FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

凄すぎるローチケインタビュー

ヴォイ友から教えてもらった、
ローチケの稽古場レポ&インタビュー

あまりに中身が濃くて、一読しただけでは頭に入ったものを理解できなかったほど…

とにかく凄い

なにもかも凄い


舞台構築の過程が凄い
役の捉え方も凄い
演出も凄い

記事の書き方も凄い

記事の色も凄い

3人目のヴォイツェクってのも凄い


あまりの情報量に、いまだに全部を咀嚼できない…



演劇らしい演劇って何だ!?
これぞ演劇って何だ!?

いったい、演劇って何なんだ!?

それを確かめるために行くのだ、赤坂アクトへ



カウントダウンが3日を切ってるううう

胸が苦しくなってきた
スポンサーサイト



カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 0
go page top

特別対談を読んで

昨日の朝日夕刊の白井さんと耕史くんの特別対談
とても中身の濃いものだった!

心に引っかかったいつくかの言葉があった!


まず、対談と一緒に載っていたヴォイツェク広告
そのキャッチコピーにやられた

「妻を殺めた男、ヴォイツェク」

ここまでは、おなじみのフレーズ、
しかし、その後に続いたのが

「彼は歌う、その苦しみを」

となっていた!!

あああ~
燃えたあああああ~~~
このフレーズだけで、テンションダダ上がり

だって「苦しみ」が大好物なんだもんね

“山本耕史の苦しみの演技”ほど好きなものはない!!
ってほど好き!!
苦しみやらせたら日本一やで、身体的にも精神的にも

で、その「苦しみ」を「歌う」んだから
こんなに「アタシを喜ばせたい」ものが他にあるか

ど真ん中過ぎて、もう~~~


そして

特別対談

耕史くんにとっての「演出家 白井晃」と
白井さんにとっての「役者 山本耕史」


耕史くんはピッチフォークディズニーで演じたコスモについて

「それまで内向的な役の多かった僕にとって初めての「悪」役」

だったと。


そしてそのコスモを

「まったく距離感を感じず、むしろ楽しんで演じられた」

と。


この時から白井さんへの信頼は絶大なものとなったようだ。

耕史くんにとって白井さんは

「新しい挑戦をさせてくれる演出家」

なのだから。


一方、白井さんは耕史くんに対して最初からパブリックイメージとは違う印象を持っていたそうで、

「どこか欠落や破綻があるんじゃないか」

それは「完ぺき主義者」ゆえの破綻。
そして普通じゃない「のめり込み方」をする役者。

負けず嫌いで、現場では誰よりも早く台本を離していたい耕史くん。

「早く自由な身体で演技に集中できるから」


その前のめりな姿勢を白井さんの言葉で言うと
「前向きな破綻」
なのだ。

この「前向きな破綻」という言葉

ああ、素晴らしい
さすがは白井さんだ

ワタシが常々感じている「役者 山本耕史」に対する思い、というか魅力というか…
「なんでこんなにこの役者に魅かれるんだろう!?」
という、なかなか上手く言葉にできない、その思いをズバリこの言葉で言ってくれた感あり。

「前向きな破綻」

一見矛盾しているような言葉だが、役者においてはものすごく有効かつ力量を測られる言葉だと思う。

白井さんの言う「欠落」とか「破綻」は決してマイナスイメージじゃない。
貪欲に完璧を追い求めるからこそ、尋常じゃないほどのめり込み、
満足することが出来ず、そこで破綻をきたす、
…つまりは行き詰るわけだが。

そこまで自分を追いこむことができる役者
であり
破綻をきたすことに恐れを抱かない役者
そして
破綻したままとどまるのではなく、
そこを突破していける役者

追い込まれて一度行き詰ったからこそ、それを打破して出来上がったものがすごいんじゃないだろうか。

前に進むための「破綻」

しかし、破綻を突破できる保証はどこにもないわけで、
行き詰ったままになるかもしれない
破綻したまま崩れるかもしれない

でも、それを恐れず、いや、恐れはあるかもしれないが、
破綻することを恐れずに自分を追い込んでいける・・・

それが「山本耕史」という役者なんだろうなぁ
…ワタシにはそんな風に思えた。


「その「前向きな破綻」が、山本耕史という信頼できる役者を創り上げてきたんだと思う」

と白井さん。

まさに、まさに・・・だ。



ヴォイツェクという人物の捉えかたもユニーク。

今までのイメージだと、普通だった人間がだんだん精神を病んで幻聴や妄想にとりつかれていくっていうイメージなんだが、白井さんのイメージはむしろ逆のような感じ。
耕史くんも
「見えていたものが見えなくなる」
という変化を核としているようだ。
ここらへんのことは、実際に舞台を観てから考えてみたい…



三宅さんの曲について

「手ごわいけれど本当に素晴らしい」

と耕史くん。




「フリークス」
「見世物小屋」
「虚実交錯する世界」
などなど

音楽劇ヴォイツェク語る言葉はどれも「アタシを喜ばせたい」だらけだ!


カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 2
go page top