FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

テンペストも動いているのだな!

こう、なんちゅうか
連ドラざんまいで舞台もありーの、雅もキタ~
みたいなめまぐるしさから一気に静かになった感があるが
それはこっち側のことであって、
表には出てこないが、地下ではガンガンいってますな(何)

で、テンペストも動いてますな~

写真撮影があったもよう

堤さんブログに記事がアップ!

「フォトスタジオにて舞台「テンペスト」の役者写真撮り」

と今日の日付ってことは、今日が撮影だったのか~
スチール撮影だろうか!?
宣伝用のポスター撮り?
はたまたフライヤー用も?

そのうち公式にもアップされるんではないだろうか!?
近いうちに公式が更新する予感

当然サムライ姿のお方も!!ですよね…きっと。
さぞかし、超美形サムライだしょうなぁ
美しいだろうなぁ

「初めての役者さんも多いので、」

「交流」って、いったいどんな話をされたんだろうか。


堤さんと言えば今や『トリック』かもしれないが
ワタシは『ケイゾク』『I.W.G.P.』が好きだったなあ

スポンサーサイト



カテゴリ: ・テンペスト

tb: 0 |  cm: 2
go page top

むむむ、出遅れた

やっと日曜日が休めたので、小耳にはさんでいた雑誌を買いに立川へ出た

『月刊ミュージカル7月号』をゲットするべく、書店へゴーゴーゴー

L5Yの舞台写真が載っているそうだから、これはゲットせにゃならん

で、いつも月刊ミュージカルを置いている書店にまっしぐら~





(°□°;)

なかった

「品切れです」
とのこと。

うおお(┳◇┳)
出遅れた(・_・)

月刊ミュージカルは、立川ではここでしか扱っていないのにぃ(┳◇┳)

取り寄せを頼んだが、10日間くらいかかるとな(゜∇゜)
こんなことなら、ネット注文するんだった

いろいろ出遅れているなぁ
他になんか抜かってないか、不安になってきました

カテゴリ: ・未分類

tb: 0 |  cm: 0
go page top

兼定!

昨日の「英雄たちの夢舞台!歴史ロマンを巡る旅」では、函館レポ前に日野も映った!

土方資料館をレポする島田。

副館長の土方愛さんと共に展示品を見る島田だったが、
感激したのは兼定がアップで映ったこと!!

ちょうど刀身展示期間中だったので、刀身も展示されていて、
ゆっくりとカメラが刀身とつかを映してくれたのだ~

この映像は永久保存だぁ
兼定がじっくりとアップで映っている映像だもんな(感涙)

ここばかり、何度もリピしてしまった…

兼定


カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

だって島田だから

昨夜の島田函館レポ

土曜スペシャル「英雄たちの夢舞台!歴史ロマンを巡る旅」

ご当地グルメ的な旅番組+歴史もみたいな内容だったが、
なんせ、レポするのが島田だったから…

内容云々じゃなく
島田だから…

そこに立って、副長を語るのが
とにかく島田だから…

つまりは

島田だから…

「島田だから」
この一言に尽きる

熱い思いがにじみ出ていて、単なる仕事でのレポーター域ははるかに超えているわけで、戦った本人がレポしているように見えたもんなぁ…

「土方さんは」

「土方歳三は」

と言うたびに浮かぶ浮かぶ、あの男の姿が~~~

あの方の洋装が~~~


江差町郷土資料館で、ヨーロッパの大人の遊び道具のドミノ牌(トランプみたいな使い方だったらしい)を手にとり
「武揚の香りがするう~」
とつぶやく島田。
で、
「土方さんもやったのかなぁ…
いや、やってないな!
俺はやんねぇよって言ってはじいたかもしんないな」


「やってないな!(きっぱり)」
と断言する島田!
見てきたように言う、いや見てきたんだよ、

だって島田だから!

榎本総裁は「たけあき」って呼び捨てなのに、
副長は「土方さん」って呼ぶのが、また島田らしい。

あははは~

だって島田だから…

そして、レポの最後に碧血碑の前で副長を語る島田

「新選組、鬼の副長と呼ばれたあの人が
この函館に来て温和になり、なおかつ人望もあり…
どこに彼は向かっていったのかな
武士道だったのかな
武士道を貫き通したからこそ終わらなくてはいけなかったのかもしれない」

「あの人が」
このひと言がなんか心にしみたぁ(涙)

「あの人」って言えるのは、島田だから・・・

で、島田の口から「あの人」って聞くと
あの人が思い浮かぶわけで・・・

実際には画面に出ていないけど、島田が口を開くたびにあの副長の姿がずっと画面上に見えていた…

連日連戦でちょっとやつれた、あの五稜郭でのあの男の姿が…


カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 2
go page top