FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

イバハチのお墓参り

薄桜記巡り2013で吉良さまのお墓参りをしたあとに、実はもう一箇所訪ねたお寺があったのだ!

それは貞源寺

吉良家墓所の功運寺からふた駅ほどで行けるお寺なんだが、今回は功運寺からタクシーで行った
(タクシー代は800円でした)

前からどうしても行きたかったお寺、貞源寺
ここにはイバハチこと伊庭八郎さんのお墓があるのだ!

イバハチといえば隻腕の美剣士、

お体は五稜郭に眠っていますが(副長の隣に埋葬されたという説もある)、伊庭家のお墓にもその名が刻まれているのだ。

伊庭1


貞源寺本堂
伊庭2


本堂左脇をはいってすぐに石碑があり
伊庭3

10基の墓石が一文字に並んでいた
伊庭4

これは伊庭家心形刀流初代から十代までのお墓で、


イバハチのお墓は右から2番目にあった。
(母上の名前と共に刻まれていた)

伊庭5


文字がかすれていてなかなか読み取れなかったが
はっきりとあった「俗名 伊庭八郎」の文字
伊庭7

そして享年は「明治2年5月12日」と刻まれていた
伊庭6


伊庭八郎さんは隻腕になっても最後の最後まで死力を尽くして戦い、今も箱館の地に副長と共に眠っている(涙)

どうかどうか安らかに…
スポンサーサイト



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

薄桜記り巡り2013(6)~吉良さまのお墓

なつかしの両国をあとにしてJRで飯田橋へ向かい、東西線に乗り換えて落合へ~

落合駅から歩いて10分くらいで着いた
萬昌院功運寺

吉良家墓所1

功運寺本堂
吉良家墓所3

この功運寺には著名な方々の墓所がある
吉良家墓所2

栗崎道有は討ち入り当時の外科医。
吉良さまが松の廊下で斬りつけられた時に傷の手当をした医者。
そして、吉良さまのお首と胴体を縫い合わせたのも道有さんだったとのこと。



境内にはまだまだ雪が残っていて、吉良さまの墓所へ向かう道も白い雪道だった・・・
なんだか薄桜記の最終話を思い出して泣けてきました
吉良家墓所4



4つの墓石が並ぶ吉良家の墓所
いちばん右側にあるのが吉良上野介さまのお墓だ
吉良家墓所5

吉良さまのお墓
吉良家墓所6

墓石には「元禄十五年十二月十五日」と刻まれていた
吉良家墓所7




傍らには吉良家忠臣供養塔があった
吉良家墓所8

その塔と向かい合わせに建っていたのが
吉良邸討死忠臣墓誌
201301191314067e3[1]

やはり小林平八郎、清水壱学、新貝弥太郎など薄桜記の面々を読み取っていると、客分とはいえ丹下典膳もうっすらと刻まれているような気になってしまう
吉良家墓所10

吉良さまと吉良家の家臣の方々に手を合わせ、お参りさせていただき、
こうして2013年初の薄桜記めぐりは終わった…

地上波オンエアを観たり、薄桜記マラソンをした後だったので、とても感慨深く巡ることができた!

不思議にも史跡を巡るたびに、(架空の人物でありながら)テンゼンも吉良家の家臣と共に戦ったような錯覚が起きてしまったなぁ…
ドラマなのに…




おまけ

本所松坂町公園の前にある老舗の和菓子屋さん「大川屋」さんで吉良饅頭を買った!
まんじゅう5

まんじゅう3

白アンベースのきな粉餡が美味しいお饅頭でした\(^o^)/
まんじゅう2











カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 0
go page top

薄桜記り巡り2013(5)~吉良邸裏門

本所松坂町公園を出て、ビル群を左に見ながら歩くいて回り込むと吉良邸裏門跡があった!

両国3丁目10番地付近
吉良邸裏門1

吉良邸裏門跡
吉良邸裏門2

ここ裏門から安兵衛は入ったのだ!!!
安兵衛~~~~~~~

24名の赤穂浪士がこの裏門を叩き壊して侵入したといわれている





そして

この裏門跡からすぐの目と鼻の先にも立て札があった
(両国2丁目3番地付近)

前原伊助宅跡
吉良邸裏門4

前原伊助は赤穂浪士のひとり
米屋五兵衛と名乗って吉良邸を見張るため吉良邸裏門近くの家を借りていて、かなり細かく吉良邸の動きを常時探索していたそうだ。
どこかで火事があればそれを見上げるふりをして、吉良邸内を観察したり…

マジ吉良邸の目の前じゃないか~
こんな間近なところに住んでいて、毎日監察していたんじゃ、
ホントに中の様子が筒抜けだよなぁ…

あ~



カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 0
go page top

薄桜記り巡り2013(4)~本所松坂町公園

本所松坂町公園の中に入ってみた!


こじんまりとした園内
松坂公園内1

松坂公園内2

この園内には吉良さまの像や吉良家家臣の供養碑や御首級洗いの井戸などがあった!



松坂稲荷
松坂公園内3



みしるし洗いの井戸
御首級(みしるし)…おいたわしや吉良さま(涙)
松坂公園内5



吉良上野介義央公座像
穏やかなお顔ですなぁ
松坂公園内6
この像は、吉良さまの菩提寺である華蔵寺(愛知県吉良町)に現存する座像(吉良さまが50歳の時に作らせた像)そっくりに作られているとのこと。



吉良上野介追慕碑
松坂公園内10



そして

吉良家家臣二十士碑
松坂公園内4

小林平八郎、清水一学、新貝弥七郎など
薄桜記でおなじみの方々の名前が並ぶ…

実際にはいない人物ながら、(妄想癖のある)拙者の目にはうっすらと「丹下典膳」の名前が刻まれているのが見えたような気がした
まだ家臣ではなかったけど…

この碑をみて感動したのは、碑に供えてある水とお茶だ…

水もお茶もまっさらに澄んでいて一片の埃もなかった。
この澄んだ水とお茶を見ると、町内の方々が毎日毎日新しいお茶と水を供えておられのがよくわかる(涙)
この場所を、そして吉良家の方々を大事に思っている、その愛情が感じられて胸が熱くなった。


園内には赤穂浪士の名前とその浪士の花押が書いてある資料も展示されていた
(花押とは署名代わりの記号のようなもの)
松坂公園内7


右衛門七の花押もあった!
松坂公園内9



供養碑に手を合わせ、お稲荷さんにお参りをしたあと
安兵衛が入ったという吉良家裏門跡へ

カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 0
go page top

薄桜記り巡り2013(3)~吉良邸跡

吉良邸表門跡からビル街を歩くとすぐに本所松坂町公園があった。

松坂公園0

松阪公園2

松阪公園1


この公園は当時の86分の1の広さだが、吉良邸跡として知られている。
説明版を読むと
「昭和9年に地元の両国三丁目の有志が発起人となり、吉良公御首級荒い井戸を中心に土地を購入、同年に東京都へ寄付」
とあった。

公園入り口には「赤穂義士遺跡 吉良邸跡」という碑が建っていた

ttt.jpg




カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 0
go page top

薄桜記り巡り2013(2)~吉良邸表門

江戸博物館を出て歩くこと数分で両国三丁目に着いた!

吉良さまの御屋敷は両国3丁目の6からのあたり一帯で
敷地は2550坪、母屋が381坪で長屋は426坪あったといわれている。

すげ~なぁ
そのデカイこと



まずは表門(正門)跡

レクメインの2人、右門衛七と弥兵衛さんがここ表門から吉良邸へ入っている!

吉良邸表門1

吉良邸表門4

吉良邸正門跡
吉良邸表門3

当時の吉良邸周辺図(赤い矢印が表門)
吉良邸表門2

ここ!
まさにこの場所から右衛門七や弥兵衛さんが吉良邸へ入っていったんだなぁ…






カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 0
go page top

薄桜記り巡り2013(1)~国芳の赤穂浪士

2013年になっての初の薄桜記お江戸めぐりでござる

今回は吉良さま巡り!

拙宅のこちらで紹介した国芳の赤穂浪士浮世絵(江戸東京博物館)を見に行き、吉良屋敷跡や吉良家のお墓参りをしてきた~



最初に降り立った駅は両国駅

ここ両国に江戸東京博物館があり、吉良邸跡もあるのだ!


両国駅に来たのは2005年の7月以来じゃ~
そう、両国にあるシアターXという小劇場でL5Yの初演が上演されたのだ!
初ジェイミーは両国だった…

そして、吉良邸跡はなんとそのシアターXのすぐ裏手にあった!

「くしき因縁を言うておるのだ」(by 吉良さま)

まさに不思議な縁でござる。


まず向かったのが江戸東京博物館

江戸博物館1

国芳の描いた赤穂浪士作品をナマで見ることができると思うとワクワクした~

江戸博物館2


展示に向かう前に、江戸城の模型を見た
おお!松の廊下だ~
江戸城模型松の廊下1

松の廊下2

松の廊下3

吉良さまぁぁ~~~~



いよいよ国芳の赤穂浪士へ…

展示ブースには浮世絵のほかに、赤穂浪士に関する資料がいくつか展示してあった。

その資料を見ていちばんに探してしまう名前は、
堀部安兵衛
堀部弥兵衛

そして
耕史くんが演じた矢頭右衛門七

忠臣蔵はこれまでほとんど興味がなくて全然知らなかったんで、ワタシにとっての赤穂浪士はこの3人がメインなのじゃ~(あはは)

堀部安兵衛
堀部弥兵衛
矢頭右衛門七

この3人をレクメイン赤穂浪士と名づけよう(何)


四十七士所持之遺具一覧では右衛門七ちゃんの槍が大きく載ってた!

四十七士のお墓の立体見取り図では
矢頭右衛門七 十六
と書かれていて、その年齢の若さに、あのおぼこい右衛門七コウジの顔も重なって、なんだかじわっときてしまった…


さて、おめあての国芳作品

とにかく国芳の素晴らしさにうなるばかりだった

他の浮世絵師の赤穂浪士作品も展示されているから、なおさらそのすばらしさが浮き出ていた!

なんか違うのだ、国芳の絵は

ただ綺麗に描いているだけではなく、ものすごい躍動感と臨場感があった!
他の絵師の作品が静止画像ならば、国芳の描いた赤穂浪士は動画なのだ!

まさに今戦っていて、浪士たちの息遣いが聞こえてくるようだった。

戦っている吉良方のサムライは描かれていないのだが、戦っている相手が透けて見えてくるようなそんな臨場感があった!


やはりテンゼンが言っていたように、吉良側の家臣から投げつけられた火鉢、火箸、火のついた炭が描かれていたり、
懐紙や屏風までが投げつけられていたり

台所の水ツボや桶がころがっていたり

お茶室での戦いの絵は炉の灰が舞っていて

「ああ、吉良さまのあのお茶室がこんなに荒らされて~」
と脳内で妄想…

室内飾りの紐が散らばっていたり
倒れた碁盤のうえに足をかけている浪士がいたり

琴を盾がわりに戦う浪士の姿があったり
御簾の奥に潜んでいる浪士の姿があったり

赤穂浪士も必死だったが、吉良側の家臣たちも本当に何でも投げつけて抵抗したんだなぁ…

国芳の絵からは、吉良家の家臣の奮闘振りも伝わってきて涙ぐましい気がした
(気持ちはすっかり吉良側なんで)


そしてやはり探したのはレクメインの3人

まっさきにいた
矢頭右衛門七(浮世絵の中では加藤与茂七)
ものすごくイケメンで凛々しく描かれているぞ~(嬉)

えもたん、かなり人気キャラなんすね!


おお、安兵衛父の弥兵衛さんがいた~
(浮世絵では織部矢兵衛)
最年長浪士ってことで、白髪で背中がちょっと丸くなっていた…


吉良さまもいた~
松の廊下で、まさに斬りつけられるときの吉良さま
怯えたような驚きのお顔をなさっていた…



そして安兵衛は
安兵衛は
あれ安兵衛はどこ~~~~~~


安兵衛~~~~~~


と思ったら、違う場所のガラスケースに入っていた

安兵衛特別扱い!!!!\(^o^)/
(浮世絵では織部易兵衛)

カコエエ~~~~~~


そして館内にはこんなのもあった!

ここから顔を出すとあなたも安兵衛になれる(笑)
dscn1640.jpg

これがあったのは、大石内蔵助と堀部安兵衛だけ

安兵衛人気、ハンパねぇな~
安兵衛って赤穂浪士の中でもダントツ人気なんですな~
知らなかった(愚)


国芳作品を堪能したあとは本所松阪町公園へゴー

いざ吉良邸跡へ~

「吉良屋敷で会おうではないか」

カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 0
go page top

特大ポスター

モーサイトに特大ポスター情報がアップ

▼期間 
1/21(月)~1/28(月)

▼場所 
東京メトロ
・日比谷線:日比谷駅 東銀座駅
・有楽町線:有楽町駅 銀座一丁目駅
・丸の内線:東京駅
・銀座線:日本橋駅 銀座駅(5箇所)

東急田園都市線:渋谷駅 二子玉川駅 自由が丘駅 たまプラーザ駅



うううう
多摩はないのよね

せめて新宿にあれば…

メトロと東急かぁ

オーブだから東急有利、
京王、中央めっちゃ不利(あはは(^_^;))

そういえば、L5Y再再演のとき車内動画広告を観にわざわざ東横線に乗りにいったり
用事は吉祥寺だったのに、特大ポスターを見に渋谷まで足を延ばしたり
(あれも文化村だから東急系列だったもんね)
半兵衛の動く広告を見に新宿駅へ行ったり
薄桜記のポスターが駅内に貼られているのを見たくて新宿駅へ行ったり
ヘドの載っているフリーペーパーを求めて東横線沿線に行ったり

こうして思い出すと、やっぱ東急東横有利か~


モーツァルト特大広告、見たいよ~~~~~



フリーペーパーといえば…

中川くんのインタビューが、ぶらあぼというクラッシク音楽関係のフリーペーパーに載っている!

中川インタビューはこちらのページ

「セクシーなモーツァルトを演じたい」

耕史くんの名前も出ている!

「サリエリに関しては、耕史さんが演じるモーツァルトの人物像あってのサリエリだと思うので、耕史さんのモーツァルトを感じて演じていきたいですね」

と。

このインタビュー、なかなか読み応えがあって、モーツァルトを演じてきた中川くんゆえの思いが深いです

特に、サリエリに関しての中川くんの言葉は一つ一つがとても興味深いなぁ…



そして今ファミマに置いてあるフリーペーパー『ネルケニュース』には
見開き4分の一のスペースでモーツァルトの宣伝が!!

2013-01-19_14-41-52_909-1.jpg


2人のモーツァルトのチョー短いコメが載っている!

コウジコメントは
「これまでやったことのない経験
二つの役をできるだけ振り幅を大きく演じて
自分自身はその真ん中にブレずにいたい」

(コメはもう聞いたことあるやつを短く要約した感じ)

ただ、モーツァルトオリジナルグッズプレゼントってのがあった!


それを見て思い出した!
そうかグッズもあるんだった~

最近は舞台グッズとは縁遠いから忘れていた(^_^;)

いったいどんなグッズがロビーで販売されるんだろうか
ワクワクするなぁ

カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 0
go page top

司会 山本耕史!!

NHKネットクラブからのお知らせメールで番組情報キタ~

こちらにも載っているが)

NHKオンラインにこんな番組が載っているううう


1月26日(土) 午後8:00~午後8:45(45分)

『ドラマナビヤ
 ~ドラマからクイズが出題!新スタイルのクイズバラエティー』



出演者欄を見てびっくり!!!!

【司会】山本耕史,【ゲスト】高橋英樹,田中律子,矢口真里,塚地武雅


ええええええええ


司会!!


ええええええええ


【司会】山本耕史

【司会】山本耕史

【司会】山本耕史


【司会】山本耕史


【司会】山本耕史





ええええええええ


司会…

NHKのバラエティ番組で司会って山本船長以来だけど
なんか今のこの時期にクイズ番組の司会てけっこう驚いたじょ~

カテゴリ: ・その他のコウジ

tb: 0 |  cm: 0
go page top