FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

スマタイ更新!!

スマタイ更新!!\(~o~)/



「夢はミュージカルスター」

ふふふふ~

シンゴSの局長のお稽古場語りが面白い~
主演だからという力みがなく、すごく自然体で、興味津々な感じがいいな~


そしてゲストトークの副長

「10年経っていて。
それで同い年なのに、ずっと敬語を使われているっていう(笑)。」

とか
「一度、僕のことを「耕史」って呼んでもらったことがあるんだけど、
やっぱりヘンでした。だから、もういいやって(笑)」


でも、やはり「携帯知ってる唯一の僕」ははずさない(笑)


観月さんと耕史くん二人の会話はオーシャンズのお稽古の様子がちょっと垣間見られて、
楽しい~\(~o~)/

「耕史くんも「俺、力抜いてやってるよ」とかいいながら、ピシッとやっているんですよ」

そうかい、そうかい(笑)

力抜いてやって・・・るわけねえ(あはは)
ビシっとビシっとってのは、きっとカッコイイ俺全開ってことだよな~

楽しみ過ぎる~~~


ヘンシュウコウキの局長の言葉がツボってツボって

「今日は、思いのほかワイプの山本さんがコメントがちゃんとしてた(笑)のも面白かったです」
「合間合間のコメントが、番組用でスゴイちゃんとしてて。
本番中はつっこめなかった」


「思いのほかちゃんとしてた」「スゴイちゃんとしてて」って(笑)

あっはははは~~

もう、いいなぁ~局長は~

スポンサーサイト



カテゴリ: オーシャンズ11

tb: 0 |  cm: 0
go page top

オーシャンズフライヤー

組!友が

「今日渋谷のヒカリエに行ってチケットセンターでオーシャンズのフライヤーをゲットした!」

と写メを送ってくれた!


友よ、ありがとう\(~o~)/
うらやましいなぁぁぁ~


友の話によると、オーシャンズのフライヤーは
「おひとり様1枚です」
とのこと!

大きさも従来のフライヤーとは違ってかな大きくてA3サイズ
(スタージナビの2倍だ)

「フライヤーというより、もはやミニポスターみたい」

とな!


フライヤー表
オーシヤンフライヤー表

フライヤー裏
オーシヤンフライヤー裏


ひとり1枚まで、しかもデカい

ああ、欲しいけど、渋谷へ行く暇がない(>_<)

ヒカリエ~~~~~~~

カテゴリ: オーシャンズ11

tb: 0 |  cm: 0
go page top

感動の5月11日

昨日は副長のご命日だった。

毎年この5月11日という日は、特別な日なのだが
昨日は本当に感動した日だった。

拙宅のこちらでの紹介したように、昨日はパレードを終えた隊士の方々が土方資料館前に集合して勝どきをあげたのだ!


もちろん、毎年コンテスト入賞者の方々は扮装のまま資料館へご挨拶に来られるし、隊服姿の方が個々やグループで資料館を訪れたりもするのだが・・・
100名以上のダンダラを着た隊士が資料館前に集合するのは本当に久々のことだった。
(10年ぶりくらいかな・・・)


沖田さん率いる一番隊から続く隊士の列

沖田さんの
「いいか~勝どきをあげるぞ~
一発で決めるぞ~」
という迫力の号令と共に資料館前であげる力強い勝どき

「えいえいおー」の他に
「打ち身捻挫に~石田散薬!!」
というユニークな勝どきもあって大ウケだった。

511(1).jpg



土方家の門を背に挨拶をする三番隊の斎藤さん
511(0).jpg


次々に勝どきをあげる隊士のみなさん

511(2).jpg


511(5).jpg


土方家の門の前にずらっとダンダラが並ぶ光景は感動だった

511(7).jpg

隊列を組んで去っていく後姿も圧巻
奥に見えるのは万願寺駅のモノレールの橋桁。

511(6).jpg

511(3).jpg


わずか数分のできごとだったが、本当に感動だった。

最後に土方資料館の館長である愛さんが感謝の言葉を述べられていたが、何よりも、土方家のみなさんがこの勝どきの様子をとてもうれしそうに見ておられる姿を見て涙が出た。

できることなら、来年も、そしてこの先ずっと毎年、この勝どきをやってほしい・・・

副長145年目の命日にこの感動的な光景。

副長もきっとこの様子を見て喜んでいたに違いない・・・


余談だが

この勝どきのために隊士のみなさんは大型バスで移動したのだが・・・。
偶然、万願寺の交差点で信号待ちをしている時にそのバスが目の前を通ったのだ。

観光バスの座席がダンダラを着た隊士で埋め尽くされている光景は、圧巻!!

「観光バスとダンダラ姿の新選組隊士」というミスマッチ感が何とも言えない感じ。
まるで、新選組がまるごとそのままタイムスリップして現代に現れたような、そんな錯覚にとらわれたのだった。


カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 2
go page top