FC2ブログ
02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

「嫌な男になれるかもしれない」

拙宅のカウントダウンが2DAYSとなりました

ああ、もうすぐ、L5Yの幕が上がるううう


毎日、お稽古場の闘牛士ジェイムズ(笑)を鬼リピし、
そしてプラスアクト5月号を繰り返し読み
いやがおうにも高まる、この期待!!

プラスアクト、エエ記事でしたなぁ~

久々に、こういう演劇論を演劇雑誌でじっくり読めて、中身も濃かった!!

グラビアばかりの数ページってのより、こういう対談が嬉しい

再演もののコワさ、大変さは計り知れない
「前回を越えていいものを!」と力み過ぎてマイナスになってしまいがち…

ヘドでもなんでも、再演の時の彼の命題はいつも
「前作の自分を超えられるか」
なのだ。
さすがだよなぁ…

「本人が深みを出そうと思ったら役者はおしまい」
「最初から深みを出すなんて逃げだと思います」
「お金をとって商品を見せるわけだから、見たことのないものを提供しないといけない」
「演技の本質はジャンル云々ということよりも、結局は俳優のスキルでしかない」

そうそうそうそうそう
もう、膝打ちっぱなし
まだまだいっぱいあった、膝うち発言!!

究極の演技の話も、この役者ならではだ!!と心の中で大拍手だった!!

動きを封じ込めた演技を見てみたい!!


キャサリンも素晴らしい!!
「喜怒哀楽プラス悔」
という考え!!
「それくらい悔しくなったのは久々だったので、逆に嬉しかった」
ブラボーキャッシー
\(^o^)/


アタシが最も注目したのはこのコウジ発言

「キャサリンが今まで見たことのない哀しさを表現したら、僕は嫌な男になれるかもしれない」

おお、もう、そうなんです、そうそうそう
膝打ち過ぎて、腫れそうじゃ(笑)

今まで見てきて、まだ本当のL5Yの魅力が実感できなかったのは、ここなんだ!!
「嫌な男」
字面の通りの単純な意味じゃないっすよ、これは
ジェイミーの人物像に深みが増すのは、キャサリンにかかっている部分があると思う。
ジェイミーの変遷を見るためには、これが不可欠!!

5年の月日がどう二人を変えていったか
5年間の重みをもっと感じたい!!

ジェイミーが「嫌な男」になってこそなのだから…

若くして成功をおさめた者が知らず知らずに持ってしまった傲慢さとか
自分を正当化するずるさとか弱さとか
優しさと冷たさともろさと繊細さと・・・
もちろん純粋さと


これ全部ひっくるめた意味での「嫌な男」ジェイミーを見たい!!


なんか期待でバクバクしてきたぞ~い!!
スポンサーサイト



カテゴリ: ・L5Y

tb: 0 |  cm: 4
go page top

あまりにも二枚目な…

二枚目だ!
二枚目、二枚目
あまりにも二枚目だぁぁぁ~

何を叫んでいるかというと、

「観たんでしょ、あの番組
観なきゃ、叫ばないものね、こんな夜中まで」(byヘド姐さん風)

『直前!「パンドラII 飢餓列島」』を観て、
リピが止まらない~~~

メインキャストの紹介だったが、インタビューがあったのは
芹沢センセとお梅さんと副長の3人だけ!!
あはは、つまり
鈴木博士 と八木沢刑事と太刀川さんの3人だけだった!

しかも、太刀川さんは最後に登場

「そして
前作に続き、
事件を追う新聞記者の太刀川には
山本耕史」


と紹介された!!

「そして」
ってのがエエですなぁ~

なんか特別扱い的な感じで\(^o^)/

太刀川コウジは

「前回と同様と言いますか、実際のことを考えてしまうというか…
ふつうは、人生で、1回でもそんなスクープに出くわすこともないんですけど、ふたつも世界が動くような事件に出くわしてしまう…
僕の中では、パンドラパート1と今回は違う作品なんだけれども
たぶん、パンドラっていうものが持っているメッセージ性っていうのは
ものすごく強いテーマがパート1パート2の両方にあるんじゃないかと思いますね」


と言い、その画面には前作のパンドラの太刀川さんも映った!!


今回の太刀川さんって、前作とは違うオーラがあるのだ~
なんつうか、
真実を暴こうとする使命感に燃えているような
記者魂に溢れているような
ハードな男なのだ~
前作の太刀川さんは、けっこう最初は軽かった…
最初から、記者魂に燃えていた感じではなかった

あの事件のあと、海外の特派員生活を経て、
いろいろな問題を取材する中で、成長したのだな・・・

そんな風に感じてしまうほど、今度の太刀川さんはシリアスでカコエエ!!
で、どの場面も、どの太刀川さんを見ても、
マジ二枚目
必要以上に二枚目
そこまで二枚目いらんやろ~と思えるほどの二枚目

いや、二枚目っていうより美男子って言葉が合うかもしれんな

目に星入りに見えるくらい美男子
で、しかも大人、
しかもクールに燃える男、
しかもエエとこのぼっちゃま

美男子だぁ~~~

いやはや、マジできれいな顔してますなぁ…

うほほほ~


だから、リピが止まんないのよ、そうなのよ

これと、闘牛士ジェイミーを交互にリピしまくり
どっちも何回見てもまたリピしてしまう~~~

ああ、とにかく太刀川さんは、二枚目だなぁ…
ふほぉ~~~

カテゴリ: ・パンドラ

tb: 0 |  cm: 0
go page top