FC2ブログ
02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

夜せん最終話(6)~黄金バランス

街の片隅
暗がりの中の密談場面・・・

ああ、やくざな世界の雄大さんはどれもこれもカッコいい

4年1組のみんなといる時のカッコよさとはまた別物のカッコよさ

なんか悲壮感が漂っているっていうか・・・
ここでしか生きる道がなかったっていう切なさとか
自分のために生きていないっていう哀しさとか

でも、、

だからこそ、

すげ~カッコいいのだああ~(結局これ)




まずは、パスポートを渡した時の雄大さん

「誰かと会ったのか!?」

と聞かれてからの表情があまりに趣味過ぎて死ぬ~(こればっかし)
肩をすり合わせて表裏で語るっていう、この2人の構図だけでも萌える

「殺した後の逃げ道を考えない、だから強い
いつも捨て身だ」

と言われている時の、あの顔
美しい~~~
美しいんだけど、どこか悲壮感が漂っていて、
氷の上を歩くような危うさがある


そして

「学校とやらへ行くようになってから
時々優しい目になる」

と言われた時の、横顔の美しさよ

微妙に揺れる視線
ぐっと噛みしめた奥歯

心の動揺が見え隠れする・・・

なんて繊細な演技をするんだろう、この役者は・・・

「失敗したときは俺がお前を殺る」

と言い捨てて去っていく鮫島

この時の伏し目がちなアップの顔
ライトが反射して、影になっている雄大さんの顔
沈痛な面持ちで、悲壮感がさらに大きくなっている

ああ、この顔、このシチュエーション、この目線の落とし方

美しくも哀しい顔で、溺れそうじゃ~~
(ホントはとっくに溺れてますが)

こういう伏し目の表情がたまらん


日本一伏し目が似合う男

日本一悲壮感がハマる男


カッコイイイイイイイイイイ~
美しいぃぃぃぃぃぃ~~~~




次の密談場面は短いが

とにもかくにも、
ここはシルエット命~~~
鼻筋命~~~

雄大さんの顔は影になっているんだが
これが、まあオイシイのなんのって

それは、ひとえにあの悶えるほど美しいシルエット
影ゆえにあの美しい横顔の輪郭が際立っているから、
もうもうもう

小さくうなづく時の、あのデコ、鼻、口元、耳、頭、うなじ
これがすべて最高バランスなのだ!!!
黄金比率な完璧なフォルム

美しいなぁ、もう・・・





そして最後の密談は

銃を持つ雄大

これに尽きるううう

大股に歩く姿が、なんか「闊歩してる」感じ
で、銃だもんな

闊歩・銃ってのがいかにも裏街道な雰囲気

銃をしまって上着を閉じながら歩くのがめっちゃカコイイ・・・


ああ、もう

「カッコいい」しかないのか~
他にことばが見つからんのか~


同じ「カッコいい」でも、カッコよさが全部違うのに
それをうまく言葉にできないわが身が恨めしい・・・

カッコよさが百通りぐらいありそうだ、コウジヤマモトには。

黄金バランスを持つ男
それが山本耕史だ!

そして、その黄金バランスを十分に発揮させてくれた、
それが大澤雄大なのだ!

ふほ~~~~~




すべてが萌え場面で
すべてがカッコいい

そんな雄大語りも、喫茶店、密談ときて、次は高架下のトンネルだぁ~

これがまたカッコいいだらけ萌えだらけで
死にそうなのじゃ~(またも)
スポンサーサイト



カテゴリ: 大澤雄大

tb: 0 |  cm: 2
go page top

夜せん最終話(5)~喫茶店のセクシー野郎

最終話の雄大さん

喫茶店の場面と高架下の場面、そして鮫島さんとのやりとりの場面
この3つのシチュエーションが繰り返し出てきた。


まず喫茶店だが・・・

最初の喫茶店シーンが
背中からってのがもう(喜)
エエ背中とエエ耳しとるな~

そしてコーヒーカップに絡める指へ
人さし指からキタ~

♪人差し指から~召し上がれ~♪(違)

ああ、あのジバンシーのカップになりたい!!

ってか、コーヒーを運んできたおばちゃまになりてぇ~
マジで嬉しそうなんだもんな(笑)

アタシも運んであげたい、雄大さまへコーヒーをぉぉ


つけようとしたタバコを口元から取るしぐさだけで燃えるうう
で、なぜかわからんが、
さくら先生向かって
「出よう」
って言う、この「出よう」に異常に萌えるのだ
なんでだろ!?
顔がアップになってるわけでもないし
なんてことないはずなんだが
「出よう」
って声に萌えるうううう




二度目の喫茶店のシーン

ここは、なんつったって指と煙じゃ~

短髪、白シャツ、はだけた胸、金ネックレス、タバコ
という、まさにその筋のお方なんだが
これが、ハマるハマる
こんなヤクザな格好がこれほど似合うなんて、
ファン10年目にして初めて実感したぁぁぁ

タバコをはさむ長い指
指萌え~~~~~

そして、
自分のタバコの煙がわずかに目に染みた感じで
左目だけちょっと閉じかけますやろ
これが最高にセクシ~~~~~

なんかちょっと忌々しそうな感じで閉じかける左目が、
もうもうもうもうもう
ああ、色っぽい

これぞ男の色気だぁぁはははははぁはぁ~~


「日本一煙が目にしみるのが様になる男」

タバコを吸うシーンってこれまでもいろんな役で観てきたけど、
こんなにセクシーでこんなに煙が様になるのは初めてだぁ~




三度目の喫茶店の場面

ここは、「天地引っくり返る」展開だったわけだが(あはは)

初めて見た時の感想はここに書いたとおり!

初見では雄大さんもグルだってこっちも知らなかったから
喫茶店の店内が4年1組だらけなのを見て笑った笑った!
さらに、雄大さんの迷惑そうな顔にも笑えた~


芝居だったとはいえ、やっぱ撃たれる姿は悲壮感があって緊迫してて
何度見ても一瞬胸が張り裂けそうになるのだ。
そのあとのオチがわかってても・・・

撃たれたり、刺されたり、刺さったり、舌を噛み切ったり、溺れたり、
そういう姿が似合うったらないな~

襲う役もエロいが、殺られる役もエロい

撃たれる瞬間の体の反り具合とか、一瞬の反動とか、
なぜにあんなにリアルにできるんだろ~

そして単にリアルなだけでなく、色っぽい・・・ふふふ



さくら先生の手をぐっと抑えるところが好きじゃ~~~



目をあけてから「おはよう」に続くあの言葉

やっぱしその言葉に反応しますな(あはは)

コメント欄で必殺読み逃げ人R殿も書いておられます!
必殺読み逃げ人R殿、嬉しいコメントありがとうござます!
おんなじだぁ~\(^o^)/
モチロン!拙者も初見からこのセリフにビビッと来ていました!
来ないでどうする(笑)

「おまえ太ったな」

ぐふふふふ
言い方が淡々としてて乾いた感じだから、
よけいにリアルな気がして、ふふふ

だって、若かりし頃、悪友たちとよく飲み会でエロトークしていて、
(今でいうガールズトークのエロ版)
これとまったく同じ台詞を彼氏から言われた友がいたのだ(あはは~)
今はそいつもこっちもオバサンになったけど・・・

そして、思った。
さくら先生が雄大さんと話していても鮫島さんが違和感を感じなかったのは、さくら先生の豹柄テイストのおかげかと(あはは)
一見するとやくざ者の愛人に見えないこともないからなぁ・・・

雄大さんはとにかく声がエロい
淡々と言おうがどうしようが
声がエロい
声にやられる


そして

スティング作戦にまんまとやられたなぁ・・・


子供のように泣くさくら先生が本当にヨカッタ
そして、手を差し伸べる雄大さん
その差し伸べた手を握って立ち上がるさくら先生

手を差し伸べると、もうなんつうかヤクザじゃなくてナイトになるんだよな、コウジヤマモトは~

「俺のために泣いてくれたのはあんただけだ
ありがとうな」


くううう
この時の雄大さんはサムライっぽい
優しい眼差しなんだが、なんか佇まいとか、声とか、表情とか
着流しにポニテで言ってもおかしくないな、これは(え)

ヤクザ→ナイト→サムライ

趣味ワールド満載過ぎて、ホントにもうなのだ(何)

カテゴリ: 大澤雄大

tb: 0 |  cm: 0
go page top

夜せん最終話(4)~くわえタバコの漢

最終話はあまりにもいろいろ萌え過ぎて、いつのもような順序どおりまとめた感想記事が書けないぃぃ
(>_<)
なので、その都度、気持のままに好きな場面やらなんやらを思いつきで書いているってことで、「夜せん最終話」ってタイトルをいちいち記事につけまひた~


相変わらずくわえタバコとビデオレター場面のリピが多い。

まず最初にくわえタバコを数回リピして

次に他に撃たれる場面を見て

そのほかいろいろ見て

最後にまたくわえタバコを見て

・・・ここでいったんリピ終わる


で、またリピを始めるときは

まず最初にくわえタバコを数回リピして

次に他に撃たれる場面を見て

・・・

・・・

最後にまたくわえタバコを見て
リピが終わる


で、またリピを始めるときは

まず最初にくわえタバコを数回リピして


・・・

この形で一日に何度もリピしてるんじゃ~



くわえタバコどんだけ~~~(笑)

ビデオレターを見ている雄大さんの表情が
微妙に少しずつ変わっていくのがたまらんです

ちょっと微笑みかけて
穏やかな表情になった後
切なそうな顔になり
そうしているうちにだんだんと目が潤んでくる。
みんなの思いで心がいっぱいになって今にもはちきれそうな、そんな顔

でも、ここで涙をこぼしたり、見るからに感動して泣いたりしない

これがイイ!!!!!
ここにシビレル!!!!!

みんなのメッセージ映像が終わり、
画面がいったん黒くなったとき

この時の顔がたまらん、くほ~~~

眉間にシワのシリアス顔なのだが
今まで見せてきたどの雄大さんとも違う顔なのだ!

なんて言うか
「情にほだされかけている」顔

みんなの気持ちに感動しているってだけでなく
頑なだった心がちょっとほぐれてきたようで、
さらには自分のやろうとしていることへの決心がちょっと揺らぎそうな・・・

みんなの情に自分がとらわれてしまいそうな・・・

「ほだされる」まではいっていないが
「ほだされかけている」

そんな顔に見える。


そこから、その思いを払うようにタバコを吸い直し
色紙に眼をやる

ああ、ここがイイ!!

ここでみんなの思いを感じでひとり泣きしたりしないところがイイ!!

こぼれそうな涙がギリギリこぼれずにいるところがイイ!!!!!!!

この厳しさ!!

こういうところが、まさに「漢(おとこ)だなぁ」と思う。

あああ惚れるうううううう


ここでさらにくわえタバコになるから
もうホントにマジで死にそうになるのだあああ~

ひとり狭いホテルの部屋
決意の白シャツ男がひとり

このシチュだけでも萌えるのに・・・

さらに、あの顔

そしてあの眼

情にほだされかけた顔

しかし、そう単純には情にほだされない溺れない

で、

さらにさらに

ここでくわえタバコときたもんだ~~~

もう、やだ~、あまりにカッコいいんだもん
どうすりゃいいのさ、この漢を!!!!!

白シャツの背中が、またエエんじゃ~
厚みのある背中が!!!


で、

で、

で、

(「で、」がやたらと多い)

不意にまたついた画面からの華ちゃんの声に反応して上げた顔がぁ

あああああああ

もうもうもうもうもう

ごおおおおおおおおお~~


この顔が

この顔が

この顔が

この顔が

この顔が

この顔が趣味過ぎて趣味過ぎて

もおおおおお~~~~

なにこれどうしよう

どうしよう、こんな顔見ちゃったら

あああどうしよう

どうしよう

どうしよう

どどどどどどどうしよう


・・・・・

・・・

・・

ってほど萌えて燃えて萌えました(なげ~うぜぇ~)


くわえタバコで、眉間にシワで
ふうっと目を細めるんだもんなぁ

微妙にタバコをくわえてる口元が動くのが、たまらんんんん

あの顔の角度も完璧で、あの目線、あの背中のライン

「なんだ!?」

と、ちょっとけだるそうに画面に目をやる、
そしてちょっと目を細めてから見直す、
そのセクシーなことと言ったら、も~~~

何度リピしたかわからんけど
リピするたびにドキドキするもんね


こうして書いててもドキドキしてしまう(アホ)




ビデオレターの上武くんがすげ~カワエエですなぁ

「本気だかんな~おまえがいねえと」
までさんざん息まいてて
「さみしんだよ」
が、もう最高っす!!
で、ビデオ映像がないところに入っている
「ちぇ、もういいや」
ていうつぶやき声もエエなぁ~

球技大会では上武くんが雄大さんを慰めてくれてたよな(あはは)


ウガちゃんの
「おおお~~~さわあああ~~~~さ~~~ん」
ってのもカワエエ~

ビデオ映像はみんな可愛くて好きだ!
メッセージを聞くと、雄大さんがそれぞれと関わった場面が次々に浮かぶもんなぁ・・・

特に好きなのが仙波さん
「ひとりで抱え込まないで
みんないるんだから
あっそれから九九言えるようになったよ
大澤くんっ」

って、あの両手のお手ふりが可愛いのなんのって♪

「九九言えるようになったよ」って。

もしかすると、第9話で上武くんが拉致られて来た教室の風景の中で、真剣に話している雄大さんと仙波さんは九九を言っていたのか!?
~なんて妄想しちゃった。

「・・・・
・・・・
しちくろくじゅうさん
俺はここまで覚えた」

「あら、もうそこまでいったの!?
アタシも追いつかなきゃ」

なんて会話だったのかも・・・と(笑)


カテゴリ: 大澤雄大

tb: 0 |  cm: 2
go page top