08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

元園部 萌えベスト5

んで、元園部きゅん

録画を編集して、
「元園部セレクション ~お願いボクを撃たないで~」
を作ったら30分以上あった\(^o^)/
勝手にレク風サブタイトルつけてます(あはは~)

いやぁ、予想以上に出ていたし
「アタシを喜ばせたい」がふんだんに取り入れてあって
セレクションを観てて楽しすいぃ~~~~~

受話器を持つ手と横顔とか
ワインレッドのパソに向かう姿とか

もちろん、ラスト一連の
ブラック元園部~パニクくる~逃げる~撃たれる
のシーン!!

とにかく随所で萌え萌えだったわけだが、
ピンポイントなマイベスト5を選んでみた!!!!!

題して
“  ~勝手に元園部ベスト5~
 「お望みなら、プロファイルのやり取りの仕方、お教えしますよ」”


あはは、どうしてもサブタイトルをつけてしまう
それも組!の副長台詞風に(^_^;)


ジャカジャカジャ~ン
第5位は
“元園部きゅん発砲

元園部発砲シーン
「俺の計画は完璧なんだ!!」
と叫んで、発砲
構えたポーズのカッコよさはあるものの
“銃の扱いのぎこちなさ”
“ボクもういっぱいいっぱい、での発砲”
ってのが、なんか可愛らしくて萌えますのや~

長く立てた親指もエエわぁ

撃たれて痛がる顔がもっと長く見たかった、ぐふふ


ジャカジャカジャ~ン
第4位は
“足”

倉庫に足音が響き、足だけ映ってCMへってところ!
この時の足、これが萌えて萌えて
ぬおおおおおお~と足全体が映るのだが
もう、この足なめ映像に萌えて燃えて萌えて
なんだこりゃ~
どこまで続くんだこの足はあああ~
わかってはいるが、こうして足だけのショットを見せられると
この究極になげ~足に悶えますのよ~
足だけでCMにパンするから、よけいに「足」にグッときますのや~



ジャカジャカジャ~ン
第3位は
元園部隊長の背中!!

「先生、ヨロシクお願いします」と阿部さんが言って
部屋にいた全員の刑事たちが元園部きゅんにひれ伏すシーン
これもシビレまひたぁぁ…

だって、背中でっせ~
みんながひれ伏しているのを背中で受けているんですねん・・・
で、振り向く…と
「アタシをアタシをアタシを喜ばせたいぃぃぃ~」
ぐっぐっぐっお~ん
この背中が、もう萌えて燃えて…

全員がひれ伏しているんだもん
そんな中、バックショットで立ってるんだもん
このシーンは元園部先生っていうより
もう、元園部隊長だああああ~~~


ジャカジャカジャ~ン
第2位は
ドリアン死体

頭に血だまりの横顔…

美しい死体よのう

鼻のライン、なんだか穏やかな表情…
この死体は、元園部というよりまさにドリアンじゃないかあああ~
鼻のラインがとにかく「美」でして
ドリアンにしか見えんのよ~
ふひふひふひひひひ~
おいしいいいいぃ~~~

ついずっと眺めてしまう、死体になった元園部ドリアン



そして第1位は
ジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ
ジャカジャカジャ~ン

トイレのナルシスト

もうここは説明いらんやろ~

回想シーンでのあのナルぶり

血を吐いている人を横目に、鏡に映る自分を見ている~
で、お直しなんかしちゃってる~
たまらんわ、このナルシストちゃん
他人を自分のために利用するのに、なんの葛藤も罪悪感もない

究極のナルシストぶり

元園部きゅんがイチバン悪に見えたシーン

これがマイベストじゃああああ~~~




以上、勝手にベスト5でした\(^o^)/


番外編としては

お台場での信長・半兵衛シーン
そして頼長さまの手をすりすりする信西



スポンサーサイト

カテゴリ: ・アンフェアSP

tb: 0 |  cm: 2
go page top

久々にナビ記事

ナビは毎月読んでいるが、記事に書くことはめったにない…

でも、久々に今月はナビ記事を書きたくなった

今月のゲストは小澤征悦さん
死刑基準、パンドラ3と共演が続いているが、死刑基準を観るまでは
篤姫の西郷さんの印象があるので
「敵じゃいか、敵じゃいか」
と思っていた(え)

しかし、死刑基準とこのナビ対談で一気に好感度急上昇したぁ~
何より、耕史くんと仲がいいってことがわかったんで(そこかい)

プロフィールを見るとすごいわけだが、耕史くんと仲がいい感じなんでいろんな話が聞けて嬉しかったっすよ~

初共演で
「ぶっ殺してやりたいと思っていたんです」
って言うのもすげ~が、
そう言われて
「ああ、俺もおまえのことぶっ殺してやりたいと思っていたよ」
と返せるのもすげ~な…と。

よほど気が合うんだしょうな…

挨拶みたいなもんだから言うけど
「がーっと引かれる場合もあります」
って、当たり前やろ~(笑)

耕史くんの脚本の覚え方もすごく具体的に書いてあったし
“「山本くんは長いから出来るよね」て年齢よりも過大評価されてプレシャーだった時期があった”
っていうのも初めて聞いた!!


飲み屋に行って、財布に21円しかないって、どんなんだよ~~~(あはは)
で、5000円借りたってことは飲み代5021円以内で済んだのか~
などと変なところで突っ込みいれてしまった(笑)



この対談で何よりもイチバンツボったのが

「佐藤浩一さんと小澤さんが飲んでいて呼ばれて行ってみたら」

というくだり…

芹沢センセは今でも副長を飲みに誘ううのか~~

なんか嬉しいかったあああ\(^o^)/
(結局そこかい)

しかし、芹沢センセと小澤さんと副長の3人が飲むと、いったいどんな話をしてるんだろうか!?
この3人なら、耕史くんがイチバン若造なわけだが(*^_^*)


いろいろと楽しいナビだった。

カテゴリ: ・死刑基準

tb: 0 |  cm: 0
go page top

『死刑基準』

もうすでに3回目を観た
それも通しで…

コウジドラマは、1回見た後、だいたいは好きなシーンを選りすぐってリピしたり
耕史くんのシーンだけをピックして観るのだが…

このドラマは通しで何度も観たくなるのだ。
そして、初見よりも2回目、2回目よりも3回目の方が見応えがあった!!

死刑の是非をドラマチックに突き詰めているというのでもないし
法廷のヒーローが熱弁をふるっているわけでもない…

淡々と、いかにも日本の法廷らしい空気感で裁判が進んでいく。

出てくる方々が、必要なことだけをあえて感情を表さす淡々と受け答えている。
ドラマチックに言い争ったり、自分の心情を派手に吐露したりしない…

でも、そこがすごくいい!!!!!

現実の司法の現場にいる方々って、きっとああだろうなぁ~と思うのだ。

いかにも司法の現場の方々って感じがいい!!
淡々としているひとりひとりの佇まいが、ホントにいい!!

そんな中で、水戸くんは、静かだ。

黙って親友を見つめる
黙って裁判を見つめる
黙って上司を見つめる

そして、決心するまでのことも、あえて台詞はない。

昨今のドラマだと、
僕は、こう思ってこう感じでこう考えてこう悩んで
だから決心した!
と、延々とドラマチックなBGMで心情を叫んだりしがちだけど…


黙って見つめている姿でも説得力があるのが、やはり素晴らしい!!!
黙っていても、彼の真摯な取り組み方や迷いや信念はちゃんと伝わってきた!!!


雅さまや悪系キャラが大好物なんで、そっち方面ばかりをついつい望んでいたが、今回の水戸くんを見て、
「ああ、そうだった!!」
と、山本耕史という役者の「静」の演技の素晴らしさをあらためて実感した。

静かと平坦は違うのだ~~~

静かだが内に秘めた心の熱さが魅力だった!!!

法廷での水戸弁護士の最後の言葉が素晴らしいぃぃぃぃ~~~
彼の口から出ると、なぜあんなに説得力があるんだろうか~~~
あの水戸弁護士は、まだまだ迷い続けて結論が出せずにいる中で、でもこれからも必死に「人を裁く」ことに向き合っていこうとしている…そんな未完成な魅力があった。
現実に日本では死刑制度を望む人が多いというデータも踏まえて、これからどう人を裁いていくか…
彼の覚悟と決意が伝わってきた名場面だった。


モチロン、彼だけでなく、共演者の方々がみなこの作品の空気感をこわさず、佇まいにリアリティがあった。
素晴らしい名優の方々…

なんちゃって弁護士、なんちゃって刑事、なんちゃって検事はひとりもいない。
みな、その佇まいや口調にリアリティがあるんだもんなぁ。

ああ、こんなドラマを観るのは本当に久しぶりだった…

役者のみなさんの素晴らしさを実感できるドラマなのだ。

だから、結末がわかっていても、なんかまた観たくなってしまう…
初見では、なかなかヨカッタ~とさらっと思ったのだが、
すぐまた観たくなり、
2度目に観たら、ああ、ヨカッタと思い、
3度目に観たら「素晴らしい~」と思った。
ワタシに取って『死刑基準』は観る度に評価の上がるドラマ
観れば見るほど味わいが増すドラマなのだ!!!


・・・と
ホントマジメに感動しながらも、やっぱ拙者のサガで(何)
ツボとか突っ込みどころとかあるわけで(あはは)


・源さんも出てきた~広沢さまも出てきた~
で、グンベイさんも出てきた~…と組!脳が激しく反応してしまった(だよな)

・妻も出てきた~家来も出てきた~~~と半兵衛脳も激しく反応したでござる(であるな)

・学生時代のベニスの商人の舞台写真、萌え~~~
あの写真が欲しい欲しい欲しい~~~

・怒られた学生がうらやま~~~
ワタシも水戸先生に怒鳴られて腕つかまれて退場させられたい~~~

ってか、あんなにカッコイイ先生の授業だったら、見とれていて絶対に寝ないけど(あはあは)

あのあと廊下で水戸先生の側を歩く生徒でものすごく怖がっているリアクションの生徒がなんかツボった(笑)
「水戸先生、お怒りだよ~」
みたいな…

・あんな二枚目な水戸弁護士の裁判なら、絶対傍聴に行くもんね~

・ラコステのカーデかぁ(何)

・戸田さんを見ると、一瞬青いバックを持って歩いている姿が浮かんでしまう(だな)

・水戸先生は狩田先生の事務所にこれからもいるんだろうか!?
狩田先生は死刑廃止論者なんだけど、水戸弁護士はどうするんだろう!?


そんな水戸弁護士に今晩また会えるぞ~~~~
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

本日20時から『死刑基準』再放送

録画はあるけど、またオンエアも見てしまいそうだ





カテゴリ: ・死刑基準

tb: 0 |  cm: 2
go page top

太刀川インタ!

さすがに疲れが出て、ゾンビのようになっていました(笑)
なははは…(^_^;)



まだまだ秋のコウジ祭りには追いつきませぬが…

水戸くんを観た!
そして元園部セレクションを作った!
ナビを買った!

これでいっぱいいいっぱい…

そうこうしているうちに、はやぶさの初日が迫ってきているのだなぁ…
で、パンドラ3のオンエアも迫ってきているんだなぁ…

いやはや、嬉しい悲鳴とはこういうことかと実感!!

水戸くんの最後に、やけにかわいらすぃ~乙女のような耕ちゃんが出てきて(うふふ)、パンドラ3の宣伝をしていましたな

で、パンドラサイト更新
これと同じ時のインタだったろう、乙女のような たっち~インタビューがアップ

1分くらいのインタビューなんだが…

何度リピしてもインタの内容が頭に入って来ないぃぃぃ

だって、何度リピしても、ビジュアルに釘づけになってしまうんで、インタが聞きとれない~

なんだか貴族のコスプレに見えてしまう
何かの翻訳劇でこのまま舞台に立てそうな感じ

ちょいと開かれた胸元が眩しくて眩しくて
首の白肌の美しさは、どうよぉぉぉ~
肌のきめ細やかさと美しさが眩しいぃぃぃ~~~

ああ、ありがたや~~~
拝みたくなるような首だわん(何)

首にばっかし目がいってまう

そして、斜めから映した時は、フォルムがなんか貴族っぽいのだ~
貴族っちゅうか王族っちゅうか
「殿下」っぽいのだ(何)

そんなこんなで、いまだにインタの内容が頭に入って来ないのだ…

目の保養じゃぁぁ~

だははは…


内野さんのインタでは、湯田官房長官役なんで「湯田的な」とおっさるのだが
どうも拙者の頭の中では「湯田」が「ユダ」の変換されてしまうぅぅぅ…
「ゆだ」と聞くと「ユダ」しか頭に浮かばんのよね(^_^;)


カテゴリ: ・パンドラ

tb: 0 |  cm: 2
go page top

無事に多摩へ帰ってまいりました!

昨夜、無事に多摩へ帰還!!

プチ浦島太郎状態ですが(あはは)
荷物の整理も、頭の整理も
気持ちの整理も、部屋の整理も

なにもできないまま、いきなり観た、元園部きゅん

いやぁ~
友だちからも家族からもガンガンネタばれされていたんで、詳細までわかってはいたが…
やはり映像を見ると
萌えたああああ~~~
悶えたああああ~~~
喜んだあああ~~~

まさに「アタシを喜ばせたい」シーンがいっぱい!!

中でも最大のリピポイントがあって、リピしまくりじゃぁ~

元園部きゅん記事は、あとでがっつり書くぞ~~


はやぶさ関係やら、パンドラブックやら、ナビやら
ステキナ隠し撮りやら、ミタニンのついた~やら

今日から祭りに追いつくべく、走るぞ~~~\(^o^)/


5日間の箱館の旅は、とにかくひたすら行きたい場所に行き、足跡を追い続けてきた。

撮った写真は300枚以上・・・
どうすんだ、これ(^_^;)

で、今思いつくまま、行ったところを書き出してみた…

※青字で書いてある場所は、現在何か建物や記念碑があるわけではなく、いろいろな資料をもとにだいたいこのあたりにあっただろうという場所です。

【函館市内】
土方歳三最期の地碑、一本木関門跡、七重浜、極楽寺、亀田八幡宮、中島三郎助最期の地碑、千代ヶ岡台場跡、五稜郭タワー、五稜郭、函館山、碧血碑、弁天大場エリア(新選組最後の地碑、弁天台場跡木碑、改良工事記念碑、岸壁)、高龍寺、称名寺、実行寺、箱館病院跡、沖之口役所、元称名寺跡、丁サ跡異国橋跡武蔵桜跡

【二股口】
地碑、木碑

【松前方面】
法華寺、松前福山城、松前城資料館、松前寺町通り、松前役場(奉行所跡)、宿陣跡、木古内駅

江差や鷲の木などは今回は行けなかったが、これだけまわったので、今は頭の整理がつかん状態…

滞在中に複数回行ったところもあるし…

あまりにめまぐるしく動きまわってたくさんの場所に行ったので、自分の感情が追いついて行かず…
フラットな気持ちでいるのが自分でも不思議なくらいだった。

今は、昨日まで自分が本当に函館にいたんだろうか~と全然実感できないでいる。



何日かかるかわかりませんが、箱館レポをアップしたいと思っています。
今年中に書けるかなぁ(え)



まずは、早く日常に戻って、秋のコウジ祭りに参加するぞ~
水戸くんを早く見たいけど、観るのがもったいないような…

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 8
go page top

リムジンバスの山本

只今、羽田空港からのリムジンバスで多摩へ向かっておりやす

リムジンバス

リムジンと言えばヘド姐さん(何)

「だってアタシの送迎車だと思うじゃない」

そして、バスと言えばヘド姐さん(何)

「アタシがいなけりゃ、成功という名の近道バスには乗れるなかったわけでしょ!!」


あはあはヽ( ̄▽ ̄)ノ
我ながら、スラスラと出てくるもんだな~、ヘド姐語録が

と、秘かにリムジンバスというのにウケていたら、バスの運転手さんがマイクで自己紹介

「運転手の山本です」

うおっ

しかも行き先が、太刀川(違)、立川

リムジンバス
山本
たちかわ

なんかルンルンしてしまうのだぁ

カテゴリ: ・未分類

tb: 0 |  cm: 0
go page top

こんなサイダーを買った

函館空港の待ち合い室の売店で、こんなサイダーを買った

箱館奉行所復元記念
燃える土方歳三~赤いサイダー」


moblog_02a2a6fd.jpg

moblog_9e84ecc3.jpg




燃えるサイダー
っていうより、ワタシには
萌えるサイダー
だわわん

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

さらば、箱館…

いよいよ箱館に別れを告げる時がきた…

三十数年の思いをこめて、本当に貪欲に副長の足跡を追い求めて、時間の許す限り回りに回った5日間…



さらば、五稜郭

moblog_0064244d[1]


さらば、箱館山

moblog_9c7a9be2[1]


さらば、箱館

そして、
ありがとう函館


いざ
多摩へ向かって帰還するぞ

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 2
go page top

こんなお菓子をもらった

昨日は松前城下を歩きたおした

普段歩かないヘタレな拙者にとって、1年分くらい歩いたと思う



今回は残念ながら鷲ノ木には行けないのだが、昨日鷲ノ木に行ってきた友からこんなお菓子をもらった

お菓子の名前が
「榎本武揚」

moblog_875bb379[1]


まんま過ぎるやないの~(笑)

でも「鷲ノ木村」という字がなんか感動

上陸の地…
いつか絶対に訪ねたい

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

いよいよ今夜

「ついにトミーがアタシのことを」

あ、はいはい(笑)
函館にいようとどこにいようと、このフレーズははずせない

ついに、
今夜、
山本耕史主演ドラマか
オンエア

まさに「待たせたな!!」ですな

待って待って待ちました

やっとオンエアだぁ

あれだけ待ち続けていたのに、肝心のオンエアをリアルタイムで観られない…
この間の悪さよ
ま、拙者の人生
いつもこんなもんさ~

水戸きゅん友に教えてもらった
産経新聞に水戸きゅん記事が載っているらしい…
ネットでも読めたから、幸せな気分だぁヽ( ̄▽ ̄)ノ

こちらの記事

写真付きで嬉しい~

カテゴリ: ・死刑基準

tb: 0 |  cm: 0
go page top

てくてく路線バスの旅 by レク

ただいま、路線バスで、松前城目指して独りで進軍中でござる

函館から、特急→路線バスと乗り継いで、土方隊が松前城攻略で進軍したのとほぼ同じルートを通って松前目指している途中



車窓から見えるのは海と山

moblog_7a61cfef[1]


今回の箱館の旅は、足取りを「追う」にこだわった旅だ…


カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

おお!!


函館の朝

ホテルで朝食をとりながら、新聞を広げたら…

おお
水戸キュンだぁ~

今日はいよいよオンエアの日だ

拙カウントダウンも0デイとなっておる

オンエアも雑誌類も秋のコウジ祭には完全に乗り遅れておりますが、多摩に帰ってから、追いつくぞー

今日は函館から離れてのブラリ一人旅…
副長の足跡を追いかけに行ってきます。

いざ

カテゴリ: ・死刑基準

tb: 0 |  cm: 0
go page top

箱館第三日目…

今日は、午前中に函館市を出て副長激戦の地へ向かった
二股口…


そして、午後からは市内に戻り、五稜郭で友達と再会~

五稜郭で資料集を買い、こんな千社札も作った~

moblog_79ebb2a7.jpg



拙者にはめずらしく毎日シリアスモードが続いたのだか、こんなの作ったりする気持ちの余裕がちょっと出てきた
フフフ



そして夕方になり、五稜郭から一本木関門まで、旧道を実際に歩いてみた
五稜郭を背に出発し、途中で千代ヶ岡台場跡に足を止め、台場跡のすぐそばにある中島さんの慰霊碑に手を合わせつつ、歩くこと小1時間…

副長が駆けていったであろう道、その道をじっくりと足で歩いてみたのだ。

実際に道をたどってみて思うことがあった…
5月11日のことで…



明日は、遠出だぁー

カテゴリ: ・未分類

tb: 0 |  cm: 0
go page top

真っ直ぐに続く道





箱館第3日目の朝
また、ここに来てしまった

一本木関門のあったとされる旧道付近。

振り返ると、はるか遠くに五稜郭タワーが見える…
実際にその場に立ってみてわかったのだが、五稜郭から、途中に千代ヶ岡台場を経て、一本木関門まで続く道は、あまりにもまっすぐだ!



函館に来て箱館を思うと、毎日ここに足を運ばずにはいられない…

ひたすら真っ直ぐ続く道だ。

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 2
go page top

パンドラ番宣

多摩の自宅から、
「ついにパンドラ1、2の見どころ 合わせたパンドラ3の詳細予告編 5分半流れる(今朝深夜)
とのメールがきた

今日の夜中1時過ぎのWOWOWで、10月のみどころ的番宣で、パンドラをガッツリとりあげたらしい…

録画ちゃんと出来ているのかなぁ~

祭たけなわよのうヽ( ̄▽ ̄)ノ

カテゴリ: ・パンドラ

tb: 0 |  cm: 0
go page top