FC2ブログ
02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

耳に残るは君の歌声…

(※ネタばれあります)


ふほぉ~

なんだか抜け殻状態で…
ため息ばかり出てしまう…

記事タイトルを見て、ビゼーの『真珠採り』の中のアリアを思い浮かべた方もおられるかと…

そう、まさに、今の拙者の心境はこのアリアのタイトルそのもの
“耳に残るは君の歌声”
ならぬ、
“耳に残るは侍の歌声”

ああ、浅倉殿の歌声が耳元から離れない・・・
本当に本当にいい声だったなぁ~

出だしの「白波の~」も好きだが、
2回目に歌う「君に捧げし想い~」という出だしもエエのう…
さらに3回目の歌の終わり「遠く去りゆく姿~」というのが切なくて

そして

ラストシーンで歌う「白波の~」が、なんとも切なく艶のある声

初めて歌う「白波の~」と同じ歌詞なんだが…
最後の「白波~」は本当にしみじみとしていて、万感の思いがこもっていて、
聞くたびにグッときてしまった(涙)

3番まである浅倉ソングは、歌詞が本当にいいのだ!!
浅倉物語がその歌詞と呼応していているのだ。

最初は勇ましく若い力がみなぎっていて
「我ひとり」国の行く末を思い歌っている。

それが真鶴さんと出会って、「君に」対する想いを歌うようになっている。

そしてその後つらい状況が続き、想いは募るのに会えない「君」を想い、また「我ひとり」と歌う。

浅倉きゅんの一途さが伝わってきてズキュンとくるううう~
しかもあの声あの歌詞・・・

ほんとにいつまでも耳に残る歌声だったなぁ…



その人の歌に心を動かされた時、
「きれいな歌声だった」
とか
「歌が上手かった」
とか
「見事な歌だった」
とか
いろんな書き方があるのだが、

浅倉殿の歌声を言い表すのにイチバンふさわしいのは

「いい声だった」

これ以上の表現が見つからない…

「いい声」というのがイチバンふさわしい気がする。


ああ~

ふほぉ~

ふはぁ~


本当にいい声だったなぁ…
スポンサーサイト



カテゴリ: ・テンペスト

tb: 0 |  cm: 6
go page top