FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

感動のオーラス終わった

カテコで『夢を支配する者』を歌ってノリノリ
ステージ上の出演者は丘に上がって踊りまくり
会場も大盛り上がり
今夜はコウジバージョンだった

なんとコウジくんのバクちゅー出た!
あの衣裳で
危なくスレスレで手をついたけどー

そして、二人のモーツァルトによるアカペラのハモりで
薔薇の香りに包まれての一節を歌ってくれた (感涙)
即興のハモりなのに本当に美しい旋律だった

感動しました
スポンサーサイト



カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 4
go page top

23日のカテコ(2)

コウジくんと中川くんが二役を1日で交互にやるのは初挑戦ってことを語り、
「かなりたいへんで」

とコウジくんが言ううと

「ぼくもモーツァルトやってるからそのたいへんさがわかります。
今日はコウジさん、たいへんだっただろうって」

と中川くん。


ジョージさんが
「2人の息子がいますが、2人とも全然違うんです
アッキーはお父さんって思いきりぶつかってくるから
毎回毎回、胸が痛くて
山本さんは寸止めしてくれるけど(笑)
アッキーがモーツァルトの時はウエーバー家は寺内貫太郎一家です!
私はこの舞台が終わったら、病院に通います」

会場爆笑




そしてコウジくんが

「湯澤さんどうですか」

とローゼンベルグにふってくれたおかげで、ローゼンベルグオンステージが見られたのだー

みんながサリエリのモノマネを切望
会場からもやってやっての拍手が起きた!

じゃあ、中川サリエリは明日やるから見たい方は明日来てくださいーということで
山本サリエリのモノマネを披露。
せっかくだからとステージ上の丘に上がり、
出演者が観客のような感じ。。
コングさんなんかめっちゃ喜んでかぶりつきで見ようとしていて、そのすがたにまたまた爆笑

出演者は普段はこのサリエリのモノマネを見られないんだそうな。

湯浅さんが、ステージ上で山本サリエリのモノマネを披露
いつもよりねっとりだった(笑)

会場大拍手

自分のモノマネを見ているサリエリコウジは
バカウケして笑いまくっておった!



湯浅さんのひとこと

「山本さんのファンの方すみません。
あと、秋元さんのファンの方もすみません、ブスっていってて。
全部台本に書いてある通りなんで」

と言うと、ますます爆笑

ローゼンベルグファンも多いっすよね!
かくいうワタすもローゼンベルグファン
モノマネしてます、日々(笑)


投げキッスはいつもの熱いキッスの中川くん
コウジくんは、ねっとり一度だけってパターンじゃなくて、
ちゅっちゅっちゅっって小刻みにキッスを送る新バージョン

これをサリエリ姿のままやるから
死にましたー萌えすぎて

きゃあーって歓声まで起きたもんねー



そんなこんなでカテコはおわったのだった。

カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 0
go page top

23日のカテコ(1)

昨日のマチソワのカテコをちょこっとレポ

マチネはほとんど覚えていないです。
再びモーツァルトの世界に入れる喜びと緊張で固まったままの観劇だったんで、ぼけらーっとモーたんをひたすら見つめてるうちにカテコが終わってしまった…

スンマセン


やはりソワレを控えているせいか
ソワレよりはあっさりめのカテコだった。

オーブの大盛り上がりを体験した後なので、最初はなんかちょっと面食らった。
初見の方が多いだろうから、ナニワの監察方の報告どおり、様子見な雰囲気。

でもカテコではオールスタオベ!
中川くんがものすごくハイテンションで
「大阪サイコー!!!」
「大阪にモーツァルトが来たぜー」
と盛り上げてくれて、大拍手
隣りのアニキはただただ微笑むのみ

それでも
中川くんが
「今日がインディゴの初日でした」
といってくれて

「そうなんです。
みなさん、僕のモーツァルトはいかがでしたか?」

とコウジくん。。

会場からは拍手喝采で1階席上手あたりと2階席あたりから
サイコー
って声がかかった!

途中で誰かが「GLAYのテルさん、どうですか」
ってふったけど、きっかけがイマイチだったせいか、
ふつうのヤマモトコウジで答えていた(笑)



ソワレのカテコ

さらにさらに中川くんがハイテンションで
客席にガンガン呼びかけるー
「大阪サイコー
ボクもう大阪が大好きで」
ってどんどん走る走る(笑)

さすがライブの方だなあ

客席との掛け合いになって、止まらないから、
コウジくんか、または誰かが、まあまあって止めてた
(あははー)

「いつ誰か止めてくれるもかーって思ってました」
と中川くん(笑)


その盛り上がりをウケテ、今度はコンスたんが爆走(笑)

「みんなー
大阪にロックオペラモーツァルトが来るよーーーー」
と絶叫

で、
もう始まってるよ
もう来てるやん
もう今やってるけど
って周りから突っ込みまくられて(笑)
さらに
お客さんが引いちゃったじゃない、
どうすんの
ってジョージさんあたりに突っ込まれて

「みんなあああー
早く帰ってこんかいーー」

と絶叫
その男前なこと(笑)
姉御と呼んでいいですか(笑)

会場爆笑と拍手喝采

いいキャラしてるなぁー

カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 0
go page top

Wの葛藤

ダブル交互は罪だ…

頭の中で二人のコウジがせめぎ合う

モーツァルトコウジとサリエリ様コウジ
どちらも好き過ぎて
いや、好きという言葉は軽過ぎるだろ

どっちにも魂を持っていかれて
どっちも愛しすぎて

ひとりでも苦しいのに2人も
それも日を追わず交互に来ていたから
1人の残像が消えないままもうひとりに襲われる

頭の中のキャパ超えてますねん

だってひとりでもすでに超えているのに
そんな超ド級が次々に来るんだから…

どちらにも魂を持って行かれるが
魂の持って行かれる先が違う!

行き着く先が違う

モーツァルトが連れて行ってくれるのは天国
幸せに満ちた安住の極楽浄土
切ないモーツァルトに涙しながらも
最後は心が満たされた幸福感でいっぱい

サリエリ様が連れて行ってくれるのは地獄
狂いおしいほど愛してしまうから
ただただかき乱され溺れて
煉獄の炎に身を焦がし続けるしかない
苦しいーーー
悶え続けるしかないから…


昨日はそれが1日でキター

モーたん、サリエリ様という順番だっからか
幸せに満ちたあと久々の煉獄行きですっかりサリエリ様に魂を持って行かれ
そのまま地獄をさまよっている

今日は逆
それもラストサリエリ
ラストモーツァルト

サリエリ地獄に堕ちたままモーツァルトを観ると
いったいアタシどーなるの!?

自分がどーなるか想像できない
怖いよー

酒びたりになって魂を麻痺させるしかないな、きっと

♩酒飲み天国、気がつきゃ地獄
お前の頭はハレヒレホー♩
(by レク)(笑)



いよいよオーラス

しまっていくぜぃ!!!!!!!!!



カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 0
go page top

みだれ髪

ワタシにとっては、遠い幻となっていたサリエリ様

その姿が目の前にあらわれただけで、
心臓早打ち状態だったのだが
二部の乱れ髪で、完全に魂を吸いとられた…

二部の最初の曲

モーツァルトの楽譜を手にその才能に驚愕するサリエリ様

エロセクシーボイスが地響きのように会場を圧倒
なんんだなんだ、あの凄まじい声はー
あれだけでも地獄行きなのに
さらに、あの姿
あの振り、あの手、あの脚、
あの腰、あのうなじ、あの肩
あの息づかい、あの、あの、あの、あの

あのみだれ髪

狂ったように踊るサリエリ様の振り乱した髪

髪がだんだんと乱れていくのがたまらんー

頭を降るたびに乱れていく御髪があまりにセクシーで
いや、セクシーなんてありがちな言葉じゃ軽すぎる

耽美
究極のエロス

いや、それでも足りない

整えられた完璧な美しさが乱れていく
完璧に整えられた美しいものが崩れかけた瞬間に放つ美
これぞ究極の耽美!!!!!!

その象徴というべきものが、みだれ髪なのだ

あのサリエリ様のみだれ髪に魂をもっていかれましたああ

そして、曲が終わり、
何事もなかったようにほほ笑むサリエリ様

でも、乱れた髪と荒くなった息づかいが…ぐおおおー
必死で隠し、取り繕っている姿がまたエロセクシー

ほつれた髪と乱れた心がたまらんんんn

みだれ髪に拙者の心も乱れましたー

いや、みだれたなんてもんじゃない

あまりにかき乱されて
座っっているのが苦しくなったほど


あのまま
ぐおおおおおおー
って叫びたかった…

ホントに叫んだら、そのまま退場させられるだろうけど(笑)

いや、わろてる場合ちゃうで
ほんまに叫んでまいそうな自分が怖いで、まったく

サリエリ様をみると、心の中に激しく強烈な衝動が沸き起こる!
魂の奥の奥から突き上げてくるような
そんな衝動

サリエリ様の耽美は見た者の魂を破壊する美
自分を見失わせるほどの破壊力

それを見た者にはもう二度と心の平穏は訪れない

まるで、その姿を見た者は石になってしまうというゴーゴンのような破壊力

ああ、サリエリ様のみだれ髪は罪だ
もう心に平穏はおとずれない

これが、まさにサリエリ地獄だ

でもいいのいいのサリエリ地獄なら、何度でも堕ちたい

あああ…

カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 4
go page top

やられた!

こんな丑三つ時に起きてブログを書いているワタス

魂もっていかれて
眠れない…

「そ、ご想像通りの展開」(by ヘド姐さん)

まず、マチネのモーツァルトに心奪われた
それは、心奪われるというよりは、
ときめきと幸福感
ああ、目の前に一度お別れしたモーたんがまたいるうう(嬉泣)
そんなまた会えた喜びに胸がいっぱいになった。
ほんとうにキラキラと輝いている
目に星が入っているもん、絶対!
まさに輝ける君



そしてソワレのサリエリ様がああああああ
サリエリ様があああああああ
サリエリ様がああああああ
サリエリ様がああああああ
がああああああああ
がああああああああああ
サリエリ様があああああああ

あああああああ
ああああああああ

あああ、って
エンドレスか(笑)


地獄へ堕ちた
見事に堕ちた


サリエリという名の地獄へ…

カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 0
go page top