FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

感動の千秋楽

昨夜の東京オーラス

今までにたくさんの舞台を観てきたが、
カーテンコールであんなに泣いたのは初めてだった

感動の涙・・・

充実感と感謝の涙
っていうか

人間って心が満たされた時にあんなにも泣けるもんなのか…


カーテンコールで鳴り止まない拍手

スタンディングオベーション

それらが、本当に観客の心の底からわき上がっているのを肌で感じたから。


暗転からカテコ

そしてもう一度のカテコ
鳴り止まない拍手の中で
キャストの皆さんが勢ぞろいし、
バンドのみなさんも登場。
拍手が一段と大きくなった
その素晴らしい音楽への感動と感謝の拍手。

と、ここでステージ上のみなさんが拍手をし出した。
拍手をしているみなさんの視線の先には、客席後方の白井さんと三宅さんがおられたのだ。

耕史くんが両手を大きく広げ、客席のお2人へ向けて
「こちらへ」
という手振り。

すると白井さんと三宅さんがステージに向かって歩き出した。

さらに大きくなる拍手。

ちょうど白井さんが歩いてこられた通路席だったヴォイ友によると、
「白井さんは涙をぬぐいながら歩いているように見えました」
とのことだった。

うううううう

白井さんと三宅さんをキャストがステージに向かい入れ
お2人が客席に向かって一礼されたとき
さらにさらに拍手が大きく大きく大きくなった。

会場全体から地鳴りのように湧き上がる拍手

自分も拍手をしながらも、この拍手に包まれた光景があまりに感動的で、ボロボロと涙が出てしまった。

なんていったらいいんだろう

「素晴らしい舞台を、曲を、本当にありがとうございました」
っていう観客の思いをこめた拍手だった。

拍手に観客の真心がこもっているのを肌で感じた

それが他の舞台の拍手とどう違うのか!?
と聞かれても上手く言えない…
もちろん、どの舞台も気持ちをこめた拍手には違いがないんだが。

なんだったんだろう、あの特別に思えた感動は!?

とにかく、観客の拍手を聞いてあんなに感動したのは初めてだった。
会場全体から湧き上がる拍手を聞いて、あんなに拍手の音に「気持ち」を感じたことはなかった。


ステージ上のみなさんが全員で手をつなぎ
繋いだ手をみんなで大きく上げて観客に向かって頭を下げると

さらに鳴り止まない拍手が大きくなった。

ワタシも本当に本当に心の底から
「こんな素晴らしい舞台をありがとうございました」
という思いで拍手し続けたんだが、
涙が溢れて目の前が滲んでくる。

「涙をぬぐってハッキリ見たいよ~」
でも
「拍手の手を止めたくないよ~」
っていう、嬉しい葛藤にさいなまれた。

結局涙をぬぐえないまま、拍手していました。

だいたい、自分がいつ立ったのかもわからないのだ。
最後に気がついたら、いつのまにか立っていた…
あまりに集中してテンションが上がり過ぎていたんだなぁ…



その後、みなさんがステージ上から去っていった後も鳴り止まない拍手
その拍手の大きさと伝わる思いは、まったく変わらなかった。

もう一度カテコでひとり登場した耕史くん。

満場の拍手を一身に浴びている姿を見て、また涙涙になってしまった。

赤坂アクトシアターという劇場
その劇場でこの素晴らしい舞台で主演。

見事だった。
本当に見事だった。

心の底から
「山本耕史という役者のファンで本当によかった」
という思いがこみ上げてきた。

泣いたああああ~


指で頬についているマイクをトントンとして
マイクがまだ生きているかを確認する耕史くん。

いつものほっこり顔に戻り
いつものカテコの耕ちゃんの口調で(あは)

「ありがとうございました。
え~と…まだ大阪公演もありますので
お金と時間のある方はぜひ」

と座長耕ちゃん。
客席からは笑い声も…。

そして、いったん止んでいた拍手がまた湧きあがる。

その拍手の中、礼をしてセットのドアを開けて入り、
もう一度客席に顔を見せてから去っていった。

その表情は、満面の笑顔ではなく、なんていうかちょっと微笑みつつも崩さない顔
充実の顔とでも言えばいいんだろうか。


こうして東京のオーラスが終わった。


・・・


・・・・・


・・・

その後、出口に向かって歩き始めていても、なんだか涙が止まらず…

でも、それはワタシだけじゃなかった。
会場からはける際も、会う友会う友みんなが涙ぐんでいた。

なんだろう
この涙はなんだったんだろう

感動というか、感激というか

この舞台に出会えたという幸福感、満足感というか

チームヴォイツェクのみなさんへの感謝の気持ちというか

そして、センターで拍手を浴びている耕史くんの姿があまりに誇らしいから、
応援してきた者としての嬉し泣きというか


自分でもなぜあんなに泣けたのかわからない…


感動の千秋楽でした。

スポンサーサイト



カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 4
go page top