11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

2011年を振り返って【2】

ワタシ的に2011年の、いや、人生最大の出来事といえば、やはり

初めて蝦夷地に上陸を果たしたこと!!

初めて副長を知ったのが15歳
それから、ずっとずっと副長を思い続けて
37年目にして、やっと降り立った函館、そしてその町の中で箱館に浸ることができた。

やや!!
レポはまだ途中だぁ~
どうすんだ、年越しちゃった~(^_^;)

しかし、

「アタシ、まるで昨日のことのように覚えてる」(by ヘド姐さん)

箱館の記憶は全く薄れない…
つい昨日は函館から帰ってきたみたいに、鮮明に刻み込まれているのだ。
頭の中ではすっかり下書きができあがっている感じ。
来年は1月からじっくりレポの続きを書いて完成させる予定。


4月には鶴ヶ城の桜を見に行った。
桜が咲いているのを見て、これほど切ない気持になったのは初めてだった。
来年も、会津へ行こう~~~

そして11月には宮古湾への旅があった。
宮古海戦ツアーで体感した、貴重な時間。
まさにアボルタージュのその場所に行くことが出来たのだ。

初めて被災地を訪れて、被災した方々のお話を直接ご本人からたくさん伺い、あまりにも悲惨な出来事に胸が張り裂ける思いだった。

ブログを書くとき、本当に迷いながら記事を書くことが多い1年だった。

悲惨さばかり書いても、どうか!?
同情的な言葉を並べ過ぎてはいないか!?
しかし、観光地としてとてもいいところを書いてみると、
楽しい楽しいでいいのか!?
応援してます的なことばかり書いては、かえって失礼じゃないか!?
などなど、自分の言葉で書くことが本当に難しいと思ったことが何度かあった。

しかし、何度も記事に書いているように、これからもずっと10年20年のスパンで、自分にできる範囲で被災した方々を応援していきたい。
観光の町なら、そこへ行って史跡を巡って自分の楽しみでレポを書いていきたい!

来年もそんな風に少しずつでもやって行きたいと思っている。


今年1年このブログを応援してくださったみなさま
本当にありがとうございました。
今年は忙しくてコメントのお返事が遅れてしまうことが多かったので、本当にすみません。
でも、みなさまからのコメントを読むのが、毎日の励みになっています。
来年もよろしくお願いします。

みなさま、よいお年を~~~

(^O^)/

年越しもさんスマ見ちゃう~、そんなレクイエムです(笑)
スポンサーサイト

カテゴリ: ・未分類

tb: 0 |  cm: 6
go page top

2011年を振り返って【1】

今年も今日で終わり…

みなさま、本当にこんなアホブログを読んでくださり、ありがとうございました。
このブログも、来年3月で7年目に入ります。
ここまで続けてこられたのは、読んでくださる皆様がいたからこそ…
心の底から感謝いたしまする~


と、ちょっとマジメに始めちゃって、あはは
さて、今年2011年をちょい振り返ったシメの記事を書きます



まずはコウジ関係の2011年

ワタシにはめずらしく、1月から順を追って振り返ってみますう
(山本耕史2011全仕事ではありません。細かい部分は抜けているところもあります)

1月はなんつったて半兵衛半兵衛、竹中半兵衛
7時間ドラマの主役で、しかも戦国武将
2011年のお宝役ナンバー1となりました。

2月は今年唯一の舞台、浅倉殿~~~
こんな商業演劇の山本耕史は初めて観た!
しかも時代劇、しかもほぼ副長(あはあは)

1月から2月は、テンペスト絡みでマスコミに出ることが多く、会場もメジャー
殺陣のカッコよさにシビレ、洋装に魂持っていかれて
ヅラっか事件もありましたな(笑)

3月は、大阪テンペストを思うと、大震災の衝撃を思い出してしまうので、なかなか語れませんな…
あの状況で最後まで舞台をつとめあげたみなさんに拍手を送るのみでした。

4月に入り、ナニワでは歌川国芳展がスタート!
音声ガイドの君の素晴らしさをもれ聞いて期待はするものの、
やはり心は痛むまま…
桜を見ても涙ばかりこぼれた。

そんな中、副長の会津ライブの一報を聞き、どんなに嬉しく思ったことか!!
やっぱ、副長は会津を助けに行ってくれた~
多摩にいても本当にパワーをもらった!!
ワタシもなにか出来ることをやるぞ!!と…


5月は佐神きゅん
久々に観た役者コウジ
犯人役だったなぁ…
今年は連ドラのゲスト出演が多かった気がする。

ナレーションの仕事もあった。

6月は野口ドクター
JINの始めと終わりにご出演とは
しかも、あっという間にドラマの核部分を解説(笑)
白衣姿に萌えるから、がっつり見たい、ドクター役!

7月はシズビにて国芳展開催
静岡まで遠征して、楽しかったぁ~

忍たま封切りも7月だった。
白目サムライの戸部センセ、カッコよかったっす
やっぱ、刀持たせたら日本一やで!!


8月は旅番組の連続

なぜかこのお方は、同じようなものが連続するのだなぁ
刑事が続いたり、記者がダブったり…

稚内コウジはかなりビビっていた(笑)
のんびり路線バスコウジは本当にのんびり酒飲んでた(笑)

そして、旅のシメは荒川アドベンチャー
副長&島田のコンビが水上やジェラードやら牧場やら山歩きやら
まさに永久保存版お宝映像じゃぁ~
陸に上がると無敵な副長、船上では姫だった(あはは)
さんスマが出るまでは、これがリピベスト1の座にあったのだ(笑)

そういやあ、ナニワのトークショーもあったなぁ…


9月入り、だんだん露出が多くなってきた
秋のコウジ祭り状態!!

まずはケータイ大喜利
今思うと、見つめあってた相手が家盛なのよね

アンフェアがらみのバラエティ出演もけっこうあった。
寺島アニキとの迷コンビぶり(笑)

元園部キュン、またも犯人役ううう
かなりお宝ショットがあったし、
ドSなナルシストぶりに萌えたぁぁ

そして、延期されていた主演ドラマ『死刑基準』がやっとオンエア!!
いい役者さんたち、いい脚本、いい演出
すごくいいドラマだった
静の演技を堪能できた、2011年のお宝作品!!
早送りせずに最初っから最後まで何度もリピしたくなる、そんな作品。

9月は、つかの間の局長とのツーショットもどきがあった(笑)
ギャラクシー号の船長
このほんの束の間の疑似共演だけでも大喜びだったのに、まさかその後あんなにもすごい共演が待っていようとは(笑)
これは予告編みたいなもんだな(違)


10月は田嶋きゅん封切り
舞台あいさつへ行くも、耕ちゃんは欠席(ToT)
今年は本当に生コウジに縁がなかったなぁ…

しかし、たっち~復活!!!
パンドラ3は、2に比べて活躍したぁ~
龍馬や龍馬や上川さんとの共演が嬉しかった。

友だちの息子ちゃんに見せてもらった、スマホ限定スピンオフ
牢獄の太刀川さんに萌え萌えじゃった!!

宝塚スカイステージトークでは組!話まんさいで
副長の刀も登場!
今年はホントに組!絡みのトークが多く、耕史くんの口から組!聞く機会が多かった!
幸せなことよのう\(^o^)/

ナレーションもあった。

ミニ番組1Hセンスではパスタクッキング耕史
ベンツ耕史もあった。


そしてステ金公開!
日野勉、オイシ過ぎるううううう
もっといっぱい見たかった…


11月はなんつってもステカク!!!!!

すぐに待ってて
エンジェルスマイル
パッションだグルーブだ

まさかケツまで見せてくれるとは(なははは)

今年の大ヒットキャラ、ベスト3に入る!!
リピ率もぶっちぎりダントツだった、あのさんスマまでは(笑)


12月に入るとさらに組!率が急上昇

ウチくる永倉さんとの組!トーク
伝説のラーメンコントまで再現!!

ナビでは総司・副長トーク!!

そして
大シメは
今世紀最大のお宝映像
さんスマで、まさかのラブ全開!!!!!!


リピ率ぶっちぎりのナンバー1
毎日見てしまう、
「おまえは他のやつと」「おまえだまっってろ」
「ボクはカトリを愛している」「おまえしかいねぇよ」



そして、少しずつ明らかになる頼長さま

6ねんぶりのスタパ収録見学で見た、頼たまの素晴らしさ!!
期待に胸が膨らみますな~~~\(^o^)/


やはり役者としては竹中半兵衛と水戸くんが素晴らしかった!
特に半兵衛は、作品としても本当に良くて、しかも共演者の方々も素晴らしくて…
永久保存版のお宝映像レク殿堂入りなのだ~~~

カテゴリ: ・未分類

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プリンス・オブ・チェック

昨日の深夜の番組
『瞬間』〜「その1秒」までのカウントダウンドキュメント〜

ここに番組の詳細が載ってまする!!


録画はしたが、なかなか今日は時間がなく、まだ観てない…
明日の大みそかに観ようっと!

でも、ちゃんと録れたかはチェックしてみた、
みたら、なんとまあ、耕ちゃんの服装がチェックだったぁぁ~

赤ベースで、こげ茶か黒とグレーと白のチェック
正面から映るとかなりダークな赤に見えるが
ライティングによっては、赤が鮮やかなレッドに見えて、きれいだぁ~

こんなチェックのジャケット姿って、今までに見たことないような気がする。

しかも、インナーが、グレーのベストと、白いドレスシャツ、ボトムは黒。
白シャツに柄が入っているように見えたが、どうもベストと白シャツの間に柄の何か(スカーフ的なモノ!?)にも見える。
コピー ~ 2011-12-30_22-24-24_577


このビジュが、まあ、綺麗なこと

短めのヘアーもグー

なんか、キラキラ輝いている顔で、
チェックにベストに白シャツが、また似合うのよ~

王子様的な感じだった

ああ、この姿で、上着を脱いだらエエのにぃ~

なぜベスト姿にならないんだ~~~

なぜベスううううううう


とにかく綺麗だった…


カテゴリ: ・その他のコウジ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

イケてます、カモシダ

ルーシーサイトがぁ~
いつの間にやらいろいろアップされていた

さっき知ったばかり(遅)

キャスト写真とか
イントロ写真とか

イケテルやないの


「高い演技力と類まれなるマルチな才能を持つ人気俳優」
って、スゲ~なこのプロフ

真実なんだが…
こうして文章になると、なんかすげ~!!


耕史くんもネコ好きだし
コウジ仲間でもネコ好きで実際に飼っている人がけっこういる…

が、

が、

拙者、ネコは苦手なんでござるよぉ~

幼い時に大事に育てていた文鳥を近所のネコにやられてしまったショックがトラウマになってて…
そもそも、その当時、近所に「ネコ屋敷」と呼ばれている家中ネコだらけの家があったのだ。
何十匹ものネコを飼っている家だったのだが…
ただただ餌をやるだけのいい加減な飼い方だったんで、ネコは放し飼いで、しかも衛生状態が悪く、悪臭もして…
何十匹というネコが、近所の家に侵入してはいろいろ悪さをしていた。
その家の住人はいくら苦情言われても無視で、おまけに前を通りかかるだけで睨んだり怒鳴ったりして、ものすごく怖かった~
ネコに罪はなく、飼っている人側の問題だったのだが…
そのネコに、幼い時に一生懸命世話をしていた文鳥をやられて号泣した思い出があり、それ以来ネコは苦手なのだ
三つ子の魂百までなのだ~

だから、半世紀も生きてきても、いまだにネコを見ると「ウーっ」となってしまう…


でも、愛しの耕ちゃん主演ドラマでネコを見れば、好きになれるかもしれないぞ~
ネコに対するトラウマが、これを機会に払しょくできるかもしれないぞ~

いろんな意味で、楽しみなドラマじゃ~~

なんつったて、主演ですもの、おほほほ~


カテゴリ: 黒ねこルーシー

tb: 0 |  cm: 0
go page top

今年も幸せ!

メガネのおかっぱ~
明里さ~ん

今年もつぶやいてくれてありがとう\(^o^)/

昨夜は、組!忘年会があったんすね
やっぱ明け方までやっちまってますな~

宴会では、さんスマ話も出ただろうっ
周りからヒューヒュー声援が飛んだであろう
と、勝手に妄想(あはは)


ああ、ホントに嬉しいなぁ
この話題で幸せ気分じゃぁ~~~\(^o^)/


実は拙者も昨夜は忘年会だった。
組!友と(ヘド友とも言う)2人だけの忘年会をやった!!


1次会は、ちょいと高級な純和風のお店でさし飲み

2次会はカラオケ屋で心ゆくまでロケンローラーと化してシャウト三昧

タンバリンをたたき続けて、今朝は腕が痛い(笑)

拙者はデビットボウイ、ガンズ、
友はブルーハーツ、ボンジョビ、ドアーズ、グレイ

すかす、合間に明日のナージャラファエロソングだの
はやぶさだの、
ジャンル山本もきっちり歌い、

もちろん組!メインテーマも歌い

最後の最後のおおジメは、オリジンオブラブを絶叫~~~


こうして1年の飲みおさめ、騒ぎおさめをして
銀座の街をあとにしたのだった…



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

頼長さまのお声が聞けたあああ

清盛サイトの15分動画に
頼長さまが話している場面が出たあああ~


「しかと結ばれた仲であったゆえ」

こわいぃぃぃぃx~~~~

ホラーだああああ

ゾクゾクずるううううう~~~

雅復活~~~~(違)

っていうよりドリアン復活~~~~(違)

めちゃめっちゃ好きだああああ~~~




で、崇徳帝もキタ~~~
不幸な運命を背負っている薄幸感がいいいいいいい!!!!!

出かけるので、あとでジワジワ書きまする(あはは)

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top

訪問セールスマン、カモシダ

ルーシーサイトが更新

第一話のストーリーが載っているから、陽くんのキャラ設定がかなり具体的にわかってきた…

「リストラから心機一転、浄水器の訪問セールスを始めた」

あっははは~
売れないのよね、全然
訪問販売ってまずドアを開けないし…


で、半同棲中のお相手が、半兵衛妻だったあああ

あの夫婦が今度はこういうシチュエーション(笑)

ことみちゃんとは、なにげに共演が多いっすね(^◇^)
コウジ青春映画『時の輝き』では妹役だったなぁ…

半兵衛妻もヨカッタし…


半兵衛といえば二人の軍師サイトが久々に更新していて、
再放送情報がアップされていた!!
去年の今頃は、新宿駅の柱に、デカ広告がいっぱいだった
それ見に、わざわざ新宿へ行って、柱をひたすら眺めていたような(あはは)

半兵衛、頼長、
究極の2人だなぁ・・・

で、どっちも似合うのだああ\(^o^)/

カテゴリ: 黒ねこルーシー

tb: 0 |  cm: 0
go page top

フェミニン頼長

NHKの『もうすぐお正月年始ナビ』を録画しておいたら

頼たま、キタ~~~

『50ボイス 大河ドラマ平清盛ボイス』
の紹介の中での出演者コメントのひとりとして出た~~~

「あなたにとって譲れないものはなんですか!?」

というテーマらしい…


で、頼耕ちゃん登場

黒い烏帽子に濃紺か黒っぽい狩衣
首元から出ているインナーの朱色が映えてますなぁ

黒烏帽子が透けているから、中のマロ髷(勝手に呼んじゃってます)がよく見える

「フェミニーな感じで」

と応えるマロ耕ちゃん。

口を開くから、お歯黒がもばっちり
マロ眉とセットでグー

何回聞いても「フェミニー」に聞こえたのだが
「フェミニンな感じ」ってことかな…


フェミニンって「女性らしい優しさ」みたいな意味だと思うのだが…

壇ちゃんや玉木さんの答えを聞くと
「はんなり感」「前準備」
と応えているから、大河の役を演じるにあたっての「譲れないもの」ってことみたいだ。

っとすると頼耕ちゃんは頼長を演じるにあたって
「フェミニン」
が必須要素とお考えらしい…

おほほほほ~

ワイルドで荒くれな武家のみなさんとの対比で、
「たおやかさ」とか「優雅さ」みたいなイメージで使っているんだろうけど

あのマロメイクで、しかも役に入っていない頼耕ちゃんでしゃべっていたから、ふにゃら~っとしていて、中性的よのう

メイクを落としたヘド姐さんにも見えてきた(笑)


50ボイスではないが、組!が始った直後の2004年1月にNHK土曜特集あなたの誠はなんですか』という番組があり、ダンダラ姿の局長・副長が出ていたんだよなぁ…
まだ、組隊士のカッコがあまり板についていなかった2人だった
(あはは)

あとで録画を観直してみたい!!

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top

オマエとオレ episode 3

ここら辺までは、まだ怒るキャラを作っていたような気がするが、
その次のマジっぽさは何~

香里奈ちゃんとのあれこれを話している局長に

「あ、ちょっといいですか
で、電話番号はおしえてるの!?」

この時の顔が無防備過ぎて笑った笑った~
マジで気になってるんじゃないか、おい~

おまえは!!って強い目力で言っているのは、逆にまだ「作っている」感があるのだが、
目が泳いじゃってフヌケた声だから、本当に気になっているマジ感がありあり…

ボク以外に教えたのかどうか…


で、

この後は、もう、書かんでもええかぁ~(笑)

局長の

「教えてねぇよ、って、おまえ黙ってろ」

そして、出たのが

「電話番号はおまえしか知らねぇって!!」

くうううううう
なに、この殺し文句は!!!!!

「おまえしか」

これ、罪だろ!
これ、副長殺しだろ!!


観ているこっちも嬉しくなった~(あはは)



ああ、もういいよいいよ
どうにでもせ~っちゅうの
こいつら、なんなんだ(大歓喜)

「まるで血の祭りだ」(by 雅さま)

ならぬ

「まるで新婚さんいらっしゃいだ」

あっはははははは~~~~~

あ~、笑った笑った~~~~

大大大爆笑しながら、なんか感激しているアタシって(あはは)


最後のバツゲーム
ひでぇ~な、おい~

あんなひどい目に合っている局長を助けに行けよ~副長

「浮気した罰ですね」なんて、なに本妻の風格漂わせてんのさ(笑)

でも、ニコニコしてたけど、本心は心配でおろおろしてたかもなぁ…



ああ、本当にすごい番組だった…

アタシを喜ばせたい度があまりにも強過ぎて
ものすごい笑劇と衝撃と大歓喜の渦だった…


2011年のシメにこんな喜びが待っていたとは
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/



永倉さんとの組!トーク

総司と対談

ときて

大シメに、こんなスケールのデカいものが来るとは…(嬉泣)


いっきに元気が出たぞ~~~


いざ!!


どんとこい2012年!!!!!



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 4
go page top

オマエとオレ episode 2

何がそんなに貴重かと言うと

「おまえ」

ということば

テレビカメラの前では、お互いを常に必ず「香取くん」「山本さん」呼び!!

なのに、今回、いくら「怒っている芸能人」とはいえ、公に「おまえは」と局長を呼ぶ副長に萌えた~

副長が局長を「香取君は」ではなく「おまえは」と呼ぶのを目撃できて大大大歓喜


すか~す

それより上をいくのが
局長が副長のことを「おまえ」と呼んだことじゃぁぁぁ~

「山本さん」「や~っもっさん」
まれに「うちの土方が」(笑)だったのに…


「おまえ、なんなんだ」
「おまえ黙ってろ」


これがあまりに激萌え燃えで、
制御不能なくらい大大大大大大大大歓喜したああ~~~
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/


それと、

局長がもこちゃんと2人っきりで食事に行ったと聞いた後の副長の「おまえは」の声のうわずり加減が、もう(笑)
で、「オレ以外の奴と、あ、奴じゃなくって人と」って、言い直すから、余計に目立つのよ~(あはは)

」にこめられたジェラスィ~副長(笑)


オレ以外の」にこめられたI am Special to you(ぐふ)


で、香取、かとり、カトリと呼び捨て三昧な副長

「オレの知らない香取です」

って、あとは全部知ってんのかよ~(笑)

なにが「成長したからよしとしよう」じゃぁ~
おまえが成長せぇ~(いやしてもらっちゃ困るけど(笑))


「俺は香取を愛している」

ぐおおおおおおお~~~~
ありえんわ、この言葉~~~(嬉泣)

↓比べて見ると歴然じゃ

「香取君を愛している」
「香取を愛している」

「くん」がないだけで、こんなにもリアリティが増すなんて(ふふふ)


愛の連呼、しかもクリスマスの日に(笑)

ここまででも、もうお腹いっぱい
10年はこれで生きられる~くらいの歓喜だったのだが
そのあとさらにすごいものがキタのだった!!

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

オマエとオレ episode 1

ああ、

もう

なんつうか

25日の夜からあまりにもリピが止まらなくなって
ビョーキだ、オレは(あはは)

人間、あまりに歓喜でテンションが上がってしまうと
何も書けなくなってしまうもんなんですな

25日の深夜からパソに向かって記事を書こうとするものの、一文字も書けなかった(^_^;)

書くという行為は、どんなに燃えまくっていても、どこかしら気持ちの落ち着きどころがないとできないっていうこどが、今回初めてわかった(あはは)
で、テンション上がり過ぎて制御しきれんかった

25日の夜なんて、リピし過ぎて
気がついたら丑三つ時だったもんね(笑)



それから今日の今まで何十回リピし続けていることか~

朝起きてまず、観て
家事の合間に見て
大掃除の合間にも見て
買い物から帰宅して観て
夕方も見て、食後に見て
お風呂上がりに見て
寝るまで見て
また朝になって
朝起きて見て
家事の合間…


って、もうエンドレスじゃ~

鬼リピとか激リピなんて言葉じゃとても足りませんぜ

激烈リピ
灼熱地獄リピ
爆裂爆走リピ


ここまでが前置きって、なげぇ~~~(笑)



いやはや、すげ~もんを観たぜ!!

25日オンエアのさんスマクリスマスSP



携帯番号からみのあのエピの数々は、組!ファンなら周知のエピなので予想通りの内容だったのだが、そのレベルが桁違いだった!!!!!!

はるかにはるかにはるかに予想の上をいった
上なんてもんじゃなく、宇宙の果てまで突き抜けた~~~


まず、再現映像で流れる組!テーマ
クリスマスの夜のこんなSP番組内で組!曲が流れるってだけですでに歓喜!!
ミタニン役のクオリティの高さに爆笑

で副長登場となったわけだが

お約束どおり、ガン飛ばして登場(あはは)

しかし、この時のガンの飛ばしきれなさに笑った
そして、あまりにもキラキラと輝いて美しい顔に感動

単なるイケメンぶりとは全然ちゃいましたな~
なんなんだ、あの顔は!!
あの浄化されたような美しさは

ガン飛ばしつつも、何か幸せオーラが出ているじゃねぇか(だはは)


あらためて局長、副長の口から語られると、知っているはずのエピでも全部嬉しいいいい
撮影現場で自分の携帯番号をメモした紙を持って、袖か胸元に忍ばせていたのかと思うと、けなげよのう(あはは)

なにがボクは忠告していた!だ~
局長の楽屋に勝手に入って寝ころんでるんじゃねえよ、ったく(笑)



「あの人ボクのこと大好きなんですよ~」

「ぶちゃけ愛してます」



ああ、もう、ほんとにこいつらは(笑)


これでもすでに大歓喜なのだったが、まさかそのあと、コウジコーナーではなく香里奈ちゃんコーナーで、あのような今世紀最大の(大げさ)すばらしいモノが待っていようとは…




カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

フルシカト

今、今夜のさんスマXmas SP』の新しい予告を観た~

で、俳優Yさんの紹介も出た(笑)

「香取にフルシカトされた俳優Y」

フルシカト!!

まあ、わかってはいるが、やっぱツンデレネタよね(笑)

フルシカトって、あはははは~~~


今日も頼たまやってるのかな
それから駆けつけるのかな!?

なんなら、そのままマロメイク貴族コスで出てもエエぞ~
インパクト大だし~(笑)

今夜が楽しみ過ぎるうううううう

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

頼長さまに会えた【4】

※多少のネタばれがあります


本番となり、ひたすら頼長を映しだす頼長カメラのモニター映像を凝視

頼長さまは、上皇の御前だから、基本は伏し目。

さっきまでのカワエエ頼耕ちゃんとは別人の顔になった

顔から全身すべてに神経が行きわたり、
一瞬にして「藤原頼長」になりきっていた


摂関家として高貴な佇まい
大人の貴族としてのプライド

冷めていて何か下々の者は言うまでもなく、新興貴族たちも見下し
なおかつ、この宴じたいにも冷めている、そんな顔

もちろん、感情を露わにしないから、あくまでも祝いの宴という体裁は保っているが…

上皇が自分の前をお通りになった時は軽く頭を下げていた。


その動作もゆったりと優雅

とにかく、冷めた顔。

それが、少しずつ険しい顔になっていくのだ
あくまでも少しずつすこしずつ…
それも、明らかに怒っているというのではなく、表面は祝い事の席というのを保ちつつ

本当に微妙に険しさがアップしていくのだ

じわ~じわ~じわ~っという感じで…

眉間に寄せるシワも、これまでのどのシリアス顔とも違う深さで、
そんなに深く寄せないのだが、怒りの強さがじわじわと伝わってきて、コワかった。

何度も言うが、怒りが、じわりじわりと少しずつ少しずつこみあげてくる感じが、かえって凄味があって恐ろしい…

途中でなにかつぶやいていたが、伏し目がちなのがかえって冷たさを倍増させていた。

こんな風に、ジワジワと怒りや憎しみのようなものがこみあげている頼長、
いつの間にか、最後にはその眼にメラメラと怒りが燃えていた
あまりに「じわじわ」とこみあげていたので、最後に怒りの目を見て驚いた!!
いつこんな怒りの目になっていたんだぁ~と。

それほどまでに、じわじわ感があったのだ。

特に、藤木さんが崇徳帝の歌を詠みあげている時、少しずつその表情を変えていく様子が素晴らしかった~

ジワジワと来る怖さ…

あくまで表面は上皇の御前というのを崩していないのだが、目だけが怒りに燃えていたのだ。

ああ、おそろしや~~~
こういう怒りの方が、底なし沼のような深淵の暗闇があって怖い


ホントに見応えがありました


レポ記事2~4でここまで書いたのが全部同じシーンなんで、これだけ撮ってもオンエアで使うのはほんの一部なんだよなぁ・・・

もしテレビに役者カメラボタンがあって選べるようになっていたら、頼長カメラを選んで、このジワジワとこみあげる怒りの顔をじっと見ていたいよ~


で、本番が終わると途端に藤原頼長から頼耕ちゃんに戻るから、またカワエエ姫みたいな顔になっていた

で、プク姫になっていた(笑)

マジ可愛い~~~

この落差がホントに凄いのだった!!


この後も収録が続いていたから見学者のみなさんたちはまだまだ残っていたみたいだが、拙者は体調のことを考えてここでまでで切り上げてスタパを後にした。

また来年になったら、来てみたいなぁ…
いつもこんなにラッキーじゃないだろうから、頼たまに会えるのはいつになるかわからないが…


でも、思いがけずこんなに頼長様をガッツリ見ることが出来て、ホントに感動しました~

まさか、こんな頼たまを拝見できるとは…

神様、ありがとう\(^o^)/
これでなんとか年が越せそうじゃぁ~~~

aya2.gif


たった1回のスタパ見学で、ここまでウザく長く書いちまって、ホントにもう(笑)
ここまで読んでくださった方々、ホントに感謝します!

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 4
go page top

頼長さまに会えた【3】

※多少のネタばれがあります


今度も同じ場面なのだが、撮影は、

“上皇入場→皆にお言葉→台座に座る→
 藤木さん崇徳帝の歌披露→不穏な空気”

これを一気に長回しして、貴族側のそれぞれの表情をカメラがずっと撮り続けるというものだった。

だから、来たよキタキタ

頼長アップがキタ~~~~

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/


こういう撮影では、1台がほぼ一人を撮り続けるので、
たとえば松雪さんの表情をずっと撮るカメラは
松雪カメラと勝手にアタシと友は呼んでいるわけだが(あはは)

このシーンでは、おもに松雪さん、壇さん、三上上皇、そして頼長耕ちゃんを追ったのだ。、

だから、当然あったのだ、頼長カメラがああ~


まずは、本番を待つ間の頼耕ちゃん&藤原ファミリーの顔や表情が
モニターにアップでハッキリくっきり映し出された

うおおおおおおおお
わおおおおおお
きゃあきゃあ

この時の喜びいったらもう、盆と正月が一緒にキタようだったぜ!!

ここまで待ったかいがあったよう(涙)

薄暗がりの中、必死に目を凝らして頼たまの影だけでも観ようと頑張っていたアタシたち

初めて見た、藤原頼長のお顔

見て、最初のひとこと

似合うううううう

マロ眉平安貴族メイクがこんなに似合う人間がほかにいるだろうか!!!
似合うううう
似合いすぎてコワイ(だはは)

役が入っていないと、ぽよんとした表情で、
幼くて可愛くて綺麗で、姫ぽい
ってか姫だろ、これ~~~

どんなにアップでも美しい顔とお肌

マロ眉があんなに違和感ない現代人ってどうよ(笑)


で、二っとしたからお歯黒も見えた~~~

これがなんか可愛い~~~

何やってもカワエエ~~~

お歯黒塗料が気になるのか
口を「イ~っ」ってやったり
シムケンみたいに「アイ~ン」ってやったり
「ひゅうう~」って息を吐いたり

マロ眉・お歯黒メイクでこれをやると、本来なら笑えるはずなんだが
カワエエ~~~
と心底思えるほどの可愛さだった。

そして、極めつけは
フグみたいにプク~って口を膨らませていたのだ!
けっこう長く、そして何度もプク~ってやるのよ~

もう可愛いのなんのって

女の子っぽいから
“姫が退屈してちょっとご機嫌ななめになっちゃった~”
みたいに見えるのだ。

たまに藤原ファミリー3人が並んで映ったのだが、
そうすると、ますます姫っぷリがアップ~(あはは)

父上と兄と姫に見えたもんね


とにかく本番待ちの頼耕ちゃんは、幼く見えて、姫だった


それが、いざ本番となり、憎しみと怒りがジワジワこみ上げる頼長になると、もう、がらりと変わり、立派な大人のトップオブ平安貴族の顔に豹変

その凄さは、ハンパなかった…

続く~

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top

頼長さまに会えた【2】

※多少のネタばれがあります


この撮影は第9回の御子誕生祝いの宴シーンだった。


って書いても、ワタシはこの時代は全く知識がなく、人の名前もほとんどわからず
(^_^;)
相関図を見ても全然頭に入って来なくてやっと最近になってガイドブックを買ったものの、まだ頼たまインタビューしか読んでいないし…
だから、知識が豊富な頼友になんでも聞くのだ~(だはは)

頼たまを連続で目撃出来た頼友ではあるが、
「宴のシーンならいつものお衣装と違い、正装だから
頼長の文官束帯姿は初めて見るから」
と、興奮していた。

文官束帯!?

なるほど、、マジフォーマルな頼たまか!

正装だと、被り物も烏帽子ではなく冠だし。

こちらには、文官束帯の詳しい説明が出ている。
時代祭りで藤原一族役の方もこんな風
まさにこんな感じの衣装だった。



この宴は、三上上皇と松雪さんのお子様の誕生を祝う宴なのだが…

“松雪さんと敵対する壇ちゃんと火花が散り、
なおかつ、ここに出席できない崇徳帝の歌を藤木さんが代わりに詠みあげて、波紋を呼び、
それで頼長も怒りに燃え…
一見すると優雅だが、いろんなところで火花が散って、VSだらけな宴”


そして、

“こんな風にドロドロうずまく誕生祝いの宴を見て、心痛める清盛”


まあ、こんな感じの場面の収録なのだそうな。
きちんと歴史にもとづいた説明が書けなくてスンマセン
(無知であはは)



同じ場面を何度も何度も、いろんな角度から撮影する。
まずは、清盛たちの姿をメインに、上皇夫妻と赤ちゃん入場の撮影だったから、御所の中は真っ暗で、人がいてもほとんど見えず。

新興貴族は手前にいるから見えるのだが、特に藤原ファミリーは帝にイチバン近い位置なので、奥の奥だろうから…全然見えず(^_^;)

あの薄暗闇の中に、いるのか頼たまが~~~
それとも、まだいないのか~~~~

モニター画面の薄暗闇を、目を凝らしてガン見し続けるアタシと頼友…

と、薄暗闇の中にぼんやりと、誰かの横顔らしきものが一瞬映った!!

「うお!」

一瞬で消えたが、またふっと浮かびあがった!

顔は確認できなかったが

「あの耳の形はそうだああ~」とアタシ
「あの首はそうだ」と頼友。
「あんなにシワ一つないきめ細やかな首はそうだ!!」

薄暗闇の中のだけで、判別するアタシたちって(笑)


次に、今度は御所側からの角度での撮影に移った。

カメラの位置決めを見たら、藤原ファミリーの座る畳もバッチリと撮影フレームに入っているぞ~

おっしゃ~~~

今度こそ~と思ったが、外にいる清盛たちをメインに映すショットらしくて、御所側はほぼ照明なしの暗いまま(-_-;)

いるのにぃ~~~
そこに頼たまがいるのは確実なのに~~~~
薄暗がりでハッキリ見えない~~~~

心の中で叫びながら見続けていたら
本番前の待ち時間に、“ぬおっ”とひとりの貴族が立ちあがって、足首をぐりぐりとストレッチし始めた!!

今までうずもれていたのに、立ちあがるといきなりデカい貴族~~~

後ろ姿だしシルエットだけだが、
あのデカさ、あの背中
そして、ストレッチ後もずっとゆらゆらフラフラ動いたり、少しもジッとしていない落ち着きのない貴族がひとり…

頼たま、存在確認!!!(笑)


一気にテンションアップなアタシたち


そのまま立っていてくれ~~~
立て立つんだ、頼長~~~(何)

だが、その願いもむなしく(あはは)
座ってしまったんで、また埋もれた~(笑)

座ると、座高があまりに低いんで、頼パパと頼兄の陰にスッポリ隠れてしまうのよ~~~

座高が低すぎるのも考えものだわ(笑)


それでも、新興貴族役の佐藤二郎さんと談笑しまくっているらしく、大きく手をびらびらさせている、その指がパラパラと見えたり、激しくウンウンうなづく度に、頼たまの被っている冠のてっぺんが揺れるのが見えた。
デコもたまに見え隠れしていた(笑)

佐藤さんと頼耕ちゃん、いったい何の話であんなに盛り上がっていたのやら…
マメシバ一郎&くろねこルーシー話だろうっと勝手に思っているアタシタチ(笑)


談笑といえば、頼パパと頼兄はすっごく楽しそうにずっとしゃべっていたぜよ~
2人は実は仲良しさんなのね(あはは)



この御所側の並びをつらつら見るに、
全員が頼耕ちゃんとつながっているんだよなぁ~

陽炎のお艶さん、マザーの奈緒さん、パンドラの鈴木センセ、パンドラの大田黒センセ、組!の秋月さま、そして磐音で藤吉記者で太刀川さんで副長でもある頼耕ちゃんが一緒に並びで座っているのだった
しかも、全員平安コスプレで(*^_^*)

あはは…


そして、

いよいよ頼耕ちゃんのアップと
頼耕ちゃんが頼長へ変わる様
頼長のシリアスな演技が堪能できる時が来たのだった


続く~

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top