FC2ブログ
03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

頼長語り~第16話(3)

怒りの悪左府!!!

いや~すごいもんですな
あの怒り顔は


一気に沸騰!!!!!


「この頼長を見下したまねを!!!」

あの眉間のしわの驚くべき深さくっきりさ

あんなにすごい眉間のしわは初めて見た~~~

あまりに深いしわなんで
あそこからなんかが噴出してきそうだった(あはは)

眉間のしわもすごいが、この時の怒りの目もすごごごごご~

いつもと目の形がまるで違うのだ!

目の形まで変えられるんだろうか、
恐るべし、コウジヤマモト

ああ、あの時怒りのままに去っていく後ろ姿も見てみたかった~
さぞや背中が怒りに燃えていただろうなぁ

怒りの背中が見たかった…


静かに怒る姿
悔しさをかみしめて怒る姿
驚き怒る姿

これまでもいろいろ怒りの頼長さまを見てきたが
今回の怒りはものすごく大きくてしかもストレート
怒りを抑えず噴火し放題

いわば、直情型の怒り


落ち着け~~~
とにかく落ち着け~~~
軽々と挑発に乗ってしまったじゃないのさ~

やっぱ、裏の裏を読めないのだな…
ああ見えて、直情型なんだな…

あれほど策を弄して人を陥れるのに、
あれほど綿密に証拠集めもするのに、

頼長さま、瞬間沸騰タイプ
まんまとわなにハマるタイプ
周りが見えなくなるタイプ


ふふふふふふ・・・


そんな左府さまが愛おしい…

サフサマラブ~~~~~~



スポンサーサイト



カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 4
go page top

頼長語り~第16話(2)

内覧の宣旨」を賜ったという左府さま堂々のビクトリー行進(違)

廊下を歩くそのお姿は、歩くというより凱旋行進のようじゃ
あわてて隅によって頭下げるお公家さんたち

なんかここを見たら思い出してしまった…
組!で鬼の副長が廊下を歩くと隊士たちがささ~っと引いた場面を!


この時の曲って頼長テーマ曲なのか
頼たまが登場するといつも流れるもん!
ダースベーダーのテーマみたいな感じで(笑)
「出たああああ~」みたいな


うしろ姿もエエですなぁ

でも…

もうちっとはっきり見たかった、ここの頼長さまを
もうちっと長くゆっくり見たかった、堂々と歩く頼長さまを

仕方ないので、スロー再生にして見てます(あはは)



怒りの兄上がまた怖い~~~



内覧の宣旨

ないらんのせんじ

ナイランノセンジ

nairannosenji

意味もなく書いてますが(笑)

内覧ってなんですろ~
ナイランノセンジを受けたことって、すげ~ことで、
ものすごく偉くなって、最高権力を握ったらしいことはわかったが
いまいちよく理解できなかったので調べてみた

内覧とは
「天皇に奉る文書や、天皇が裁可する文書など一切を先に見ること」

うお~
誰よりも先に見てしまうんかぁ~
やっぱすげ~ことだった!!

兄…関白
弟…内覧

となってしまったのだが、関白と内覧が並存する事はありえない事態だったらしい。

実質は内覧になった頼長さまの権力が大きいんだろうか…



次にその内覧が実際に行われているシーンが出た!

「よって主殿頭めは罷免すべきと存じます」

粛正場面、キタ~~~~
短いながらも、具体的に頼長が粛正っぽいことをしている場面は初めて見たもんね!

しょっちゅう無断欠勤するからクビって、当然じゃないか~(あはは)

「とのものかみ」って言いにくいだろうなぁ
「とのものかみ」だけに舌かみそうじゃな(笑)


まず、左府さまの声が聞こえてきただけで、テンション上がりまする!!

エエ声や~~~

そして御簾越しの顔

そして、そして

横顔のアップの美しさよ~~~

後ろ頭の曲線
デコの丸み具合い
鼻筋のライン
口から顎のフォルム

耳の大きさと位置

すべてが完璧じゃぁぁぁぁ~~
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

美しい美しい美しいぃぃぃぃ~~~
とにかく美しい~~~
美しい美しい美しい美しい美しい美しいぃぃぃぃ~~~

眼福眼福

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top

頼長語り~第16話(1)

16話に頼長さまはチラッとしかご登場されなかったんで、胸がサフサフしたわけだが(あはは)

でも、頼長さまのお名前がここかしこに登場した回ではあった

いろんな方々の口から出た「頼長さま」「左大臣」


「黒き蝶」とも例えられていたのう…

拙者のイメージだと妖艶な白蛇なのだが
黒き蝶もエエですのう


また、頼長さまの御屋敷前も出てきた!!

さっすが頼長さまだわん
門番兵もすげ~イケメンだった

そして、頼長さまお付の公家も、イケメンだった

頼長さま、かなりビジュアルも重視されているのね!
どちらのイケメンも顔の系統が同じイケメンだから、あの系統が頼たまの趣味なのかな~
家盛きゅんもこの系統だったし…
公春きゅんだけは、系統が違った気がするが…(あはは)



と、頼たまが登場しなくても、何かと楽しみどころがあったが・・・

でも、やっぱ
もっと
もっともっと
もっともっともっともともともともっとおおおおおお
頼長さまのお姿を画面で見たいよ~~~~


「誰かアタシにサフをちょうだい」(by ヘド姐さん風)


では、頼長さま登場シーン語りをば…

兄上の御屋敷が為義さんたちに襲われるシーンでは、兄上のおびえ方が素晴らしかったですのう~

しっかし、すげ~な
あんな風にいきなりの押し込みで、力づくかよ~
荒っぽいですのう、公家も


「朱器台盤」
シュキダイバン

しゅきだいばん

shukidaiban

意味もなく書いてみた(笑)

あそこに広げてある全部がそうなんだろうか!?

ちょいと調べてみたら

“藤原氏の家宝として歴代藤氏長者に継承されてきた朱塗りの什器のこと。
正月の大臣大饗の際に用いた。
朱器(朱塗りの食器・酒器)が長櫃4台に納められ、
また朱器を置くための台盤が大きな物が5つありそれを含めて27個存在したとされている”

そうっか
「朱器台盤」って朱器&台盤ってことなんですな

そして、これを持っている人が藤原摂関家のトップってことなのか~


父上、うれしそう~

怖い顔ながらも(あはは)、父上のうるんだ目から“頼ちゃん大好きラブ光線”が出ていた
親子そろって目からいろんな光線が出るのう(笑)

それに答えるサフちゃん

「父上のご恩情
しかといただきましてござりまする」

このときの横顔が本当に美しいが、特に萌えるのは
「しかといただきまして」
と言うときの伏し目

そして最も萌えるのが
「しかといただきまして」

「いただき」

「だき」

こまけぇ~(笑)

この「だき」だけ声の力が抜けていてセクシ~なんだもんなぁ~

何でこんな風に台詞を言えるんだろうか…
声の魔術師めが~~~

為義さん越しに見る、“喜び合う父と溺愛息子”がまたエエですのう

見た目もブラックな、ブラック父子
ツーブラック

「黒きふたつの蝶」って聞くと、ついこの2人の姿を思い浮かべてしまうもんね(笑)

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top