FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

楽しみ方いろいろ

あ~あ
ホントにもう

我ながらよくこれだけウザく書いてきたなぁ

あっははは~

1曲1曲にこんだけネチネチと、あだこだと、ウザ熱く書いているヤツはいねえ

でも、これでもかなり短くしたんどす(え)

まだ最後の曲語りがあるんで
さらにまだまだ語りは続く予定…(あいたた)


すかす、「ヘッドホン(ワタシはイヤホン)で聴く」ってのが、
病みつきになってもうやめられまへんな

耳にダイレクトに音が入ってくるから、
細かい声の動きや揺れや息が鮮明に聞こえて来るし、
楽器の音もすげ~クリアに聴こえてくるから
さらにズブズブ溺れるっていう(笑)


「トラブルメーカー」なんて唸りが最高\(^o^)/

出だしの

♪常識なんてぶちこわせばいい
縛られるのはごめんさ、かっかっかっ♪

の「しばられ~るのは」の「れ~」に唸りが入っているから、
めっちゃシビレル

唸り最高~~~


「薔薇の香り」は、最後の歌い切りで唸っていた時もあったが、
この東京オーラスのCDだと、途中で唸りが入っているんだ~
曲の最後じゃなくて、途中で何回か唸りが入ってくるのが新鮮!

それがまたシビレル



そして、フィナーレの「ひたむきに生きてこそ」の後半のエレキがめっちゃカッコイイ!
いつもフィナーレでは、次々に登場されるみなさんに拍手を送っていたので、耳がおろそかになっていた。

こうして、今、イヤホンで耳に直結させて聴くと、
エレキがかっこよくて、シビレマシタ



フィナーレといえば、みんなで歌っているタトゥーが楽しい!

コウジボイスが、上へいったり下へいったり

始めはオクターブ下げて「君の胸に僕の名前を~」って歌ったかと思うと、
次の「タトゥーをして街にでかけよう」はいつもの音階で歌ったり
繰り返しの中でワンフレだけファルセットで歌ったり

めっちゃ自由気まま~~~~\(~o~)/

その上、メロディーラインにハモリを入れたりもしているのだ!
拍手だけになった時の「タトゥーをして街にでかけよう」のあたり。

そして「オゥ~~オォォ~~」って、アドリブがコウジボイスで何回か聞こえたような気がする!

フィナーレって、観劇時には、まずみなさんへ感謝の拍手を送って
あとは耕ちゃんを見てひたすらデヘデヘしていたんで(あはは)
あまり音や声をちゃんと聴いていなかった気がする…

CDだと音に集中するから
なんか新しい発見があって楽しい~~~


ヘッドホン(イヤホン)で聴くと、新しい発見が続々だぁ~


余談だが、スマホで聴くなら、イヤホンを選んだほうがエエです。
安いやつで聞くのと、ちょっと値が張ってもいいヤツで聞くのとでは、ものすごい差がありまする!

スポンサーサイト



カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 8
go page top

薔薇の香りに包まれて

慟哭だな…これは

薔薇の香りに包まれて

まさに慟哭の歌
いや、歌っていう概念も取っ払っていい…


曲そのものがドラマチックで、ストーリー性が強い
さらに、悲劇的

こういう曲を歌うコウジヤマモトが特に好きなんで、ドハマりなわけだ!


ヘド姐さんでいうと
“ヘドウィグラメントからエクスキュズ”
という流れ
独白で始まって、悲しみ、嘆き、怒りから激情となり、泣き叫び、
最後は崩れ落ちる

これだよなぁ~、これ!!

これが1曲に入っているのがこの「薔薇の香りに包まれて」なのだ。

この曲を彼が歌うと、怒りより嘆きや悲しみが強く出てくる!

悲劇が似合うんだよなぁ…

彼の声には悲しみが溢れていて
なんつうか、声そのものが悲しいっていうか
切ない声なんだもんなぁ…




血まみれコウジが好きなわけで(何)
とにかく、ワタシは「エロい」の好きと同じくらい「血まみれ」好きなわけで…

手負いコウジが好き~~~
傷を負って血を流して、苦しんで血まみれになってる姿、サイコー(ぐふふ)

似合うんだ、こういうのが
とにかく深手を負って血を流してるのが(しつこい)

で、

この薔薇の香りは、実際に血を流しているわけじゃないが
心の血まみれ状態なのだ!!

最初は、薔薇のとげに刺さったような小さい傷口からうっすら血が滲んでいるだけなんだが、その傷がどんどん張り裂けて血がどくどくと流れ出して、最後は血まみれになりながら…
しかもその傷口はひとつじゃなく
全身に何箇所もあるような…

痛みと苦しみで満身創痍

それでも立ち上がり、苦悩に身を任せることなく、
毅然として「NO」を突きつける!!


そんなイメージ(ていうか妄想)




そして

この曲のコウジボイスには「慟哭」という言葉があまりにもハマる!

悲しみと痛みのあまり声をあげて泣いてしまう
その心の叫びがあまりにも悲しい

そんな悲しみと嘆きが滲み出るような声なんだもんなぁ

なんでだろう

こういう悲劇的にドラマチックな曲になると
彼の声は本当に悲しいのだ…

こんなに声そのものに悲しみを感じる人は、他にいない!

その悲しみが心をえぐる


だから、歌い終わったあとすぐに拍手ができないことが多い。
終わっても、いつまでも心に刺さっているからか…
客席で、拍手をする前に「あ~~~」ってうめいたりしていた


「薔薇の香りに包まれて」は、ワタシにとって、そんな風に薔薇のとげが心に刺ささる曲なのだ。

あ~~~~

カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 6
go page top