10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

半兵衛もみじ

半兵衛さまが恋しくなって、
久々に半兵衛セレクションを観ていたら

すばらしいタイミングで、ナニワの監察方から写メがキタ
いつもエエ仕事しますなぁ~ナニワの監察方は!!


今また半兵衛さまにどっぷりハマっているという監察方

「半兵衛さまを思い、東福寺へ行って紅葉を観てきました」

なに!?とうふくじ!?

始めはピンとこなかったが、写真を見て
「おおおおおお~
となった!

長浜城じゃないかぁ~
通天橋1


半兵衛&官兵衛が語り合うシーンは長浜城という設定で、実は東福寺でのロケだった。
「命は大切にせねばなりませぬ」
「誠の戦は敵を殺すことなく勝つことが何より」
と静かに語る半兵衛さま…

東福寺のサイトにも載っている
DSC_0511.jpg


紅葉で有名らしく、すごい人人人ですな~

通天橋通路

監察方曰く
「はんべえどの~~~~~!と叫びつつ気分を盛り上げながら、半兵衛と官兵衛が語りながら歩いていた通路の写真も撮りたかったけど、それどころじゃなかった」

ラッシュアワー並みの人出だったそうな。

でも、半兵衛さまの目線で観た紅葉の写真もちゃんと撮ってくれた
2人が語り合うまさにその位置から眺める紅葉
通天橋から1

癒されましたぁ~

人間疲れていると、だんだん気持ちに余裕がなくなってきて、美しいものを見て心が動くことに疎くなってしまうのだが、この紅葉写真を見てホントに癒されたぁ~
美しいなぁ~
紅葉1



そして監察方は壬生まで足をのばし、この写真も送ってくれた!!
旧前川邸…
旧前川邸

最近、寝る前に少しずつ幕末の青嵐を読み返しているところで、
昨日は芹沢暗殺の回を読んだところだった。
そんな時にこの写メとは…
またまた、なんつう素晴らしいタイミングでこの写真!!

友よ、ほんまにありがとう
スポンサーサイト

カテゴリ: ・竹中半兵衛

tb: 0 |  cm: 4
go page top

あらためて知る、ありがたさ

今日はもうたっち~に会えないんだなぁ

たっち~の出番があだこだとか
展開がイマイチあだこだとか
アイタタなあれこれとか

いちいち突っ込み入れながら観ていたパンドラ3だったが、いざオンエアがなくなると寂しい~

毎週新しいたっち~に会えたんだもんな
連ドラは、毎週という美味しさがあるから…

なんか寂しいっす


寂しいといえば、テレビナビ
今月発売のテレビナビには、コウジコーナーがなかった

あまりにもあるのが当たり前だという感覚でいて、
最近はありがたみを実感しないできたから…

ないとなると、愕然としますな

そして、組!以来ずっと耕ちゃんのページがあり続けていることってすごいことなんだ!!

こんなに長く連載が続き、毎月新しい写真と新しいトークが読めるのは本当にありがたいことなんだ!!


あらためてそのありがたさを再認識した

で、感謝と、これからも続けてください~メールをナビさんへ送った!!
で、
送ったらていねいなお返事がキタ!
今月号に関しては、スケジュール調整の都合で取材が見送りとなってしまったとのことだった。
でも
「次号では連載が復活いたします」
という頼もしいお言葉をいただいた!!

ありがたいのう

たまにはこうしてちゃんとリアクションを起こさねばな…

お正月号のお相手は誰だろ!?

楽しみですううう\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

コウジフタタビ祭り(追記あり)

記事タイトルは「フタタビ」っすよ!!
「マタタビ」じゃないっすよ(笑)


フタタビ祭りとは、なんぞや

フタタビとは再びのこと
つまり、12月は「再び」ラッシュなのじゃぁ~

※日付け順ではなく、適当に書いてます(あはは)
オンエアの日にちや時間などは、変更もありえるし、間違っているかもしれないのでご自分で確認してくだされ~(^_^;)


上品なべらんめぇ再び

『歌川国芳展』の音声ガイド
六本木ヒルズ 森アーツセンターギャラリーにて
2011年12月17日(土)~2012年2月12日(日)

静岡へ2回も行ったからもうええか~とも思うが
また行ってしまうかも…



コブ再び
ライオンキング2
ディズニーチャンネル 12月10日(土)20:00~21:30 他

エエです、この声~
癒されますううう


たっち~再び

『パンドラ3』一挙放送
WOWOW 12月27日(火)9:30~

ついこの間観たばっかし…
第7話、第8話のリピ率が高いのだぁ~


水戸きゅん再び

『死刑基準』再放送
WOWOW 12月6日(火)16:00~

このドラマは宝物じゃ~

また録画するぞ~


居眠り剣法再び

『陽炎の辻祭り』
時代劇専門チャンネル 12月5日(月)9:00からスタート

すげぇ~特設サイトまであるなんて
今になって気がついた、陽炎3の最終回だけまだ観ていないことを(ありえん)
毎日夜テレビをつけると、着流し侍に会えるわけだ~


足長漱石再び

『夢十夜』放送
チャンネルネコ 12月4日(日)10:50~、21日(水)21:00~

DVDもあるけど、また観てしまいそうじゃぁ~
足長漱石、めっちゃかっこエエ~~~~~~
あのクラシカルなコスが日本一に会うううう


あと、あと、あとなんか抜かってないかぁ~

(追記)
バスの耕ちゃんも再び!?

NHKの番組ウオッチ表のこちらに載っていた!!

『のんびりゆったり 路線バスの旅スペシャル』
NHK総合 12月2日(金)19:30~
スタジオトークには出ないみたいだけど、きっとダイジェスト映像で路線バスコウジも映るってことでしょうな、きっと。



半兵衛さまフタタビはまだかぁ~~~~
BSで放送してほしいよおおおお~~~





カテゴリ: ・その他のコウジ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

まだまだ

静かですなぁ

あははは~

今年8月のナニワトーク
「表に出てくるときは本人は比較的暇で、出てこないときの方が忙しいんです」
とご本人がおっさっていたから、今は忙しんだしょうな!

すでに悪左府さまにおなりでしょうか!?

「頼たま~~~アタシの声が聞こえるううう」(by ヘド姐さん風)


バイトが忙しくてあまりに余裕のない日々を送っているが
ブログのクリスマスのデザインを作ったり、頭の中でいろいろ妄想したりと、けっこう頭は副長&コウジづくしな毎日なのだ~


箱館記事も制作途中で止まっているが、
バイトが終わったらまた書き始める気満々じゃ~
頭の中ではすでに下書きができているものもある

普通は、日が経てばどんどん記憶が薄れていくものなんだが
今回の箱館の旅は、逆なのだ!
日が経てば経つほど、旅の記憶がどんどん濃くなってゆく…
まったく色あせないし、その時の自分の思いが全然薄れずに
いつまで経っても鮮明に思い出せる!!

こんなことは初めてだ

むしろ旅から帰ってきた時より、今の方がきちんとしたものが書けるような気がする。
あまりに箱館の旅が自分にとって大きいものだったから、頭の中を整理するのに2ヵ月以上かかったてことか…

写真を見ると、その時の感情が完璧に蘇ってきて熱くなるのだ~

これから書く予定なのが
弁天台場エリア、二股口、
亀田・極楽寺、称名寺エリア歩き、
箱館の旅アラカルト、

書き終えるのは除夜の鐘を聞いている頃かもしれない(^_^;)

書き終えてしまうのが寂しいような気持ちもあり
なかなか進まないっす…

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

癒しの1曲

連日のお歳暮の事務職バイト

今回は重要なことをいろいろ任され、
もう疲れて疲れて
神経すり減ってヘトヘトな毎日…


あまりのプレッシャーと精神的な疲労でクタクタでやんす


そんなボロ雑巾状態で帰宅して、家事をこなした後の癒しの1曲
最近はこの1曲で癒されてます~

それは、

ヘド曲でもなく
組!曲でもなく
ボウイさまの曲でもなく

これだ~~~

ライオン・キング 2の愛のデユエット曲
Love will find a way" (愛の導き)


ああ、買っててヨカッタ、ライオンキング2のDVDを…

コブ役の耕ちゃんの美声がすばらしくって
特に、このミュージカルナンバーのハモリがあまりにいい声でウットリしますのや~

優しく包み込むような声で
癒されるうううううううう

ホントにいい!!
こんな曲を歌うと、のびやかで美しいコウジ声の特性が最大限に生かされるなぁ~

ああ、こんな美声に癒されると、
「疲れがとれる」
っていうより、もっと深くしみこんで、魂が浄化されるような気がするぞ~

ああ、癒される~
ああ、うっとり…


ミラクルボイスよのう


ディズニーチャンネルの12月のおすすめ番組に出ていた!!
ライオンキング2もオンエアされる!!

DVDがあっても、なんか録画してしまうだろうな、きっと!!

隠れた名作だす!!

カテゴリ: ・その他のコウジ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

泣きたっち~

パンドラ3終わった~

なんだか、とにかく、まあ、
みんな捕まっちゃって、アイタタな感じ…

チップ抜いたふりして実は~みたいなブラックエンドを期待したが、それもなくて、みんな丸く収まっちゃった~(^_^;)

今回は太刀川くんが旅立つラストじゃなかったっすね

丸子さんにあんな大事なものを託すって、これ、スピンオフを観てない人には唐突過ぎて、わけわからんのとちゃうかぁ~


などと、ブツクタ言って観ていたが、
たっち~、ドシリアス部門を全部引き受けた感じで
ラストなんかは、山本耕史の演技力の力技でねじふせた感ありで

オイシカッタあああああ\(^o^)/

広沢様とのドシリアスなやりとり
怒鳴るたっち~

必死な表情に見え隠れする額のバンドエイドがカワエエ~~~

広沢様に首根っこを掴まれた瞬間に息をのんだ時
「ひゅう」ってのどがなる音に萌えた(何)

あの切なくも正義感あふれる太刀川さんの表情、うほほほ~
これ以上深くは掘れんだろって思えるほど深い眉間のシワに激萌え~
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/




で、ラストの泣き演技がもう得意分野全開で、

泣きたっち~、
こんなんやらせたら日本一ですねん
日本一綺麗に泣く男ですねん
涙をためにためて、こぼす寸前で寸止めできる男ですねん

しかも、鈴木センセイの言葉に振り返ったたっち~、
涙をためたウルウルな瞳が美人過ぎて

見返り美人顔、キタ~~~~~~\(^o^)/

「俺は日本を愛している」
という鈴木センセイの言葉を聞いて
「先生・・・」
と言う時の顔が最高に美人じゃったあああ~

あの顔が好き過ぎて好き過ぎて好き過ぎて(しつこ~)

耳の後ろが刈り上げ過ぎていたが、それもよしとしよう(え)

ああ、たっち~が愛おしかったあああ



そして思った、

やっぱ、スピンオフをちゃんとテレビの画面で観たいよおおおお




カテゴリ: ・パンドラ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

副長の矢竹

今日は土方資料館の開館日だった!

kanban.jpg


誠の旗はもちろんだが、敷地内にはこんな旗もたなびいている
一番後ろに映っているのは、副長手植えの矢竹。
DSC_0493.jpg




資料館を訪れる方々の中には隊士フルコス姿のグループも!!
みなさんすごく似合っていた\(^o^)/

hurukosu.jpg
(後ろ姿の写真はブログに載せていいとおっしゃってくださいました)


日野本陣では資料館の開館日に隊士の衣装を貸し出してくれるので日野ではめずらしくないのだが、
ふと、先日の宮古行きで隊士姿を見て驚いていた宮古の方々を思い出した…
(隊士衣装貸出についての詳細はこちら


副長手植えの矢竹は青々としてめいっぱい日の光を浴びていた…
DSC_0494.jpg

矢竹越しに見る青空…
yatake.jpg

武士になりたいという夢を抱いた若き日の副長を思い、青空がまぶしかった…

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ラストたっち~

「ついにトミーがアタシのことを」

ついにパンドラ3が今日でラストを迎えます~


ま、ドラマ自体は突っ込みどころ満載なれど(^_^;)

たっち~が2よりは活躍してくれて、
しかも大人の雰囲気もあって
そして何より、素晴らしい役者さんたちとの共演があって

今日、いよいよ最終回っ!!

2と同様に帰国シーンから始まった3
ラストは、やっぱたっち~が海外へ赴任するお見送りなんざんしょうか!?

たっち~も大変だよなぁ

日本でも海外でも驚愕な事件ばかりに遭遇して…



そういえば、パンドラ1では太刀川さんの自宅も出てきましたなぁ…
なんか、マンションじゃなくて小じんまりした一戸建てだった

パンドラ1では、最初は、記者魂よりさよこちゃ~んだったのが
今や、記者魂の塊のように使命感をもって事件を追っているじゃないか~
あまりにもまっすぐ過ぎて、ちょっとラブホの場面が懐かしく感じる時もあるが(あはは)


最後のナレーションはどんな言葉が語られているのか
英語のフレーズも聞きたいよ~


カテゴリ: ・パンドラ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

空いてしまった…

2日間も空いてしまったぁ~
記事がアップできなかった

たった2日なんですが(^_^;)
このアホブログ、毎日更新したいと思っているので
拙者にとっては「2日間も!」なのでござる…


お歳暮のバイトがあまり忙しく、例年になくプレシャーも大きく
すでに弱音吐きまくりな状態

「弱か~」(by テンペストの薩摩三人衆)


情けないです(ToT)



鉄平兄さんのお誕生日関係で、耕ちゃん、ツイッターでいっぱいつぶやかれてますな(笑)
局長に頼っているのが、グーです
ふふふ


今回のお歳暮のバイトでは、新しい方がたくさん入ってきた!
で、けっこう日野の方がいた~
それも土方資料館の近くに住んでいらっしゃる方が数人

土方家の前を毎日通る方もいるのに、みなさん興味がないからか、資料館のことや石田寺の存在すらしら知らなかった
\(゜ロ\)(/ロ゜)/

で、休憩時間にうざいほど説明しまくっておいた!
仕事を教えるのより詳しく丁寧に副長のことを教えちゃった、
いいのかこれで~(あはは)

でも、組!を観ていた方が多かったのが嬉しい~

「新選組とか幕末って全然わからなかったけど、あの大河ドラマを観てちょっとわかりました」
「ホントに面白かったです、あの大河だけは」
「大河ドラマをちゃんと観たのは初めてだった」
などなど…

若いミセスの方々も、学生さんも、組!率が高くて、うれすぃ~
で、
大河の中でも本編の後の解説でも、日野がでてきたざんしょ~
と聞くと、
「ああ、そうなんですか、あれってうちの近所のことだったんですか~」
とな(^_^;)


とにかく、開館日に資料館に行くことをウザいほど勧めておいたのだった!!


今日も
「誰かのため働こう~」







カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

水戸きゅん、再び

WOWOWサイトのこちらに出ていた!!

12月6日16時から
『死刑基準』再放送


うおわ~
また録画しちゃうもんね~

なんせWOWOWはコピーワンスなんで、再放送があるたびに録画しておくのじゃ~

大事な大事な主演ドラマ
しかも演出がいいし、役者さんたちも素晴らしいから
永久保存版は何枚でも欲しい~~~DVDにはならないんだろうか!?


ちょうどさっき『死刑基準』を観ていたとこじゃった~

パンドラ3の第7話をリピリピしていたら、無性に水戸きゅんが観たくなったんで・・・
小沢さんとの絡みが観たくなったからかなぁ



モアグルーヴィーをリピし過ぎたんで、水戸きゅんがものすごく新鮮に見えるうう(笑)

そして、たっち~、水戸きゅんを観続けた後は、
頼長さまを妄想しながら雅さまを観てしまった・・・

まったくもってこの役の幅広さよ~
山本耕史複数説



カテゴリ: ・死刑基準

tb: 0 |  cm: 2
go page top

たっち~萌えた!!

入っててヨカッタ、ワウワウ


ああ、昨日のパンドラ3第7話のたっち~
萌えて燃えて萌えました~~~

「アタシを喜ばせたい!?」がいっぱいあった
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/


まず、とにかく見返り美人なのさ~

神林刑事が電話をしながら出て行くのを振り返って見るたっち~!!
丸子さんから「東雲の行方について」と言われて振り返るたっち~!!

そして極めつけの見返り美人は本編のあとに流れた予告編のたっち~
振り返って目に涙を浮かべているたっち~!!

きゃぁああ~
涙目と見返り美人のダブルでキタよ、おい~
好き過ぎて萌えた悶えたあああ


そして

鈴木センセイの言葉にへたりこむたっち~
にハートがズキュンだったああ


広沢様と副長のシリアスなやりとりもエエなぁ~


丸子さんと再会した時のちょっと「ふふ」って顔もグー
思い出したんだろうか、あの牢獄脱出のチューを(あは)


湯田さまの耳元で囁くたっち~も好き~


上川さんとのやりとり場面は相変わらず新鮮でいいなぁ~


で、やっぱ極めつけはラストシーンだしょう!!!!!
あの、ラストの、
車の中で動画を見ているドシリアス顔
 
暗がりの中で浮かび上がる、あの美しいシリアス顔~~~

この顔が見られるだけで、生きているかいあるもん
アタシは幸せだよ~ん\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/


デコ絆創膏たっち~もカワエエ~
デコの絆創膏が、応急処置的なガーゼバージョンから、ピタッとテープバージョンに変わっているのが、なん萌えた~

たっち~がいろんな人と絡んでくれてマジうれしかったんで、
逆に記者会見の場面も新鮮に見えたもんね


もう最終回かぁ
やっとたっち~に萌え出したのになぁ(遅)


それにしても、クーデター目前の方々、もっと慎重にならなあかんやろ!
池田屋に集まった浪士たちの方が、まだちゃんとやっていたような気がしちゃったもんね(^_^;)
このクーデター、やる前から「ぜってぇ失敗するな、これ」って思ってしまいますがな((^_^;))

カテゴリ: ・パンドラ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ベンツに乗る耕ちゃん、キタ~

拙宅のここで書いた
「1Hセンス」内にて、インフォマーシャル放映
を観た~~~

ここにアップされている写真の映像だった!!

姿を見ただけで乗りたいと思いました!

欲しいなって思っちゃいます!

初めて車を運転したテンションを思い出しました!

などなど、黒ベンツを絶賛!!


当たり前だよな、ベンツのコマーシャルなんだから(あはは)

ハンドルを握る耕ちゃんは、カッコエエでっすう

そして、車から降りてドアを閉める姿が、さらにカコエエ~~~


ブラックベンツの似合う男になりましたなぁ…

カテゴリ: ・その他のコウジ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

やっとこさ、たっち~

パンドラ3の第4話、第5話、第6話をやっと今観終わったああ

おせ~


仕事が忙しくて、合間に遠出もあって
ためてしまった、たっち~


で、5、6話あたりで見応えが出てきた~って、
結局はたっち~の活躍の場が出てきたからなんだよな…

記者会見ばっかしだと、テンションが下がるううう


運転したり、殴られたり、倒れたり、
CT撮ったり、悪夢にうなされたり

いろんなたっち~が出てくると
テンションが上がる~、現金なもんですな(^_^;)

そして、上川さんとの場面が新鮮だわん
このお2人の絡みが嬉しい~

背中合わせて話しているところが美味~
魅惑の背中越しを堪能しますた\(^o^)/


湯田パパが死んじゃって、残念だった…
好きなキャラだったから


たっち~を観てからパッションくんを見ると、さらにおかしさが倍増しますな!!
新しい楽しみ方を見つけたぜよ(笑)

このモアグルーヴィーとあの太刀川さんが同じ人とは…
ホント楽しいなぁ\(^o^)/

カテゴリ: ・パンドラ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

箱館の旅~千代ヶ岡 3

今回の箱館行きでは
「旅というのは、そこに何かが建っていなくても、たとえ説明版1枚でも、いや説明版も何もなくても、その空間だけでたくさんのことを感じることができるものだなぁ」
ということを痛感した。

たいせつなのは、そこに自分が立ってみて目に入る風景。
そこに至るまでの道や山の見え方、海や空との距離感

立派な建物や記念碑が建っていなくても、目に映らないものを見ることができるのだ。


千代ヶ岡陣屋に関しては、今回訪ねてみるまでは、副長最期の出陣地であり中島三郎助父子戦死の地だということだけだった。
その他もろもろの豆知識も、本で読んだりサイトで見たりしただけだったが、今回その場に立ってみて、ここがいかに重要な場所であったか、いかにたくさんのドラマが生まれていたかを実感できた。
それは、五稜郭から一本木関門跡までを実際に歩いてみたという経験が大きかったと思う。

その距離感や、函館山の大きさ、五稜郭から函館の街へ行く上での千代ヶ岡の位置が、実感できたのだ。
頭の中で描いていても、なかなかつかめないものだった。

千代ヶ岡の位置を実感することで、その当時の人の流れや緊迫した様子、追いつめられていく箱館政府の状況が鮮明になった気がする。

歩いてみなければわからなかった…


千代ヶ岡陣屋は、戦いの場でもあったが、降伏交渉の段階でも重要な人の行き来があった場所だった。

たとえば、新政府軍が必死の説得に入っている5月15日
弁天台場と五稜郭しか残されていない状況で、その間にあるのが千代ヶ岡陣屋だった。

弁天台場に説得に来たのが薩摩藩の永山友右衛門
友右衛門さんは弁天台場の隊長である相馬主計に呼びかけて、その後2人で千代ヶ岡付近へ向かっているのだ。
(この薩摩の永山友右衛門は碧血碑の記事で書いた田島圭蔵さんと同じ人物)

“その翌十五日、友右衛門暁を侵して砲台の柵外に来たり、投刺す。主殿面を出せば、友右衛門曰く「榎本・松平の二君の答ふる所、戦ひを止むる能はざるが如し。請ふ、これを再思せんことを。」と。
その意甚だ懇ろなり。主殿、友右衛門をして釜二郎と千代ヶ岡の橋の上に逢はしむ。”

(『函館戦記』より)
とある。

「千代ヶ岡の橋の上に逢はしむ」とは拙宅のここで書いた亀田川にかかるこの橋の辺りじゃないか~
まさにここなのか
千代ヶ岡からすぐだったもんなぁ…

橋


ここで榎本総裁が相馬と…
ああ、もう、さっっと通り過ぎちゃってたなぁ
この橋の上でもっと佇んでいればよかった

ここで説得されたが、総裁は
“釜二郎曰く「官軍の厚意に感ぜざるにあらず。然れども寧ろ死すとも降ることは能はざるなり”
(『函館戦記』より)
とつっぱねているのだ。
激しいやり取りもあり、その後、総裁は五稜郭へ戻り、相馬は友右衛門と台場まで戻っていく。

一本木関門はすでに新政府軍の手に堕ちているが、弁天台場のリーダーだった相馬は一本木関門を通って千代ヶ岡まで来て、話し合いが終わるとまた一本木関門を通してもらって籠城先の弁天台場へ帰って行ったのだ。

実際に歩いたことにより、五稜郭、千代ヶ岡、一本木、さらには弁天台場の位置関係が実感できるから、この一文だけを読んでも、ものすごくリアルに感じることができるのだ!!


ここを守り、ここで戦い、ここで最期を迎え、そしてここで降伏へ向けての交渉が始まる

千代ヶ岡陣屋という場所は、まさに、箱館政府の命運そのままの場所なのだった。






カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

箱館の旅~千代ヶ岡 2

千代ヶ岡を最後まで死守していたのが中島三郎助さん

降伏勧告を拒否して、この千代ヶ岡陣屋で親子共々壮絶な戦死を遂げた…

その碑が建っているのが中島町37
千代ヶ岡陣屋跡から大きな交差点に出てすぐ斜め向かいのグリーンベルトにあった。
千代が岡

三郎助隊長を中心に、中島隊と称された仲間たちの結束は固く、最後の最後まで戦いぬいたという。

中島家に伝わっている文書で中島隊の隊士が記録したとされている
『明治年 日記 千代ヶ岡砲兵方』
の中に新政府軍の総攻撃前夜の一文があり
「明十一日賊軍海陸ニ襲来函館江迫り候由外国人より通達有ノ候ニ付元一同覚悟之儀ニも候へとも猶守衛心を用ひ候様奉行家より之沙汰鈴木始三郎より申来候」とある。
「一同」という言葉にその結束力の強さを感じる一文だ。

彼らをしのんで中島町と命名された地に建つ最後の地碑
地元の方々の熱い思いが胸に沁みた…
dscn0134.jpg


俳人でもあり木鶏という俳号だった三郎助さん
明治2年旧3月14日に開かれたという別盃の宴では
「ほととぎす われも血を吐く 思い哉」
「われもまた 死士と呼ばれん 白牡丹」
の2句を詠んだとされている。
特に
「ほととぎす われも血を吐く 思い哉」
が三郎助さんの辞世の句として有名だが…
一説によると、千代ヶ岡陥落の後に見つかった中島三郎助と思われる遺体には、辞世の句を書き付けた短冊が衣服に縫い付けてあったが、それは血をに染まって読めなかったとも言われている


俳号といえば、榎本総裁の俳号は梁川
総裁が副長をしのんで書いた書にも「入室清風 梁川」とある。
函館市の梁川町は総裁の俳号からとったものなのかな…

俳句といったら、やっぱ豊玉師匠~~~
明治元年の暮れに開かれた孤山堂無外さん主催の句会ではみんなで一緒に句を詠んだんだろうなぁ…




大野右仲さんの『函館戦記』では、5月11日の戦いを終えて千代ヶ岡陣屋に集まっているそれぞれの様子が生々しく描かれている
副長が戦死し、一本木関門も破られ
みな傷つき疲労は限界…

“諸隊皆千代岡に集まる”で始まっている一節だ。

“見方隊はその長二関源次の屍を舁ぎて来たり。星恂太郎は剣を杖にして嘆きて曰く「吾が額兵隊は甚惰にして・面目諸君に見ゆる無し。」と。
伊藤善次口吃しつつ曰く、「吾れ今日労れたり。吾が杜陵隊も、また多く死傷す。」”


読んでいてつらいなぁ…

そしてさらに

“彰義隊長渋沢誠一郎、蓬髪鷹視して意色甚だ悪しく、新遊撃隊長柏崎才一は黙して答へず。”と続く

「蓬髪鷹視」…
煤だらけで顔色は悪く、乱れてくしゃくくしゃになった髪で眼光だけがギラギラしている感じだろうか…

こんな風に皆がぐったりしている中で

“独り千代岡総督中嶋三郎助のみ六十余にして鬢髪半ば白く、巾を以て傷をツツむも、意気従容として曰く、「吾れの死するはこの岡のみ。」と。”

包帯には血がにじんでいたんじゃないだろうか…
「意気従容として」とはすごいなぁ…
三郎助さんの覚悟のほどが伝わってくるし、こんな状況下でもひとり落ち着きはらっている彼の侍としての強さと大きさがわかる。

中島さんは常々「千代ヶ岡陣屋が死に場所である」と言っていたそうだが、その覚悟は始めから終りまで決して揺るがず、ずっど変わらなかった。



最後の砦ともいうべき千代ヶ岡陣屋を死守し、
最後の最後まで信念を貫き通した侍たちのことを思い、
近いうちに必ず浦賀を訪ねたい思いながら、この最後に地に来て手を合わせたのだった。


カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top