01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

友からのテレ朝テレビ塾レポ

今日はテレビ朝日で
第46回テレビ塾
『トットちゃんの出来るまで』

があり、友が参加してきたそうです。

トットちゃんの脚本を書かれた大石静さんと
服部プロデューサーの楽しいお話が聞けたとのこと。



友曰く
「お話の中に出た、山本耕史&守綱さん話をちょいレポします」

ということで、友のプチレポを紹介します!!


【消え物について】

服部Pがドラマ製作の役割を話されていた時。

「テレ朝の消え物は評判良いんですよ!」

「黒柳家は肉食の家庭だったので、ステーキがばーん!と出されたりして!
山本耕史さんは
「ここに来ると栄養がついて良いな」
と言ってましたよ」



【徹子さんの台本チェック】

出来立ての白い表紙の脚本の段階で、
それを徹子さん渡してチェックしてもらってたそうです。

その例として見せていただいた台本が守綱さんのシーン。
「静かにしてくれ!」
という守綱さんの台詞のところに徹子さん直筆でこんな書き込みが!
(こういうことを)
「口に出して言うことはありませんでした」

細かい所まで徹子さんチェックの入った守綱さんだったんですね!



【大石静さんの感想】

「脚本が実際のドラマになってどうでしたか?」
という話になった時の大石さんの第一声。

「それは、前半は山本耕史に尽きる!」

「山本耕史がヴァイオリンを弾きながら朝を見つめる目なんて
もう~たまりませんでした」

服部Pも
「大石さん、山本耕史さんの守綱を大絶賛してましたよね」
とおっっしゃっていました。


【『トットちゃんまとめてみた』について】

テレビ塾の最後に
「三重県で「『トットちゃん!』まとめてみた」の放送がなかったので再放送して欲しい」
と要望を出された方がいました。

その時、服部Pがひとこと。

「『守綱さんまとめてみた』のことですね」

と言ってました(笑)

以上
耕史くんと守綱さんの話だけちょっとレポしました。


友よ、貴重なレポありがとう\(^o^)/

守綱さんは大石さんもめっちゃお気に入りだったんですね~
そして、ステーキをがんがん食べて栄養つけてた耕ちゃん(笑)

守綱さん大人気だったなぁ・・・
スポンサーサイト

カテゴリ: トットちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

まさかの黒燕尾

昨日、モーリーが亡くなった

それも
「まさかのナレ死かぁぁ」
と落胆。

ああ・・・
そんなぁ・・・

とガックリしつつ、守綱さまの死を惜しんでいたら
今日、まさかまさかの黒燕尾でご登場

回想ではなく、新しく撮った黒燕尾姿

美しい守綱さまがキタ~~
黒燕尾最高
気品があって美しい黒燕尾のお姿に萌えたあああ

微笑みの貴公子だった
ホント、黒燕尾着せたら日本一やで

ああ、守綱さま
天に召されて今はメンフィスでハッカドゥ!!!

最後に黒燕尾姿が見られて幸せでございました。

カテゴリ: トットちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

守綱さま御帰還(第29回・30回)

待って待って待って待って待って待って待って待って
待って待って待って待って待って待って

そして

ああ、やっと守綱さまが帰ってこられたああああ


29回のラスト

帰ってこられたことも嬉しかったが
全身が映ったときの、あのひざから下のおみ足に萌えすぎて
もうもうもうもう
あのまっすぐに伸びた美しいふくらはぎ
なが~~~~いひざ下と足首の細さ

歩いていく姿は、そのおみ足にくぎ付けになっちまって
あそこばっかしリピしてた(あはは)

あの驚異の長さの美しいひざ下を見たら
黒ヒースさまのニーハイブーツを思い出して鼻血でそうになった。

あんな帰還兵姿なのに、おみ足に震えるアタスって・・・

感動の再会なのにおみ足萌えの方が大きくて((笑))

感動してしまうんだもん、何度見ても
あのおみ足のひざから下の美しさには~

はぁぁぁぁぁ~~~



今日の第30回の守綱さま

どこをとっても美男子ぶりがすごい

若いころの尖ったヒリヒリ感は薄まったけど
穏やかで落ち着いた大人の男の美しさに萌えるうう

ああ、なんて美しい人なんだろう


「ママ、きれいだ」キタ~~~~~

これを聞かないとモーリーじゃないもん

くちづけシーンも素敵だったし
バイオリンを弾く守綱さまも美しいし

庭で下駄はいててもお耽美(あはは)

そんな守綱さまのイチバン萌えたのは
朝さんとリハーサルに向かうシーン

なに、あの美しいジェントルマンはああああ~~

美し過ぎて死んだもんね

端整という言葉がこれほど似合うお方はおらんて

眼福過ぎて、もう

ホント、待っててよかったぁ~

カテゴリ: トットちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

日刊スポーツに守綱さま

朝寝坊してふらふらしてたら
友からのメールで覚醒したああ~

「今朝の日刊スポーツにものすごくデカい記事
早く買ってこいよ~」

なにおぉぉぉぉ~~~
デカい記事だとぉぉぉ~~

家族の朝ごはんも犬のご飯も途中でほっぽり出して
チャリを飛ばしてコンビニへ

この勢いでコンビニってあの時を思い出した(笑)
いつだったか、コウジ記事を求めてスポーツ新聞を買いにチャリを飛ばしてて、あまりに「早くその記事を見たい」という思いに集中しすぎて、コンビニにチャリに乗ったまま入ろうとして、お客さんや店員さんたちに笑われたことを・・・
笑われるまでチャリに乗ったままってことに気がつかなかった自分
馬鹿すぎて、もう(笑)
その時のバカ記事が第二章のこちら

今読んでもバカ過ぎる(笑)

そんな勢いで買ってきた日刊スポーツ

これだああああ

moblog_9cf7dda4[1]

日曜日のヒーローという特集記事なのだが
とにかくデカい!!

守綱さま関係の記事だったので
黒燕尾のお写真なのよ~~~

守綱さまのこと、共演者のこと、仕事のこと、家族のこと
そして局長のことを語ってます。
(ま、記事の中で間違いもあるけど・・・
松下さんとは恋に落ちて以来の共演だとか
坊ちゃんで相手役だったのに・・・
黒燕尾なのに黒タキシードだとか)

でもとにかく内容が良くて写真も素敵
徹子さんの絶賛コメントも詳しく載っているし


父になった山本耕史

ってタイトルがついている。

なにより、めっちゃでかい記事だぁぁぁ~

そういや、組!が終わってすぐくらいに、金髪でハーレイに乗った写真の記事がこんな大きさだったなぁ
あれも、もしかしたら日刊スポーツだったのかも・・・

写真のモーリーは顔がふっくらしてるから、、かなり前に受けた取材なんだろうな
だって、昨日のコウジヒューイは顔がシャープだから

とにかく買って読むべし!!!!!!!!

カテゴリ: トットちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

日生コウジ、げと~

こちらの記事でわめいていた(笑)
日本生命のテレビジョン

今日、担当さんが持ってきてくれて
ゲットおおおお~~~

(((o(*゚▽゚*)o)))

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


+゚。*(*´∀`*)*。゚+

表紙になってるってだけでめっちゃテンション上がるなぁ

日生1

守綱さんの格好してるけど
いつもの耕ちゃんスマイルなんで
なんか新鮮だぁ~

日生2

全身ショットも素敵~~~

ああ、素敵だホントに
こういう衣装が似合うなぁ



カテゴリ: トットちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

昭和の男(追記あり)

今日発売のザテレビジョンに嬉しい記事が!!

なんか秋ドラマの特集ページがあって(P15)
半ページ分がトットちゃんになっている。

その中で
「山本耕史の好演に称賛の声」
とタイトルがついてて

デカい吹き出しで

「山本耕史に昭和の男を演じさせたら
右に出る役者はいないわ」


とあるのだあああ~

そうそうそうそうそうなのよぉぉぉ~~
昭和の男が日本一ハマる役者なのよぉぉぉ~

さらに記事は服部Pの嬉しいお言葉が続いているのだ。

父親役は山本さんがいい
と徹子さん直々のリクエストだったとのこと!
うおおおおお~

違う役者さんなら現代のにおいが出てしまうけど
コウジヤマモトなら守綱さんの特異性を中和させていて
芸術家の狂気を残しつつひとりの父親として演じられるとのこと。

そして、そんな風に演じることができるコウジヤマモトのことを
「山本さんはただ者じゃないですね」
とな!!

これを読んだとき
「ただものじゃないわ」
というヘド姐さんの言葉を思い出した(笑)

すごいなぁ
絶賛されとる

昭和の男を演じさせたら右に出る者はいないなんて
すげ~じゃないかぁぁぁ~

前からそう思っていたけど、こうしてテレビ雑誌にそう言われるなんて
ひゃっは~~~~ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿

(追記)
この内容をもっと掘り下げたようなインタビューがウェブアップされました!

ザテレビジョン
いよいよ清野菜名が登場!「トットちゃん!」服部Pが見どころを語る


「お父さん役には徹子さんもすごくこだわりがあって、山本さんがいいと徹子さんがおっしゃったんです。あの役は、違う役者さんがやっていたら現代の匂いが出てしまったと思うんですが、山本さんが演じることで中和されていると思うんです。芸術家のエゴとか、昭和時代の特異性とか、違う人がやっていたらまた違う伝わり方をしていたんじゃないかと。そういう意味でも山本さんにすごく感謝しています。

守綱も徹子が生まれて少し雰囲気が変わりましたが、あれも山本さんの天性の勘だというか。芸術家の狂気性を残しつつ、一人の父親になっている感じも出している彼はただ者じゃない。同時期に「植木等とのぼせもん」(NHK総合)で植木等役をやられていましたが、昭和の空気が似合う方ですね。彼自身もこの1年で現実にお父さんになられて、ちょうどそんな時期にこの役と出会ったのは何か見えない力に引き寄せられているんじゃないかと思いました」



そういや、トットちゃんを観ている大阪の妹からラインが来て

「守綱さん出征の回がいちばん泣けた」

とな。

さらに、

「坊主頭が似合いすぎてびっくりやった」

「軍人姿があまりにかっこよくて
似合い過ぎやろ。
あれ見たら、二等兵ちゃうな
部下とかいそうなエリート軍人みたいやで
軍人が板につきすぎや!
最後は部下をかばって敵陣に独りで突っ込んでいきそうやし
軍議にも参加してそうや」

「めっちゃ強そうや
軍人役やったらええのに
陸軍でも空軍でも海軍でも
生え抜きの軍人がハマるできっと」

だそうな。

カテゴリ: トットちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

表紙再び

友から教えてもらいました
友よ、いつも貴重な情報ありがとう(^^)/

日本生命が出しているザテレビジョンの最新号(11/10号)が
またもコウジヤマモトが表紙とな!!!!!!!

もちろんインタビューもある

トットちゃん関連でのインタビューで
表紙も守綱さまの扮装だそうな

日生のジョンの表紙、再びキタ~~~~

思えば去年の12月も耕ちゃんが表紙でなんとか手に入れたんだった!
入っててよかった、日本生命・・・

去年は陽炎の辻関連での表紙&インタビューだったよなぁ

ゲットできた時はうれしさのあまりクリスマスツリーに飾ったんだっけ

その時の表紙がこちら

またまた日生の我が家担当の方にお願いせねば!!

うほほほ~~~

カテゴリ: トットちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

守綱さまロス

トットちゃん第19回を観すぎたせいで
めちゃくちゃ落ち込んでいる・・・

なんだか憑りつかれたように鬼リピしてしまうのだ。
ひまさえあれば見てしまう、守綱さまの出征の回

見ては胸が苦しくなり
見ては悲しくなり
見ては切なくなり

なんだか自分が取り残されたような気持になってしまう。

守綱さまはもちろん、これで終わりじゃなくて
まだまだ出てくるのはわかっているんだが・・・

ものすごい喪失感が襲ってきて
悲しみのあまり落ち込んでしまった。

単純で影響されやすい性質なんで(>_<)

見過ぎだろう、あまりにも・・・

もうこんなに悲しい気分になるのはわかってんだから
見なければいいのに~~~~

ううううう

なのに

なぜか見てしまう



見て、また哀しい気持ちになって落ち込む・・・

完全に守綱さまロス状態
しかもかなり重症・・・

そして、落ち込みながらも

第一歩兵連隊面会所で朝さんとトットちゃんを見送るときの笑顔が
舞台の幕が下りるときに客席に手を振って微笑む耕ちゃんの顔とそっくりだ~

とか

「御不浄」って言葉、懐かしい
祖母はトイレのことを御不浄と呼んでいたので
当時は私もトイレのことをお手洗いではなく「御不浄」と呼んでいたなぁ

とか

軍人姿があまりにもハマりすぎて凛々しくてカコ良すぎるので
守綱さますでに歴戦の勇士のようだなぁ

とか

いろんなことも思ってしまう


雨ということもあって気鬱になりやすいせいか
守綱さまロスで落ち込み
さらに、土曜日の夜にもう植木コウジに会えない寂しさが加わって
暗い日曜日の朝であった・・・

あああああ~~~~

カテゴリ: トットちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

守綱さまがあああ(第19回)

あああ

とうとう

守綱さまが行ってしまわれた



どの場面も守綱さまにくぎ付けだったけど
最後にホームで指揮をする守綱さま
優雅だった、本当に優雅だった
あのようなお姿でも指先まで優雅だった・・・

守綱さまの黒ずんだ爪が悲しかったけど
やはり守綱さまは優雅だった

そんな守綱さまが戦地へと行ってしまわれた
取り残されたような気持になって
すごく哀しい・・・

でも、凛々しくてかっこよかった
ううう・・・
敬礼するときがめっちゃカコイイ~
頭の形が美し過ぎる~~

悲しいけどいろいろ萌えた

複雑なのじゃ~~~

カテゴリ: トットちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

守綱さまが・・・(第18回)

今日のトットちゃんを見た。


あ、あ、あ、あ、あまりのかっこよさに頭沸騰中

なんだ、あのあまりにもハマっている美坊主はああああ

写真では見ていたからすごい衝撃はなかったが
やはり動く映像で見るとその凛々しさがハンパない

朝さんと同じように言葉を失ったよぉぉぉ

建物の中から朝さんたちを捜しながら出てくる守綱さま
そして、朝さんたちを見つけたとき、視線がぐっと強くなるところ
この目力と軍服・坊主頭がめっちゃカコイイ~~~

そのあとの敬礼も様になっててカコイイし

比較するように出てくる黒燕尾でバイオリンを弾く守綱さまも耽美で

その落差がすげ~~~~

どっちもカコイイ~~~
悶えてしまった・・・

坊主頭の役って初めて見た
頭の形がいいから似合うとは思っていたが・・・
これほどとは、うううううう

めっちゃ凛々しいぃぃぃ
美しい坊主うううう

なんか最後の場面ばっかしリピしすぎて
今日がどん内容だったかすっ飛んでしまった(あはは)

最初の、明ちゃんの死で絶望している守綱さまもお耽美で美しかったが
やっぱ、最後の坊主に持っていかれたああああ~

なんだこの破壊力は
胸がキュンキュンし過ぎて、気が狂いそうじゃ(大げさ)

とにかくすげ~~~~~

萌え過ぎて死んだもんね

カテゴリ: トットちゃん

tb: 0 |  cm: 2
go page top

守綱さま麗しの黒燕尾(第17回)

なんだか・・・
ヘドが終わって・・・
植木コウジも終わって・・・
ちょっと燃え尽き症候群みたいになっちまってて・・・
ふ抜けていました~(^-^;

でも、もちろん毎日楽しみに見ておりやすトットちゃん

「守綱さま週間」が終わったので
毎回ウザい感想記事は書いていないが・・・

昨日は久々に守綱さまに激萌えだったあああ~

いや、お話はどんどんつらくなってきていて
哀しいことばかり・・・

それもいろんなところで拙者の思いとリンクしてしまう

ロッキーとの別れを見るとここでも書いたように
祖母の飼っていたシェパードのことを思い出してしまう。
祖母が私に語ったときは
「知り合いの人にひきとってもらった」
と言っていたが・・・
トットちゃんを見ていたら、実際は違ったんだろうなぁと思った。

学徒出陣という言葉を聞けば父を思ってしまう
ワタスの父は法学部の学生だった時に学徒出陣で出征したのだ。
その後は守綱さんと同じようにシベリアに抑留された。
父はシベリアのことは決して語ろうとはしない。
ワタシがいくら聞いても話をそらす父。
でも、まだ私が小学生だったころ、
ある日シベリア時代の戦友という方が訪ねてきて、
父と2人でうちで一晩中飲み明かしていて
2人で夜中に号泣していた姿に驚いた記憶がある。
大人の男2人があんなに声を上げて号泣するなんて、
夜中に目が覚めたときにその様子を見て、ただただ驚いてショックだった・・・

祖母の話で今でも覚えいるエピソードがある。
神楽坂で料亭をしていた祖母。
もう戦時下になりお店も閉めていたころ。
ある夜に、ふと一人の軍人さんが来て
「おかみ、明日戦地へ行く前にわるいが一杯だけ飲ませてくれ」
と言ったそうな。たぶん祖母の料亭の常連さんだったのかな!?
けっこう上の階級の軍人だったのかもししれない。
そのときその軍人さんが祖母に言ったそうだ
「おかみ、この戦争、日本は負けますよ」
と・・・・・・。
祖母はあまりにも驚いて心臓が止まりそうだったとな。
その当時は常勝だと知らされていて、実際の戦況が隠されていたわけだから・・・
祖母の驚きはハンパなかっただろう。
軍人さんはそのひとことだけを言って黙って一杯のお酒を飲んで去っていったそうだ。

なんだか今のトットちゃんを見ていると、
祖母や父の語った断片がいろいろ蘇って来てしまう・・・

・・・・

・・・・・


・・・・

と、前置が長過ぎるだろ(笑)

黒燕尾ですよ、黒燕尾

守綱週間が終わってからは守綱パパだったけど、
昨日は守綱さま復活だったああああ

黒燕尾着せたら日本一や~~~

なんであんなに似合うんじゃ!!
美しいぃぃぃぃぃぃ~~~~~~

黒燕尾姿で語る守綱さま
そのお姿が美し過ぎて、なかなかセリフが頭に入ってこなかった。

ステージに登場する守綱さま

すっと立って、軽くお辞儀をする
その全身のお姿にまずやられる

ザ・芸術家
っていう雰囲気を身にまとってて
芸術家オーラがでまくっててカコイイ~

観客に語り掛ける守綱さま

背中からのショット

斜め右からの上半身のショット

斜め左からの上半身のショット

そして正面からのアップ

極めつけはソロバイオリンを弾く守綱さま無双

最初は引きのショットから
ぐっと寄って顔とバイオリンだけが映るようなアップ

あの顔の角度
眉間のシワと切なげな眼差し
鼻、耳、眉

まるで彫刻のような美しいフォルムだ~

あああああああ美しい~~
美しいよぉぉぉ~~~
うづぐじぃ~~~~~

美しいったら美しい~~~~~


明ちゃんの死はあまりにも悲しすぎてショックだったし
いろんな場面が映し出されると泣けて泣けて・・・

そんな悲しい場面なのに
不謹慎だが、萌え心がうずいてしまった

ああ・・・
涙を流しながらバイオリンを弾く守綱さま
普通に美しいけど、こんなもんじゃないはずだ!
「守綱さま、バイオリン、涙」となれば、
もっともっと美しく撮れるはずなのに、もったいない
ああ、この場面はもったいない
ああ、惜しいなぁ・・・

などと思ってしまった(スンマセン)

今週はついに守綱さまがあんな格好であんな頭になるのね

あああ・・・・

カテゴリ: トットちゃん

tb: 0 |  cm: 2
go page top

ロングインタビュー

-- read more

カテゴリ: トットちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

衝撃の守綱さま

なななんとトットちゃん公式に上がった来週の予告動画
守綱さまのあのようなお姿があああああ~~

あの守綱さまがああああ~~~
こんなお姿にぃぃぃx~~~

あああああ
衝撃過ぎるううう

今週はジョンヘドでいっぱいで守綱パパの感想記事は書けなかったが
そんなに萌え場面もなく、素敵な守綱パパだった。

すかす、戦争が始まってしまい
ついに守綱さまも戦地へ・・・

あああ来週がコワイ
でも見たい!!

涙涙になりそうだもんなぁ

カテゴリ: トットちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

守綱さま・・・(第10回)

ああ、なんて美しいんだろう

美しい人から美しい言葉が放たれることに感動

そんな回でした。

今日は、守綱パパではなく守綱さまだったぁぁぁ~

乃木坂上倶楽部のダンスぱーりーで
奥さんと踊る守綱さま

タンゴを弾く守綱さま

特高に殴られてる手負いの守綱さま

「私はバイオリンを弾くために生まれてきた人間です」
ああああ
これぞ守綱さまだなぁ、
こんなことを言えるのは守綱さまだけだ・・・


トットちゃんのお話の中に出てくる
バイオリンを弾く守綱さま

すべてが美しいお姿で
「守綱さま」だった~

中でも感動したのはやはり
ダニーさんとのバルコニーのシーンの守綱さま

「こういう時代に芸術家は無力です
でもその一方で人の魂を癒せるのは芸術だけだ」

この
「人の魂を癒せるのは芸術だけだ」
というセリフを守綱さまに言わせるなんて
もう、素晴らしすぎて死んだ~~
ああああああ
なんて美しいお言葉なんだ

「特高に殴られながら僕は思いました
どんなに殴られようとも僕は朝とヴァイオリンを捨てない」

あああああ
なんて美しいお言葉なんだ
「ママ」ではなく「朝」と言うと
めっちゃ萌えるのだ~

これらのお言葉は、ただ美しいだけではない
信念に貫かれた強さ、崇高さ
それも含めての美しさがあり、
そんな美しい言葉が似合い過ぎる守綱さまが美しかった~

守綱さまが言うからこそ、説得力があるし
守綱さまが言うからこそ美しいのだ

あ~
もう安定の守綱パパだなぁなんて気を抜いていたら
不意打ちのようなこの美しい「守綱さま」が見られて
再び魂持っていかれました~~~

新納さんと耕史くんの2人が芸術と愛を語るなんて
こんな素敵なシーンを見せてくださってありがとう
感謝感謝ですううう

すかす
守綱パパ、なにげに水泳がお得意なの!?
しかも飛び込みが得意なの!?

なんか守綱さまと水泳って結びつかなさすぎてウケる~~

家族で海かプールに泳ぎに行ったりしてるのね
パパ、ちゃんと家族サービスもしてるやん

そして

守綱さまの泳ぐシーンを妄想なう

まっちろいお肌の海パン姿かしらん(笑)

カテゴリ: トットちゃん

tb: 0 |  cm: 4
go page top

守綱パパって(第9回)

今日のトットちゃん

いよいよトットちゃんっぽさが全開で
乃木坂上倶楽部のみなさんも健在で
少しは普通になったかと思った守綱パパは
やっぱり守綱ワールドに生きてて
バイオリンと奥さん愛以外は、とんでもヤローで(笑)

「不機嫌なママは見たくないな」

「そっちの方がずっといい」

「綺麗だ」

って、今奥さんが大事な話してんのに
そこじゃねえだろって突っ込みながらも(笑)
これが守綱パパなんだもんね

「僕のバイオリンを聴いているだけで立派な教育だし」

あ、そうですかああ~(笑)

「うちの父は奥さんとバイオリンだけがいればいいって感じでしたね」
BY 徹子さん

そのまんまやな

変わらねえな~(笑)

「僕のバイオリン」を聴いて、
あとは洋裁と本場インドカレーの作り方と
ダンスと油絵を習えばいいってか~(笑)

マジで言ってるんだもんね、パパは、

で、朝さんも
「それじゃあ乃木坂上倶楽部に毎日通えばいいのかしら」
って、マジか~~~

この夫婦、ある意味似た者夫婦ですな(笑)

この親にしてこの子あり
なんか担任の先生にちょっと同情した(笑)
先生、パニクってて可哀そうだった(あはは)


校長先生からの呼び出しにはぜひとも守綱パパに行って欲しかったな

先生方に向かって
「あなた方のような人たちと話すと魂が穢れる」
ってマジで言いそうなんだもん
そんな場面が見たかった(笑)



カテゴリ: トットちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top