04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

レッドプリンス

拙宅のここで紹介したRの法則

そのサイトに予告動画がアップされた。

武将萌(も)え ~石田三成~

赤いジャケットで前髪もふわっと分けてて
しゅてきぃ~~~~

白肌にビビッドな赤が映えるううう

王子様的なお顔だわん

プリンスコウジ、ふふふふふ

久々の赤コウジ、いいなぁ



スポンサーサイト

カテゴリ: 坊ちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

忠勝さまが多摩へ

ああ、ビックリした

バイトの帰りに立川南口を通ったら
なんと忠勝さまのポスターが~~~

ただかつさま

うそぉ~~
忠勝さまが立川に来るとな!!!!!

仮面ライダーのイベントですけど^_^;

拙者にとっては藤岡さんイコール忠勝さまなのじゃ~


これは、立川南口にあるアレアレアという商業ビルでのイベントらしい。

アレアレアサイトに出ている。

とにかくおろろいた~
まさか、チーム徳川のおひとりが、こんな身近におでましとは・・・



カテゴリ: 坊ちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

「やりがいを感じています」

共同通信社のプレスリリースに今日の訪問のことが出ている

滋賀県
NHK大河ドラマ「真田丸」の三成役 俳優・山本耕史さんが石田三成ゆかりの地を訪問


この中でコウジコメントが紹介されていて、テンション上がったぁぁ~

だって、これまで出ていたコウジコメントは、これから三成を演じるにあたってのものだったが、今回のコメントは三成役を実際に演じてみての感想なのだ~~

「「真田丸」では、石田三成のセリフのスピード、正確さ、目の動き一つ一つに意味があり、僕の中でもすごく難しいですが、やりがいを感じています」

こういうコメントは初めて聞くから、うれしぃぃぃ~

みっちゃんに会うのが楽しみすぐるううううう


昨日から今日にかけて何個記事をアップしたことか・・・

ホントはこれにさらにギャラクシーブルーレイ特典のことや食べログレポもあったのだが・・・
記事にする暇がなかった^っすよぉ_^;

こんなに次から次へで、うれしいやら目が回るやら
もう、ひゃっは~~~ですぜ





カテゴリ: 坊ちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

うらなりさん(6)

最後の海辺のシーンは、もう普通に二枚目じゃないのさ~
二枚目過ぎて、ただただうっとりするのみ

しかも、主人公の坊っちゃんストーリーと同時進行というオイシさ

これは「うらなり物語」でもあったのだ、と思えるような構成

ありがたや~~~
感謝感謝~~~


とにかく海辺の場面はひたすら美しいです、すべてが・・・

舟にひとりで乗っているとこなんか、綺麗過ぎて姫じゃん!
姫のお腰入れじゃん(笑)

で、

マドンナに気がついて振り向くとこなんか
見返り美人じゃん

ぬおっと立ちあがって舟から降りた時の立ち姿がオイシイ
全身のフォルムがホントに美しい

そして

2人で舟に乗っている時のラストショットが、またこれ
影だけなのに、美しい~~

うらたん、最後の最後は美しい二枚目で終わった~~\(^o^)/


可愛くて、切なくて、不憫で、可哀想で、しかも二枚目で美しくて
ここまで愛おしいうらなりさんが来るとは~~

予想をはるかに超えた美味しさだったなぁ

2016年の幕開けに、こんなに美味しいものを見せてもらえて、
ハッピーじゃ~

ああ、お宝お宝。

眼福で満足しましたぁぁぁ\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

と、同時に

やはり、山本耕史という役者はすごい!!
どうじゃ!!

と、勝手にどや顔をしてしまうのだった。


うらなりさん、最高!!!!

まだまだ語り倒したいなぁ・・・

カテゴリ: 坊ちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

うらなりさん(5)

涙の告白

やはりリピするのは、圧倒的にここが多い

哀しい送別会から告白までのうらなりさん
ここは特別だ。

まず、コーヒーカップ持つ時、一瞬カチャリンっと鳴る
これでうらなりさんの持つ手がわずかに震えているのがわかるのだ。
この音で、うらなりさんの緊張が伝わってくる。


マドンナと向き合って、「それから」を連発するうらたん

特に最後の「それから」三連発が見事だ!

それから
それから
・・・
それから

文字で表すとこんな感じ

それから
それから
・・・
それから

これが好きだぁ~
特に最後の囁くような声の「それから」がたまらん
次に続く言葉をためにためた感じの「それから」

そして、間

そして、「好きです」

いっきに自分の気持ちを吐露するうらなりさん

ここは何度見てもやられる
何度見ても胸がしめつけられる

涙が出てくる

いっぱいいっぱいなんだもん
一生懸命なんだもん

「好きです」
「あなたのことが大好きです」
これを言うのが、うらたんにとってはどんなにたいへんなことか
どんなに頑張っていることか

一世一代の告白なのだ。

この一生懸命さが胸を打つのだ。

ああ、この涙
得意技なんだけど、感動するううう

この場面のうらなりさんに、こんなにも心を打たれるのは
うらなりさんのまっすぐな気持ちにやられるから、

と同時に、

「ああこれこれこれだこれだ!」
「これなのよ!これ!これ!」
役者山本耕史の仕事を久々に見ることができた~
という嬉しさもあるのだ。

去年の後半からはバラエティ続きで、
なんだか本業に飢えていた気がするので^^;

「役者山本耕史の素晴らしさ、凄さを、久々に実感できた!!」
っていう、そんな気持ちもあって、さらに胸あつなのかもしれないっす。


立ちあがってコーヒーを飲むとき、
少し口からこぼれているのもカワエエ~

涙を無造作に拭く、その手つきが幼くて、カワエエ~

いじらしいなぁ、もう

可愛くていじらしくて切なくて、
ホントに愛おしい人だ、うらなりさんは。

そんな彼を見ていると、泣ける。

可愛すぎて泣ける。

天使過ぎるよぉ~~~


カテゴリ: 坊ちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

うらなりさん(4)

職員会議から生徒の処分発表までの流れはおもろいなぁ~

それぞれのキャラがぐっと際立つ場面だから・・・

ついつい組!目線で観てしまうと
「ショートカットの観柳斉と標準語の有馬さま」
だもんな(あはは)

そして

うらなりさんの心の中で、なにかがめばえたような場面でもあるのだ。

どぎまぎしながらも、なにか今までにはないようなモノに出会って心が動かされたような気がする
そんなうらたんなのだ。

職員会議の時、
教頭の呼び出しにひとり座ってい待っている時
送別会の時

うらなりさんの顔がアップになるたびに
「ああ、美しい・・」
とため息が出た。

特に横顔のアップ
鼻のシルエットが美し過ぎて・・・

ストーリーに関係なく、ひたすらその美しい顔に惚れぼれしてしまう・・・

似合いすぎるのだ、この時代の恰好が!!

夢十夜の漱石も似合いすぎるほど似合っていて
その美しさに惚れ惚れしたが
このうらなりさんも、似合い過ぎて美し過ぎて

いいのか、うらなりさんがこんなに美しくて~~



で、

背中っすよ

今回は特に後半が怒涛の背中連発だった。

演じている耕史くんの背中は、本当に魅力的だ。

背中で語るのが天下一品

怒りに満ちた背中だったり
哀しみだったり、孤独だったり、苦悩だったり
絶望だったり、決意だったり・・・

日本一背中で語れる男

今回のうらなりさんの背中にもやられまひた~

嬉しさだったり、動揺だったり、あきらめだったり、悲しさだったり、

マドンナとデートで、二人並んで座っている時の
うきうきした背中がカワエエ~

涙の告白をした後の去り際の背中も
切ないんだけど、どこか高揚しているようで・・・
さよならを告げたあとの哀しみもあるが、
初めて思い切って自分の気持ちをぶつけることができた!という興奮がある背中だった。

ああ、シビレルううう

学校を出て去っていく時の背中は不憫だけど、
どこか思いきったようなさばさばした感じもあった。

ああ、けなげで愛おしい~~

どの背中も萌えたが、やっぱしイチバンはあの背中だ!!

そう、送別会の背中
宴の後で、ひとり取り残されたうらなりさんの背中

これが最高~~~

この背中で泣けた。

うらなりさんの背中が、あまりにも不憫で可哀想で・・・

でも、
その不憫さが好き~~~
痛々しいから、好き~~
悔しくて情けなくて哀しくてやりきれなくて
背中で泣いている・・・
そんな手負い感がたまらんですううう


転勤を命じられてから送別会~告白~旅立ち
この一連の流れのうらなりさん、最高!!

不憫で可哀想で愛おしいにもほどがある!!

愛おし過ぎるだろ、うらたん
いいのか、うらなりがこんなに胸をきゅんきゅんさせても~

こんなに愛しいうらなりさんが、この世に存在するとは・・・

この愛おしさは罪だ~~
何度見ても愛おしくてたまらねぇ
見悶えするほど愛おしいよ、うらたん

ほんと、正月からこんなに悶えてどうすんだ(笑)

カテゴリ: 坊ちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

うらなりさん(3)

お宝映像も多かったなぁ

首までつかった“温泉うらたん”もあったし
ボートを下りる時の“なまっちろくて細い足首”もあった。

温泉うらたん、もうひと声!!って思ったけど(あはは)
首から下を見せちゃうと、うらたんがマッチョ過ぎるだろ(笑)

足首を見せると最強やで!!
生足首うううう

ああいうふうに、ちらっと足首だけ露出してると、妙にエロいっす
あの細さ
あの白さ

すっ転んだ頼長様の反響を思い出して、笑えた。

オッペケペを見ながら隣のマドンナの様子をちらちら伺う姿も
あ~~~可愛いなぁ

あんな無邪気で嬉しそうな顔すんなよ
可愛すぎるだろ~~~

自分をすべて解放して笑ってるんじゃなくて
やっぱり、遠慮がちに(笑)
隣のマドンナも楽しんでるかな、どうかなって気を使いながら
それでも嬉しくて楽しくて笑ってる・・・

これが可愛いのよ!!

こういう笑いだから、けなげで愛しいのよ、うらたんは。

無邪気なんだけど、やっぱどことなく遠慮がちな笑いだから
可愛すぎて困るのよ~~

可愛いぃぃぃぃぃぃぃ~~~~



うらたんに関しては、切ない場面がほとんどだったが・・・
うらなりさんで唯一笑ったのは、そのオッペケペの後、2人で歩いているところ

ここは、切ない展開なんだが。

最初にマドンナが
「オッペケペッポペッポッポ」
と真似しているのを見て
軽く吹いたあとで
「はは・・」
と、うす~く笑う、うらなりさん

この
「はは・・」
がウケてウケテて

なんか「はは」っていう薄い笑い方がツボに入ってしまったのだ。

声に出して笑ってしまったもんね。

隣のマドンナがなんかめっぽう男前で(笑)
その横で組手しながら「はは」ってよわっちく笑うのがたまらんです。

でも、このあとはずーっと切ないんだよなぁ・・・


そして、耳の次は背中じゃ~

カテゴリ: 坊ちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

うらなりさん(2)

今回のうらなりさん、
もちろん、最大のポイントは、真珠の涙だったんだが

ワタシのポイントは耳だ。

マドンナとデートの約束をしている時
職員室での様子
廊下を歩く時

特に前半は、うらなりさんは後ろ姿なめが多かった。
もちろん、背中ふぇちなんで、愛しき背中にも大萌えだったが・・・

今回は特に「耳」萌えが多かった。

耕史くんは頭の形がよく、そこから、うなじ首~肩へのフォルムが素晴らしい。
で、その形のいい頭についている耳がまたすっごくアタス好みなんだが。

うらたんは、特に
耳が可愛くて
耳が切なくて
耳が美しかった。

耳が、なんかひょこっと付いてて、
すげ~可愛く見えるんだもんね
うらたんの耳の可愛さは異常じゃ~

不思議なもんだなぁ

五稜郭の副長の時は、その耳がきりっと立ってて、戦う男の耳だった。

頼長さまになると、その耳は美しく雅やかな耳だった。
雄大さんなら、意志の強い男らしい耳
黒ヒース様の時の耳は、悪だくみ的な耳

そういや、ヒューイの時は、いかにも白人の耳に見えたなぁ


それが、うらなりさんで出てきたら、その耳がまた全然違って見えたのだ。

同じ人間なんだから、大きさも形も変わってないはずなのに~

なんだか、今までに見たどの耳とも違ってて
ちんまりしてて可愛い耳に見えた。

遠慮がちに人の声を拾っているような
そんな耳・・・
耳さえも遠慮がち(笑)
控えめだけどやたらと可愛い耳だった。

あまりに可愛い耳なんで
観ながら
「なんだこの耳、きゃわええ~~」
って独りで叫んでたもんね(笑)

今回は、背中より、やたらと耳に目が行ってしまったのだ。

さすがコウジヤマモト
耳もその人物に合わせて演技するのか~~

耕史くんが演じるってそういうことなのだ。
その人物になりきるってそういうことなのだ。
身体のどんなパーツも、自然にそのキャラクターになってしまう・・・

だから、うらなりさんの耳は可愛くてけなげで切なくて遠慮がちな耳に見えるのだ。


とにかく、耳に大萌えしましたぁぁ~

耳、可愛いよぉ~、耳

カテゴリ: 坊ちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

うらなりさん(1)

見た~~~

見たら、マジ泣き、マジリピが止まらない~~~

うらたん、あまりにも可愛すぎて泣ける
あんまりにも可愛い人って、見てると泣けてくるもんですな

その「可愛さ」って、単なる可愛さじゃなく
複合的な可愛さなのだ。

見て「きゃわいい~」っていう弾む可愛さ

弱っちぃ
もどかしい
ほっとけない
助けたい
っていう、母性本能直撃な可愛さ

切ない
悲しい
可哀想
っていう、哀れで不憫な可愛さ

そして
さらに

これがイチバンなんだが

けなげ
一途
純愛
純情
ひたむき
っていう、純粋無垢な可愛さ

これだけの「可愛さ」があるから、あんなに胸を打つのだな、うらたん

天使過ぎるううううう


ひょこひょこしてんのよね
歩いても、座ってても

きょどってるし、おどおどしてるし
眼が泳ぐし

場の空気が荒れて波風が立つのを極力避けたい・・・
そんな感じ

それは弱いっていうより、うらなりさんなりの優しさなのかもしれない。

黙っているし、発言しないし、いつも後ろにいるし

でも、いちばんみんなの様子を見ている気がする。
いちばん、いろんなことを察してしまう人なんだろうな。

自分に言われた言葉じゃないのに、きつい言葉を浴びた人を見てると
まるで自分が言われたようにぐさっときてしまう・・・

だから、自分は決して人にそんな思いを抱かせない

何か言われても相手に反論できないのは、
勇気がなくて弱いからっていうより
相手を傷つけたくないから、
相手の立場に立っちゃうから

そんな人に思えたのだ、彼のうらなりさんは。

直接映像には出てこなくても、
「うらなりさんの授業はほんとにきっちりしていただろう」
と思えてくる。
面白みはなくて、生徒たちが退屈だったかもしれないが、(笑)
一回一回の授業に常に全力で取り組んでて、
授業のための準備やらくふうやら、すごく頑張っていたような・・・
すかす、そんながんばりもあまり報われず、生徒たちの反応の薄かったかも
真面目だけどおもろくないし・・・
それでも、毎回真摯に取り組んできたんだろうなぁ

そんな風に思えてくる。

これが山本耕史の素晴らしさなのだ。

耕史くんが演じると、オンエアにはないその人物の日常やバックボーンが自然に出てくるのだ。
わざとらしくなく、あざとさもなく、さりげなく自然に。

欲を言えば、ほんのワンシーンでもうらたんの英語の授業が見てみたかったすけど・・・^_^;


まず、登場の横に首をかしげるシーン

キャワエエ~~~
なに、この可愛いぼくたんは~~

特に後姿
首をかしげてる後ろ頭が可愛すぎて、もうもう
萌えたぁぁぁぁ



さらに

マドンナカフェの小窓

もう、あの可愛さったら、どうしたらええんかわからんかった(笑)

小窓の中にひょこひょこっと顔を出すうらたん。

前のめってる(笑)

あの前のめり具合がツボじゃ~~

この小窓うらたんを見て、ふと黒ヒース様を思い出した。

窓と言ったら黒ヒースだもんね(笑)

嵐が丘二部で初めて登場する窓越しの黒ヒース様の場面。
あの、バリバリに俺様オーラ全開で
美しさと悪魔的な邪悪さが芸術品の域!
窓枠がまるで額縁のようだった。

飾りたい、あの邪悪な窓顔

でも

うらたんの小窓もなんか額縁の絵見たいで、飾りたいな

ゴージャスなリビングが似合う黒ヒース額

カフェカーテンのある、ちっちゃい部屋に飾りたい、うらたん額

あの窓顔とこの窓顔が同じ人間とは到底思えん!!

別人やで、まったく
いや、絶対に別の人間に違いない

カテゴリ: 坊ちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

うらた~ん

ああ、もう
うらたんを早く見たいのに

まだ観られてない(T_T)

録画できてるかどうか、チェックしたまだここ

相変わらずの「まだここ」状態


友から、うらなり絶賛メールが来る来る!!

観た方々も絶賛の声が多いとか(大喜)

さらに
「最後までまんべんなく出てます、うらたん」
とのこと

「なぜうらなりを耕史くんでキャスティングしたかわかったよ!」
と仲間もみんな絶賛
一般も絶賛

これが役者山本耕史だ!
どや!!!!!


まだ観てないのにどや顔するのもなんなんだが(笑)

この役者、ヴォイツェクもやれば
サリエリ様もやるんです。

龍太もやれば頼長様もできるんです。

「演技に幅がある」なんてもんじゃなくて
そもそも限界がないんです
無限なんです

どんな人物にだってなれるんです

演じることに限界がないんです

でも、場を乱さないんです。
ひとりだけ浮いたり目立ち過ぎたりしないんです
自分の役をまっとうするんです
作品のバランスを崩さないんです

そもそも、熱演と名演ってちゃうねん!!

熱演は誰でもできる、すぐにもできる
独りよがりでも、暴走しても
自分だけ突っ走っても、なんでも熱演になる

すかす

名演は力がないと、
センスもないと、
積み重ねもないと、
天賦の才もないとできないんじゃ~~~

真の役者魂を持つ者なら
熱演ではなく名演をめざせ~~~

名演は一日にして成らず

それが本当にプロってもんじゃ~~

・・・と、朝から興奮しちまった^^;

まだ観てもいないのに(笑)


夫を送り出したら、うらなりワールドに浸ろうと思っていたのに
「風邪で寝込んだから来て」
と、娘からSOSがきたんで、看病にいかねばならなくなった。

いつものことですが・・・
大萌えする役や評判のいい時に限ってすぐに観られないアタシ

これも運命か(大げさ)


幸い夫が今日は残業で遅くなるとな\(~o~)/

いくらでも遅くなれよ!
なんなら会社に泊まってこいっての(あはは)

夜まで待ってて、うらた~~ん

カテゴリ: 坊ちゃん

tb: 0 |  cm: 2
go page top

うらたん

※坊ちゃんのスポットCMについての記事ですが、少しネタバレになっているかもです。


あ~ビックリした

なにげにテレビをつけたら
いきなりうらなりくんのアップが映ったぁぁ~

今まで浦島たろこさんだったんで(笑)、
坊ちゃんのCMもじぇんじぇんノーチェックだった。

きっと、もうみなさんは何度も遭遇していて、何度も見ていたんだろうけど・・・

拙者は初めて見ますた、坊ちゃんスポット映像を!!

んで、うらなりくんがめっちゃアップで映るんですなぁ

画面いっぱいに映る、おぼこいうらたん。

今日見た限りでは、このスポットにも何パターンかあるみたいだった。

uratan1.png

何パターンかのうち、イチバンなのが
うらなりくんの涙ながらのアップ!!

マドンナとデートしてるうらたん

うらたん、天使かぁ~~(笑)

こんなカワエエ顔しちゃって

uratan2.png


可愛すぎて、純情過ぎて痛々しいもんね



涙ながらに
「僕はあなたのことが大好きです」
と声を震わせるうらたん

声の震え具合がキャワエエ~
もう純情過ぎて生きていけないんじゃないの~
と思えるほどのけなげさ

しかも

久々のコウジ泣き、キタ~~~

右目だけ、じわ~っと赤くなってきて
真珠のような球形の涙の粒が、こぼれそうでこぼれない
このぎりぎりで涙をとどめながら、
「僕はあなたのことが大好きです」
と言うのだ。

uratan4.png

ああ、もうカワエエやらけなげやら

ほんの数秒のうらたんだったが、マジで愛おしかったっす



カテゴリ: 坊ちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

あちこちにうらなりくん

で、(何)

ステラの後に、友からまたまたメールで教えてもらい、帰りにゲットしたのがTVファン

二宮くんのページで『坊ちゃん』の収録現場が出ていたのだ。

収録現場では共演の古田さんや山本さんと楽しく談笑する二宮くん・・・という感じで、もちろん二宮くん中心の写真なんだが、なにげにうらなりコウジが何枚も写っていた!

ふぁn2

ふぁn1


背中や横顔が多いけど・・・
それがまたコウジ背中フェチにはオイシイっすよ

和服の背中は格別ですのう

二宮くんとコインマジックをしたり、楽しそうにおしゃべりしたり
うらなり耕ちゃんもいっぱいだぁ~~\(~o~)/

カテゴリ: 坊ちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

男前うらなり(追記あり)

サンスポの他にもいろいろキター

モデルプレス


スポニチ

マイナビ

(追記)

とれたてフジテレビ


クランクイン


ドガッチ



コウジコメントもあって、何よりも、うらなり耕ちゃんの写真がカッコいいー

いいのか、
うらなりがこんなに男前で(笑)

似合いすぎるううう

この男前なうらたんが、動くとめっちゃ気弱でカワエエんでしっゃろな
で、切なくてケナゲで、かわいそうで…

情けなくも愛しいうらたんだろうと、期待大だぁ

こういうよわっちぃ気弱なキャラはひさびさだから、新鮮な感じがします!

それにしても、みなさんハマり過ぎてる!
中でも、観柳斎の野だいこがあまりにもハマっている(笑)

男前うらたん、楽しみー\(^o^)/

カテゴリ: 坊ちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

うらなり!!

『坊ちゃん』発表キター

まだ実家にいるので、身動きとれず
録画もできず
なんも出来ん(>_<)

とりあえず

・サンスポ
http://www.sanspo.com/smp/geino/news/20151104/joh15110405040001-s.html

※あとで追記していきまふ


めざましにもキタそうでつ!
張っていた友からのメール来ました!
友よ、ありがとう\(^o^)/

moblog_7ad1a4d6.jpg

moblog_d7f927a0.jpg


和装も激似合うし、明治の洋装も激似合う
めざましには和装のアップや耳を掻いてるうらなりコウジが出たとな!
気の弱いうらなりコウジ、カワエエ


英語教師だから、コウジ英語を聞けるのかな…
気の弱いうらなりコウジ、たのしみー
あの時代の衣装もたのしみー

カテゴリ: 坊ちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top