08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

時代劇三昧!

昨日も浅倉殿に会いに赤坂へ・・・

・・・

・・・・・

・・

行かなかった。


あははは~
さすがに行ってないっす(笑)

高額チケットだし、ジーザス貧乏だし
何よりもヒマがない(当たり前ですが(^_^;))


昨日は、ふっと時代劇チャンネルをつけたら『樅の木は残った』の1990年版をやっていた!
樅の木といえば、七十郎さん
「他の方が演じている七やんってどんな感じなのかな~」
とが出てくるのを待っていたが、もう死んだ後だった(あははは~)

調べてみると、樅の木の七十郎さんってこんな方々がやっているんですなぁ

伊吹吾郎 (1970年、NHK大河)
役所広司  (1983年、フジテレビ)
西郷輝彦   (1989年、日テレ)
山本耕史  (2010年、テレ朝)

すご~
華もあって時代劇映えする若手実力派の役者さんたちって感じだ~

そんなこんなで、ふと我らの七やんが観たくなって、久しぶりに観てみた!
酒ばっか飲んでるのう~
今見ると、ビジュアルは浅倉殿にかぶるわ(ふふふ)

処刑シーンの七やんは( 見た目は全然違うけど )ジーザスのようにも見えた

そして、よっし~も観た!
七やんセレクションとよっし~セレクションが同じディスクに入っているんで(なはは)

罪人扱いの馬上のよっし~を見て、その品の良さと不幸さに涙…

で、やっぱこういう流れだと、ここにいきついた

半兵衛、半兵衛、半兵衛~~~~~~~

半兵衛さま、ぐほおおお~
夜中まで観てしまった、つい…

浅倉殿を見ているせいか、気持ちが時代劇一色になってしまっている自分がいる!

ホントに、似合うなぁ~~
奈良時代の貴族も、戦国武将も、江戸時代の侍も

どの時代でもおっけ~~~~~

こうなったら、平安貴族とか鎌倉武士とか、も観てみたいのう~~~


スポンサーサイト

カテゴリ: ・樅の木は残った

tb: 0 |  cm: 0
go page top

最忠特報映像がアップ

最忠公式オープンに続き、特報映像がアップされた

「最忠」って~
なんでも略すな!(あはは)

『最後の忠臣蔵』のことだす!


特報映像に修一郎はんのお姿はなかったが、
やはり見ごたえのありそうな映像の数々

こういった作品に出演することの素晴らしさを実感

ああ、早く動く修一郎はんが観たい!!
話す修一郎はんの声が聴きたい!!

「役を生きる」ことのできるお方だから、
修一郎はんは、どんな風にスクリーンの中で生きているんだろう

この父と子の会話はどんな感じなんだろう

ああ、ほんまに楽しみどす

カテゴリ: ・樅の木は残った

tb: 0 |  cm: 0
go page top