FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

勝手に思い込みソング

昨夜、夫がHDDの録画を整理し始めていて、だいぶ前に録ったユーミンライブを観ていた。
その中で流れた『Hello, my friend』

いい曲ですなぁ…
この曲はワタシも発売当初からずっと好きな曲だ。
カラオケでもよく歌う1曲!

・・・


・・・・・


だけど

・・・・

・・・

去年からは、

・・・

単に「好きな曲」ってだけじゃなくなった…

この曲を聴くと思い出してしまうのようになったのだ、
頼長さまを(え)

なぜにユーミンで頼たま!?


実は

その曲とは全然関係なくて、
歌われているシチュエーションもテーマも違うのに、
歌詞がガシっと琴線に触れてしまって、
自分の中で勝手に、半ばこじつけのように
耕史くんが演じた人物にダブらせてしまう曲がいくつかあるのだ!

それは、いったんダブらせてしまうと、
その後からは
「もうその人物の曲にしか聴こえない~」
というもので
勝手に思い込みソング”と勝手に名づけている(あはは)

この『Hello, my friend』も、そんな“勝手に思い込みソング”のひとつ。

去年の頼長さまの最期を観てからは、
この曲の歌詞があまりにハマってしまって…

いや、正確には、頼長さまの歌というより、
「頼長を思う信西の歌」!と言った方がいい!

特にサビの歌詞がたまらんのです

♪悲しくて 悲しくて 君の名を呼んでも
めぐり来ぬ あの夏の日 君を失くしてから♪

ここなんて、「あの夏の日」ってのがもう…
頼長さまが奈良で亡くなったのが夏だからピッタリで!


♪淋しくて淋しくてキミのこと想うよ
もう二度と会えなくても友だちと呼ばせて~♪

ううう
歌詞の中に「友だちと呼ばせて」とか「友だちでいさせて」って何度も出てくるんで、これがまさに信西の気持ちのような気がして…
信西が焼け落ちた左府さまのお屋敷の中で日記を見つける場面が浮かんできて、泣ける~~~~

ホントは友が亡くなったんじゃなくて失った曲なんだが(^_^;)
でも、
勝手に信西の気持ちをダブらせて
「キミ」は頼たまのことだと思いこんじゃってて
勝手に泣いてます(あはは)





拙者の“勝手に思い込みソング”はまだ何曲かあるのだが、
その最たるものはORANGE RANGEの『花』だろうなぁ…

これはワタシの中では、勝手に
組!!の副長の歌
となっている。

だって歌詞のほとんどがあてはまっちゃうんだもんなぁ


出だしの

♪花びらのように散りゆく中で♪

って歌詞がもうすでに「最期の一日」にハマっている…



♪愛し合ってケンカして
いろんな壁2人で乗り越えて♪

ってのが、まさに、もう、かっちゃんとトシ~~(ToT)

♪いずれすべてがなくなるのなら
二人の出逢いにもっと感謝しよう♪

とか

♪信じることで乗り切れること♪

♪君が残したモノは今も胸に
ほら輝きを失わず♪

とか

あああ、もう(ToT)


さらに

♪花びらのように散ってゆく事
この世界で全て受け入れてゆこう
君が僕に残したモノ
今という現実の宝物
だから僕は精一杯生きて花になろう♪

なんてあまりにまんま過ぎて、もう(ToT)
副長が局長のダンダラのハチマキを締めるシーンが浮かんできてしまう
「精一杯生きて」
が、
「精一杯戦って」に思えて…

カラオケで必ず歌う1曲であり、
しかも最後は涙目になりながら歌う曲!

勝手に思い込んで勝手にその世界にダブらせてます(あはは(^_^;))



こんな風に映像の人物については何曲かの“勝手に思い込みソング”があるが、舞台のキャラに関してはあまりない。
耕史くんの舞台はミュージカルがほとんどだし、ドリアンはストプレだったけどオリジナル曲がインパクトあって音楽劇のようだったんで、舞台の人物については、その舞台の曲しか浮かばなかったんだが…

でも

今回のモントロン!
やさぐれ場面を見たときある1曲が浮かんだ!

やさぐれモントロンを見て浮かんで、勝手に思い込んだのが
『ピガールの娘たち』というシャンソン
(原題はP'tites Femmes de Pigalle)
セルジュラマの曲。



妻を寝取られた男の歌なんだけど、
まあこれが陽気で危なくてエロくて!

ピガールって歓楽街だから、ピガールの娘たちってそういうオナゴたちなんだが。
妻を寝取られたのに、
「んなこたどうだっていいや~」
って(笑)
やたらルンルンしながら、いそいそとピガールへ出かけていく
「寝取られ亭主だけど僕はご機嫌だ~」
って自嘲気味だけど脳天気な男の歌(笑)

この曲がやさぐれモントロンにハマってハマって!
勝手にやさぐれモンたんのテーマソングにしています

って、

この曲を知っている人ほとんどいないだろうなぁ
(^_^;)

スポンサーサイト



カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 4
go page top