモーツァルトのサリエリっていう曲で
あ、サリエリって曲じゃないですね(笑)
僕がサリエリをやった時の曲で・・・
あとはレミゼラブルではガブローシュとマリウスをやりました」

とコウジヤマモト。
(うろ覚えなので言葉はかなりいい加減です)

これを受けた来日キャストの方が
「ああ、それなら僕たちはもう要らないですね」
と言って笑いをとっていた。

なんで
「ロックオペラモーツァルトではモーツァルトとサリエリどちらもやりました」
って言わんのよぉ(^^;
と、ちともどかしく感じたが、これがコウジヤマモトなんすよね(笑)


第二部のラストのレミゼ曲の3曲目では全員が勢ぞろいして「One Day More」
それぞれがソロやデュエットで歌いつつ、最後は大合唱になったのが圧巻だった!

レミゼって観たことないし
レミゼ日本版CDは持っているが
マリウスコウジのところしか聴いてないんで、
全然わからんのですが・・・(^^;

耕史くんが歌ったのはアンジョルラスという役のパートらしい
(レミゼ好きの友から聞きました)
革命戦士で志半ばで命を落とすという役だそうで
なるほど、この時の表情はかなり戦闘モードで厳しくも勇ましい顔だった!

張りのある声が良く響いていて素晴らしかったぁ

何人かで掛け合いをする時も、コウジボイスがはっきりと聞こえてきた!
あの凄いメンバーの中でよくぞあれほど響いていたもんだ~
と感激しましたぁ

レミゼって、耕史くんにとっては本格的なミュージカルに出た初めての作品。
日本初演ということで現場も熱かっただろうし
いろんなものを吸収したんだと思うから・・・
やはり彼のどこかで核になっている作品なんじゃないかなぁ・・・

アンジョルラスとして皆さんと共に熱唱している姿を見て
ふと、そんなことを考えていた。

この時のコウジヤマモトは黒っぽい上下で(よく覚えてないっす)
首にフランス国旗を象徴するような赤と青のスカーフを巻いていた。
なんかカワエエ



カテコではジーザス・クライスト・スーパースターから「Superstar」
来日キャストのみなさんがロックでガンガン
客席にも降りて皆さんでノリノリ

ワタスもこの曲が好きだからうれしかったっす\(~o~)/
有名なのはサビだろうけど歌いだしのメロディが好きだ!

その後のカテコでは耕史くんも呼ばれ
皆さんでノートルダム・ド・パリの.Le temps des cathédrales /を歌った。
耕史くんもまたまたフランス語でがんばって歌っていたような・・・

たまに来日キャストの方と顔を見合わせると
ニコッと微笑みかけられて微笑み返すのがチャーミングだった

いつからか客席は総立ちになっていて
さらに次のカテコでもう1曲(耕ちゃんはいなかったが)
客席もステージもノリノリで本当に楽しかった\(~o~)/

最後のカテコでは、耕史くんも呼ばれてまたまた再登場
みなさんで挨拶

バンドの方に拍手を送ろうとしていたら幕が下りてしまったので
また再び幕が開いて、今度はバンドの皆さんへも拍手が送られた。

そして拍手拍手の中フレンチミュージカルコンサートは終わったのだった。

サリエリ様で圧巻オーラだったのに
呼ばれて袖から出てくるときはなんかハニカミながら
ちょっと遠慮がちに出てくる、そのギャップが凄いカワエエ~~~

ああ、それにしても夢のようなひとときだった
素晴らしいキャストのみなさんに感謝あるのみ


そして、

やはり

ああ、サリエリ・・・

ああ、サリエリ・・・

ああ、サリ・・・・この思いエンドレスだぁぁぁ~

さらに

モーたんの曲もぜひフランス語で聴いてみたい願望がムクムクと湧いているのだった

カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 0
go page top

フレコン(5)~サリエリ地獄

今日のサリエリは、下から鋭く睨み上げるような表情が何度もあり
それがど迫力で怒りのサリエリだった。

怒りもそうだが戦闘モード全開だった。

だからあんなにメラメラと燃えたぎっているように見えたのか・・・

この曲に勝負をかけてる~そんな鬼気迫るものがあった。

終わってほしくないよぉ
この曲がエンドレスに続いて欲しいよぉ~~

聴きながらそんな風に思ってしまった、あまりにも心揺さぶられたから。

でも終わりは来てしまった(当たり前だけど)

サリエリ様は去っていかれた・・・

終わった瞬間、おおお~という声が上がり
拍手と共にあちこちから歓声も上がった。

二階席の方からも男の方の声でヒューヒューってのが聞こえたし・・・

ワタスはというと、あまりにも全身に鳥肌立ちっぱなし
全身全霊をかけていたので、終わっっても余韻があり過ぎて茫然。
頭の中をサリエリ様にかき乱され過ぎて、
なにをどうしたらいいか自分でもわからんかっったすよぉ

見た目は人間の形をしてるけど、
中身は破壊しつくされて人間ではなくなっていた
・・・そんな感じでした(なんだそりゃ)


怒りと戦闘モードで迫力のサリエリだった。
モーサリのサリエリ様とはまた違うサリエリ様だった。

それがあまりにも魅力的で、いくらこうして書いても書ききれないもどかしさがあるのだ。

なんだったんだろう、あれは・・・

フランス語で歌うことを最大限に生かしていたのだ。
ハマっていたのだ、彼のフランス語の歌が。

殺しのシンフォニーは素晴らしいだろうと思っていた。
思ってはいたが、まさかこれほどとは

こちらの予想をはるかに超えたL'assasymphonieだった

もう10年コウジファンをやっているが、それでもぶったまげた!!
やられたぜ、まったく

サリエリ地獄に堕ちてしまった



ひとまずサリエリ様語りはここまでだが、また語るかも(あはは)

カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 0
go page top

フレコン(4)~L'assasymphonie

歌いだしからサビへ

♪Je voue mes nuits
A l'assasymphonie
Aux requiems♪

どんどんと迫力を増す歌声
その鬼気迫る表情

この曲の中でイチバン高音域の音がものすごくクリアに出ていた!!

モーサリの時は力技で出していたような感じの音だったが
今日のL'assasymphonieでは音としてクリアだった。
サビの中で繰り返し出てくるこの一音が全てクリアに出ていた。
そして、この音を出す時、片脚にぐっと力が入るのを見た!

彼の歌はあの頃よりさらに一段上がったんだな、きっと。


どんどん歌が進み、会場を圧倒し続け

Je noie mon ennui
Dans la melomanie
Je tue mes phobies
Dans la desharmonie

ここで階段上りがキタ~~~

このフレーズを歌いながら、今回も数段あった階段を上って
ステージ上の斜めになった所へ上がっていったのだ!!

階段を上っていくサリエリ様の、あの後姿がキタ~~~

ああ、
あの
一段一段上っていく
サリエリ様の後姿が
今また目の前にキタ~~

階段を上がっても今回は丘が回らなかったが・・・
回らないけど、脳内で回したもんね(あはは)

美しいよおおおおお~
後ろ姿のフォルムが美しいぃぃぃ~~

そして振り返って歌う狂気のサリエリ

その目の迫力ががさらにパワーアップして地獄の恐ろしさだったのだ。



カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 2
go page top