FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

そして明日は

続きますなぁ~~

マジで追いつくのがやっとの嬉しい悲鳴だあああ


ブランチをリピしてる間に、
明日は早朝と昼間に来る~~

早朝のニュースバード(CS)内にヴォイツェクが来るし
昼はフジの『ウチくる』に来る~

ウチ来るサイトの予告動画を繰り返し観てみた!

「山本耕史のソロライブ」って字が出て(笑)
耕史くんの登場にひっくり返ってる獅童さん

捨助と副長

そして今や

信玄と謙信

ともいえる2人(笑)

いったいどんな話が出るんだろうか!?


明日は、
早朝にはヴォイヴォイ言わせてテンション上げて
昼には、うひょうひょ笑ってリピリピになりそうじゃ

ああ、忙しい~~~(あははh~)




実は急な頼まれ仕事が入って、来週1週間は朝から晩まで毎日仕事ですねん

来週は、またなんかいろいろ動きそうだけど
まったく追いつけないだろうなぁ・・・

そして

ヴォイツェクの開幕が刻々と近づいている。





スポンサーサイト



カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ブランチの黒づくめコウジ(2)

ヴォイツェク話が終わったので、あとはオフの話…
急に力が抜けたんで、ざっくりと(あはは(^_^;))


質問コーナー(カードを引いてそのカードにある質問に答える形)



ひとつめは「休日のすごし方」

「夜中まで仕事があって、朝までとか、それで次の日休みの方がわりと(休みを)満喫するよね」

と耕史くん。



「けっこう俺、散歩とか、なにげに好きかも」

とな!!

最近の散歩は「歌舞伎町」だそうな。

散歩と歌舞伎町がイメージ的に合わないんでウケていたが、
耕史くんのいう散歩って、つまりは人間観察ってことだな。

前から「人間観察が好き」って言ってたもんな

「昼ちょい前ぐらい(の歌舞伎町)
仕事が続いていてクタクタになっている人やランチに来る会社員とか
いろんな要素があるんで」

午前の歌舞伎町かぁ・・・なるほど

夜明けの歌舞伎町もなかなかじゃ

以前に夢十夜のトークショーのため歌舞伎町に夜明け前から並んだことがあった。
第二章のこのあたり
極寒の中、凍えながら、歌舞伎町でしらじらと夜明けをむかえた。
ゴミが散乱していて、人通りもまばら
通る人たちはパワーを使いきったような疲れきった顔
夜の喧騒が嘘のような町に、カラスの鳴き声が響き
それでもまた動き始める町…


んなこたぁどうでもいいか(笑)
いや、ちょっと思い出したんで、つい。




次の質問は「芸能界のお友だちは」

ま、これも、もはや定番になりつつあるんで、いいか(あはは)

谷原さんがいるってこともあって、もちろん組!仲間の話になるから、
当然のように「香取くん」なわけで(笑)

電話でしょっちゅう話したりはしないけれど

「香取くんは心の友」

定番中の定番だぁ~(ふほ~い)


そしてかっしー(谷原さん)は

「1年に1回メールする友(笑)」

ああ、組!忘年会のお知らせね(あはは)

「でも、現場では会うし、すごく安心する人
すごいあの人のなんかあったかい感じ」

そして

「嘘くさい感じ」

と笑いもとり
さらにまた自分突っ込み

「いやいや、嘘じゃない、ほんとにあったかい感じの人です」



「谷原さんと2人で出かけるとしたら」という質問には

「家族を持ったら、アウトドアかな。
照英さんとぐっさんと谷原さんとで」

なるほど、島田と永倉さんね、頼れそうだもんなぁ…
山では島田より副長が強いし(あはは)

と、ここで

「そこに香取くんも来てくれたら」

と局長も必ずご指名
そこは抜からない!!(笑)


余談だが…
MCが伊東センセで永倉さんや島田の名前が出て、
更に局長の名前も出て、組!のメインテーマも流れ
さらにさらに、副長のコーナーが終わったら、
すぐ次に、大人気絶好調の山南さんが出てきた~

この流れは素晴らしい~~~\(^o^)/




耕史くんはインタビューの最後に画面に向かって

「題材としてはとても重厚な重い部分もありますけれども、あまり体験したことのない空間が出来上がる、そんな作品になると思います。ぜひみなさん、劇場に遊びに来てください」

と呼びかけて、このコーナーは終わった。


あまりにお稽古場映像に気持ちを持っていかれたんで、
あとは、わりと大雑把でざっくりですが(^_^;)
こんな感じのブランチ耕ちゃんでした~!

カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ブランチの黒づくめコウジ(1)

今日のブランチ

一にも二にも
稽古場映像、

とにかく、稽古場映像
何はなくても、動くヴォイツェク、
これさえあればの、稽古場風景

これに尽きるんで…
ここばっかしリピしてて
あとはいいか~みたいな(え)

「ないがしろではないか~」

それほど嬉しかったのだ、初の稽古場映像が!!


エンタメコーナーでもちょっと別格な感じの「独占インタビュー」!

インタビューの場所は、アクトシアター内のロビー。
耕史くんの横にはど~んと白塗りヴォイツェクのポスターが飾ってあった。
(奥に上川さんへのお花があったから、真田十勇士公演期間中(9/16まで)に撮ったのかな)

黒い皮のジャケットに黒い皮のベスト
黒い皮のパンツ、黒い靴
インナーの白以外は全部黒黒黒

これが、まあカッコイイわけだ

コメント欄で小麦殿が書いておられるように、
ジャケットの胸元のカットがギザギザですげ~!
黒尽くめのレザーでホントにロックスターみたいだった

皮ってスタイルのいい人が着ると映えますな~
それもただ細いってだけの人じゃダメなんで。
細身なんだけど、筋肉でパッツンなところがあったりすると、
そこだけ皮がちょい引っ張られ感があって、筋肉ある~みたいなのがセクシ~


登場するなり
「谷原さ~ん」

それに応えて(ワイプで)
「こうじく~ん」
と手を振るかっし~

もはやブランチVTR出演の時のお約束やな…

「山本さんのインタビューではお決まりになってきましたね」
って言われてた(笑)


コウジくんは谷原さんのことを

「いいお兄さんでもあり、同志でもあり
いつも見ていると嬉しいきむちになりますよ」

「きむち!?」
噛んだ~噛んだな、今~~~

と画面に向かって突っ込んだら

「きむちって言いましたけどね、今」

と自分突っ込みで笑をとっていた!




で、ここからはヴォイツェクの話になったわけだが・・・

コウジくんの話の間に画面半分が稽古場の映像になったりするんで、
何度リピしても稽古場に釘付けで、声が頭に入らん!!!

銃を片手にしょい、厳しい顔のアップもあり
ぐるぐると周りを取り囲まれて、苦悩するようなヴォイツェク
床屋でヒゲ剃りをしている時のヴォイツェクや、
銃を持って突っ立っている時のヴォイツェク、
頭の中の声を聞いている様に上向きの視線が空ろで異様な感じもあり、
マイコさんとのやりとりもあったし、歌っている姿も映った。
映像には、団さんや今村さん、マイコさんなどが映っていた。

お稽古では黒いヘアバンドで、ミリタリーっぽいやや厚手のヨレッとした上着
(銃を持つシーンでは腰にベルト)

img20130921_113813.jpg


いや~
声が出なかったのは残念だったが…
まさか稽古映像が来るとは思わなかったんで、テンション急上昇しましたああ~

「これはですね、200年ぐらい前のドイツのヴォイツェクと言う人物なんですけど」
と話始めた耕史くん。
ヴォイツェクについては
「ちょっと精神を病んでしまうというか・・・
それが時代背景で周りによって作られたのか(どうか)
被害者なのか加害者なのかわからない」

と説明し、作品的には「重めなテーマ」のものだと言っていた。


ヴォイポスターに話題が移り、
「これは、歌舞伎のメイク・・・じゃないですけど
白塗りっちゃ白塗りかな」
と。
白塗りづいてますね~と言われていた(あはは)

「何かに塗り固められた人物」をあらわすメイクだと説明。


ここでヴォイツェク話は終わってしまった~

ああ、もう少しヴォイたん話を続けて欲しぃ
ポスター撮影のことや稽古場の様子、
曲の印象など聞いてみたい・・・
・・・と、わがままなことを思った(^_^;)

だってヴォイツェクにハマりにハマっているんで、
もっともっと~と欲が出るのだ(^_^;)

あとは舞台を観てのお楽しみってことっすね!



カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 0
go page top

お稽古場キタ~

で、で、で、で、で、

ブ、ブ、ブ、ブブブブラン

おけ。、おけ、おけ

ヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォ

ぶら、、おけ、おけ、ヴォイ、ヴォヴォ、で、で、で

ぶら、おけい、ヴォイツ、で、で、でたたた~~


おおお落ち着け・・・

落ち着けぇぇぇぇ

はい

どうどうどうどう


落ち着け、アタシ(愚)



今、ブランチで

ヴォイツェクの

お稽古場映像が

出たああああ~~~

スマンです(^_^;)

初めて見る動くヴォイツェクに
あまりに動揺して、乱れてしまった…

ああビックリした
ああ、おろろいた
ああ、

ホントにもう
頭が爆発しそうだった(大げさ)

銃持ってた
歌ってた
きょどってた
苦悩してた

ここばっかしリピしてるんで、すすまねぇ

カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 4
go page top

いい顔してたなぁ…

昨夜のAスタジオ

たぶん、拙宅へ来てくださる方で
いつものようにさぞや
「っぎゃ~~~」
っと燃えまくって叫んでいるだろうと思ってきてくださる方もおられるかと(笑)


見終わって、いちばん思ったのは
ワタシにとっては
「ものすごく真面目な番組だった」
ということだった。

いや、真面目っていうとニュアンスが伝わりにくいかもしれないから
「しみじみとした番組だった」
というべきか…

しみじみした思いを噛締める、そんな番組だった。

それもこれも、番組の最後のあの顔、あの表情を見たからだ。

退場して、裏で鶴瓶さんの言葉を聞いているときの顔

あれがすべてを持っていった感アリだ。

もちろん、
三谷さんの耕史くんへの言葉に胸を打たれ、
鶴瓶さんの言葉が素晴らしかった上でのことだが。

その言葉を聞いているときの耕史くんの顔が、
なんともいえない、いい顔だった。

多少の照れもあるかもしれないし、すごく嬉しい気持ちもあり
そして、誇らしげな顔だった。

いい顔だったなぁ…

見た目の美しさではなく、内面から滲み出る「いい顔」だった。

この顔を見ていたら、先日のゆうゆうワイドの記事で語った「ここまで来れた自信」という言葉を思い出した。

そしてさらにこの言葉…
「誰かが駆け上がった階段ではなく、自分で積み上げた階段を一段一段上っている。
だからこの階段は壊れないという自負がある。」


これは2006年に語った言葉だが、この姿勢はまったくブレることがなく、
あれから着実に階段を積み重ねてきているんだなぁ…


戦い続けているのは変わらないが、一段一段を着実に積み上げてきた「自負」が滲み出ているようないい顔だった。

「自負」って、ただ自信を持っているってだけじゃなく、そんな自分を誇りに思っているってことだよなぁ。


もちろん、天井の見えないものへの挑戦は続いているだろうし、戦い続けている中で、変わっていく部分もあり、進化していく中でどんどん変わり続けていっていると感じるし、そういう変化があるからこそこっちも観続けているわけだが。

一本筋が通っているからこそ、未知への挑戦もできる。

ブレない男であり続け、そして変わり続ける役者でもある。


これが、鶴瓶さんの言う「長さ」なのか…


・・・

・・・・・

・・・

と、まあ、あの最後の顔を見て、勝手にこんなことをしみじみ思ったりしました。

真面目でごめんなさい(笑)


でも

でも

でも

やっぱふっひょ~~~っとなったっすよ(あはは~)

だって、組!話で、また新しいことが聞けたんだもん!!

携帯の電話番号のエピじゃなく、楽屋の暗証番号の話で、新たなものが出るとは…
変え続ける局長、それを毎日盗み見している副長
そしてヒントを出す局長~~~

もぉ~~~~コノヤロ コノヤロ~~~~

そして何度も画面に出る夫婦写真(違)

ああ、幸せだ~~~\(^o^)/




そして

なんか、ボディービルダーのような半裸写真も出ましたな(笑)
なんざ、あれはああああ~~~(笑)
昆虫の裏側!?(あはは~)




ヴォイツェク宣伝のときに流れたのが、目玉ギョロバージョンだったってのも嬉しかった!



今また鍛えているのだな、ボディ~~~
ワタスも触ってみたい(結局そこかい)

そして、やっぱしスレンダー好み(笑)


・・・


・・・・・


・・・

ま、こんな感じでした(あっははは~)


「そんなシメでいいのか」(by 副長)

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top