FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

一夜明けて…

なんだか頭の中をヴォイたんの歌声がグルグルグルグルしてて、落ち着かねえ~

昨日は興奮のまま書き散らかしたが、
まだまだ整理なんてできない

そう簡単にはいなかい
まだまだ受けとめきれず

いいですなぁ~
この感じ

感動した、かっこよかった、萌えた、泣いた、楽しかった
・・・みたいな時に動く場所と違う部分を動かされた

そんな感じ。

もちろん、感動した、泣いた、萌えた~の部分もあるのだが、

普段動かない場所を刺激されたっていうか
錆び付いていた部分を揺り動かされたっていうか…

自分でもよくわからない感情が湧いてきて
戸惑いながらも、なんかまた観たくなる・・・という。


自分で説明できないことってスッキリしないし
自分の気持ちを自分で納得させられない感じがなんとも居心地悪いんですが

いいなぁ~~~こういうのって!

この居心地の悪さがたまらん\(^o^)/

今書いている「居心地悪い」ってマイナスのイメージではなく、
「自分で把握できないような心の奥底の何かが動いた」
ってことですねん。

自分で自分が把握できないから、落ち着かなかったり
認めたくなかったりするが

ああ、たまらん、この感じが!!!!
こういう感じって、ものすご~~~~~く久しぶり

昨日、終演後にロビーのチケット売り場で追加チケットを買い求める方々の姿があった!
もちろん、感動したからもう一度観たい!!って方々なんだろうけど
中には
「なんだかわからないけどもう一度観なきゃ!」
「自分の気持ちにけりつけたいから、もう一度観てやるうう!」
って思って買っている方もいたかも
(勝手な想像ですが)

これぞ舞台の醍醐味じゃ~~




まだ初日を観る前にヴォイ友と話していたとき
友が言った
「なんだか最近は安易な方楽な方へと自分が流れていっている気がする」

友は常にたくさんの舞台を観つづけている。

その友が言うのだ
「だんだん感性が錆び付いてきている気がする」
と。

ワタシもそんな気がしていたんで、激しくうなづいた。


で、この胸騒ぎのヴォイツェクがキタわけだ!!

チキショーコノヤローなわけだ(何)
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/




ま、そんなこんなでいつもに比べてちょっと真面目な記事を書いていますが

もうすでにヴォイたんの虜なのよ~~~
好き過ぎる!!!!!

実は朝ズバやMXニュースのヴォイたんを観たときから、
すでにズブズブにハマっていたわけで(早いな!)

ヴォイたんラブ~~~~なわけだ
ひたすら愛しいのよ~~~すごく

いつもどおりになってキマシタ(笑)

スポンサーサイト



カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 2
go page top

ヴォイツェクあれこれ

パンフレットがハードカバーで、
各ページの色が美しくて
絵本のようなパンフ

img20131005_004224.jpg

img20131005_004318.jpg

img20131005_004245.jpg



グッズは、いろいろあった



開演前にはあまりの緊張で、グッズも買わず
お花もよく見なかった(^_^;)

グッズには、クリアファイル2種で1セット
ヴォイツェクマグカップ(笑える)
などがあったような気がする(うろ覚えですが)

耕史くんへのお花は、
局長、芹沢センセ、勘兵衛さま、激流チーム、三谷さん、辰巳さん、スマステなど・・・
もっとあったけど忘れました(^_^;)
おお!そういや「テレビ東京ドラマ制作部」からもお花が来ていたっけなぁ

この先なんかあるのか~と勝手に期待しちゃうもんね

カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 0
go page top

初日を観て

とにかく素晴らしかった
いや、素晴らしさは、まだまだ、もっと大きくなるだろう
これからもっともっと隙間が埋められてもっともっと進化していくから…


なんというか
見終って、まだ言葉にしたくないというか
感想を言葉にするのが無意味なような…
「ただただ自分の心の感じるままに感じた」
としか言い様がないんだもん

こういう風に初日を観た記事を書いているワタシがいうのも何だが
(^_^;)
ヴォイツェクは、自分が観るまでは、あまり他の人の感想や情報をいれない方がいいかもしれない。
自分がどう感じるか、自分の心のまま、ありのままの状態でヴォイツェクを感じるっってことが大事なような…

自分の心がどう動くか、それを味わう・・・

そんな風に思わせてくれる舞台なのだ


ここからは、ネタバレなしの自分の感じたことをチラッと書きます。
まっさらで観たい方は読まないほうがいいかも
-- read more

カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 6
go page top