FC2ブログ
03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

娘のL5Y

明日は石川県小松市での公演だぁ~

北陸のL5Yはどうでっしゃろ!?

阿野さんとか
藤吉さんとか
太刀川さんとか

めまぐるしいけど、やっぱ舞台が気になる気になる

ああ、ジェイミー

今回のL5Yは本当にいい!!
L5Yの魅力が、だんだんわかってきた気がする


実は、うちのバカ娘がコクーンで観たのだ…前楽の日に
2007年再演のL5Yも観ていたので、今回は娘にとって2度目のL5Yだった

観終わった直後の娘

「よかった!!すっごく面白かった!!
こんなに見ごたえのあるもんだったんだ~
照明とか舞台のシーンのつなぎ方が素晴らしい!!
キャッシー、可愛いすぎる~
あんなに可愛い人が、あんな悲しい目にあって・・・
かわいそう過ぎる~
でも、それが恋ってもんだ」

何が「それが恋ってもんだ」だ
あははは~

でも、すっかりキャッシーに感情移入したようだった!

ジェイミーはというと

「あの落ち着きのない曲は、なんとかならないの~
あんまりにも落ち着きなく歌うから、
どこ観ていいやらわからないんだもん!
あんなに動かなくてもいいのにぃ
落ち着きがなくて観ていて疲れる」

と言っていたが(Moving too fastのことだと思われる)
帰宅してオリジナル版CDを聴いたら

「オリジナルを聴いても、
やっぱ落ち着きがなくてせわしなかった!
もともこういう落ち着きのない曲なんだ~」

だと…

で、

「最後にキャッシーを見つめている顔がかっこよかった!
ああいうのは最強だね、悔しいけど」

だと!

何が「悔しいけど」だ(笑)

で、

「できればもう1回観たい!!
今回は、横浜に帰ってこないの!?
もう1回今度はいろいろ考えた上で、じっくり観たいのになぁ」

とな!!

そして、驚くべきことに、
観た日から今日まで、毎日L5のYCDを聴きまくっているのだ娘は…

そして、気持ちがキャッシーに同化してしまい、ものすごく悲しくなったりしているみたいだ・・・

いまだに、舞台の感想をポロっと言うのだ。

「最後のキャッシーを見てて、すごく悲しくなった。
あんなに幸せそうなのに、本当は悲しい別れが待っているんだよ~
隣のジェイミーがあまりにも絶望的になっているから、
ますますキャッシーが喜んでいるのを見るとつらいんだよね~
それにしても、ジェイミーって自分しか見えないないやつ~
でも、腹立たしいけど、キャッシーが好きになっちゃう気持ちもわかる気がするし…
悔しいけど!」

バカ娘も心にしっかり刻まれた舞台だったようだ!!

スポンサーサイト



カテゴリ: ・L5Y

tb: 0 |  cm: 2
go page top

なんだか切ない朝だった…

あまりにも切ない夢を見て、
朝からロマンチならぬおセンチだった
(今どき“おセンチ”なんて死語だよなぁ(^_^;))

先日の『PON!』での組!話と小松トークを観たせいか
こんな夢を見てしまった…


廃墟のような崩れかけた建物
あたりは静まりかえっているが、遠くで戦闘の爆音や叫び声がする…

私と組!友の2人は少し距離をおいた場所で、その廃墟の中を見ていた。

と、柱と柱の間から、黒い上着の背中が見え

「来た~~

と盛り上がる私と組!友。

黒い上着のシルエットの人が振り返ると
それは洋装の山本副長…
戦闘の汚れが付いた顔で
思いつめたような悲痛な表情…

その表情があまりにつらそうで、見ていて胸がえぐられそうな気がした

哀しみとやりきれなさ、そして緊張で張りつめた顔、

それが、一瞬ふっとほころんだ!
ふっと微笑みを浮かべた副長…

「えっ、なんだろう!?」

副長が見た視線の先をたどると

・・・

・・・・・

・・・

なんと、

その先には、

局長の姿があったのだ!!

それを見ていた私と組!友が

「ああ、局長が助けに来てくれたんだ~」

と手を取り合って喜んだ瞬間、

「あっ」と思ったら、局長は消えて、また厳しい顔に戻った副長…

その顔があまりにも哀しくあまりにも美しく
私と友は泣いて泣いて泣いた


というところで目が覚めたのだった。

目覚めた時にあまりにも切ない気分になって、寝室を出て、リビングに来て窓を開けたら、雪が積もっていた…
その白い雪を見たら、なんだかすごく哀しくなって、涙が止まらなくなってしまった。


こんな朝もあるのだなぁ…

カテゴリ: ・HEDWIG

tb: 0 |  cm: 4
go page top