FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

ヴォイツェクアフタートーク(4)

いよいよ三宅さんの作り出したヴォイツェク曲について

「さっきまでこの会場にいて、今はもう帰ってしまったんですが…
帰ったからいうわけじゃないですが(笑)」

と白井さん。

三宅さんとの曲作り(歌詞も含めて)は大変だったそうで。
時差のある中のやりとりだから
三宅さんが曲を完成させて、それから2人で延々とディスカッション
時差が8時間だから、白井さんは夜中から明け方までだったそうな。
三宅さんとの曲作りはかなり緻密でワンフレーズにもこだわったとのこと。

あの名曲の数々はそんな風にして生まれただなぁ~

耕史くんは最初に渡されたのがヴォイタンゴだったそうな。

「初めて聞いたヴォイツェクの曲があの明るい曲だったので、全部がそういう明るい曲調だと思ったら、あとの曲は全部CMで流れているああいう感じの曲だったんです。
ああ、この1曲だけが唯一の明るい曲で、他の曲からは浮いた1曲なんだってその時初めてわかりました」

あのCM曲を聞いたとき「カッコイイ!!」って思ったそうな。

ここで鼻歌ではあったが、チラッとあのタンゴを口ずさんでくれました(喜)

ヴォイツェクの曲については、やはりかなり難しいとのことで

「半音上げるという音の取り方は今までもあったけど、一音上げるというのは難しい」
とのこと。

そして

「僕、今までにちゃんと歌えたって思ったことないですもん」

とおっさったのだあああ~~~
マジかああああ~

「もちろん、お客さんに聴かせるレベルは超していますけど…」

この言葉は意外中の意外だった!
あんなに素晴らしいヴォイツェクの歌声
あれでもまだ自分では「ちゃんと歌えてない」と思うのか~すげ~~

これでよし!と思っていないところが凄い!
歌に関してのこの発言はマジでおろろきました~


「自分の中では、歌っていてもこの音でいいのかな~って不安になることもあって」

あるときは音がわからなくなって譜面を見たことがあったそうだ。

「あ、でも、俺は譜面が読めないんだった~って気づいて(笑)、ベースの人のところへ行って、ちょっとこの音出してもらえますか~って言って音をとったりしたこともありました」

客席の笑いを取っていたが…、

笑いながらも
「あの山本耕史をしても音が不安になったりするのか」
っと、あらためてヴォイ曲の難しさを実感させられた。


そんなこんなで、まだまだいっぱいあったような気がするが、
トークレポはこれしか書けませんでした。
しゃべり言葉にはしてありますが、かなり意訳です。
うろ覚えで全然正確じゃないので、ご了承くださいね!

※何か思い出したり、友から聞いたら追記します

耕史くんが何度も繰り返して言っていたのは、
「ヴォイツェクは自分の中に役を深く入れ込まないとやれない」
ということだった。

今までにない役にチャレンジしている姿はカッコイイ~~~

まだまだ進化し続ける、そんな素晴らしい舞台も東京はオーラスだ…
もっともっとやってて欲しい

心の底からそう思える

本当に素晴らしい舞台なんだよなぁ


スポンサーサイト



カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 8
go page top

ヴォイツェクアフタートーク(3)

トークの最後はヴォイツェクの音楽についてだった。
特にこれ聞きたかったから嬉しぃぃ~

三宅さんの作り出した曲について・・・
の前に、まずは「ミュージカルと音楽劇の違い」という話題になって

白井さんは
「ミュージカルというのは感情が高まって歌になるっていうか、芝居の延長で感情の高ぶりを歌うって感じなんですが、音楽劇はわりと芝居!、歌!って分かれていて、唐突に歌が始まる感じかもしれない。
このヴォイツェクもわりとそんな感じで歌が始まりますから」


と、ここでコウジワールドが炸裂(笑)

「僕、音楽劇とミュージカルの違いを見つけたんです!!」

と、どや顔耕ちゃん!

なんなのだ!?
世紀の大発見かぁ~(あはは)

「それは、ミュージカルは歌の後に拍手がくるけど、
音楽劇には拍手がないんです!!!!!!」

あっはははは~
ごもっともだ!

会場爆笑

「それを見つけちゃったんです!」

「拍手がないんです!」

と、さらにどや顔(笑)
さらに会場爆笑

「ミュージカルだと♪人生は続いてゆく~♪の後に拍手がくると思うんですけど、今回はないんです。
僕も走って去ってしまうし、拍手のタイミングがないんですけど」

と耕ちゃん。

「その後に続くのが♪お前は精神錯乱だ♪だから拍手する気になれないでしょう(笑)」
と白井さんも笑を取っていた!

鼻歌だったけど
「人生は続いてゆく~」を聞けたのがうれし~~~


話は前後するが、白井さんは耕史くんが40代になった頃にブレヒトの『三文オペラ』のメッキーメッサーをやらせてみたいそうな!

「今30代後半だよね。
30後半から40は男盛りだから」

と白井さん

「そうですよね~」

と耕史くん(笑顔がカワエエ)

「男盛り」に客席から笑いが起きた!

うおおおお~
ギャングで色男のメッキーメッサー

ぜひぜひぜひぜひ観てみたいよおおおおお~~~

客席からも拍手が起きたもんね\(^o^)/

カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 0
go page top