FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

フリーエリア

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

薄桜記第8話を…

越後なう

慌てて帰省したが、大事にいたらず、落ち着きました
いやはや…
80過ぎの両親と離れて暮らしていると、なかなかハラハラしますな(^^;

薄曜日だったにもかかわらず、何かを落ち着いて観るどころじゃなかったので未見のまま越後へ
やっと落ち着き、日曜の再放送を越後ババ(つまりワタシの母ですが)と一緒に観た!

「薄桜記第8話を観た!」
と言いたいが、微妙(笑)
「薄桜記第8話を観たかもなぁ」
という感じ

だって
まずは、画面にかなりデカイ字で字幕が出るう(^^;
母用のテレビだから仕方ないとはいえ、字がデカ過ぎて、テンゼンたまのドアップの顔の鼻から下が字で被る

どの場面も字が目立って
字が気になって気になって…
「今度こそ縁を切るからそう思え」
と言われて
「ははー」
とひれ伏すテンゼンの場面も、
耳で聞くだけでなく、
「ははー」
って画面に大きく字が出るから、ウケテウケテ

切ない場面でもBGMが流れると画面に
「♪~」
って出るからウケテウケテ
ワロてまうのや(笑)

おまけに、ババはつぶやきながら観るから、それが邪魔で邪魔で(笑)

「あれま、千春さん、また会えた、よかったわね」

「この吉良上野介、おじいさんぽくない、若いじゃないの」

剣の鍛練をしてるテンゼンを見て
「あらぁ、あんなにめくれて」

ラストの一番の見せ場で
「土方歳三かと思った」

ったく、ちゃんとストーリーわかってんのかいな(笑)

観ている間ずっとこんな風につぶやきながら、いや、声がデカイから
「もはやつぶやきではない」
(by上皇さま風)

これだけ隣でガタガタ言われると、全然集中できん
しかも、デカイ字幕入り(笑)


そんなこんなで、未見ではないが第8話は観たとはいえず、
観たような観なかったような…

ナマ足~

安兵衛~

副長~~~~

と叫んだのみであった。

多摩へ帰ってから
死ぬほどじっくり観るぞ~~~
スポンサーサイト



カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 0
go page top