FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

本物中の本物

赤坂アクトでのあの挑戦的な舞台
演劇の持つ力を見せつけるという意欲的な舞台


魂の奥までガツンと来る舞台


こういう作品が評価されたのが本当にうれしい

あまりに感激したので、東京オーラスや大阪の大千秋楽の自分の記事を読み返してみた。




東京オーラスのあの観客の拍手は本物中の本物だった!
今思い出しても、鳥肌が立つくらいだ。


「拍手に観客の真心がこもっているのを肌で感じた

それが他の舞台の拍手とどう違うのか!?
と聞かれても上手く言えない…
もちろん、どの舞台も気持ちをこめた拍手には違いがないんだが。

なんだったんだろう、あの特別に思えた感動は!?

とにかく、観客の拍手を聞いてあんなに感動したのは初めてだった。
会場全体から湧き上がる拍手を聞いて、あんなに拍手の音に「気持ち」を感じたことはなかった。」


本当にこうだった!
あの拍手のすばらしさは本物中の本物だった!!

そして大阪の大千秋楽での耕史くんの挨拶を思い出す

「今の日本にあるべき演劇の形を白井さんに突きつけられたような気がして、役者としてとても貴重な時間を過ごす事が出来ました」

と・・・。


あの時の舞台、あの時の拍手、
あの時の感動もまた本物中の本物だった!!

そして

自分の中で本物中の本物と思えたものが、一般の投票によって評価されたということ!!
これが本当にうれしいです




カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 4
go page top

ヴォイツェク!!!!!!

震えが止まらない

なんと

なんと

ああ、この感激をどう表現したらいいのか

言葉が見つからない


WOWOWの『勝手に演劇大賞』

ヴォイツェクが

ヴォイツェクが

ヴォイツェクが

ヴォイツェクが

ヴォイツェクが

作品賞と演出家賞を受賞したあああ~

こちらにも出ている!!


作品賞!!!!!!
これが本当にうれしししいしいい

あんなにわずかな公演期間だったのに…

本当に素晴らしいことだ(号泣)

白井さんのコメントを読むと
激しくうなづくことばかり

名作だ!

まさに名作中の名作だ



頼む、再演してくれ~
今度こそ、映像を残してくれ





カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 2
go page top

きのこがニョキニョキ(追記あり)

(追記)18:30

帰宅したああ~
ヴォイツイに出たああ~
今夜だったあああ~

『金曜カーソル』だったああ~

CD発売の宣伝!?
何が出てくるのかようわからんわああ~
キノコがにょきにょきしっぱなしだああ~

ととととととととととりあえず
録画予約だあああ~

コメント欄でうんうん殿もお知らせくださってますように、無料放送です
お知らせコメントありがとうございました(^^)/






やっぱ、あれっすね
局長のお誕生日に一番乗り目指したんだしょうか
あのお方は…(ふふふ)


そんなことも気になりつつ


朝からあまりに気になってハグハグしているのは
ヴォイツェクツイのせいよぉ

こんなつぶやきされちゃったら、もう(グラグラ)

明日の夜って、今夜じゃなくて明日の夜のことか!?
どうなんだろ!?

よくわからんよぉ~~~

どゆこと!?
いつのこと!?
なんのこと!?

心乱れるううううう


WOWOWの番組表を開いてみたけど
わからん(+_+)

ざっと2日分くらい見てみたけど
わからん(-.-)

なんか見落としてんのか、自分・・・



ああ

なんだろなんだろ!?

CDの宣伝が出るのか
まさか・・・とか
少しは・・・とか

ない!ない!ない!

妄想でしかない


でも


・・・


・・・・・


・・・


落ち着かない

安らげない

待てない

の、ないないづくし

朝から、頭の中にきのこがにょきにょき生えてきた気分(あはは)

今騒いでもしょうがないんだし
落ち着いて待ってりゃいいものを・・・

頭ではわかっていても、やっぱ落ち着かねぇ(^^;


こういう日に限って、今日は1日中外出予定になってるし~

ああ、気になる

ああ、落ち着かねぇ

駅の階段、気をつけなきゃ(^^;


激しく気になりつつも、出かけるのだ~

いざ!!!!


でも、頭の中はこう(あはは)

にょきにょきにょきにょきにょきにょきにょきにょき
ja04.gifja02.gifja04.gifja02.gifja04.gifja02.gif 

カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 2
go page top

ヴォイツェク全曲名!!

あああああ

ヴォイツェクの全曲の一覧がアップされてる

すごい!!
すごい!!!
すごい!!!!

ディスク1が13曲
ディスク2が17曲

全部で30曲!!!!!!

タイトルと歌い手の名前を読んでいるだけで
もう、ああ、ああ、泣けてくる

「理不尽な暴力」

あああ

「消えない血」

あああ

このタイトル一覧を見ているだけで
圧倒的な、凄まじい衝撃波が来た
見えない力で激しく心臓をえぐられるような気持ちになる

タイトルを見ているだけで動き出すのだ、何かが…
何か得体のしれない大きな何かが・・・


胸騒ぎが止まらない


そしてTBSサイトにも出た~~

先着50名にヴォイたんクリアファイルがもらえるですとお~

この写真、マジデカいぃぃぃ~


もう他で買っちゃったからなぁ

ヴォイツェクグッズだけの販売はないのか!?

マグカップをもう1個買うべきだったと
今になって後悔してるんで(-.-)


それにしても、タイトルだけでこんなにも心が動くなんて
いったい何なんだ、音楽劇『ヴォイツェク』は…

未だに、

自分にとって何だったのか!?
(いや、過去のものではないから)
自分にとって何なのか!?

その答えは出ていない。

でも

一生のうちでもそうは巡り合えない名作中の名作だということは確かだ!!

カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 0
go page top

毎日ヴォイツェク

いろいろ萌えている毎日だが
相変わらず枕元にヴォイツェクの原作本を置いていて
毎日毎晩、眠る前に読んでいるのだ。

gennsaku.jpg


毎日ヴォイツェクは続いている

なんでだろ!?
なぜか目を通したくなる
ほんのひと場面ずつなんだが…

きっと、いつまでもあの名舞台を忘れないように
忘れたくないから、忘れてなるものか~
という気持ちが強いんだろうなぁ…

原作本を読んでいると、よみがえってくるのだ
あのシーン、そのシーン

映画版だとそうはいかないんだが
文字だけだと、いくらでも浮かべることができる。


これでCDが来たら・・・
と思うとドキドキしすぎて死にそうじだぁ


ヴォイツイも更新してて
「素敵な写真が満載で、サイズは大きくありませんが見応えあるものになりそうです」
とある!!

ああ、ホントに期待しちゃってるぜ~~

余談だが
昨日このヴォイツイを開いたとき
「今日からお稽古が始まりました」
の文字が目に飛び込んできて
なぜか
「ヴォイツェクの稽古が始まった」
と一瞬思った。
本気で思った。
んなわけないんだが(あは)
きっと再演してほしいという願望が強すぎて、なんでもそっち方向へ頭がいってしまうからなんだろうな…



ポニーキャニオンのヴォイCDページを見たら、この間まであった曲のタイトルがなくなっているけど。
あれは仮のタイトルだったのかな…
タイトルに変更があったのかな…


ホントに発売日が待ち遠しい、
早く来い来い、2月26日!!!!!!


そういや雅さま発売の時は日付を勝手にごろあわせしてたな~

第二章のここに書いてあるように)
6月9日が発売日だったから

「雅さまが再び血を吸いにやってくる。つまり牙をむ・くってことで
6月9日は雅が牙を6・9 (む・く)」

なんて書いていた!


このとき以上に楽しみなヴォイCD
発売日の2月26日にかけて・・・

・・・


・・・・・・


・・・


いろいろ考えたが・・・

いまいちこれという語呂合わせが浮かばなかった

語呂合わせって長いとアカンし
あまりに無理やり過ぎてもダメだし

病み上がりは調子が出ないな~

おとなしく待っていようっと(あはは)

カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ヴォイツェク全曲タイトル(追記あり)

(追記)1/27
今ポニーサイトを見たら、曲名が消えているので
もしかしたら曲のタイトルなどに変更があるのかもしれませぬ





ポニーキャニオンサイトにヴォイツェクCD収録曲のタイトルがアップされてるじゃないか

うおおおおお~

いつの間に…

今まで全然気がつかなかったぁ


タイトルを読んでいくだけで涙目になってしまう


今までは、それぞれの曲に勝手なタイトルをつけて呼んでいたんだもんね…


比較するとなかなかオモシロイ

例えば

♪あら兵隊さん素敵ね♪

ワタシは
「あら兵隊さん」
と呼んでいた(あはは)
ホントは
「軍楽隊」
というタイトルのようだ。



♪俺の哀れな~心臓は~♪

ワタシは
「俺の心臓」
と名づけていたが
「哀れな心臓」
だった!
これはなかなか近かったな(笑)



♪俺たちしがない兵隊稼業~♪

この歌は
「兵士の歌」
って呼んでいたが
「居酒屋」
っていうタイトルのようだ。


ヴォイタンゴのタイトルは「悲しみのない世界」か・・・


CD発売によって
「あの世界にまた戻れる」
「あの世界にまた浸れる」
という嬉しさと共に
「三宅さんがいったいどんなセレクトをされたのか」
っていう、それがすごく興味深い!!

舞台は生き物だから、同じ曲でも歌い方や気持ちの出方が毎日違う

全テイクの中からどんなチョイスをされたんだろうか
(ワクワク)

中でも楽しみなのがヴォイタンゴ(『悲しみのない世界』)
この曲は、初日あけと最後の方を比べると、歌の印象が違っていた曲なのだ。
(あくまでもワタシが感じていたってだけですが…)

はっきりした違いとしては、
♪君はどこに~♪
♪君はいない~♪
の「に~」「い~」の伸ばし方
始めは裏声で伸ばしていたが、
後半からは地声で伸ばしていた。

歌の印象で言うと、このヴォイタンゴは、始めは本当に弱々しく魂の抜けたような歌い方だった。
重力のない声というか、浮遊しているような感じ
抜け殻のような空虚な微笑を何度も浮かべながら歌っていたヴォイたん。

それが、いつからか微笑む回数が減って厳しい表情が増えて、
声に主張が出てきたっていうか、なんていうか…
もっとはっきりと、「歌」として歌うようになった気がする。

ま、勝手なワタシの思い込みですが(^_^;)



CDにはどのバージョンが入っているんだろうか


ああ、本当待ち遠しいぃぃ
ワクワクするなぁ

歌も楽しみだが、台詞もすごく楽しみ


ああ~

「頼むから俺を眠らせてくれ」

ううう~

「それがなんだってんだ~」

おおお~

「今日は髪を結わなかったのかい」

ぐぐぐぐぐ…


そして

ヴォイたんだけでなく、あの世界の住人みなさんの歌声や言葉が聞けるのが嬉しい~
60ページのブックレットもワクワクだぁ~

カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ヴォイツェクに乾杯!

なんつうか
あまりに嬉しくて

嬉しいとやっぱ

「ご想像どおりの展開」

やっぱ酒飲みなんで
嬉しいときは飲む!!ってことで

はあああ~

頭の中でヴォイたんが
歌ったり、
驚いたり
ぎこちなく微笑んだり
モップがけしたり
殴られたり
ふらついたり
震えたり、
刺したり
泣いたり
溺れたり

あのヴォイツェク
そのヴォイたん
このフランツ

嬉しくて飲んじゃってるから
頭の中でいろんなヴォイたんが動いてる~~(大丈夫か)



我が家のヴォイたん大集合

ヴィい1


で、ホントは白のドイツワインで乾杯したかったが
(ドイツワインは白と決めてる)
うちには赤いチリワインしかなかったんでこれ
(チリワインは安くて美味しい)

ヴォイツェクのマグカップに入れて飲んでますうう

ヴぉい2

「俺はまだ血まみれかな」

なんかこのマグカップに赤ワインだと
グロいな、おい(笑)

でも、うめ~~~~~


♪かなしみのな~い世界~♪

ふほほほほ~

「俺は鳥の名前を知らないんだ」

いっひひひひ~

「始まりの始まりだよ~」

ひゃっはははは~

「とても我慢できない!」

ふひひひひ~

♪きのこがにょきにょき生えてくる♪

おほほほほ~

「おまえは精神が錯乱しておる」


それでもこの人生はつづいてゆく~

テンション上がって飲む酒は美味い!

カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ヴォイたんが戻ってきた

マグさんのトップがヴォイたんに戻ってるうう

もちろん、マグさんで買うよ~~~ん
特典はなんだろう(ワクワク)

あああああ、ホントに嬉しい~~~


楽しみ過ぎてどうしたらいいのか
もう、あたふたあたふた

喜び過ぎて階段から転げ落ちたり、すっころんだりしないように

とにかく落ち着けぇぇぇ


ヴォイたんマグカップで、コーヒーでも飲もう

カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ヴォイツェクCDに!!

あまりの感激に心臓がバクバクしすぎて吐きそう

おおおおおおおおちつけぇぇぇぇぇ~

・・・

・・・・・

・・・・

ぜぇぜぇぜぇ…


ポニーさんのサイトを落ち着いてやっと読んだ

「さらに初回生産限定盤は、舞台写真集(60P)付き」

舞台写真集60ページだとおおおおお
しかも曲のみのCDじゃなくて、CD二枚組み(130分)ってことは、台詞も全部かぁ~~


喜び過ぎて、頭爆発しそうじゃぁ~~~



ヴォイツェクついのここにあるように

「公演を記録用に録音した音源をCD化することが決定いたしました!!」

とのこと。

本当にヴォイツェクへの熱い思いがたくさん寄せられたんだなぁ~
(感涙)

CD化の予定がなかったのに、この舞台の素晴らしさが観た人の胸を打ち、それを実現させたのだ!
この作品は本物中の本物ってことなのだあああ~

そして、全曲オリジナルの強みを実感!


アマゾンにももう出ているうう
ヴォイたんの写真も出てるうう





ああ、あまりの興奮で文章がいつもに増して変になってる(あはは)


なんかどうしたらいいかわからんので、とりあえず自分の書いたヴォイツェクの感想記事を全部読み返しています

カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ヴォイツェクCD発売キタ~

ゆゆゆゆめじゃないよね(感激)

ホントにホントだよね(嬉大泣)

ここ数日、
「もしかしたら・・・」
とバクバクしていたが

「ついに、とうとう、トミーがアタシのことを」


ついに

ヴォイツェクCDの

発売が

正式に

決定した



かかかかかかかかか

あああああああ

ほほほほほほほほほ

ああああああああああ

(訳すと)
関係者のみなさま
ありがとうございます
本当に
ありがとうございます


ヴォイツェクのツイについに出た

ポニーキャニオンのサイトにも出た!

2月26日発売

「山本耕史主演。
映像化されることのなかった話題の舞台のライブレコーディング音源約130分をCD2枚組に収録した待望のメモリアル盤」

とな!!!!!!!

うおおおおおお

あまりに感激してしまい
パソのキイが上手く打てないっ

カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 2
go page top

初笑い・初妄想

始まりましたな、2014年!!

マグさんトップがずっとヴォイツェクのままで嬉しかったが

「元旦には変わるだろうから
大晦日までの見納めだな」

と思っていた。

思っていた

いた

いたんだが

やられましたな~~

いくら午年だからって
まさかこう来るとは

この馬があまりの迫力で
こえ~~よぉぉぉ~~~(笑)

てっきり秀忠でくると思っていたから
あまりの不意打ちに死ぬほど笑った~

2011年のお正月は半兵衛さまだったもんね

あの時も半たまの肩にウサギが乗っててウケまくったが
すかす、今年はあまりに予想を裏切ったんで
オオオオオウケ、バカウケ、

ああ、ほんとにすばらすぃ~~


お正月もヴォイたんがいる~(喜)
ツンとした鼻がかっわええ~~
半開きの口もラブリー
ボサっている頭もきゃわいい~


じっと見ていたら、この構図でヴォイたん以外の人物をはめたくなってくきた!

イチバンはまりそうなのが
阿野さん!
見た目のインパクトも含めて
あとは
スズキナオキ
モンゾウさんなんか、自分も馬の着ぐるみ着そうだもんな(笑)


モーたんは、意外にはまる!
常識にとらわれず好奇心ありありなキラキラオーラで馬人間を見ているモーツァルトを妄想!

龍太もいいかも
「なんなんだこいつは~」
みたいな


逆に貴族オーラな方々をはめるとおもろい!

サリエリさまなんか、いかにも不愉快そうに見ていたり
ドリアンさまなんか、「私に近寄るな」オーラを出しまくる

頼長さまは、意外に寄っていくかも
「これはなんぞ!?」
でも、汚らしいのが嫌いだから、家来に洗うように指示するかも


やはりこの馬人間と並んでイチバンインパクトあるのは

そう

「誰かアタシを呼んだ!?
呼ばれたかと思った」

ヘド姐さん~~~

「あんた、なんなのよ
馬なの人間なの
どっちかハッキリしなさいよ」

なんて罵倒しながらも、なでたりしそう




そんな妄想もできて、マグさんに感謝感謝(^o^)/

元旦から笑わせてもらったぜ!!

2014年、初笑い&初妄想でござった

カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 0
go page top

朝からヴォイツェク!

あわわわわ~

なんと

なんというタイミングだあああ~


今、ふとヴォイタンゴ

♪悲しみのな~いせ~か~い
苦しみのな~いせ~か~い~よ♪

を口ずさみながらテレビをつけたら…

ヴォイツェクが自分のトランクをあけて
アンドレースにシャツをあげてた

ああ、ビックリした…

たまたまチャンネルがWOWOWになってて
たまたま映画版ヴォイツェクをオンエア中だったんですな…


しかし、マジでおろろいた~

あまりのタイミングのよさに…

そして、出勤前なのに見入ってしまい
ナイフが買う場面まで観ていて

・・・

・・・・

・・・

泣けてきた(ToT)

いかんいかん
これから仕事じゃ~~~

あああ…




カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 0
go page top

北へ

東京駅から越後へ向かう新幹線に乗った!
明日の叔父の葬儀のため、越後へ

明日の夜には多摩へ帰還
日曜は朝から仕事
…という強行軍でござる。

旅のお伴はこれ
moblog_d0463223.jpg


まだまだまだまだまだ(笑)
まだまだヴォイツェクですう

何度読み返したかわかんないー
やめられませんのやー
もはや、中毒(^^;

だって

読んでいると舞台が蘇るんだもん

夜遅くに越後着だが、さぞや寒いだろうなぁ
越後生まれ越後育ちだが、もはや多摩暮らしの方が長くなっているんで、寒さに弱くなってます。

いざ、越後へ


カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ふたつの訃報

ほぼ時を同じくして訃報がふたつ届いた


ひとつは叔父の死。

闘病生活が長かった叔父で、かなりの高齢だったが…

叔父さんには幼い頃から本当に可愛がってもらった。

いつも楽しませてくれて
いつも応援してくれていて
いつもいつも暖かい愛情を注いでくれた叔父さんだった。

今は笑顔しか浮かばないなぁ…

長い闘病から解放されて、心安らかになったと思いたい。



そしてもうひとつの訃報

それは、早すぎる友の死の知らせだった…

二十代頃、追っかけの君に夢中だったワタシだが
その追っかけ仲間の一人が彼女だった。

美しく聡明で、いつもいつも微笑んでいた。

徹夜で並んだり
出待ちをしたり
一緒に泣いたり笑ったり
苦楽を共にした若き日の仲間。

彼女は控えめでおとなしい人だった。
ワタシや大阪の妹たちが、アホなギャグを飛ばしたりモノマネしたりでワイワイと騒いでいる時も、それを見ているだけだったが、振り返るといつも優しく微笑んでいる彼女がいたんだよなぁ…

ほぼワタシと同世代の友が亡くなったとは…
にわかには信じがたいことだった

彼女は、ワタシが結婚したばかりの時に、多摩のアパートにも泊まりに来てくれたっけなぁ…
関西在住の彼女だったが、東京に来る機会は多かったようだ。

ここ数年は年賀状のやりとりだけになっていたけど、
最後に会ったのはいつだったろうか・・・・・

彼女の死を知らせるはがきには、娘を励ましながら看病し続けたお母様の言葉があった。
彼女が亡くなったのは9月だったとのこと。
「すぐにお知らせするべき処でございましたが、あまりの哀しみに力が抜け、お知らせするのが今になってしまいました」
というお言葉を読んで涙が止まらなかった。
自分より先に娘が亡くなってしまうというのは、どれほど哀しくおつらいことだろうか…
その哀しみの深さ大きさは想像できない…

かつての追っかけ仲間と相談しあって、彼女へ向けたメッセージをそれぞれが書いたボードとお線香を送ることになった。

なんて書けばいいんだろうか…



ふたつの訃報を受けて、
「どうかワタシの愛した人たちが、あちらの世界でも安らかでありますように」
と祈りつつも、
「きっと、あちらの世界では安らぎと幸せに包まれているに違いない!」
と確信している自分がいる。


自分が「とっ散らかったヴォイツェク語り(4)」で書いた死生観とは別の思いがわきあがる。
自分の死については悲観的だが、大切な人たちの死については躊躇なく希望的に考えるんだな、ワタシってやつは。

カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 2
go page top

ヴォイツェクこれくしょん!

ジジババは無事に越後へ帰りました~

いやはや
パワフルな数日間でござった(あはは)

不肖の娘にダメ出しの嵐
そして都心探索
高幡不動参詣
横浜の叔母宅訪問
娘のフィアンセくんとの会食
おまけに
「孫は私たちの宝物ですからね!ね!」
となにげに娘のフィアンセにプレッシャーもかけて(笑)
ジジババ旋風を巻き起こして去っていった。






ついに


「ついにトミーがアタシのことを」

ついに明日からお歳暮バイトが始まるぅぅぅ
自由な時間がほとんどなくなる、うお~


「それで仕方なく多摩へ帰ってみると
それはひっくり返った家だった」(by 老人風)

あっははっは~(^_^;)

もう、なにもできずに、とっ散らかったまま
家中の部屋がひっくり返った状態…

このまま短期集中バイト生活へ突入だぁ


・・・・・・


でも


・・・・


・・・・・・


・・・


まだまだ頭の切り替えができず
まだまだヴォイツェク

なんとか気持ちを切り替えようと
テンプレを通常に戻してみた

なんかさみしい


寂しいから、ヴォイツェク用のテンプレを並べてみようっと。
(FC2用のテンプレをほぼそのまま使ったものや、素材サイトさまからいろいろお借りして自分なりに作ったものなど、いろいろです)

始めはポスターやCMからイメージしたデザインだった。

wo1.png

wo2.png

いったいどんま舞台なのか、想像もつかず、
得体の知れない何か…
そんなイメージだったよなぁ





これはヴォイツェクが狂気からマリーの殺害へと走る激情のイメージ
冷めた青と血の色みたいな赤
wo3.png





最後に作ったテンプレがこれ
マリーと二人で見る赤い月と
「俺はまだ血まみれかな」
というヴォイツェクのセリフからイメージした
これ、かなり気に入ってます。

wo5.png




そして、

自分の中のヴォイツェクのイメージ
イチバン気持ちをこめたテンプレがこれだった!

wo4.png


初めて作ったものと舞台を観てから作ったもの
そのイメージのかけ離れ具合いが、オモシロいですなぁ~



カテゴリ: ヴォイツェク

tb: 0 |  cm: 2
go page top