06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

おきて破りなカッコよさ

な、な、なんじゃこりゃあああああああ~

ゲホゲホゲホ (興奮しすぎて息が上がってむせている)


ああ、もうこれは掟破りだろ
これは罪だろ

あまりにも「アタシを喜ばせたい」度が高過ぎて
頭がどうにかなってしまうかも
(もうとっくにどうにかなっているわけだが(笑))

なにを朝から興奮しているかっていうと
『遠くへ行きたい』の予告を観たからなのじゃ~

来週はいよいよ耕史くんの回なので予告を観ようと録画していたのだが、
その予告がまあ、心臓破りなのだった…

まずは漁師さんと船でウニ漁
嬉しそうにカキをほうばるタレ目耕ちゃん

で、次に地元の漁師さんや子供たちと歌う
ギター耕ちゃん
ここは、ライトブルーなデニムのシャツにジーンズ、メッシュの入った前髪で、ギターを弾き歌う姿がカッコエエ

「次回は山本耕史の利尻島
夏真っ盛り 島の味と男たち」


というテロップが出た!!

ここでも十分カッコよさに萌えていたわけだが…



このあと、予告の最後に映ったショットがあまりにあまりにあまりなんで
あまりにあまりであまりに萌え過ぎてむせたわけだ(んご~)

だって、もう“山本耕史後ろ姿同盟”の一員としては
(勝手に同盟作るな~(笑))
最後にあんなすごい最強の後ろ姿が映るなんて
まったくの予想外

「不意打ちです!」(by 相馬)

予告の最後に映ったのは


-- read more
スポンサーサイト

カテゴリ: ・その他のコウジ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

新宿でテンペストワールド

たまたま所用で新宿なう

新宿エイサー祭りをやっている

moblog_7c01d673[1]



大通りはエイサーで盛り上がっている
ものすごい人の数…


よみがえるテンペストな世界

moblog_49d6fb97[1]

moblog_d9e85724[1]

moblog_127f5d09[1]




福士くんを思い出した

「よかったよ~あ、ありがと」
 

カテゴリ: ・テンペスト

tb: 0 |  cm: 0
go page top

路線バスはお休み

NHKの番組編成ツイッターに出ました。

「今日当初予定していた「土曜スタジオパーク」「のんびりゆったりバスの旅」は大雨関連ニュースの編成のためお休みさせていただきます。ご了承ください」

残念だけど、いつかオンエアしてくれると思うから、その日を楽しみに待ちます。


大雨による被害が広がりませんように
どうか一刻も早く雨が止みますように

福島・新潟の方々の無事を祈るばかりです


うちの越後の実家もかなり大雨で心配で電話をしたところ
「通りが冠水したんで床下浸水直前までいったけれど、
 雨が弱まってくれてなんとか浸水をのがれたよ」
とババ
ああ、セーフであった…


でも、まだまだ新潟の三条や十日町、南会津の方は危険な状態が続いている…

どうかこれ以上被害が広がりませんようにと心から祈ります。

カテゴリ: ・その他のコウジ

tb: 0 |  cm: 2
go page top

局長インタビューに

今朝、バイトへ向かう直前に、
地元のスマファンの奥様に教えてもらった

MOREに慎吾ちゃんのインタビューが載っているんだけど山本耕史って名前が出てきたわよ」

ええええええ~

マジっすかああ~(嬉泣)


そしてバイトからの帰宅後、そのインタビューを読んだ組!友とその奥様から内容を教えてもらった!!

携帯に登録している人数についての話題で、
「スマップの4人を除くと3人ですね…
キャイーンのふたりと『新選組!』の土方役だった山本耕史のみ
そして、
誰かと外へ飲みに行くのは年に1回の新選組!の忘年会くらいです~
とも語っていたとか…

また聞きなんでアバウトでスンマセン(^_^;)

ああ、しかし、局長の口から「山本耕史」って出ただけでも嬉しいのに
組!も出てきて、嬉し泣きじゃぁ~

「アタシの眼はドロみたいな化粧品の涙でいっぱいになるわ」

島田と旅をしたり、この局長インタビューがあったり…

まさに
「アタシを喜ばせたい!?」の連続でござるうう

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

はやぶさサイトリニュ!!

うおわ~
 はやぶさサイトがリニューアル

トップページにマナブくんがいるうう\(^o^)/

このマナブ写真はチラシなどですでに見ていたが、
こうしてトップページで見ると
さらにさらにものすごく二枚目じゃぁ~

顔も美しいが指も美しいいい


最新情報では
"はやぶさ&イトカワ リストレスト"付き特別鑑賞券が
7月30日(土)より販売開始!"
とあって、エリアを選択して多摩の劇場をチェック!!


はやぶさツイッターに導かれてヤフー映画で新しい予告編を観た!!
「本予告編」とある!!
こちら
マナブくんの声がいいですなぁ~
で、とくダネで流れたウルウル目のマナブくんが映った!!

予告映像を観たら、モニター室の雰囲気が、なんかリアルはやぶさチームのそれとよく似ている気がするなぁ…

マナブくん目当てというのはモチロンだが、作品としてもすごく楽しみになってきた~
いい役者さんたちがいっぱい出ていて、ホントにいい感じだ~\(^o^)/

カテゴリ: ・はやぶさ

tb: 0 |  cm: 2
go page top

海から山へ(追記あり)

島田と副長の旅は続いておったのだなぁ…

照英さんのオフィシャルブログに載った2人の旅)

から、今度は

さよう、副長と島田の戦いは苛酷なのだ(違)

あの山か、あの海か…
番組も、たぶんあれかなこれかな…といろいろ予想

正式な番組名の発表が待たれますな~~~\(^o^)/


この2人が一緒にいるってだけでマジ嬉しい~(嬉泣)
楽しみ過ぎるううう

ああ、ホントにホントに楽しみだ

(追記)
現在発売中の月間のテレビ雑誌の中で月間ザ・テレビジョン9月号月間ザハイビジョンの番組表の8月20日に2人の名前が載っていた!!

8月20日(土)19:00から
テレビ東京 『土曜スペシャル』
「全長173キロ!荒川の源流を目指す旅(仮)」
照英&山本耕史が関東を流れる荒川の源流を求めて旅へ


とあった!

ただ、タイトルに(仮)という文字があるし、(変更有)ともなっているので、オンエアの時期や内容が変わる可能性もあるのかもしれません・・・
そしてワタシが見た番組表はあくまでも首都圏版なので、地方によっては違う番組になっているかもしれませんのでご了承ください!


とにかく、テレビ東京のサイトにアップされるのを待っていまする~

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 2
go page top

マナブくんの笑顔

きゃあああ~

もう、朝から血が頭に上ったあああ~


今朝は午後出勤なんで、ゆっくり起きてはやぶさ公式ツイッターを見たら、今朝のとくダネでも宇宙試写会の模様が出ると書いてあったので、あわててとくダネを予約した!!

で、今観たら…

うおおおおお~
テンションが上がりまくって、朝から地に足がつかねぇ



とくダネのはやぶさ特集の中で映画のシーンが映ったのは、最初と最後だった。

特集は、笠井アナがJAXAへ行って宇宙試写会の様子を取材している様子や実際に古川さんと宇宙会話しているところ、試写会ゲストの鶴見さんのコメントなどがおもな内容だった。




で、

映画『はやぶさ/HAYABUSA』のいくつかのシーンが映った中で
何回か映った、マナブ研究員
おなじみ紺色の上着姿の他に、グレーの上着姿も映った!!



みんなが嬉しそうにモニターを見て拍手している場面のマナブくん
周りより頭ひとつ高くて、ちょっとはにかんだような微笑み顔



同じ場面で、みんなが涙していたり喜んだりしている中で
目がウルウルしている感慨深い顔のマナブくん
ここはマナブくんメインでかなりアップで映った

ああ、この感慨深げな涙目の表情がたまらんですなぁ…

こんな顔させたら日本一やで、ったく
で、若き科学者って感じがにじみ出ている…賢そうだ~



みんなが厳しい表情でモニターを見ている場面では
グレーの上着に黒いタートル姿のマナブくんの全身が映っていた!
この時の真剣な顔もエエですなぁ~



しかし、今朝もっとも萌えたのは、笑顔のマナブくんだ~
この同じ場面で、厳しい雰囲気から一転
みなさんが笑顔で喜んでいる場面になった時に
佐野さんの後ろで映っていたマナブくん~
くしゃっと表情を崩した無邪気な笑顔のマナブくんなのだ~

か、か、カワエエ~~~~~~

この、顔をくしゃっと崩した子供のような笑顔は罪だ~~
可愛過ぎる~~~

厳しい顔とのギャップがあり過ぎて、この落差がたまらん、ぐお~

もうカワエエやらなんやらで、鬼リピしてしまった!!

とろけますなぁ…



で、これでとろけていたら、最後にまた大萌え顔があった~

最後にもう一度映画の場面がいくつか映り
「この映画の特徴は、基本的にJAXA本人の方々にそっくりにしているんです」
という笠井アナの説明と共にメインキャストのひとりひとりがドアップで映ったのだ!

もちろんマナブくんのアップもキタ~
このアップの顔がまた、もう、もう、もう

今度は眉間にシワのシリアス顔
うっすら髭もあって前髪も無造作で
ハードなマナブくん、ぐほおおお~~~

カコエエ~~~~~~

シビレルうううう~~~~


朝から、無邪気な笑顔ハードボイルドな顔のダブルで頭が沸騰!!

カワエエカコエエで頭に血が上ったまま

これからバイトへゴーだが、大丈夫かしらアタシ(ダメだ、こりゃ)

カテゴリ: ・はやぶさ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

シズビ【2】

「山本耕史がご案内します」
で始まり
「ご案内は山本耕史でした」
で終わる音声ガイド!

んんんもう~
単なる「音声ガイド」じゃねぇぜ

音声ガイドを聴きながら、妙にデレデレしてしまっている自分がいた
シャキッとしようと思っても、聴いているうちにデレデレしてしまうのだ~
自分でもどうしようもない、止められない、このデレデレ感

なぜにこんなにデレデレしてしまうのか

それは、いわば「コウジ独占」の至福感のなせる技かと…

音声ガイドってイヤホーンを耳に入れて聴くんで、

「耳元でシェイクスピアが囁いたんです」(by ドリアン)
ならぬ
「耳元でヤマモトコウジが囁いてくれるんです」状態!

自分ひとりに囁きかけてくれているような錯覚に陥るのだ(愚)
妄想しちゃってごめんなせえ(何)

で、あのミラクルボイスでごさんしょう
あの声は罪だわ~~~

低いけど重厚ってほどの重さがなく、
するりと耳に入ってくる心地よさ

ちょうどいい重さの声
ちょうどいいトーン

この匙加減が素晴らしい

で、もちろん、言葉の一つ一つがわかりやすく聞きやすい

スペシャルトラックのべらんめえは、
まあこれが何度聴いてもまた聴きたくなるミラクルボイス!

普通の解説の時と芳宗に扮して語っている時と、
その声の使い分けというかなんというか

いかにも扮してます演じてますって感じじゃなく
あくまでも淡々と
「そういやこんなこともありやした」
ってさりげなく語りかける
このさりげなさが絶妙!

『毎日モーツアルト』でも、語りの中にたまにモーツアルト自身にになって話す時があったが、あの時からさらに磨きがかかっている感じがした。

拙宅のここで友が名づけた「上品なべらんめえ」
まさにまさにその通りだった!!!

「べらぼうに」
「あの世にいっちまった」
「うるせぇ、いや、」
「仏になっても変わらねえや」
「お陀仏になっちまって」

「あっしは」とか「いたしやしょう」とか

もう、こういうべらんめえ口調のコウジボイスがツボってツボって

何度繰り返しても萌えたあああ~~~

「文久元年 井伊大老が」なんて語られるとますますテンションが上がったし!!

で、

で、

で、

なんつってもイチバンでオオウケで大萌えでベストだったのが
音声ガイド番号7番の出だし

「おっ!!ごめんなすって」

この「おっ」がもうツボってツボって
「おっ」だけを鬼リピしてしまった(あはは)

「おっ」っていうか、
「お」「あ」の間くらいの「ぁおっ」って感じで…

とにかくこの「おっ」にハマったのだった~


音声ガイドが22点、プロローグがあり、番外編もあり
つまりは全部で24種の語りが聴けますのや~~~

もうオイシ過ぎだあああ

あんまりツボったんでまた聴きに行きたくなっちまうじゃねぇか~


楽しめて感動してデレデレして萌えて…
本当に中身の濃い国芳展だった!!

新幹線に乗っていったかいがありました\(^o^)/

DSC_0093[1]








カテゴリ: ・歌川国芳展

tb: 0 |  cm: 3
go page top

シズビ!【1】(追記あり)

お!ごめんなすって!

何だかバタバタしちまって、今さらなんですがね(^_^;)
まあせっかく静岡まで遠出してきやしたんで
ちょいとレポを書かせていただきやす

って、慣れないべらんめえを無理に使ってみました(^_^;)

先日行ってきた静岡市立美術館『歌川国芳展』

絵画に疎く、もろ音声ガイド目当てで(あは)
浮世絵にもほとんど興味のない拙者だったが、
国芳作品はものすごく楽しめたぞ~~~\(^o^)/


静岡駅を出てすぐ眼の前にある高層ビル
そのビルの3階が静岡市立美術館なわけだが
なんとビルの名前が葵タワー

うお~
これだけでなぜかテンションが上がった
さすがは徳川家のお膝元よのう
タワーとは…


シズビ内は白一色でところどころに黒いラインがあり、
かなりおされな内装だった
「葵」という名のビルに入っているが、NYのど真ん中にあってもおかしくないスタイリッシュさ!!

DSC_0091[1]

DSC_0092[1]

※美術館の方に確認して、撮影オケ~なエリアを写メしブログに載せてもいいと許可もいただいてます。

展示受付入口にあった音声ガイドのブースでは、おなじみのコウジ写真があった!
(シズビブログのこちらに載っている写真と同じ)
音声ガイドの貸出機器が置いてあるテーブル下に1枚
そのテーブルのサイドに立っている音声ガイドの看板にはひときわ大きな1枚

大阪より写真がデカくなってねぇか~(気のせいか…)


まずは順路に従って1枚1枚じっくりと国芳作品ながめて、音声ガイドを聞き一回り

膨大な作品の数なのでこの一回りだけでも相当な時間がかかったが、
国芳作品はとにかく素晴らしかった!!
飽きないし楽しいし…

次に音声ガイドの作品だけを回ったり
べらんめえバージョンの作品だけを回ったり

印象に残った作品をチョイスして見に行ったり

何カ所かある展示内の椅子に腰かけて音声ガイドだけ聴いたり

で、また、好きな作品を何点かチョイスして見たり…

で、また、音声ガイド作品を見たり聴いたり

で、また、音声ガイドだけを聴き入ったり

で、また、音声ガイドのべらんめえを聴き入ったり

で、好きな作品を見てきたり

で、また、音声ガイドの好きなバージョンだけを聴き入ったり

で、また音声ガイドを全部通しで聴いてみたり

で、またべらんめえを聴いたり

で、また・・・

どこまで書くんだぁ~~~(あはは)


見たり聴いたり
見て聴いたり
見ながら聴いたり
聴いたり
聴いたり
聴いたり
見たり
見ながら聴いたり
聴いたり

・・・

・・・・・

・・

ま、こんな感じでシズビな1日を堪能しやした!!

「聴く」の方が多いじゃねぇか~(笑)



チケットにハンコを押してもらえば出入りが自由だったんで
途中で葵タワーを出てお昼を食べ、
シズビに戻ってグッズコーナーを見て
その後、国芳展に再入場して心ゆくまで見て聴いて…

本当に充実した時間でござった!


展示されていた国芳作品は
武者絵・説話絵・役者絵・美人画・
子供絵・風景画・動物画・
そして戯画などがあったのだが、


やっぱ拙者のお気に入りは戯画なんすよね~

なかでもトリックアート的な影絵があまりに絶妙で唸ったもんな


拙者のベストワンは
「絵鏡台合かが身~牛若丸・弁慶/おにがハら・かふもり」
という絵。
影だけ見ると屋根の鬼がわらの向こうに飛ぶ恐ろしげな蝙蝠なんだが
表から見ると五条大橋の弁慶とひらりと飛んでいる牛若丸の姿なのだ!

こうして文章で書いてもその良さは伝わらんのがもどかしいが…

羽を広げた蝙蝠の鋭角さが、あるひと工夫によって素晴らしく表現されているのが、もうもう

何度も繰り返して見た作品だ!!




あと、やはり赤穂浪士の絵が多いのだが、
多くの絵のタイトルが「誠忠義士伝」となっていて、ふふふなのだった(何)

赤穂浪士と同じくらい源平合戦を題材にしたものが多くて、当時の庶民の間では平家物語やその前後の逸話がものすごくポピュラーな存在だったのがわかった!!

なんだか最近やたらと源氏平家の時代を身近に感じるワタシ(あは)
ついつい源平という言葉に反応してしまう(うふうふ)




そんな中でも拙者のお気に入りは
「讃岐院眷属をして為朝をすくふ図」

讃岐院てつまりは崇徳帝のことだもんな~(うわぉ)
もうタイトルに「讃岐院」ってお名前があっただけでテンションが上がった!!
この讃岐院の手下である烏天狗たちが為朝を助けようとしている絵なのだが
源為朝って保元の乱で頼長側のチーム崇徳院のメンバーで、島流しなって最後は自害したお方!
崇徳院は生きながら天狗になったと言われているから、烏天狗を従えているのか~

などなど、1枚の絵でしばし“頼長な世界”を妄想できたのだった!!




あと、ある武者絵では着物の柄が黒地に白いドクロ模様だった!!
んで、下駄もドクロ模様

すばらしいいい~~~

で、さらによく見るとその白いドクロは猫で出来ているのだった!!

(追記)
空殿のお宅でこの作品が国芳展サイトに出ていることを教えていただきました
空殿、情報ありがとうございます
「国芳もやう正札附現金男 野晒悟助」という作品です。
国芳展サイトのトップページの展示作品一部に載っていますので、絵をクリックすると全体が見られます!

あまりにお洒落でそのセンスの素晴らしさに感動!!
ドクロ柄コレクターとしては、
この柄のシャツが欲しいぃぃぃぃ~
って本気で思ったくらいだ!!



そういえば『男前列伝』で耕史くんがレポしていた“松本喜三郎の生き人形”を書いた作品もあった!
同じ幕末の2人だもんな~



武者絵の中に鵺退治の絵があった
!!
と聞くとテンションが上がるのだ
「なぜだかわかるわよね」(by ヘド姐さん風)



そして、妖怪百物語を思わせる作品もいくつかあり、かなりワタシ的にツボな作品がいっぱいあったんで、本当に楽しめたのだ、国芳作品!!



国芳の書いた双六も、おもろいものばかり!!
「破家利口振分双六」なんて最高!!
こういう人はバカ、こういう人は利口と人間を2種類に分けているんだが
「遊びに行って途中で先に帰る人は利口」
みたいに書いてあった!
とするとだ、飲み会や宴会で二次会三次会と必ず最後の最後まで残る拙者は「バカ」に分類されるわけだな(笑)
あはははは~~~
でも、この双六を全部読んでいくと、利口な人よりバカの方に国芳の愛情を感じるような気がしたなぁ…




とにかくホントに楽しい作品ばかりで、美術館には縁遠い拙者でもすごく楽しめた!!

大阪は平日でも混んでいたらしいし
きっと東京では平日でもかなりの人出だろうなぁ…

平日のシズビはほんとにゆっくりのんびりしていて
作品の1枚1枚をほぼ独占状態で見ることができた!!


で、

さて、

聴いて聴いて聴きまくった音声ガイドだが

続く~(え)

DSC_0094[1]

DSC_0095[1]


カテゴリ: ・歌川国芳展

tb: 0 |  cm: 0
go page top

『遠くへ行きたい』

マグさんスケジュール更新!!

8月7日 7:30~8:00 オンエア

日本テレビ『遠くへ行きたい』北海道編

にご出演とな!!



うおおおお~
副長が蝦夷へ(違)


函館じゃないだろうけど(^_^;)
とにかく北海道ですかぁ~


7月30日オンエアの路線バスの旅では広島出張(違)
で、8月の始めには北海道

なんだか全国を西へ北へと旅人づいているのう…


とりあえず7月31日の『遠くへ行きたい』は録画予約じゃ!!
予告編ゲットするのだ\(^o^)/



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

いつの間にかマジ萌え

せっかくシズビレポを書こうと思っていたのだが…

昨夜バイトから帰ったら、都心で独り暮らしをしているバカ娘が帰宅していた!
ペース乱された~(笑)

社会人になって3カ月
なかなか壁にぶち当たっているようで
「もうイヤだ
と泣きごと三昧…
「アタシ、今夜はぶちまけたい気分なの」状態

で、夜もおやつを食い散らかすと(あはは)

ま、こんなんでも、ホントはマジメに頑張っていて
職場ではつらさも表に出さずに笑顔でいるだろうとわかっているから、
「おお~そうかい!そうかい!」
と聞いてやるだけっすな…


で、久しぶりにバカ家族勢ぞろいでバカな会話が続き、
一段落したところで、娘をわらかそうとあのチラシを見せた

そう、ステ金チラシ

「これ見たら笑えるぜよ~」

DSC_0117[1]


しかして、娘の反応は
チラっと笑った後に

「似合ううううう!!!!」

「こういうメイクがマジ似合うよね、ヤマモトコウジは」


でさらに

「ヘドの次に似合うかも」

だとおおお

なにぬかしとんじゃ~~~


だが、

バカ娘に言わせるとヤマモトコウジが似合うメイクは、
イチバン似合うのがヘドウィグメイクで
その次に、この胡散臭いレットバトラーが来るそうな

ヘド姐さんと並べんなよ~~~

☆コウジヤマモト・ベストメイク by バカ娘☆
1位 ヘド姐さん
2位 胡散臭いバトラー


ってどうゆう基準なんだ、ったく!!!

まったくオマエの審美眼はどうなってるのだ、アホアホ!!


だが、さんざん突っ込んでもおかまいなしに言い続けるバカ娘

「だってめっちゃ似合うんだもん!」
「あたしのイメージするヤマモトコウジは、こういう感じ」

だとおおお…

いったいどんなイメージなんだよ~


が、

なんか一理ある気がするって一瞬思ったアタシって(^_^;)

あははは~


実は

・・・


・・・・・・


・・・・・


・・・


・・


この胡散臭いバトラーメイク写真

最初は笑ったけど…

今は見ると萌えるようになってきているだ

いつの間にかマジで萌えているのだ~

ふはははは~

カテゴリ: ・ステキな金縛り

tb: 0 |  cm: 0
go page top

忍たま!

今日から実写版『忍たま乱太郎』公開でござる!!

仲間内では試写会でみんな観ていて、
まだ観ていないのは拙者だけぞ

こちらを観て、ちゃんと立川でも上映があることを確認

8月に入ったら行くぞ~


で、今日はナビの発売日でもある!
なんせ今回のお相手は有馬さまだあああ

マジ楽しみなのじゃ~
ものすごく楽しみなのじゃ~

そんなこんなで、今日も

「誰かのために働こう」

今日もレットバトラーのために働こう(笑)

カテゴリ: ・戸部先生

tb: 0 |  cm: 0
go page top

最後の将軍、余生の地

国芳展、面白かったでござるうう~
そして、上品なべらんめえ最高\(^o^)/

詳しいレポは明日アップしますが、
シズビのすぐ裏手にあった浮月楼という料亭が、
なんと慶喜公隠居のお屋敷だったのだ!!

DSC_0108.jpg

DSC_0098s[1]

DSC_0113[1]



(お店の方に許可を得て庭園の写真なども撮らせてもらいました)

浮月楼のサイトにもその歴史が載っている!

もともとここは代官屋敷だったそうだが…
慶喜公は水戸で謹慎していた後で駿府に移り、その後、この場所にて20年間住み、自転車、写真、刺繍、油絵など趣味ざんまいな日々を送っておられたのだった!!

建物は火事で焼失したので建てなおしているが、庭園はほぼ元通りに復旧されたとか…

DSC_0102[1]

DSC_0101[1]


DSC_0105[1]




隠居生活の身である最後の将軍は、この庭を眺めて何を思っていたんだろうか…

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 2
go page top

シズビ!!




moblog_6c0c9291[1]

いよいよでござる
しばし日常を忘れ、国芳ワールドに浸ってきまする

上品なべらんめえさまにもね(笑)

カテゴリ: ・歌川国芳展

tb: 0 |  cm: 0
go page top

静岡に来た

静岡~~~


moblog_a2382ba3[1]


改札を出たところにも「国芳展!」


moblog_63cf70f4[1]




目指すは上品なべらんめえ

いや、国芳作品もめっちゃ楽しみでござる

いざ、シズビへ

カテゴリ: ・歌川国芳展

tb: 0 |  cm: 0
go page top