FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

「歌い狂う」

ヴォイ友から教えてもらい
TBSの番組表で確認!

こちら

8月6日深夜(26時9分から)のエン活
ヴォイツェクくるうううう!!


TBS主催だから来るとは思っていた!
エン活にくるなら、いずれBOOT!にも来だろうきっと

番組表には
「エン活! 山本耕史が歌い狂う!本格音楽劇」
とあるじゃないかああ~

「歌い狂う」

うほおおおおおおお~~~

「本格音楽劇」

ぐおおおおおお~~~


とにかく
ぐおおお~
なのだ

スポンサーサイト



カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 0
go page top

続・第6話の激サバ

第6話で(7話ちゃうぞ(笑))もっとも胸きゅんサバきゅんだったのは
やはり病室のニ人

帰れない二人

戻れない二人

ときて

最後に

病室の二人


ここは

二人のやりとりがキュンキュンくるので
胸きゅんな二人
なのだが

ところどころでしか目を合わせない
ちょっと
気まずい二人
でもある

サンクマにありがとうと言うときのサバきゅん

ストレートな「ありがとう」ではないところが萌えるし泣ける

なんとも複雑な、バツの悪そうな
自分の見られたくない部分を見られてしまったような
恥じているような

でも
ちゃんとお礼を言わなきゃっ

そんな苦しそうな
きょどりながらの
やっとこさ言えた

「ありがとうな、サンクマ」

なんじゃ、こいつぁ~~
よえぇええ~~な、おい

でも

萌えるううう(あはは)

ここですでに激萌え

カワエエやら
けなげやら
よわっちいやら

もうコノヤローなのだ(何)


で、さらにサンクマに
「ひどい男だよ、サバは」
と愛情たっぷりの言葉をかけられ
(この言葉は愛だろ、愛!)

ウルウルしているサバ

初めてこの場面を見たとき
ここでサバきゅんは泣くのかと思ったもんね

涙がこぼれるサバを期待してしまった(うふふ)

この時のウルウル顔が、もうチクショーコノヤローってくらい好きだああ

なんて顔すんのさ!
こいつぁ~~~

こんな顔されたら、たまんねぇ~~~

いじめたくなるやら
庇いたくなるやら

サバもいいけど、サンクマちゃんがエエんです
サンクマちゃんがいいから、よけいにサバきゅんのウルウルぶりが映えるんどす!

気まずい二人のようだけど
実は心が揺れる二人なのだ

「友だちとして」というには微妙な感情

揺れる二人

でもあり

励ますサンクマ
受止めるサバ

自分を思いやってくれる友だちの存在
身にしみただろう、この思いは。

気まずいようでちゃんと気持ちのやりとりができている

「ごめんな、サンクマ」
「サバのばか」
(涙のサンクマちゃん)

自分のために泣いてくれる人がいるなんて
サバああ~~このやろ~~

・・・


・・・


暖かい二人

でもある



病室の後姿もエエですなぁ…
そこにサバナレーションがかぶるから、なおさら!!!
ああ、ホントにホントにいい声してるわん
ナレ声にフルフルしたもんね




ドラマはいよいよ激流の本流へ


突っ込みたくなった屋上のシーン
いくらなんでも、あんな不安定な患者さんと屋上で話すのは危なすぎるん
(^_^;)
お話しするのは地上にしてくだされ(あはは)




第7話の予告にいきなり、筋トレで鍛えたようなサバきゅんが映って戸惑ったあ(笑)
なにあの鍛えたボディは
ギャップありすぎじゃ(あっははh~)
楽しみだけど(うふふ)



カテゴリ: 激流

tb: 0 |  cm: 4
go page top

終わらない!

サミシイ・・・

昨日でロックオペラモーツァルト公式がクローズした

ああ…

わかっていたことだけど
やっぱ、実際に開けなくなっていると寂しいもんですなぁ

でも

拙宅のサイドバーのバナーリンクはそのままにしておいた


もう一度会える
必ずあのチームに会える

それを信じて
思いを込めて






カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 2
go page top