FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

薄桜記のサントラ(追記あり)

薄桜記のサントラが本日発売!!

・アマゾン
NHK-BS時代劇
「 薄桜記 」オリジナル・サウンドトラック


・ツタヤ
薄桜記


(追記)
セブンネット

※ここだとがっつり試聴できる!
あらためて1曲1曲ずつ聴くと切ない
いい曲ばかりだ~~~




うおおお~
出遅れたあああ~

事前に予約もしていないし
まだ買ってない…

カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 0
go page top

こまーさる!

コウジCMがイシンホームのサイトにアップされていましたな~

ピンクも似合うじゃないの~
今だったら手料理コウジもリアルティがありますな

岡山限定なんで、こうしてサイトで観られるだけでもありがたいが
テレビの大画面で観てみたいですのう

さすがに岡山には知り合いがいないし(^_^;)


こまーさるといえば
組!の前後には住友林業のCMキャラだった
若い熱血社員役のコウジィ
いくつかバージョンがあって、手品も披露していたっけ

っそして求人情報誌ディースターのCM
関西主流だったが、関東でも流れたから確保できたし
大阪の妹にも頼んだっけ

(初めてオンエアされた時の記事は第一章のこちら

「今誰かのために働こう」のキャッチコピー

これ、いまだに日常で使っておる(笑)

ハンラ~コウジバージョン(こんな感じ)や
赤いコート姿で抜刀する赤土方(と勝手に呼んでいる)
などなど、楽しませてもらったぜ、目の保養じゃった~~~




地方限定じゃなくて、なんか全国的なCMに出て欲しいですな!

お酒のCMで華麗な殺陣のある時代劇バージョンなんてどうどすやろ
ワタシが社長だったら絶対頼むもんね

浪人姿のサムライがひとり
敵に取り囲まれて抜刀、
あっというまに何人もの敵を斬りたおして
クールに去っていく後姿

めっちゃニヒルでクールなサムライ

月明かりの中、あくまでもクールにひとり手酌で杯で飲む

めっちゃ二枚目にキメキメの侍
と、蛇が出てきたら
「きゃああ~」
って姫のようにおろろく


みたいなCMってどうでっしゃろ!?

妄想はいくらでも広がる(笑)


カテゴリ: ・その他のコウジ

tb: 0 |  cm: 2
go page top

こんな団扇をもらった!

頼友から
「扇ぎながら頼たまを思い出すよ~
名づけてサフロス団扇」
ってことで(笑)こんな団扇をもらった!

2012-08-22_07-16-07_52-1.jpg

典膳にハマっていてもサフロスはずっとずっと続いている…

あまりにも素晴らしすぎた、あの美しき麿
もっともっといっぱい見たかったなぁ

だってもったいないもん
あんなすごい麿があれだけの出番しかないなんて…

メインで見てみたいでおじゃる

扇ぐたびにサフロスのレベルが上がる団扇じゃ(あはは~(ToT))

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top

チクブン会見(追記あり)

本日の午後ttb会見があった!

※随時追記しまする!

★日刊スポーツ
山本耕史が翻訳、訳詞、主演、演出の4役

なるほど「ひとり4役」か
確かにすげ~~~


オリコン

写真がいっぱい 写真1 写真2 写真3

ジェロさんの
「5歳からずっと演歌を歌ってきて、
ロックミュージカルはさっぱりわからへんジャンルだけど頑張りたい」
っていう発言に笑ったあああ~

「ロックミュージカルはさっぱりわからへん」
ってのが実にいい!!

いいキャラやなぁ~
こういうのを聞くと逆に観たくなるもんね(笑)
なんか思い切り突き抜けて欲しい
ちょっとジェロさんが楽しみになってきた!


テレ朝ニュース

共同通信社

ぴあ

写真1 写真2



(追記)
ジェロさんの公式ブログツイッターをチェックしてみた!
なんかオモロイ~~~
淡々としてるけど笑えるし…
ホント、いいキャラですな~

カテゴリ: ttb

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ハクロスの恐怖

プレマップ観た~~~!!
(プレマはこちらの記事で紹介していたように、
 これからBSでもオンエア)

第6話の最後に流れた「見どころ」の映像に
浅野家、吉良家の場面をいくつか加えたものだった…


が、

今回のプレマの中に

ひとつだけ

テンゼンの未見映像があった~~~


それは最後の雪の中の対決場面…

今まで番宣などで観たものとはまた違うカットだった

ほんの数秒だったけど
今から観ちゃってよかったのかどうか~


あああ…

まさに死闘


あの姿を見たら、すごく切なくなった(ToT)

ものすごく楽しみではあるが、
「あの場面を見るのは最終回なんだよなぁ」
と思ったら、なんともいえない寂しさがこみ上げてきたのだ

ああ、どうしよう

思えば
「この『薄桜記』がサフロスから少しでも自分を救ってくれるだろう~」
「希望の星テンゼン~」
などと思っていたのにぃ…

「絶対にいいだろう」
「かなりハマるだろう」
とは予想してはいたものの
まさかここまでテンゼンに魂を持っていかれるとは…

あまりに持っていかれているんで、終わってしまうのが悲しい
今からその喪失感を想像すると怖い

「アタシの頭の上に恐怖がしゃがみこんでた」(by ヘド姐さん)

典膳ロス
薄桜記ロスが襲ってくるような予感

ハクロスの恐怖にさいなまれつつある

サフロスも抱えてさらにハクロス~~~~


ああ、怖いよお~



こんないい作品がBSだけでなく地上波で早くオンエアされればいいのに~

せっかく忠臣蔵なんだから…
最後の雪のシーンは12月の討ち入りに合わせるようにオンエアしたらどうだろうか

つまりは10月から地上波でオンエアをスタートさせれば
ちょうどいいではないか!

9月で終わっても10月からまた始まるってことで
これ、つまりはワタシにとってはハクロス対策(^_^;)

録画をしているからいつでも観られるんだが
やっぱ毎週オンエアされると毎週観るから、嬉しいんだよなぁ…

今までの様子だと、BS時代劇ってそんなに早くは地上波でオンエアしていないみたいだけど

今年の12月14日は金曜日だ!
ダメもとで要望を送ってみようかなぁ…

ブツブツ…

そんなこんなで、あだこだと考えているのは
ハクロスの恐怖がだんだん大きくなってきたからなのでござる…

日に日に大きくなる、ハクロスの恐怖…

ああ、こわいよ~~~

カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 0
go page top

第6話のテンゼンウザ語り

前記事でさんざん暑苦しく叫んだが(笑)
もう少しマニアックな萌えポイントを暑苦しく語りたい~~~

この記事を読むと、暑い毎日がさらに暑苦しくなります(あはは)


それは殺陣から始まった…

第6話のテンゼン

まあ、にくにくしげな3人トリオよお
片腕だから、もうたいしたことないだろこいつ~
みたいにテンゼンを甘くみていて

川に蹴り落とすなんて無礼にもほどがあるんだが・・・

でも、これがエガッタあああ~(え)

だって、こんな屈辱を受けたからこそだもん!
テンゼンには怒りをぐっと抑えた男の凄みが出ていて
渋くて、野性味もあって

で、あの殺陣だもんなぁ~

あまりにかっこよくて、も~
もっともっともっと殺陣が見たい~~
3人じゃなくて20人くらいでかかってくれ~

興奮し過ぎて息が切れた(アホ)

で、納刀⇒立ち去る

ぐおおおお~

この時のかっこよさたるや、国宝級じゃ~

無言で納刀して立ち去るのが、もう、もう、もう
ニヒルでクールでシビレルうううううう

千春の兄ちゃんになりてぇ~~~
だって、あんなにカコエエ立ち回りを
目の前で見れたんだもんもん
兄ちゃん、ウラヤマし過ぎじゃ~~~~



牢屋のテンゼンに萌えたのはもう前記事で書いたのだが・・・
とにかく妙な色気があって萌えるのう
牢屋ってシチュエーションってなんであんなに萌えますのやろ!?

やっぱ暗い陰のある牢屋の中ってのがエエ!
そして罪人扱いってのがまたエエ!!


牢屋もエエが、お白州テンゼンもエエですなぁ~

吟味役に
「いいから上がって、そこへ座れ」
と言われて立ち上がって座るまでの動作に萌えたぁ~~~

草履を前に置き直し

立ち上がって

草履を履いて

前に進んで

一礼して

階段を上がって

座って

頭を下げる

この一連の動きがホントに綺麗なのじゃ~
添えられた手、腰、足首、
すべてが美しい~~~~

もうスロー再生でリピしまくっちゃった(ふふふ)

ああ、あの吟味役になりてぇ~~~
いや、お白州に立っている役人でもいい!!


「長尾龍之進」という名前を聞いた時の
テンゼンの横顔のアップにもやられたぁ~
あの複雑な表情は何を語っているんだろう…

胸の中が波打って心の動揺が見え隠れする、あの横顔…

ああ、やられた~~~~



で、紀文との場面
三味線の音が流れる中、案内されて歩いてくる姿
座るまでのあの歩く後姿
裾を少しめくってあぐらをかいて座るその仕草

この一連の動作に、またまた萌えた~~~
なにげない動きが完璧なのじゃ~
ホントに綺麗だなぁ…




立ち上がる、歩く、座る、一礼する…
そういうなにげない動きにも美学があるのだ、この山本耕史という役者には

なにげないようでも、時代劇でこういう美しい動作ができるって実はすごいのだ!!
積み重ねたものがあってこそできる、この美しい動き…

こういう動作の美しさって日本一や!!


眼福ですのう\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/





カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 4
go page top

副長の梅~その後

昨日は8月最後の土方資料館の開館日だった!

あの猛暑の中でも、たくさんの入館者が・・・

夏休み中ということもあってか
普段より家族連れが多かったなぁ・・・

お父さんに連れられてメモを片手に真剣に資料に見入っていた男の子や
おじいちゃんおばあちゃんも一緒に家族みんなで来られた方々

中でも小学生がすごく多かった気がするのは
自由研究のためだろうか~

そういえばウチの娘も小3の夏の自由研究は“新選組”だった!
ま、テーマは、本人が選んだというより母親が勝手に決めたんだが
(あはは)

日野にある組関係の資料館を周って、いろいろ説明しまくったんだが
母があまりにウザく語りすぎてうんざりだったような…

もちろん土方資料館にも連れて行った!

表紙をダンダラ模様にしたり
いちいち誠の文字を入れたり
見た目もかなり凝っていた・・・
ま、かなり母が手伝った、
というより、ほとんど母が作ったようなもんだったが((^_^;))





副長の梅の木が倒れてしまってから初めて行ったので、
(梅の木に関してはこちらの記事に書いてます)
やはり今までずっとあった大きな梅木がない風景がなんか違和感があった。

なくなってみて、あらためて梅の木の存在感の大きさを実感…

でも、株はしっかり残っている!
きっと復活してくれる!!!
今はそのための準備期間なんだ、きっと!!
そう信じてます…



暑い中、復活の時を待つ梅の株

切り口が赤みを帯びていた

梅-1



背後には副長手植えの矢竹が青々と茂っていて
まるで梅の株にエールを送っているようだった…

2012-08-19_13-27-07_902-1.jpg


カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

薄プレマ

テンゼン友から教えてもらった!

「薄桜記のプレマが夜中に地上波でもあるね」

なるほど番組表にもあった

★NHK総合 8月20日(月) 24時48分~24時50分
プレマップ 「BSプレミアム BS時代劇・薄桜記~放送中~」



そしてプレマはBSでもあった
(番組表のこここちら

★BSプレミアム 8月21日(火) 11時57分~12時00分
プレマップ「BSプレミアム BS時代劇・薄桜記~放送中~」

★BSプレミアム 8月21日(火) 19時26分~19時28分
プレマップ「BSプレミアム BS時代劇・薄桜記~放送中~」


明日までのプレマはこんなところかな~
(見落としがあるかもしれませんのでヨロシクです)

これから、もっと何度もあるかもしれないですな…

プレマの映像は第6話に流れた「見どころ」と同じものかもしれないが、
一応録画してみようっと!

カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 0
go page top

薄桜記第6話を観た

ここ数日、あまりに忙しくてなかなかゆっくりできないでござる
今日もバタバタで落ち着かないぃぃぃ~

そんな中でも、何度も観てしまう『薄桜記』
夜中に観て
早朝に観て

何度観ても飽きないですのう


今回は“今までのあらすじ”やら“これからの見どころ”やらで
本編が若干短かったじゃないのさ~

でも、“これからの見どころ”なんてあると、
まるで大河ドラマのようだ

これからどんどんシリアスな展開になっていくんだなぁ…
楽しみ過ぎるが、終わりに近づくと思うと悲し過ぎる


さて、第6話・・・前置きなげえんだよいつも(笑)


もういきなりの殺陣で悩殺され

牢屋の中のテンゼンで萌え過ぎて

お白州のテンゼンでさらに萌えて

その上

傘を被った姿で悶え過ぎて

そして

膝枕サムライの色気に撃ち抜かれて

最後のアップに萌えたかったが地震速報のテロップが出て
テロップ男の健在ぶりを確認して終わった((^_^;))


いちいち射抜かれっぱなしで、
これではハートがいくつあっても足りぬは!

殺陣もめっちゃ素晴らしいが
殺陣に行く前と、終わってからの納刀の鋭い眼が趣味過ぎて~~~


牢屋にいる姿ってなんであんなに色気があるんでっしゃろ

暗くて陰影があるし、
罪人として牢にいるっていうシチュエーションが
何より萌え心に火をつけますのや~

わしもテンゼン殿を独り占めしたいよおおお~~
長兵衛さんがうらやましすぎる~~~



お白州にて座っている時の後姿が、まあ萌えること萌えること
あの背中、あのケツ、いや失礼、あの背中から腰、そして足の裏。。。
ぐひょ~

吟味方のお役人がどうしてもテンゼンファンに見えてしかたがない(笑)
テンゼンに向かって事情聴取しているんだが、
どう見ても憧れの眼差しで、目がハートぽいんだもん(ふふ)

で、何通も寄せられた嘆願書
あれ、つまりはファンレターじゃないか~(笑)
テンゼンさまに落とされた方々の(あはは)


傘サムライ~~~~~
このお方が傘を被っているとつい思い出してしまう、
「もっと上だ!」
の組!!の副長を…(涙)

ま、そんな妄想は置いておくとしても(あはは)
傘をかぶった顔って、なんか影ができて、お忍びって感じで
色気倍増ですなぁ~


こんな風に今回は、ぐっとくるというより、萌えだらけだったのだが、
唯一、胸がキュンとして切なくなった場面があった

それは膝枕でヒゲを剃ってもらっている場面
ここは色気があっておいしい場面でもあったが
お三の
「先生はずっとおひとりですか」
にたいして
「いや」
と言い
「奥様は?」
と聞かれた後で目を閉じているテンゼン…

ここがなんか切なかったなぁ…
千春さんへの思いが、なんかじんわりとにじみでているように見えた・・・
色っぽいシチュエーションながら、
すごくテンゼンが寂しげに見えたのだった

なんだかウルッときてしまった



広沢さまがいきなり登場して
おろろいたあああ~

つい最近は大河の教長役でお出になってて
「上皇さまあああ~」
の絶叫で魅了させてくれたのに
まさかまさか『薄桜記』にもお出ましとは…

大河では上皇さまの家臣だったのが、
今度は吉良家家老としてご登場とは!

お広沢さま最強伝説も健在じゃ~

カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 2
go page top

江戸城から屯所へ(2)

江戸城大手門を出て堀を渡り
東京駅を左手にしながら国際フォーラム方向へ歩いた!

死ぬほどあづかったああああ


7、8分歩いて東京三菱銀行本店前に到着

組10

DSCN1330.jpg



江戸の屯所に関しては諸説あるから断定されていないし
碑があるわけでもない…


でもたぶんここだったろう~と思う。

組9


ここから上野へ出向き、将軍警護にあたったのか・・・
ここから江戸城へ登城したのか・・・
ここから・・・

そして

慶応4年3月1日
ここから甲州へ向かったのだろうか…




カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

江戸城から屯所へ(1)

江戸城の正門は大手門

この門を入ってさらに進むと中之門があった
(今は石垣だけで門は現存しないが…)

この中之門はいわば、本丸の入り口
登城の際には必ず通る門だったろう


そしてもしかしたら局長・副長も通ったのでは!!

慶応4年 大阪から戻った新選組は幕府から与えられた屯所に居留、
その屯所は若年寄・秋月右京亮種樹(うきょうのすけたねたつ)の屋敷だったものだそうで、現在の三菱UFJ本店あたり。

この屯所を使ったのはわずか1ヶ月あまりだが、
この屯所にいた間、局長や副長は何回か登城したかもしれない~

で、登城するときは必ず通るのが大手中之門


・・・

そんな風に考えながら江戸城大手中之門跡に来た!

この石垣と石垣の間に大きな門があったのだ

組1

組2




門があったころの写真

組4

写真と同じ角度から撮ってみた!

組5


建物や風景は変わっても、多少の補修はあれど
石垣は当事と同じ石垣のはず

組3

組7

組6

石垣~~~

石垣~~~~~

石垣~~~~~~

石垣を前に異常にテンションが上がり
頭の中は組一色になった~~~~


いっきに組モードになったまま大手門を出て、いざ屯所へ…

組8

お堀に2羽の白鳥がいた!
つがいなんだろうか
DSCN1328.jpg

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

薄桜記お江戸巡り(3)~江戸城

さて決闘も終わり
最後はやはり江戸城へ~~~


早稲田から地下鉄で移動
竹橋駅で降り、向かうは江戸城なりぃ~~~

いや、現在は皇居東御苑と呼ばれてますが
拙者にとっては永遠に江戸城なのじゃ~~~
(皇居東御苑の説明はこちら

平川橋を渡り
DSCN1280.jpg

平川門から城内へ入った!

平川高麗門DSCN1285.jpg

そこを入ると平川渡櫓
DSCN1288.jpg

こちらの説明にあるように
DSCN1289.jpg
平川門は罪人や死人が出た時にここから出したとされている門。
松の廊下での殺傷事件の後、浅野内匠頭はこの門から城外へ出されたそうだ。


平川門から入りひたすら歩いた!
ずずっと奥へ奥へと歩き、たどりついたのが天守閣跡


天守台

江戸城の天守閣は明暦(1657年)の大火で焼失し、その後は、天守台の石垣だけが再建されただけで天守閣は再建されないままだったとのこと。

DSCN1292.jpg

DSCN1298.jpg



そして江戸時代から現存する数少ない建物のひとつ
富士見櫓

DSCN1306.jpg

この櫓は、1657年に焼失した天守閣の代用として使われていたらしい
DSCN1305.jpg


暑いよおお~
城内はほとんど日陰がなかった(^_^;)

外人の観光客の方々が多かったなぁ




さて今回の薄桜記めぐりのラストはここでござる

松の廊下跡

DSCN1302.jpg

DSCN1300.jpg

この大廊下、当時は全長約50m、幅4mほどの畳敷の廊下だったとのこと。
50メートルの廊下って、すごいなぁ~

吉良様が斬りつけられたのはこのあたりだろうか

DSCN1304.jpg


お江戸薄桜記めぐり
今回はここまでだったが、第二弾もやってみたい!
次回はもう少し涼しくなってから行くでござる…





で、


江戸城といえば組だもんね~~~
薄桜記めぐりの後は新選組関係の場所へ…

局長と副長を偲んでテンションが上がりまくり~

江戸城組巡りは別記事でアップしまする(^O^)/

カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 0
go page top

薄桜記お江戸巡り(2)~高田馬場

いざ!!!!!
叔父上~~~~

と駆けつけたいが、さすがに一気には無理なんで(あはは)
JR日暮里駅から大塚駅へ行き、都電(荒川線)に乗り換えて早稲田へゴー



都電の早稲田駅から歩いて数分のところにある
水稲荷神社に来た!

ここにあるのが堀部安兵衛碑

安兵衛の碑4

安兵衛の碑2

石碑には
「越後新発田」「単身決闘」「菅野六郎左衛門」
などの文字が!

安兵衛の碑3


さていよいよ決闘の地高田馬場へ~~~

と、

高田馬場跡へ向かう前に寄りたいお店
それはあの例の酒屋!

ここに安兵衛が立ち寄って枡酒の飲み干してから駆けつけたとされていまする!

馬場4

こちらの番組でも紹介されてましたなぁ~
千春ちゃんと父上のツーショットパネルがお店の中に飾ってありました!

記念にこんな清酒の小瓶を買った~
2012-08-17_08-30-06_20-1.jpg






さあ

いざ
いざ
義によって助太刀いたす!!!

ここが安兵衛決闘の場所!
馬場1

写真に映っている道が茶屋町通り
そして左側の建物付近一帯が決闘の地であったとされている
馬場3

馬場2

叔父上~~~~~~~!!

カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 0
go page top

薄桜記お江戸巡り(1)~七面社

薄桜記ゆかりの地を巡ってきた!

酷暑にめげず、熱中症に注意しながらがんばったっす

おもに七面社~高田馬場方面のみなんで
今回は第一弾ということで…
(第二弾もやる気満々)


やっぱ最初に行くべき場所はここだぁ~
ドラマはここから始まった


日暮里駅から程近い延命院

延命院

延命院2


この境内にあるのが二人の出会いの場であり
これからも重要な意味をもちであろう七面社
七面社1

境内を入ると左手奥にあった!!
七面社2

ドラマの中に出てくる七面社はセットだから、
かなり色鮮やかになっていて一見すると違った印象だけど

2012-08-17_10-33-45_79-1.jpg

でも、実際に見ると全体の感じはどことなく似ていた

七面社3


延命院を出てすぐに坂があるのだが
その坂は七面坂と呼ばれている
七面坂1

坂をくだったところに墓地が見えた
七面坂2

この墓地があるところが宗林寺
七面坂3 (2)


丹下家の菩提寺はこの宗林寺にあるという設定では~
と勝手に思い込んでます!
だって、地理的に考えると、
このお寺に参拝して坂を上って行くと七面社がある
ってことになるからなぁ…

第5話で、母上の墓前に手を合わせたテンゼンと千春ちゃんが次に向かったのが七面社。
今は階段はないが、かなりの坂だから、当時は石段くらいあったかも…

そんな風に妄想しながら七面坂を下りてみた!
見上げた坂の先には七面社がある。
七面坂4

さあ、次は、いざ高田馬場へ~

「義によって助太刀申す!!!!」

カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 0
go page top

こんな夢を見た!

テンゼンばかり見ているせいかこんな夢を見た


長屋の路地にみんなが集まり、安兵衛を迎えている
(ドラマのあのシーンとほぼ同じ)

迎えられた安兵衛はなぜか首から花輪をかけている
ハワイのお土産みたいなやつ

大歓迎を受け照れながらテンゼンの部屋へ入る安兵衛

そこで、テンゼンがお膳を前に座って待っていた!


朝ごはんなのか昼ごはんなのかはわからないが…

お膳の上には、お味噌汁とおにぎりと煮物と沢庵が乗っていた!


それを見た安兵衛が

「おおお~
これはありがたい」

と言うと

「異国にいたらこういうものが恋しくなったであろうと思うてな…
用意して待っていたのだ」

とテンゼンが答えた。

安兵衛は嬉しそうにお膳のお味噌汁を飲んで

「さすがはテンゼン殿
拙者のことはなんでもお見通しでござるな
ああこんなご飯が食べたかった~
ああ、ありがたい~」

と泣きながら食べていた。




・・・

・・・・・

・・・

と、ここで目が覚めたのだった!


なんじゃ、この夢は~

この二人の様子を見ているってことは
ご飯をもったりお味噌汁をついだりしてるのはワタシか~!?
ってことは、まさかお豊ちゃんじゃないから(笑)
拙者はカメさんだったのか~~~!?

カメさんになりたい願望がついに夢にまで出たか(何)

祭りに参加したい願望!?
祭りって例のふんど・・・・以下自粛(あはは~)


テンゼンが夢にでてきてくれたってだけで
マジ嬉しかった~
\(^o^)/

今度はぜひ千春ちゃんの役で夢に出たい(え)



しかしなぜに安兵衛さんはハワイ帰りなんだろ(笑)

カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 3
go page top