FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

サバ萌え語り

ちょっとの時間があれば、すかざす語ってしまう
そんなブログ体質なワタス(笑)

第2回のサバきゅん

なんたって、冒頭から押し倒される!!ってのが
ぐふふふふ~


「帰りなさい!」
なんて、他人行儀な言い方がまずツボ

この「帰りなさい」ですでに萌える

つかみはオケ~

「帰りなさい」
って言っててもオナゴの方が強引なのはありありで!
「帰りなさい」
と言うサバきゅんを見ながら、
「そう言って拒んでも、絶対に“くんずほぐれつ”来るで!」
と思いながら見ていたら、やっぱキタ(あはは~)

“くんずほぐれつ”までいかず
“く”止まりだったのが残念だったが(え)
せめて“くんず”ぐらいまで見せろ~

ぎこちない手の動きが、なんかカワエエやらダメ男やらで

こういうきょどりっぷりが萌える~~~


ドアを叩かれて、苦悩の顔をしている時のサバにも萌えたあああ~



で、

最大の萌えサバは、やっぱ銀行のサバきゅんですなぁ~

何、あの使えなさぶりは~
かわいそ過ぎて痛々し過ぎて、見たくないけど見たい!(何)

真新しい「案内係」の腕章が、また痛々しさを増幅させてる
あんな腕章の変わりに袖章つけてあげたい(何)

あんなに店の中で怒られて
もう、エリートのプライドずたずたじゃないか~

おのれ~あの客
うちのサバきゅんになにさらすねん!
ワタシが受けて立ったたろやないけ!

と怒りに燃えつつも
かわいそうで痛々しいサバきゅんに萌える

目の表情がほんとに切ない
目だけで、その屈辱と戸惑いと苦悩が伝わってきたもんなぁ・・・

さらに、女の敵扱いで、あの支店長からさらなるいびりを受けるだろう
…という針のむしろ状態のサバきゅんが痛々しい…

そんな痛サバに、萌えて燃えて萌えるううううう

ま、若いオナゴと不倫したのはサバきゅんなんで、こういう事態に陥っているのは自業自得なんだが…
それがまたつらいのよねな
誰のせいでもなく、自分が招いたんだから
自分を責めるしかないのか・・・

♪俺を~責め立てる~ホントの俺に~♪

あははは~

いちいち用紙の説明を受けてるのも惨め…
でも頑張ってるじゃないの、サバきゅんは!
ホントはあんなのやってらんないだろうけど

僕の姿をよく見ておくがいい
サバシマユタカは今夜辞職する
自由だ、いいか僕は自由だ自由なんだ~~

ってわけにはいかんのよね(笑)

たぶん、養育費を払っていかなければならないだろうし
生活もかかってるし
どんな扱いでも銀行を辞めるわけにいかんだろ

質素なワンルームに住んでるのが、また、もう

なんだか地に足が着いていない感ありありで
何をどう受止めたらいいかわからないまま流離っている
「さすらいのサバシマ」
そんな印象のサバきゅんが、このあとさらにどんな目に合ってどうなっていくのか…

ひどい状況になればなるほど萌えるであろう(ふふふ)


すかす、あんな綺麗な八頭身の案内係マンがいる銀行なら、
用もないのに毎日通いたいくらいじゃ~


後半のサバきゅんも語りたいが、時間が無いので萌え記事だけで終わってしまった(^_^;)
萌え記事優先、そんなブログです(笑)
スポンサーサイト



カテゴリ: 激流

tb: 0 |  cm: 4
go page top

サバきゅんロケ地

「続く」なんて前記事に書いておきながら、続いていない((^_^;))
今がピークで激忙しくてブログを書きたくても書けないジレンマでつ

ジレンマといえば、サバきゅんも自己矛盾を抱えているような印象だから
いわば、ジレンマの男

自分のこの状況、何をどうしたらいいか…
現状を受止め切れないまま流されている感じが
かわいそうやら
痛々しいやら、
よわっちいやら
情けないやら


ああ、もっと激サバ語りがしたいよぉ~~~
うざく熱い萌え萌え記事を書きたいですのう

バイトのピークが終わるまでの我慢じゃ・・・



バイト代が入ったら、まず
お気に入りの塩辛を買う(望みちいせぇ)
そして
ジュヴレシャンベルタンを買って飲む

で、

サバ友から教えてもらったのですが、
激流で5人が20年ぶりに集まるお店の外観は、
品川にある高輪プリンセスガルデンという建物の外観だそうですな。
(お店の内部はここではなくセット撮影か別のお店!?)
こちらにその外観写真が出ていた!

ホントだ~~~
ここにみんなが集まってきたんだ~
img20130705_070524.jpg


ウェディングパーティー会場だが、併設のレストランでランチも食べられるようじゃ

バイト代が入ったら行ってみたいなぁ
そして
銀座のお茶屋で耕ちゃんが味わった濃茶も飲みたいな(あはは)

塩辛とワインとランチとお茶を念頭に、ピークをがんばるぞ~

カテゴリ: 激流

tb: 0 |  cm: 4
go page top