FC2ブログ
02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

阿野きゅんに爆笑する日曜の昼下がり(爆笑追記あり)

今日の朝日新聞朝刊に『わが家の歴史』の全面広告が載っていた

CA1DOONZ.jpg

いろいろなシーンの写真の中に、愛しの阿野きゅん発見!!
阿野キュンが写っているのは4枚あった

おなじみ、帽子をかぶってのカーテン越しシーン
…リアクションがたけしっぽい(笑)

家族でテレビを見ているお茶の間シーン
…髪の毛で顔は隠れているが、あの阿野ヘアーだからすぐわかった(笑)

房子ちゃんとつるちゃんの結婚式の家族集合写真
…みんなフォーマルな中、これが阿野きゅん精いっぱいのフォーマル姿なんすね(笑)
襟の幅広い感じが昭和風。阿野ヘアーが風になびいているみたいだが、けっこう二枚目だ

で、

で、

いちばん笑ったのが、阿野きゅんひとりの写真
…たぶん、運動会のパン食い競争で、アンパン加えてる阿野きゅん
  その髪のなびき具合とものすごく真剣な表情が、おもろ過ぎて

笑って笑って笑いまひたぁぁぁ

ああ、笑いすぎて、腹いてぇ…

この写真と太刀川さんの写真を交互に見ると、
さらに笑えますぜ~~~

爆笑しすぎて疲れた(愚)

やはり、ヤマモトコウジは何人もいるのだ、絶対!!


(爆笑追記)

コメント欄で、t.m.d殿に爆笑阿野きゅん写真を教えていただきました!
t.m.d殿、爆笑情報、ありがとうございます\(^o^)/

わが家の公式のインタビューページにあるアンパンをクリックすると
こんな爆笑写真が出てきたぁぁぁ~

あんんぱんをくわえた阿野キュンの姿が(爆笑)
もう、すごいとしかいいようないぜ、阿野きゅん\(^o^)/
このヘンな体制と、指の開き具合はなんざんしょ(笑)
ヘン過ぎて、愛しい~~~(え)
何回見ても爆笑するしかない…
阿野きゅん、すごいぞ~~~
スポンサーサイト



カテゴリ: ・阿野さん

tb: 0 |  cm: 2
go page top

太刀川さんの手記

パンドラⅡサイトで、

「ついにトミーがアタシのことを」

だははは、つまりは、

ついに
太刀川さんのサイドストーリーが始まったぁぁぁ


で、

「太刀川記者の7つの手記」というタイトルどおり、
ほんとに手記だったぁぁぁ~~~


あはははh~
手記って書いてあるんだから、驚くこともあるまいて(笑)
いや、だってなぁ…
まんま、手記なんですな…

(^_^;)

いや、でも、

この手記を読んでいると、自然と太刀川さんの声が聞こえてきた!!
あの、魅惑のナレーションボイスが聞こえてきた!!

「太刀川さんが耳元で囁いたんです」( by ドリアン風 )


手書き部分は、太刀川コウジが実際に書いたんだろうか…

「機上にてパンドラの箱を思う」
とか
「カタールの富める秘密は天然資源」
とか

中でも、ディスクに書いた赤い字の

「辞令、そして日本へ」

ってのが、バカ受けしたぁぁぁ~

これって、「アタシを喜ばせたい!?」
まさか、パンドラスタッフに同志がいるのか!?
それとも、単なる偶然か!?
ただ普通に書いたフレーズかもしれないが、組!ファンの琴線に触れまくりじゃ

地図部分をクリックすると地図が拡大されるが、
「hungry,povety people need help!?」
とか
「Japan」
とか
この地図の中の英語も、太刀川コウジの手書きかな


地図の折れ具合いや、ポラロイド写真のクリップ留めや付せんや…
なんかリアルです。


この画面にある一つ一つが手記のテーマみたいだから、
次は“カタールの富める秘密”かな
そして“二つの顔のインド”やら“ウクライナ”を経て
手記の最後は
“そして池田屋へ”
でなくって(えへ)
“そして日本へ”
ってことになるのかな、きっと。

日本に帰国するまでにどんな毎日を送っていたのか
どんな取材をしていたのか

こういう手記があると、太刀川さんの存在がリアルになってくる!!


ビーフの煮込み中心のメニューを選んだ」
「日本ソバがついている」

「日本食は当分食べ納めになるだろうから、腹は一杯だがしっかり食っておく」

なんか機内食レポが凄くカワエエんですけど(笑)

「そこそこ快適な空の旅」
ってところもツボったぁぁぁ(笑)

「僕の特派員生活がいよいよ始まろうとしている」
って、カワエエですなぁ、

春夫ぼっちゃま(笑)

「僕の特派員生活」ってのが、めっちゃカワエエっす(*^。^*)

カテゴリ: ・パンドラ

tb: 0 |  cm: 0
go page top