FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

フリーエリア

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

「剣」

久しぶりに実家に帰り母の部屋を見てウケタ

2012-09-04_09-50-02_432-1.jpg

いや、別に、母はコウジファンでもなく、新選組好きってわけじゃなく
単に娘のところへ行った時のお土産を飾ってあるだけなんだが(^_^;)

まるで拙者の部屋みたいじゃないか~(笑)
しかし、高幡不動の絵馬(誠)てここに飾っていてご利益があるのか(あはは)




そして父の部屋に飾ってあるこの額

2012-09-04_09-48-11_159-1.jpg

この剣という一文字の額は、ワタシが物心ついた時からずとずっと家にあった。
もう50年以上家に飾ってあることになる…



たったこの一文字の額

この額を今、父はどんな思いでみているのだろうか…

父は幼い頃から剣道ひとすじ
七段までいって、審判の資格もあり
全国大会の審判を何度もつとめた。
長い間地元の道場でちびっ子剣士たちや中学高校の剣道部の指導にも尽力し、80歳を過ぎてもずっと道場でお弟子さんたちと共に竹刀を持って指導にあたった。

が、数年前から竹刀が持てなくなり
今は歩くことさえままならない…

剣一筋に生きてきた父

だから、テンゼンが「わしは剣一筋に生きてきた」
というと父を思い浮かべることがあるのだ。

見た目は全然違いますが(^_^;)


今回、久々に実家に帰り、ふとなにげなくこの額を眼にした時、
なんだかとても胸が熱くなったのだった…


スポンサーサイト



カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 3
go page top

ゴキゲンなCDが届いていた!

多摩に帰ってキマシタ~(^O^)/

母からの悲痛な電話で慌てて帰省したが、
なんつうか、大事にいたらず…
父は大騒ぎしたわりにケロッと(^_^;)

でも離れているからこそ、父だけでなく父の世話をしている母にももっともっとふだんから精神的なケアが必要だったと猛反省…
高齢な両親の側にいてやれないんで、電話やメールで済まさず、もっと頻繁に顔見せにゃアカンな~と
(^_^;)


そんなこんなで、いろいろあって、帰宅ううう

マジで泥のように疲れて帰宅したら
届いていたあ~\(^o^)/

2012-09-05_12-31-21_884-1.jpg

2012-09-05_12-29-30_218-1.jpg


もう狂ったように聴いてます!!!

モロに趣味じゃぁ~~~
ゴキゲンなナンバーばかり

これをナマのコウジボイスで聴けるのかぁぁぁ~
ぐほおおおおおおお~


で、さらにいうと

サリエリのナンバーの方がより趣味な曲なんだが、
サリエリはいったい誰が

『アマデウス』のイメージしかないんで、サリエリってかなり年上の老獪なキャラだと思っていたが、このロックオペラだとサリエリもブラックなイケメンだぁ~

サリエリコウジも観たいぃぃぃっ


フランス語のナンバーて久しぶりだなぁ~

ドイツ語のアルバムは大大大好きな『エリザベート』で死ぬほど聴いているんだが
フランス語のアルバムを買ったのは何十年ぶりだろうか…

実は二十代の頃シャンソンのミッシェルサルドウにハマっていたことがあり、当時パリに行った友からわざわざ買ってきてもらったミッシェルのアルバムを毎日聴いていたのだ。
今でこそ大御所だが、ワタシがハマっていたころは、ニューウェイブな若いシャンソンシンガーとして注目されていた。
この『恋の病』なんて大好きで、自分の結婚披露パーティーに流したほど(いつの話やら(^_^;))

そんなこんなで、ロックオペラ『モーツァルト』
フランス語なんて全然わからんのだが、
久々にがっつりフランス語のアルバムを聴いた…

曲がいい!!
マジで趣味だわぁぁぁ~~~\(^o^)/

疲れがいっきに飛んだぜ!


カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 0
go page top