FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

5月11日の新選組!!

明日は18時45分から
『新選組!!土方歳三最期の一日』のリピート放送
がある。
昨夜の前編が再びオンエアされるのだ。


明日・・・


明日という日・・・


そう、明日は5月11日・・・


5月11日は副長のご命日

その副長のご命日にあたる日に組!!がオンエアされるとは

偶然なんだろうか・・・

たとえ再放送のリピートオンエアであろうとも、5月11日に『新選組!!土方歳三最期の一日』がオンエアされるというのは奇跡に近いのではないだろうか…

そう考えると震えがキタ。

これはすごいことなんだ、本当に!!

スポンサーサイト



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

そしてスマステへ

今日はスマステの日

「オーシャンズトリオが揃うスマステ」

ってことなのだが・・・

拙者にとっては、やはり

「局長・副長が一緒に出るスマステ」

ってことになるのだ。


昨日、組!!オンエアがあったこともあり
今日はひの新選組祭りってこともあり
頭の中は誠の旗がたなびきっぱなし!!


今日の我が家の夕飯は前の記事で紹介したこのお弁当にした!

1399716717873.jpg

ボリューム満点でホントに美味しかった
特に鯖寿司、穴子寿司、そして卵焼きがうまかったあああ~
1399716848416.jpg


越後の酒を飲みながら
歳三弁当を食し
そしてスマステを待つ

まさに至福の時でござる\(~o~)/

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

前編を終えて

組!!前編を夜中にリピし過ぎて寝てねぇ(^^;


感激して感涙とかってよりも

「おおおお」
「うううう」
「はぁぁぁ」

と、あまりのかっこよさと美しさにただただ見とれてしまっていた。

何度も観てきた副長の姿なのに、まるで初めて観たようににドキドキしてしまった


永井様への言葉でぐっときたが、涙目になろながらもあまりのかっこよさに溺れた~
10年間溺れっぱなしなんすが、さらに溺れた気がする(何)


「すべては近藤さんの無念をはらすため。
あの人が死んだとき、俺の人生も終わった。
それでも、俺が死ななかったのは、近藤勇を罪人のままにしておくわけにはいかなかったからです!
今薩長に白旗を揚げたら、俺はなんと言ってあの人に詫びたらいいんですか!!」

この言葉・・・

この台詞については拙宅のこちらに書いてますが、その記事から一部抜粋。



“これはきっと、箱館の副長が言ったとされる

「吾、近藤昌宜と倶(とも)に死せざるは、一に故主の冤を雪(すす)がんと欲せしむのみ、万一赦(ゆるし)に遭いては、何の面目ありて地下に於ける昌宜に見(まみ)えんや。」
(佐倉藩士 依田学海『譚海』より)

という有名な一節から作った台詞だろうなぁ、きっと…

なお、これと同じ内容の一節が高幡不動の『殉節両雄之碑』にも刻まれている

「義豊、愀然として人に語りて曰く、我、昔日、昌宜と倶に死せざる所以の者は、期するに、一に君の冤を雪ぐにありしなり。今、此の如くんば、唯、死あるのみ。即ち寛典に処らんには、吾、何の面目ありてか昌宜に地下に見えんやと。」
(ここでは書き下し文に直しています)

「あの人が死んだとき、俺の人生も終わった」
「今薩長に白旗を揚げたら・・・」
が、いかにも組!!の山本副長らしい言い方で、ほんとに胸を打つのだ!”


この思いは昨日も変わらずだった。

たくさんの副長の言葉やエピソードが、散りばめられているのも感動なのだ。

・・・

・・・・

・・・・


予告だけでさんざん涙を流してきたわりに、落ち着いて観ていた自分に

「あ、わりと冷静だな、自分は」

などと思いつつ、エンドロールの予告を観たら
いきなり涙腺決壊したあああ

ダメだ

泣き過ぎた・・・

今朝は顔全体がぬぼぼぼ~となっている(笑)


前編だとまだ余裕があるけど後編は、もう・・・

で、泣くとわかっているのに、エンドロールの予告を死ぬほどリピしまくった。
観ては泣き、泣いては観る
この繰り返し~~~
で、顔がぬぼぼぼ~ってなってるわけです(愚)


今日はさわやかな五月晴れ

ひの新選組まつり第一日目、

隊士コンテストをはじめいろいろな催し物があり、各資料館もいっせいに朝から開館。
そして、石田寺では歳三忌がある。

全国からたくさんの新選組ファンが日野を訪れ、多摩の空気を感じながら熱い思いを語り合う日なのだ。


このタイミングでの再放送にただただ感謝あるのみ
高画質で録画できることも大きいが、なによりもこのタイミングでのオンエアが嬉しかった

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top