FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

なつかしの西院(追記あり)

( 11/9 追記)

カフェマノワールサイトのブログ
はなまるのことや耕史くんのことが載っています!!



今日のはなまるカフェでの耕史くんのおめざは、
京都の洋食屋さんのハンバーグだった

イタリア料理店 カフェマノワール

このお店にあのようなスタンプがたまるほど通っていたらしい…

おされな小じんまりしたお店なんで、北白川あたりかと思いきや
なんと西院のお店だった

アクセスはこちら

うおおおおおお~

西院とな!!

実は、京都で学生をやっていた時、1年くらい西院駅の近くに住んでいたのだ!

西院って、阪急京都線の駅で、
確か四条大宮と桂駅の間の駅だったような…
(路線図はこちら

四条通りに沿ってあるのだ~~~

そして、西院駅は、壬生にあるのだ!
だから壬生寺に近いのだああああ~

西院駅からは嵐電が出ていて太秦に行ける。

て、なんのことかわからんかもしれませぬが(^_^;)
通称“嵐電”(らんでん)っていうのは、京福電鉄の電車のことっす!
(路線図はこちら


つまり何が言いたいのかのというと

耕史くんが通った洋食屋さんは西院にあるので、
半兵衛さまの撮影のあった太秦にもわりとすぐだし
なにより、壬生なのだ~~~
壬生寺にほど近いのだあああ~~~~

そして、ワタシが学生時代に住んでいたアパートのすぐ近くなのだ~~~

なんかそれだけで感動しました!!



京都、西院、壬生…

この地名だけで、ワタシの青春が蘇るのう~~~
スポンサーサイト



カテゴリ: ・GODSPELL

tb: 0 |  cm: 4
go page top

世界初のジーザス&演出家映像

はなまる、観たあああ~

見た観た聴いた聞いた読んだ燃えた
そして感動して
「俺は鬼になった!」
そして鬼リピした


もちろん、
前半のおめざや誕生日や将棋やバイセコウや
スーパーうんちく話やラテン系ちょいワル話も面白かったが…

もう、このゴッドな映像とゴッドな話で他が吹っ飛んでしまった
ジーザスで頭沸騰中

9時42分から9時45分までを鬼リピ~~~
たった3分しかなかったとは思えないほど、
中身の濃いゴッド映像ゴッド話

ワタシの見たい聞きたいものがぎっしりつまっていたあああ(嬉泣)

ジーザスの姿
ジーザスの動き
ジーザスの声
ジーザスの歌
カンパニーの姿
カンパニーの動き
カンパニーの歌声
前嶋キュンのピアノ


そして

演出家の姿
演出ぶり
演出家の顔
お稽古場のセット
お稽古場の進行


これらがすべて網羅されていた映像…

さらに、この映像と共に
ご本人から直接、初演出の思い・演出の気持ちも聞けた

……これだけのものが、9時42分から9時45分につまっていたのだ
なんちゅう充実した3分間なのか
\(^o^)/

感動だぁ(感涙)

映像に見入ってしまうんで、何回リピしてもなかなか声が聞き取れなかった。


みんなで作り上げるものをやりたかったから
演出家もいらないくらいだったけど
いちおうボクが演出ってことで…

そうかぁ~
そうなんだ~
そういうスタンスだったのか
素晴らしい!!
いいなぁ、ホントに


そして、ジーザスの顔と台詞
今までに見たことがない表情かもしれない・・・
これがジーザスなのだなぁ

聴こえたメロディは
『Day By Day 』『Save The People』

特に『Save The People』の映像では、
“歌いあげるジーザスにかぶるカンパニー”
という、GODSPELL全体を通してほぼ全部に出てくる形が聴けた!

ジーザスの声のボリュームにさらにカンパニーの厚みが加わって、
その相乗効果でさらに曲のスケールが大きくなる…

という形!

この形の完成度がGODOSPELLの核だと思うのだ。
期待してますぜ~~~(^O^)/


そして、演出家。
あくまでも自然体で、いい雰囲気だったなぁ
まなざしが暖かい…。
身ぶり手ぶりを見ていると、まるで外国人の演出家のようだ~

「演出側に立って指示を出した後、素早くジーザスの立ち位置に戻る」
という姿も映った!!


ホワイトボードに書かれた稽古の進行スケジュールも見えた。


稽古場のセットは、段が二つあった。

「ドラム缶」という紙が貼ってある椅子もあった。
ドラム缶もセットのひとつなのか・・・
ってことは、ジャングルジムのようなポップなセットじゃなくて
ニューヨークの街の片隅のようなセットなのかなぁ・・・

映像を見て、いろいろと予想するのも楽しいのう\(^o^)/

ああそれにしても、あのポスターが欲しい~~~
会場で販売してくれますように!!!!!!!


前半のオフを語る時の緩やかな表情とうってかわり
GODSPELLの話題になった途端、キリッと戦闘モードな顔になっていた
右眉がグイっと吊りあがって、目尻が上がっての副長顔
戦闘モードになると副長顔になるんだよなぁ…

舞台を語る時は、いつも戦闘モードだ!!
戦う男は、やはりダントツにカッコイイのだ~~~




カテゴリ: ・GODSPELL

tb: 0 |  cm: 0
go page top

オープニングに若旦はん!

最忠公式サイトオープニング映像がいつのまにか変わっていた!!

今気づいたのってアタシだけっすか!?(^_^;)

いきなり呉服屋の若旦はんが登場!!

この場面はこういう衣装だったのか~
顔ばっかし観ていたんで、覚えてなかった(^_^;)

うおお~っとここまでかぁ

できれば日本一似合う紋付姿を出して欲しいいいいいい
も一度見たい、紋付花婿姿

カテゴリ: ・修一郎はん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

『愛は力』

半兵衛友からメールで教えてもらいました!
友よ、貴重な情報ありがとう\(^o^)/

『二人の軍師』の主題歌決定!!

そのタイトルは『愛は力』

うおおお~

こちらに詳しく載っていた!!

あとアマゾンにも載っていました!!

“alanと日本を代表するテノール歌手福井敬とのコラボ楽曲が遂に発売!! 
テレビ東京が毎年力を入れている新春ワイド時代劇「戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たち」の主題歌!!”

とな!!


歌い手はalanさん福井敬さん

alanさんは映画『桜田門外の変』の主題歌も歌っておられるし、
福井さんは、日本有数のテノール歌手!

すごいコラボだなぁ~

さらに

「作詞・なかにし礼/作曲・浜圭介という2大巨匠のペンによるクラシカルな響きを持つ、独自な音楽を届けます」

オペラのような曲調なんだろうか!?


『愛は力』かぁ~
コラボもすごいが題名もすごい!!

真正面から勝負!!みたいな…

愛は力…


「愛は不滅だと思う。
 だって愛ってそれまでにないものを作りだすから」

とヘド姐さんもおっしゃってます!

愛かぁ…

愛っていろいろな愛がある

二人の軍師の物語に、いったいどんな愛があるのか…


荘厳で、泣ける切ないメロディ希望~

たとえば、『その時、歴史が動いた』のエンディング曲のような!
あれを最後に聴くといつもジーンときたんで…

カテゴリ: ・竹中半兵衛

tb: 0 |  cm: 0
go page top