01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

オンエアに間に合わねぇ~

あ、あ、あ、あ、ああと30分

あと30分でお宝映像が来るのに~


出かけていて、立川から帰ろうとしたら
モノレール止まったあああああ

凍結で止まってたぁううううう


凍ってしまったのか、レールがああああ

アタシのこの熱い熱い熱い熱い熱い熱い熱い熱い熱い熱い思いで(ウザっ)
凍結を溶かしたいいいいいい~~~

タクシー乗り場、なう
いっぱい並んでるうううう


これで帰宅できても、夕飯の支度があるし~
オンエア間に合わねぇぇぇぇ~~~

スポンサーサイト

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

おじゃマップの予告ゲット!

おっしゃあああ~

早朝からフジのベタ録りしてたら
おじゃマップの予告ゲットできてたぁぁぁ


うおおおおお
雪の中の局長・副長並びショットキタ~~~


※ここからはちょいネタばれになるかも(^_^.)
少し下げます!



・・・


・・・・・・・



・・・・・



・・・



・・




雪の中
「おじゃまマップ!!」
と振りつきで、カメラに向かってポーズとる4人
(ザキヤマ・局長・副長・ミラクル)

真ん中が局長・副長カッポー

寄り添ってるうううう(#^.^#)

黒ぶちメガネの副長~~~
黒いダウンにマフラー姿
無防備な頭(あはは)

副長、マジ幸せそうでうれしそうな顔じゃあああ~


次に雪の中、滑り落ちてゆく局長とザキヤマ



そして

「日本一ご飯がススム町」というテロップが出て

局長・副長ツーっショット、キタ~~~

どっかのお部屋で並んでご飯食べてる映像が出たあああ

この幸せ者がぁ~

白いご飯に納豆かけてバクつく2人
も~~~~

2人で並んでご飯食べてる姿を
今こうしてテレビで見られるとは(嬉泣)

副長は、黒い帽子被って、アイボリー系のニットに黒いインナー姿
帽子被ったまま納豆食ってる副長(笑)



予告の最後は、

窓辺で「うめぇ~~~」と叫ぶ局長

納豆ご飯を食べ続ける副長

副長は、まんまるおめめで姫度の高い顔しとった
そうだろうそうだろうよ


で、

引きの映像になったら、3人だった…
あ、ザキヤマもいたのか(笑)


予告だけでもマジテンション上がりっぱなし~

だって、あの2人のツーっショットですぜ~
しかもロケ

あああ
もう

「アタシを喜ばせたい」度が高すぎて、
頭沸騰しっぱなしじゃぁ~\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

おじゃマップの予告キタ~…らしい

今、娘から電話が来た

「ヤマモトコウジって
 明日のおじゃマップにでるんだね~
 さっきフジテレビ観てたら、
 予告が流れてヤマモトコウジも映ってた!!」


なにおおおおおおおお~

予告が流れてコウズィが映っただとおおおお~

なぜにこんなにも熱いコウジファンの母が見れずに
なんの気もない娘が偶然見てしまうのだあああ


娘の話だと( かなり記憶がいい加減っぽいが )

「雪の中で慎吾ちゃんと並んでいたり、
なんかのどんぶりみたいなのを食べている姿が映ってた」


そして、さらに娘はこう言った

「ヤマモトコウジ、なんか顔がゆるんでデレデレしてた~
 でへ~みたいな感じで笑ってるのがきもかった」


あははは~
そりゃ、デレデレになってるだろうよ
だって局長と一緒なんだからん

明日の『おじゃマップ』
また神映像が来るのかぁぁぁ~

オンエアが楽しみすぐるうううううう
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/


カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

頼長語り~第8話(2)

鸚鵡献上の場面

ぐほおおおお
あああああ
も~~~~~~~~

白がまた似合って似合って似合って

「ため息しか出てこぬわ」 by 藤原レク長

書物をめくる横からのショット
光を浴びているお姿は美しすぎて

なんでこんなに似合うのさ、麿姿があああ

前世は麿だったんちゃうか!?

眉間にシワのシリアス顔が、また白に映えて、も~
うづぐじぃぃぃぃぃ~~~~~


清盛との場面は、これまた言うことございませぬ

抑えた口調
まばたきをしないその刺すような目

麿似合いすぎるうううううう(こればっかじゃ)
何度も言ってしまうのじゃ

麿が似合う似合う似合う

「俺はもうなじんだぜ」(by 副長)

なじみ過ぎて困るのじゃぁ~
麿がここまで似合う人って他にいるかぁ~

斜めからの横顔、その美しいフォルムよ

後ろからのショットは、赤い耳とうなじにぐほ~~~



「なんと、まあ、気が遠くなるほどの愚かさよ」

この台詞、好きだ~

で、

「浅はかな考えにて国の仕組みを変えよと求める」

ここがまたツボですねん

「変えよと求める」の「と求める」の言い方が好き~

ちょい息を抜きながら言う
「と、もとめる」
がツボや~~~(こまけぇ~)

ここは清盛きゅんの表情もエエよなぁ~
やはり受ける側がうまくなければ成り立たない!
役者同士の力があってこそなのじゃ!

「私はこれよりそなたのような者を粛正するべく」

しゅくせい、またキタ~~~~~\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

このときの斜めからのドアップ顔が最高に美しいぃぃぃx

あの通った鼻筋を見よ!!!!!!!
あんな鼻筋の通った麿メイクの美形が、この世に存在したとは

ああ、生きててよかった(大げさ)


ここまでで、もう萌えまくって悶えまくって
頼長好き好き好き~なのに…
さらにこの後、もっと萌える場面があったとは

頼長祭りじゃったのう\(~o~)/


信西さんとの2人だけのシーン

ここでは、なにか、それまでの頼長と感じが違う

なんつうか、気を許しているっちゅうか、
本当に認めている相手っていうか

頼たまって信さんのことを

「認めてるんだ」(by トミー)

まさに最高頭脳同士

「あなたさまは見抜いておいでだ」

と言われて

じわっとニマっとする、
あのジワリニマが最高に萌えて燃えたあああああ

このお二人の場面は、ほんとにこれからも楽しみじゃのう!!




ああ、もう

なんつうか

語っても語っても、観るとまだ語りたくなる

頼長さま、好き好き好き好き好き~~~(しつこぃ)




そういえば、予告で出てきた「けしからぬ」って台詞がなかった気がするんですが…
それだけが残念だった。

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 6
go page top

頼長語り~第8話(1)

藤原のレク長である、面をあげよ…


って、

お前何者やねん(笑)
なんか、意味もなく使いたくなるのだぁ


ああ、ホンとにハマってしまった~

初登場でこんなにハマってしまって、
これからどーなるんじゃ

今回の頼長さまは、青年麿
まだティーンエイジャー麿
だから、まだどぎついほどの麿ではない。
やわらかさがなく、むしろ硬質。
それがまたええんじゃ~(*^_^*)

最初っからどぎつかったら、かえって浮きすぎておかしいもんね。

お勉強いっぱいしてきて、めったくそ頭よくて、
超超超ど急な潔癖症で完ぺき主義者
若き野心家って感じだった

これから麿指数がジワジワと上がってくるだろうし、
麿指数に比例して禁断指数も上がってくるだろうか(ふふふ)

もう楽しみで楽しみで(^0_0^)


初登場場面、
引きで映っている、その全体のフォルムが、他のお公家さんたちとどこか違うんだよなぁ
烏帽子の傾き具合とか、肩のラインとか・・・

で、口元と鼻だけのアップ
あ~、これだけで萌える~悶える~

そしてお顔が映って・・・なんでこんなに似合うのさぁ~
麿メイクがぁ~

低く抑えた声に、また燃え、ムカついているお顔にまた萌える~~~
そして、ちょっと首を傾げたかんじが、カワエエ



廊下を歩いている姿は、座って話している時よりなぜか幼く見えるんで、
ボクちゃんに見える
カッコイイやらカワイイやらで、ああ、ラブリー

庭師、かわいそうじゃ~(笑)

後任の庭師に誰がなるか、庭師組合ドッキドキだったりして

「ぶっちゃけ、頼長屋敷の庭師にだけはなりたくないっすよ~
あの御屋敷の庭師になったら胃に穴があくもんね
寿命が縮まるもんね」

みたいな(笑)



藤原ファミリー勢ぞろいの場面は、ホンとに好きだ~
父上、兄上、弟
ああ、なんて素晴らしい、ザ・摂関家

「頼長」
「兄上」
「頼長」
「父上


これだけの会話なんだが、無性に好きだ、このシーンが!!

特に、父上の「頼長」って言い方がツボってツボって~

よりにゃがちゃん、かっわええ
もう目に入れてもいたくないもん
好き好き好き~~~~

ってのが「頼長」のひとことに凝縮されている
(と、勝手におもっている。あはは)

で、入ってきて座るまでの頼たまが、
ワタシャかわいくてくかわいくて、たまらんぜよ
素足が映るせいだろうか・・・


摂関家勢ぞろいだと

完成された麿で麿指数の高い父上
ほぼ完成に近い麿で、麿指数が高い兄上

と一緒にいるせいか、

麿デビューしたての頼たまが、さらに若い麿に見えるのだ。

これがまたエエんじゃ~~~
好き好き好き~~~~(アホ)



「粛正・・・・いたします」

ぐおおおおお~




廊下で宋銭の場面

ここはとにかく
「清盛さまぁ~」
という盛国の声に
ギッっとなって立ち止まる時の顔
さらに、
いったん伏目になってからギィィ~~~~ロッって横目でにらむ顔

ここが、ダントツにしびれまするうううう
好き好き好き~~~~(アホ)



続く~(え)

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top

頼長雛

「しゅくせい・・・・・いたします」

何度聞いてもエエのう(#^.^#)


そういえば、大河の頼長が言う「しゅくせい」って
「粛正」
なんですよね!
「きょうの見どころ」で画面に「粛正」って出るまで
「粛清」だと思っていまひた~

最初の記事では「粛清」って書いていて、
あとで記事に訂正を入れて直しておきまひた
すみませぬ
どうも、しゅくせいって聞くと「粛清」って自動的に脳内変換されてしまうのだなぁ
なんせ組!脳なんで、つい・・・

辞書で調べると

粛正…厳しく取り締まって不正を除き去ること

粛清…厳しく取り締まって、不純・不正なものを除き、整え清めること。
   特に、独裁政党などで、一体性を保つために反対派を追放すること

微妙にニュアンスが違うんですな
粛清の方が、排除の意味が強いっていうか…

日本語ってむずかしいのう(^_^.)


さて、遅くなったが、やっと我が家もお雛様を飾った

今年はこういう平安装束を見ると、なんか萌えるわぁ~(笑)

で、飾りながら思った!

「ああ、頼長さまの雛人形がほすぃ~~~~」
「頼長雛があったらいいのに!!!!!」


で、せめてと思い、こんなんしましてん



・・・



・・・・・・


・・・・・・・・・


・・・・・


・・・



内裏さま

あっははは~~~
もう、なんでこんなことに一生懸命になるんだろ、ワタスは…
朝から、必死に筆ペンで書いたりして(あ~あ)

おひなさま2

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top

頼長の間

家の斜め前のお宅が“藤原さん”
なんか急にうらやましくなったぞ、藤原さんがぁ~(あはは)

毎朝、お会いするのだが
いつもは
「おはようございます」
なのに
今朝は
「藤原さん、おはようございます」
って、わざわざ「藤原」を付けて言ってしまった…

ふほほほほほ(何)


頼長セレクションを作って、そればっか観ているんで、
もう拙者の中では大河ドラマ『藤原頼長』になってしまっている


何がいいって
全部いい!!

まず美しい~
顔も姿も指先も仕草も



で、がいい!!

頼長がなにか言うときは、必ず「…」っていうがある。

台詞だけじゃなくて、
立ち止まるときも、何かものを動かすときも
何かを見ようとするときも、何かをしようとするときも
必ず「…」というがある!!

この、独特のがいいのだ~

この、のタメ方がすんばらすぃ~
頼長という人物がかもし出すの異質な空気感が、このによって出てくるのだ~

派手な表情や見るからに恐ろしげな顔や声ではなく、
この、頼長独特のによって出てくるのだ~

「頼長の間」

なんか「頼長の間」って書くと、そういうお部屋が旅館にあるみたいっすが(あはは)


「頼長の間」がなくなってしまうときがあるとすれば、
それはきっと最期のときなのかなぁ…




ああ、頼長さま、好き過ぎて困るううう

なかなかきちんとした感想が書けないのだ、好き過ぎて…

でも、書くぞ~~~
場面ごとの感想をきっちり書いていきたいっ

書きたいから観る、観るとズブズブになるから書けない
でも書きたい、書きたいからまた観る、で、またズブズブになって

ループ過ぎるううう


「目の見えぬ愚か者よ」

じゃなかった

「何とまぁ、気が遠くなるほどの愚かさよ」


だって、あなたを観ると気が遠くなるんだもん、好き過ぎて(愚)

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top

頼長!!(追記あり)(訂正あり)

(訂正)
字幕や“きょうの見どころ”を見たら「粛正」となっていました!!
記事では「粛清」と書いていましたので直しました
すみませぬm(__)m




「藤原のレクイエムである。面をあげよ。」


なんつって(あっはは~)


あ~~~~
も~~~~

いい加減に寝ないとあかんなぁ

だめだ、悪左府さまが好きすぎて、リピが止まりませぬ


“きょうの見どころ”からもう頼長づくし

そして、出てきた場面、ぜ~~~~~んぶ好き
どの頼長もぜ~~~~んぶ趣味

とにかく悪左府さま、はまり過ぎてつらい

「兄上」「父上」

ぐほおおおお~~~

「藤原の頼長である」

がおおおおお~~~

「粛正・・・・・いたします」

んごおおおおお~~~~


一言一言に射抜かれっぱなしじゃぁ~


“The 摂関家”、最高\(^o^)/

なに、あのブラックな空気は~

3人にそろった場面
ファミリーなのに、あの部屋のおどろおどろしさよ

兄上の言う「頼長」は冷たく
父上の言う「頼長」は、もうカワエエカワエエ光線でまくりな声
きゃわいい、私の頼りん~~~
ってのが、あのおどろおどろしい父上のお声からわかりました(あはは)

この父上・兄上の御前になると、急に悪左府さまから頼たまって感じになっていた!
なんか、お部屋に入ってきてお座りになる姿も、どことなく幼く見えた~
こりは、兄上・父上と頼長のコントラストのせいか(笑)
頼りん、カワエエ~~~


宋銭を渡して行こうとして、
「清盛」
と聞いて立ち止まる悪左府さまも、好き~~~~

このときの目がたまらんわぁ~~~


最後に、信西との場面で、ぬお~っとしてからにやっとするところ
これが最高に好きだぁ~~~



とにかくはまりまくって
リピしまくって
頼友としゃべりまくって

あまりに遅くなったんで、この感想記事は明日きちんと書くってことで(え)

とりあえず、寝る前に叫んでおこう

頼長、好き過ぎるううううううう



(追記)頼友によると。NHKケータイの清盛サイトにはフォトギャラリーがあって、オンエア後に更新されているそうな。
で、今は、頼長さまの写真がいっぱいアップされているとのこと!
くそおおお~
スマホからはみられませぬううう
見たいよ~~~~



あ、そういえば

初登場で、早くも日常会話で使える台詞がいっぱいだった!!
言葉遊びもいろいろできてしまう

その筆頭が、やっぱこれ!!
徹底的に粛正・・・・・・いたします

「粛正・・・・・いたします」の「・・・・」のタメが最高じゃ~

早速、友との会話に使う

「徹底的に、入浴・・・・・いたします」
「徹底的に、カラオケ・・・・いたします」
「徹底的に、乾杯・・・・いたします」

聞いている相手は「その間がうぜぇ~~~」とな(笑)



あと、なんでもかんでも意味なく「藤原の」をつける

「藤原のチーズケーキである」
「藤原のこたつカバーである」
「藤原のスターバックスである」

あっはは~
意味がわからない




そして、いちばん使えそうな台詞はこれっきゃない!!

「何とまぁ、気が遠くなるほどの愚かさよ」

これ、自分に向けていつも言ってしまいそうじゃぁ~

スマホの充電忘れたとき
ごみ出し忘れたとき
なんかにけつまずいて転んだとき

自分に向かって言うのじゃ

「なんとまあ気が遠くなるほどの愚かさよ」と(あはは)

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 2
go page top

「待たせたな!」

ああ、この台詞

「待たせたな」

元治元年に池田屋で
明治2年に七重浜で
そして、どんとこい!ではヨッパで
また、いろいろなイベントで

山本副長はこの台詞を幾度となく口にされてきた。

そして、今また、この台詞があまりにも似合うシチュエーションがやってきた!!

「待たせたな」

悪左府さまが登場されたら
拙者の脳内では、この台詞が再生されるだろう

麿眉、お歯黒な副長(違)がつぶやいているだろう(あくまで脳内で)


もう、待てない~
BSで観ちゃっていいかぁ~

酒だ酒もってこい~~~

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

悪左府はまだか~

カウントダウンがあと4時間キッタ~
BS先行まではあと2時間だぁ~


今日は時間がなかなか経たねぇじゃねぇか

今日だけ1分が150秒くらいあるんじゃねえの、ったく


家にいても落ち着かないんで、意味もなく買い物に出て、
わけわかんないピンクのおリボン付のスリッパなんぞ買ってしまった~

誰が履くねん!


夕飯のカレー、
もう気分的に料理なんて無理
だから中村屋のレトルトカレー買ってきた~(あっはは)
一応、サフランライスを炊いたけど・・・

もう、ほんと、どうするおい~


頼長さまも「待たせたな」ってつぶやいておられるううう

ああ、ほんと、待って待って待ちました~
もうすぐアクサフさまが拝めると思うと、
うれしすぎて萌えすぎて、

とりあえず酒でも飲まんことには、やってられないぜぃ


カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 2
go page top

テレビ画面いっぱいに!

真夜中なのに、興奮のあまりま~だ起きてますのや~

もうすぐ悪左府さまが登場すると思うと
バクバクしちゃって、もう、もう

で、こうしてパソに向かっていて、ネットショッピングでお皿とかスープカップとか、やたらと注文してしまった(あ~あ)


「まだ起きてるのか~」

と言いつつ、夫が教えてくれた

「リモコンでデータ画面の大河を出すと出てるぞ」


データ画面って、いつも天気予報とかJリーグの試合結果とか見てるやつかぁ~
これです)

NHKを出しておいて、テレビのリモコンのデータボタンを押し、大河ドラマを選ぶと
うおおおおお~
画面いっぱいに映ったのは清盛と悪左府のツーショット写真じゃないか~

2012-02-26_01-57-29_140-1.jpg

宋銭を握り締める清盛と、それを冷たく見つめる悪左府さま
まさに、「第8回 宋銭と内大臣」というタイトルのまんまの画面だ~
(たぶん拙宅のここで書いたステラの写真と同じだと思う)


ああ、こんなん見ちゃったら、ますます眠れなくなってしまうやないの

ふひょ~

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 2
go page top

本日!!

「ついに、とうとう、トミーがアタシのことを」


ついに

拙宅のカウントダウンが


0 DAYになったでおじゃる!!



ドッキドキドキドキドキ

あくさふ
アクサフ
AKUSAFU

悪左府

悪左府

悪左府

悪左府

悪左府


あくさふさまぁぁぁぁぁ~~~~



夜中にわけもなく叫んでみた(笑)

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top

『くろねこルーシー』の魅力

第8話まで観た~

ここまで観てきて、このドラマの魅力について思ってきたことを書きたくなった。



私にとって、このドラマの魅力は大きく分けて2つある。


ひとつは、作品としての魅力

そしてもうひとつは、山本耕史という役者の新たな魅力

萌える~でも燃える~でもない
でも、何度も見たくなる!

なんだろう

素朴ってのとも違う
等身大ってのともちょっと違う

うまく言えないが、
「彼はこんな風に演じることもできるのか」
という新しい発見っていうか、なんていうか・・・

普通にそこに居て普通に暮らしている。
鴨志田陽は、テレビの向こう側ではなく、見ているこちら側の人って感じがスゴクするのだ。
それが見ていて、なんとも心地よい。
癒されるとか、暖かいっていうより、とにかくほっとするっていうことだろうか…
ものすごく身近に感じて、自分と同じ側にいてくれる感じが、なんとも嬉しくなる。

そんな風に思わせてくれるのだ、カモシダヨーは!!



作品としての魅力は、カモシダヨーの魅力にリンクしているので、
同じ側にいる安心感とか居心地のよさなんだが・・・

さらに、見終わって、ふっと自分のことに置き換えていろんな思いがめぐってくるってところ。

感動とか、胸が熱くとか、そういうパワーを使う思いじゃなくて
ふっと「そういえばワタシは」とふわっと浮かぶ思いなので、心の負担にならないし、疲れない。


自分の思いを飲み込んで強く自己主張しないのは
相手を傷つけないようにという優しい気持ちからだけど、
それプラス、自分も傷つきたくないからだろうなぁ~

こういう優しさがかえって相手を傷つけることもあるなぁ・・・

とか

あれもこれもうまくいかない今の自分が情けないけど
じゃあ、「うまくいく」ってなんだろうか!?
自分にとって、どうなっているのが「うまくいってる」ってことなんだろうか


とか、

自分のことに置き換えて、いろんな思いが浮かんでくるのだ。


そして

親としての自分についても、ふっと思う時がある。

自分はあんなふうに娘に何か思いを伝えているんだろうか!?
「そういえばお母さんは」
って思い出してもらえるようなことがあるんだろうか?

と。



見終わって、ふっといろんな思いが浮かぶ…
でも決して負担にならない!
そして、なんか心地よい~

これがこのドラマの魅力なんだよなぁ



カテゴリ: 黒ねこルーシー

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ついに1DAY!

「ついにトミーがアタシのことを」

このフレーズって一生言い続けるんだろうなぁ(ふははは~)


さて(笑)

拙宅の頼長カウントダウンの表示が

ついに1DAYとなりましたあああ!!



ど、ど、どどうしよどうしよ、どうしよう\(゜ロ\)(/ロ゜)/

なんか、昨日からかなりうろたえてるんですけど…



明日はどうしよう~

夕方の6時からBSで観ちゃおっかな~

いや、夕飯時でバタバタだし、やっぱひとり別室で観たいから
ここはぐっとこらえて夜8時を待つかぁ~

いやいや、とにかく早く観たいから
BS先行でいくか~

とすると、昼間に全部夕飯の支度しておくか~
こまごました献立だとバタバタすっから
かれーだ、カレー
サラダなしで、カレー1皿オンリー

いや、もう、レトルトカレーでエエかぁ~(あはは)

夕方5時半までにぜ~~~んぶセットしておいて
6時に別室で1人で観て
観終わってすぐ、即効で食べて片付けて
また8時から別室で観て
さらに頼長場面だけ観て
さらに・・


なんてことを考えているだけで心臓バクバクしてきたぁ


「しゅくせい…いたします」

ふごおおおおお~




カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top

「コーちゃん」

今発売中の週刊朝日2012年3月2日号

副長の兼定の刀身写真が載っていると聞いて買ってきた!!

P96~P101
週刊 司馬遼太郎216『幕末のハードボイルド』

今は血風録の世界についての連載で、
今週号は
「第二回 土方に泣いた男たち」
というタイトルがついている!

見開き2ページに渡って、副長の愛刀兼定の刀身のアップがドドド~っとあり
白黒ながら、大迫力!!

そして、次のページには兼定の柄のアップ写真が!!

どちらも、刀の質感や表情がわかる素晴らしい写真だ
この兼定の写真だけでも買う価値があったぁ



記事の内容の大部分を占めるのが、旧前川邸のご当主田野さんへの取材
ご当主ならではのお話が盛りだくさんで、読み応えがあった!!

“一時は隊士が100人以上にもなったそうで、急襲されたとき誰が近藤で誰が土方かわからないよう、わざと雑魚寝をしていたそうです”

とか

古高俊太郎のご子孫の方が訪ねて来たときの話や

田野さんの奥様のお話で、奥様が嫁ぐ前に、ご当主と結婚式の打ち合わせのために客間に泊まったそうで

“その翌日に、『実は山南さんが隣の部屋で切腹したんですよ』と聞かされて、知っていれば泊まらなかったし、そもそも結婚自体どうだったか(笑い)”

という奥様のお話があったり(#^.^#)

山南忌のことや最近の若いファンの様子などにも触れていて、
読んでいて楽しい~\(~o~)/


そして、大河の組!話もあり
堺さんや三谷さんの話とともに、もちろん載っておりやすぜ、あのお方のことも!!

“土方を演じた山本耕史は、田野家を何度も訪ねている。
一家は「コーちゃん」と呼んでいるが、
「あの部屋には何かを感じる。行ったほうがいい」
とコーちゃん、堺山南に何度も勧めたようだ”


「コーちゃん」とな!!!!!!!

うおおおお~

旧前川邸の田野家の方々は、山本耕史をコーちゃんって呼んでいるのかぁぁぁぁ

なんかすごく愛情を感じるなぁ…

そういえば、耕史くんの舞台のロビーに飾ってあるお花の中に、「田野」さんから来たお花をよくお見かけするもんなぁ…

「コーちゃん」
この呼び方にこめられたあったかい愛情を感じて、うれしくなったのだった。

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 2
go page top