FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

フリーエリア

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

ttbアフタートーク

マグさんトップにttbのアフタートーク日程が出ていた!!

おお、ワタシが観にいく日が入っているぞ
そして、さらに、娘が観に行く日も入っていた

3回しかないアフタートークで母娘共にビンゴ!だったとは…

偶然とはいえ、驚きました~~~\(^o^)/

ジェロさんツイッターを見ると
お稽古場での稽古が終わり、あとは劇場での通しのみとなったとのこと!

いよいよですな~
スポンサーサイト



カテゴリ: ttb

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ナビスマイルを買った!

話題のナビスマイルVOL.5をやっとゲットおおお

テンゼン写真とインタビュー、薄桜記の作品解説
全部でカラー4ページ

いやぁ~
もう
もう
もう

開いた途端に眼に飛び込んできたテンゼンの写真が素晴らし過ぎて~~~

2012-09-09_19-54-10_708-1.jpg


こんなん見てしまうと、もうずっとそのままサムライの姿で暮らしてくれ~って言いたくなる

このショットは、小石を握るあのシーンですな

この写真をメインにど~んともってきてくれるあたりが、
さすがわかってらっしゃるナビさまって感じ!

インタビューの内容も充実してた!

初めて薄桜記の台本を読んだときの印象や役作りに関して、
そして前に赤穂浪士役をやったことまで、いろいろ語っていまする!

インタビュー記事を書いたライターの言葉もすばらしいものだらけ!
その褒め言葉が実に的を得ていて、
「そうだそうだそうなのだ!!!」
と膝を打つことだらけだった~



スタッフブログも更新!
今回の記事は音楽についてだった…

心に残るいい曲が多いですなぁ…

中でも拙者のお気に入りは、第9話でテンゼンと吉良さまの茶室でのシーンで流れた曲
この曲が特に好き!!

そして、もう1曲、
そのメロディを聴くと、なぜか『ドリアングレイの肖像』の中のバジルのテーマを思い出してしまう曲があるのだ!

サントラが手元に届いたら、その2曲のタイトルがわかるかな…

カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 0
go page top

薄桜記第9話語り

やっぱ、まずは文鳥からですな~

文鳥の籠をのぞくテンゼン、カワエエ~
ラブリー

文鳥を挟んでの吉良さまとテンゼンの会話も、なんかホノボノ(*^_^*)

吉良様の声がどこから聞こえてくるのかがわからず
キョロキョロしてるテンゼンがめっちゃカワエエ~
なに、あのキョドりっぷりは~
あんな剣豪なのに(笑)

なごみますなぁ~

文鳥って拙者も小学生の時に飼っていたんで、
おなじみ感があるからなおさら

今回の薄桜記を観て
「文鳥って野生でもいたのか~!?」
ってちょっと思ったけど、鳥好きの友に聞いたら
昔は野生の文鳥がけっこう普通にいたらしいとのこと。

幕末の京都でも野生の文鳥が飛んでいたそうな。

文鳥に関するサイトで野生の文鳥についての記述を発見
文鳥団地の生活』様より)

なるほど、そうだったのか
江戸時代には野生の文鳥が飛びまわっていたんですな…

この文鳥、心が和むのはもちろんのこと、
なおかつ、雛から場面ごとに少しずつ成長している姿が映ると、それだけで見ている側に時間経過が自然と伝わるのだ。
「何ヵ月後」って文字を出すより、この文鳥の姿で分かる方が雰囲気を壊さないもんな
本当に上手いなぁ~



今回はテンゼンの着物の柄が変わった
黒地に桜柄~
拙宅のテンプレの背景にもその柄をマネて作ってみました!
こういう柄が綺麗な顔に映えますのう

テンゼンだけでなく、元禄時代独特の色使いや模様の粋な感じがホントにいい

奥様や千春ちゃん、お三ちゃんの着物が毎回素敵なのは言うまでもないが
男性陣の着物もグー

テンゼンの柄も素敵だが、広沢さまの着物の柄もクール!
叔父上の着物も渋くていい!
長兵衛さんの半纏の中の着物も粋だ~

羽織の色使いと着物の柄がなんともいえずビビッドなのだ




今回はめずらしく酒を飲むシーンがなかった、テンゼン

毎回毎回、よう飲んでましたなぁ~(^O^)
酒を飲むシーンがこんなに毎回あるのは、銀平以来じゃないか~(あはは)

テンゼンは飲み方に品がある
で、マジおいしそうに飲むから
見ていて惚れ惚れしながらも、
ついこっちも飲みたくなってきてしまう!(^_^;)

テンゼンを見たあとは、やたらと杯がススムのじゃ…

悲しい酒もあり、楽しい酒もあり
苦悩しながらの酒もあり
何かを決意した酒もあり

今までいろいろな思いで杯をあげてきたテンゼン

これからテンゼンは、どんな酒を飲むんだろうか…

カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 0
go page top

さすが総裁!

(3日前になるが)総裁関係のこんな記事がぁ!

榎本武揚の墨書寄贈(毎日新聞9/3付)

榎本総裁が墨で書いたオランダ語~

複製だけど、こうして総裁の書いたオランダ語が見られるなんて!
しかも墨で書いたもの…
(拡大写真はこちら

こんなカッコエエものをお友だちにプレゼントするなんて、
も~
なんか、オランダ留学から帰ったばかりで、
使ってみたかったのかな、オランダ語を(あは)

オランダ語の書をプレゼントするなんて、さすが総裁ぃぃ


この貴重な書の寄贈先が北海道の森町
寄贈したのは総裁の御子孫!
(総裁のひ孫さんは東京農大の客員教授なんですね

森町~~~
ここは鷲ノ木上陸地点のある町だぁ~

森町サイトにも載っている榎本軍鷲ノ木上陸跡地

この地に総裁の書いたオランダ語の書が寄贈されたとは、感慨深いなぁ…


まだ行ったことがない、鷲ノ木
次の箱館の旅では必ず参るぞ~~~

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top