08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

キッチンでもメンフィス

キッチンに立っていると孤独だぁ(何)

いつも音楽がないと生きていけないこの身としては(大げさ)
リビングにあるオーディオで流すのだが
奥まったキッチンにいると聴こえにくく
特に炒め物なんたしてたり
洗い物をしてると
聴こえねぇ

じゃあ、ボリュームをあげればいいじゃないの~
と思うが、
あまりに大音量じゃご近所迷惑だろうし
でも大音量にしないとキッチンでは小さくしか聴こえないし

小屋みたいなちいせぇ家なんだがなぁ(笑)

うつうつうつうつ・・・

・・・・・

・・・・・

でも

今朝から

そんなジレンマを解消できたあああ\(~o~)/

いや、そんな大げさなことじゃないんですが(^^;

昨日夫が小さいスピーカーを買ってきてくれたのだ。

ここのところ、我が家の犬の具合がイマイチで
治療中だが、一進一退・・・
毎日つきっきりなんだが、なかなか良くならないんで、
気持ちが沈んでいた
そんな妻を思いやってか、
いや、
単に、もうちっと料理に力を入れてほしいだけか(笑)

気を利かして、キッチンでも聴けるようにと買ってきたのだ!

ただパソコン用のスピーカーをスマホに繋いで聴いているってだけっすが・・・


キッチン


これだと自分が立っている方向へむけられるし
炒め物してても、お皿洗ってても
いつでも聴けるから、楽しい~~~\(~o~)/

ちょっとしたことで、やる気が出てくるもんですな、人間って!!

苦手な料理も少しは工夫する気が出てきたもんね


・・・・って、思うツボか、これは(あはは)

あ、そういえば、ここに書いていたメンフィスサイトの
「家のパソだとMENPHISの文字の上にメニューバーがかぶって出る」
という問題も解決しますた!!
単にワタスのウィンドの開き方が狭かったからだった(愚)
めいっぱい開くとちゃんとタイトルがいい位置にくるのね~

ハッカドゥ!!!!!!



スポンサーサイト

カテゴリ: メンフィス

tb: 0 |  cm: 4
go page top

メンフィス15秒CMキタ~(追記あり)

(追記)
メンフィス15秒CMが赤坂アクトのメンフィスページにup

メンフィス15秒CM



TBSの早朝番組を張っていたら
メンフィスのCMキタ~~~\(~o~)/

ワタスが録ったのは週末と今朝のニュースバード
5時ちょっと前にキマシタ!!

BGMはドラムの音だけ

まずはモノクロの2人

例のビジュアル撮影時の写真が何十枚もパラパラ漫画のように出た!
(コマ送りで再生すると、ひとつひとつの表情がすごい)
画面には
「世界を動かしたのはいつも音楽だった」
「トニー賞四冠!!!!
待望の日本初演」
「山本耕史」
「濱田めぐみ」

の文字も
文字だけがピンク色!
   
次にカラーでポスター写真と公演スケジュール
   
またモノクロになって
「ROCK  & SOUL! Musical」のピンク文字と
メインキャストのみなさんの顔写真も出て
   
最後に「チケット絶賛発売中」の文字で終わった。

この間、流れていたナレーションは

「うだつのあがらないラジオDJと歌姫
ふたりの愛が世界を動かす
トニ賞四冠に輝くブロードウェイミュージカル
ついに日本初演!!
メンフィス」



この間15秒

これがメンフィス初CMなのだぁ

うひょ~~~



-- read more

カテゴリ: メンフィス

tb: 0 |  cm: 0
go page top

江戸東京博物館にて

今日から北の旅へ向かわれる方々・・・
どうか楽しい旅でありますように
多摩の地から祈っていますう\(~o~)/

昨日は江戸東京博物館で開催された
友の会セミナー
「第145回 「子孫が語る土方歳三とその一族」

に参加させていただきました。

講演は
前半が「歳三を育んだ故郷と土方家」
後半が「土方歳三の一生」
という構成。

開演数十分前のホールの様子
江戸2

講演前に舞台に映し出されていた講演のタイトル
ぼやけてますが
「子孫が語る土方歳三とその一族」
1.歳三を育んだ故郷と土方家
2.土方歳三の一生
とありました。

江戸3

(スタッフの方に許可を得て撮りました)



お話の中心は新選組副長というよりは、「土方歳三」の人となりであり
土方家のルーツから、その時代背景
副長が生まれる前からの多摩の様子
副長が育ったころの土方家の文化的な環境、教育などなど
ご子孫ならではの、「土方歳三」のバックボーンについてのお話が満載!!

特に、副長が影響を受けたであろう祖父 石巴さんのお話や、当時の土方家が所蔵していた書籍リストなどはとても興味深いものだった。
(石巴さんについては資料館日記のこちらにあります)
副長が日常的に読んでいたのかもしれない書物の中には、局長の愛読書もあった。
「二人が同じ書物について語り合ったかもしれない・・」
と思うと、なんだかほっこりした気持ちになりました~

土方資料館の館長として資料の解説をしつつも、副長のご子孫として代々土方家に語り継がれてきたエピソードを実際に聞いて育った土方愛さんならではの語りには、とても説得力があり、本当に貴重なものでした。

90分を越える中身の濃い講演で、貴重な時間を過ごさせていただきました。

今日野に住んでいる身としては、とても身近な話題も多くて、楽しかったですうう\(~o~)/

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 2
go page top

メンフィス公式オープン!!

なななななんと

メンフィス公式ホームページがオープンしているうう

公式ツイでのオープンのお知らせが出たのに
「寝ていました~」(by 捨助)

昨日は、
「なんか動くんじゃないかないかないか~」
とマメにチェックしていたのに
そん時は動かず・・・
珍しく早寝したら、そん時動いたのね・・・(とほほ)

アタスはいっつもこんな感じだなぁ(笑)


さてメンフィス公式

熱い感じでイケイケなノリが伝わってくるトップページだ!

(ただ、MOVIEへの矢印がわかりにくいのと
家のパソだとMENPHISの文字の上にメニューバーがかぶって出る時があるんだが・・・
スマホだと綺麗に中央にくるのに、なぜだぁ~

どのページもいい感じ
中でもスタッフ&キャストページが充実していますな!!

キャストの中でブログやツイをやっている方々のリンク先までちゃんとあるもんね!
すんばらしい~~~\(~o~)/

早速それぞれのブログやツイを読ませていただくと
LMTを観に来ていた方やオーシャンズ11のキャストの方もいました。


そして、演出のエド・イスカンダルさんや振付のジェフリー・ページさんの詳しいプロフが読めて嬉しい

ネットで調べても日本語だとなかなかうまくいかなかったんで・・・
(特にイスカンダルさんは、検索すると宇宙戦艦ヤマト関係のものがどどっと出てきてしまって・・・
ワタスの調べ方がイマイチなんでしょうけど(^^;)

ジェフリー・ページさんって
あのビヨンセの「Run The World (Girls)」の振付の方かぁ~

すげ~

今あらためて「Run The World (Girls)」の録画を観てみた。
やっぱ何度見てもすげ~や



娘のスマホへ
「The Music of My Soul」と
「Steal Your Rock and Roll」
の歌詞を送っておいたら、ささっと訳したものがキタ。

辞書がなくてもわかるのがうらやますぃ~
娘を中高と英語教育にめっちゃ力入っている学校へ入れたし、ホームステイもさせた。
かなり諭吉が飛びまくってしんどかったが、そのかいがあったなぁ(あはは)

カテゴリ: メンフィス

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ヒューイコウジが語るメンフィス

やっとキタ~\(~o~)/

eプラスのこれは、いつもがっつりしたインタビューが来るから
まだかまだかと待っていたのだ~~

人種を越えた音楽と愛の力を描くブロードウェイ・ミュージカル『メンフィス』 に 山本耕史が主演!

さらに

ぴあにもインタビューがキタ!

山本耕史主演!ブロードウェイ話題作『メンフィス』

この二つのインタ
(特にeプラス)
読んでうなづく
読んでひざ打つ

おもろいやっちゃ

山本耕史という役者
役に対するアプローチ、作品の受け止め方
これがいつも自分の思いにドンピシャなんだよなぁ

「別の愛が中和させる」
「亜流がやがて主流になる瞬間を描いた作品」
「アメリカ国内の歴史を描いた作品だから、僕らがどんなに勉強して突き詰めたところで、絶対にリアルには演じられない」
「今の僕たちが捉える『メンフィス』になればいいんじゃないか」


エエこと言うなぁ・・・

「人間が作ったルールに、
 人間の感性とかソウルが勝っちゃう」


いちいち激しく同意!!!




国や時代を超えた感動を体感できる名作というのは音楽の持つ力によるものだと思うのだ。

音楽が単なる歌や曲ではなく、その作品の中の核というか・・・
その旋律、そのビート
作品全体が身体なら、その音楽は身体の中を流れる血のような作用をしている。

血が流れるから身体が動く
身体が動くから血が必要になる

例えば、ヘドウィグ
ベルリンの壁に分断された世界がどんなものだったか
実体験がないから、いくら知識を集めても私には本当はわからない

でも、音楽がすべてを凌駕してくれる
時代も国も人種も年齢も性別も言葉も・・・
そういうものを越えた感動を得られるのは
ヘド曲が自分の感性にぐぐっとはまったから。




eプラスのインタは
他にも耕史語録だらけ

「自分を捨てている」
「一直線の人物」
「こんなに知らない人ばっかりの作品はないっ」


などなど・・・
おもろいですのう、山本耕史という役者は!!


ああ、ほんとに楽しみ過ぎるううう、メンフィス
楽しみ過ぎて鼻血でそううう、ヒューイコウジ

「ちょっと残念だけどなんか愛せる」

そんなヒューイに早く会いたいよぉぉぉ~~~

カテゴリ: メンフィス

tb: 0 |  cm: 0
go page top

メンフィスポスター

赤坂アクトシアターへ舞台を観に行ったメンフィス友からメールがキマシタ!
友よいつも、ありがとう\(~o~)/

アクトシアターの劇場内のロビーに
メンフィスポスターがお目見えしていたとな!

ACT壁ポスター


ACT壁ポスター1



友曰く

「タイトルの入り方とか、説明文とか、やはりフライヤーとはちょっと違いますね。
中央斜め赤の白抜き文字は、
”BON JOVI デヴィッド・ブライアンが放つソウルフルな音楽が炸裂!!!
トニー賞4冠に輝くブロードウェイミュージカル!”

とかいてありました」


おおおお~
なるほど
公式ツイにアップされていたこのポスターと比べると、微妙に違う



メンフィスブログが更新

「メンフィス」のロコはいろんなカラーがあるがこの色合いもエエですなぁ

記事の中で

「ミュージカルファンはもちろん、
BON JOVIファンも
音楽好きも
ロック好きも
ソウル好きも
ファンク好きも
ブルース好きも
ゴスペル好きも
アメリカ好きも
50’s好きも
ラブストーリー好きも
必見のこの舞台!」

とあるが、ワタスはこの中で8個あてはまるぜぃ



とにかく

ひたすら毎日メンフィスのCDを聴きまくっている日々ですねん

いつもは歌詞の意味をあえて知ろうとは思わず、頭で考えずに体感しているのみなんだが・・・

メンフィスの中でヒューイが歌う「The Music of My Soul」と
メインテーマの「Steal Your Rock and Roll」だけは
歌詞の意味が知りたいと思うようになってきた。

CDの歌詞カードを見て訳そうと思うが・・・
なんせ英語が全く駄目になっている(>_<)
娘に頼むか・・・
夫に頼むか・・・

自力で上手く訳せないとは、情けねぇなぁ(>_<)

ハッカドウ~


カテゴリ: メンフィス

tb: 0 |  cm: 2
go page top

メンフィス公式ブログオープン!!

Twitterに加えてブログもオープン

ミュージカル『メンフォス』公式のブログ

早速サイドバーの『メンフィス』欄にリンク先を追加


ウキウキするようなブログデザインですなぁ~\(~o~)/

いろいろ動き始めていて、楽しい


ブログではどんな記事がアップされていくんだろう!?

ぜひ、会見の裏話やお稽古場の様子などお願いします!!


カテゴリ: メンフィス

tb: 0 |  cm: 0
go page top

月刊ローソンチケット

ローソンやミニストップに置いてあるフリーペーパー
月刊ローソンチケット10月号
にメンフォスが載っていた!
(目次はこちら

半ページあるからかなり大きい\(~o~)/

140924_1254~01


そうか、一般前売りが今週末からだもんなぁ・・・

他のフリーペーパーはどうなんだろうか!?

カテゴリ: メンフィス

tb: 0 |  cm: 0
go page top

エン活

昨夜のエン活

やはりこちらの動画からのピックアップ映像を使っていた。

今のところ、このお二人のメンフィス関係の映像は
このインタビュー&ビジュ撮影風景の動画のみなんでしょうなぁ・・・

❝質問に合わせて、この動画から抜き出して映す❞
という感じだった。

目新しいものはなかったんだが・・・
ただ、耕史くんの過去の舞台作品として数秒間映ったのが1999年のマークだった!
歌っているマークの映像が出たのだ。

濱田さんは2014年の『ラブ・ネバー・ダイ』の舞台映像が出た。



すかすエン活も様変わりしていたんだな~

久々に観たら、艶カツ子さんというキャラがナビゲーターだったもんね。

1411522816646.jpg


今回のメンフィスカラーはピンク&ブラックではなく
青ベースだった!

1411522809033.jpg

配役紹介のヒューイコウジも青ベース

1411522801724.jpg


内容は

「ヒューイという役について
50’sの音楽について
皆さんへのメッセージ
(例の「ぜひアクトシアターへ」のあたり)
ボンジョビの曲について
お2人それぞれの印象について

・・・などの質問が画面に表示されて
それにこたえている部分のインタビュー映像が流れる」

という感じの構成で、6分くらいあった。

この間、ずっとメンフィスの曲が数曲流れていたんで、やっぱワクワクしますな~

曲がいいとノリもいい!!!!


今はまだビジュアル撮影を終えた段階だから、こんな感じだけど、、
エン活やBOOT!では、これから先お稽古場などもやってくれたらいいな~


制作発表会見はいつなんだろ!?
一般前売りの直前かな・・・

いろんな情報がこれから出てきそうですな~\(~o~)/


あ、

小さいことですが
メンフィスサイトのロゴカラーが微妙に変わっているっ!!

前はもう少し紫がかっていたような・・・
今はブルーベースにレッドの縁どり文字だ!

カテゴリ: メンフィス

tb: 0 |  cm: 0
go page top

BOOT!

今朝未明のBOOT!

メンフィス紹介は1分5秒ほど。

予想通り、こちらの動画からだった!

コメントの最後部分とビジュアル撮影風景が出て、
あとは優先予約のお知らせ

別に新しい映像やコメントが出たわけではなかったが、
やっぱワクワクしましたなぁ~

テレビ画面で見ると鮮明できれいな画像だし
なによりも、
BGMにオリジナル版メンフィスの
Steal Your Rock and Roll
が流れているから
ごきげんでワクワクした気持ちになった!

Steal Your Rock and Roll
この曲は本当に心躍るメロディライン
ヒャッハ~~って気分になるのだ\(~o~)/

まず、画面いっぱいに「速報」の文字

1411420046307.jpg

ピンク&ブラック

これはアタスにとってもテーマカラー
拙宅の基本テンプレもスカルにピンクと黒
ピンク&ブラックはどちらかというとパンクロックなイメージ・・・

とにかく、この速報画面だけでもワクワクしたぁ


「トニー賞四冠に輝くミュージカルメンフィスが
 待望の日本初演!」

というナレーションが入り
フライヤーのお二人が映り

その次にはビジュ撮影映像が出る中で
耕史くんと濱田さんの紹介ナレーション

これはフライヤーやサイトに書いてある謳い文句そのまま
「ヒューイ役には幅広いジャンルで圧倒的実力をみせる山本耕史」

1411420057315.jpg

なんか、このビジュ撮影風景って・・・
ネットで見ていた時はそうでもなかったが、
テレビの大きい画面で見ると照れますなぁ(笑)
濱田さんの映像は普通に「素敵だ~」って感じで見られるんだが、
ヒューイコウジの映像は、なんか照れますのや(^^;


そしてコメント動画からの抜粋

「音楽は50‘sですけども新しい息吹が巻き起こる、このメンフィス
ぜひ!寒い時期ですけども、観に来ていただいて、
アクトシアターまで足を運んでいただいて
一緒に熱い時間を過ごしたいと思います」

濱田さんも同じようにコメント動画からのこの部分

「楽しく、舞台上にいてもワクワクして
フェリシアの人生を生きられるように、
今からお稽古したいと思います。
ぜひ劇場でお会いしましょう、お待ちしております」




あとは、ビジュ撮影映像に予約℡番号の告知が大きく出て終わった。

1411420070450.jpg



このお二人が歌ったらいったいどんな化学反応が起きるんだろう!?
あまりにも楽しみ過ぎて、今からワクドキが止まらない

カテゴリ: メンフィス

tb: 0 |  cm: 0
go page top

スーパーステージにヴォイツェク映像!

うおあああああ~

「不意打です」(by 相馬)

ああああ~
ヴォイたんがあああ~~~


TBSの深夜番組『スーパーステージ』の録画を今観たら
ヴォイツェクが映ったのだ(涙)

まだ今の時期では、この番組で『メンフィス』の紹介はないのだが
(初日が近づいたらたぶんメンフィスも出ると思う)

「もしかして、CMでメンフィスのスポットとか流れるかも」

と思い録画しておいたのだ。

再生したら、10月から始まる赤坂アクトシアターの舞台『ジャンヌ・ダルク』が出た。
この舞台も白井・三宅コンビ

で、

白井さんのプロフ紹介のところで、いきなり出たのだ、ヴォイツェクが

白井さんのプロフ紹介ナレーションがかぶっていたが、
ヴォイたんの歌声もちゃんと聴こえた

♪青い空色あせて 風が通り過ぎてゆく 遠ざかる蜃気楼
永遠は一瞬だって 一瞬は永遠だって♪

この歌を歌うアップの映像は今までにもよく使われたが、
スーパーステージに出たのは、なんと引きの映像だった

❝走り込んできて、止まって、歌う❞

というヴォイたんが映ったあああ

1411372625083.jpg

1411372632479.jpg


懐かしのヴォイツェク走り~~~(感涙)

ヴォイツェク映像は17秒あった。
ヴォイたんの映像に『ジャンヌ・ダルク』の特電番号や他の文字も一緒に出ていたが・・・

でも、こんな「走るヴォイ映像」は初めて見たから、
たった17秒足らずでも感激感涙感動しましたああ~

この映像と声だけで、すべてが蘇った
あのヴォイツェクの世界が、
あの声、あの震える手、あの泣き顔・・・

やはりヴォイツェクは深く胸に刻み込まれているんだよなぁ・・・

もし再演があったら、映像で残して欲しい、ホントに。


あまりの不意打で、心乱れました・・・


カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 0
go page top

こんなアホな夢を見た

いよいよ今週からBOOT!やエン活で『メンフィス』が紹介されるっ

こちらここでもメンフィスという文字が光って見えるわん

そんな気分でいるせいか、こんなアホな夢を見てしまった・・・




ベッドで目覚める自分

どうも夢の中では
「エン活が深夜にオンエアされた朝」
という設定らしい。

早速、録画を見ようと、早朝からリビングでテレビとHDDをつけた。

再生する前にスマホをチェックしてみたら、なんとメールがいっぱい来ていた。

「なんだなんだ!?」
と思い、メールを開くと、組!友だちからのメールだらけで
「エン活のコント見た!?」
「メンフォス紹介で組!のパロディが出た」
「エン活のコントコーナーが組!だった」
などなど、みな同じような内容。

(エン活にコントコーナーって(笑))

なにお~~~とテンションが上がってワクワク
(夢の中でも心臓バクバクなのがはっきり自覚できていた)

で、慌ててエン活の録画を観たら

わら葺き屋根の家
いろりには火が入ってて雑炊かなんかを煮ている。

そのいろりを囲んで誰かと話しているのが多摩時代のトシ

え!?

・・・

・・・・・

まっちろいぃぃぃ~

・・・

それが、

・・・

なんと

・・・

ハンラ~だったのだあああ~

いろりを囲むその姿は

組!の第1回で黒船の大砲でおろろく時のふんどし姿のトシそのもの

はんら~というよりぜんら~に近いじゃないのさ~

しかも、いろりを囲んで(笑)
なんでふんどし姿で雑炊煮てんだ(爆)
組!にこんな場面ないだろ~(あはは~)

すかす、夢の中の自分はなんの疑問も持たずに見ていた。

そして、さらに次のコント場面が出たのだが・・・

今度は組!!っぽい場面
場面は戦場 (たぶん箱館戦争)

旧幕府軍が新政府軍に押されて絶体絶命~

すかす、この場面を見ながら、自分の中で
「大丈夫、ここで副長が絶対現れるだろうから」
と確信していた。

と、

黒い人影が!!

副長キタ~~~

待たせたな、来るぞ~~

心臓バクバク

脚からずずず~~っとカメラがなめて
アップになって
顔を上げた~~~

・・・


・・・・・


・・・・・・・


画面いっぱいにアップで映ったのは

黒髪ベリーショートで
黒いスーツを着た現代人の山本耕史だったが

顔は・・・

顔が

顔が

鼻付き髭付きの丸メガネ(宴会芸用の)をかけた
ジョンソン先生そのものの顔で
「でへへ~~~」と笑ったら、歯に海苔を付けていたのだった。

髪はラスティだったが顔はジョンソン(笑)

あまりにあまりで(笑)

夢の中の自分はあまりにも予想外なため、笑うというよりも
「うそだろ、なにこれ」
と呆然としていたのだった。

・・・・とここで目が覚めたのだ。



なんだ、このアホな夢は(あはは~)
起きてから、この夢を思い出して笑いが止まらなかったもんね~

メンフィスとオーシャンズと副長をシャッフルしたような夢だった(笑)

まず、エン活になんでコント場面があるんだよぉ(あはは)


どんだけはんら~願望があるんだ、自分は(大笑)

そんなに見たいのか、はんら~コウジを(笑)

普段はそんなに考えていないのに
深層心理にこんなにもはんら~願望があるとは・・・(アホ)


この「アホな夢見た」にはアホなオチがある。

夢から覚めて、実際に今朝未明にオンエアされたニュースバードの録画をチェックした。
中にあるはずのメンフィス宣伝映像を観ようとワクワクしながら・・・

すかす

録画は失敗していた。
再生したがメンフィス映像はどこにもなかったのだ。

自分がセットしていたのは地上波のTBSのニュースバード
実際にオンエアされたのは地上波ではなくCSの方だったらしい。

いきなりしょっぱなから、抜かってしまたのだった・・・

アホ過ぎて、もう(笑)

カテゴリ: メンフィス

tb: 0 |  cm: 2
go page top

ぴあニュースにヒューイコウジ

ぴあのエンタメニュースにメンフィスがキタ~~~

山本耕史主演!ブロードウェイ話題作『メンフィス』

コウジインタビューとヒューイコウジの全身写真!!

あははは~
なんか、エエですなぁ

こんな感じは初めてだもんね

記事を書いた方のメンフィス評が
「キャッチーでパワフルな名曲揃い」
「偉大なるブラックミュージックへの愛が詰まった、
 愛すべきミュージカル」

まさにまさにその通りじゃ~~~\(~o~)/
ホントに曲がいい!
懐かしいけど、それだけじゃなく、なんかキャッチーなんだもん
だから惹かれるんだと思う


コウジインタビューもオモロイ!
読んでていろいろウケた~~

「僕もいつかは演じるかもしれないなという予感はしていました」

と笑顔の耕ちゃん。

今こそ、やるべくしてやる役、やる作品
そう思う、ワタスは!!
今の山本耕史だからこそできる!!
そんな気がするのだ。

この舞台のこと知った途端、
「コウジがやらなくて誰がやるねん」
って思ったもんね~瞬間的に!

似あう、ピッタリと思えば思うほど期待値も上がる!

そして、きっとこっちが思う遙か上をいってくれると思うのだ~~~







カテゴリ: メンフィス

tb: 0 |  cm: 2
go page top

メンフィス宣伝番組キタ~

赤坂アクトのメンフィス公式にメンフィス関連の番組情報がアップされているうう!!!!

エン活、BOOT!キマシタ~~~

たぶん、インタビュー動画と同じような映像かもしれないが・・・
ポスター撮影風景やインタがテレビ画面で見られるのだ~
新しい映像もあればいいなぁ~

抜からずに予約せにゃならん

ハッカドウ~!!!!!

カテゴリ: メンフィス

tb: 0 |  cm: 0
go page top

フレンチミューコンの改訂版フライヤー

モーサリ友からまたまたフレンチミュージカルコンサートに関する写メがキマシタ~
友よ、いつもありがとう\(~o~)/

こちらの記事でフライヤーを紹介したが、
ゲスト発表後にゲスト写真入りフライヤーが出たそうだ!

友曰く

「ヒカリエのチケットセンターのラックに、フレンチ・ミュージカル・コンサートの改訂版フライヤーが登場していました。
表は同じですが、裏の下のほうにゲスト写真が加わっています。
他にも上のほうに”「ノートルダム・ド・パリ」、「ロミオ&ジュリエット」、「オペラ座の怪人」そして「レ・ミゼラブル」…”という作品名などが加わっています。」

とのこと。

改訂版フライヤーの裏面
新フライヤー裏

裏面のゲスト部分の拡大
裏部分アップ


いったいどんなビジュアルで、どんな歌を聴かせてくれるんだろう
ワクワクするなぁ~

カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 0
go page top