08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

後戻り…

写真展を見にいって、やっと少し正気を取り戻したのに
またぶり返してしまった~

このタイミングであのラストディナーは罪過ぎた

完全に後戻り
いやそれどころかますます重症になった気がする・・・


だって、あまりにもリンクしてしまうんだもんなぁ


ヨシオが
「っ雪だ」
って言う時のあの顔、あの目の動き

「雪だ」って声に出す前の、あの輝いた顔

目に星が入っているかのようなキラキラした目の輝き

この顔を見ると

アロイジアを初めて見たときのモーたんを思い出してしまうじゃないのさ~

キラキラ輝くあのなんとも言えない表情
あの顔が大好きだった…


ストップモーションがかかっているヨシオを見ると
サリエリが語る間のモーたんの静止したポーズを思い出してしまった…


「思い出が欲しいんだ
もうそれしか持っていけるものがないんだ」
って言ったときの、ちょっぴり切なそうな、あの眉の動き

最後に火を灯しながら微笑む、あの顔

ぜぇ~~んぶモーツァルトにリンクしてしまうのだぁぁぁ

違うドラマなんだが、
見方間違っているが

わかっているけど自分でもどうしようもない

ああ、どうしてもリンクしてしまう

で、切なくなるのにまた観る
観てはまた切なくなる
で、また観ては切なくなる

この地獄のエンドレスを誰かなんとかしてくれ~~~~




女の子たちときゃあきゃあ騒いで何度も通り過ぎるモーたん
決して顔を見せることなく、あっという間に通り過ぎていく

そして、さんざんじらされた後に
ばばば~~~んと登場する

「ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトが参りました」

まさにスター登場の瞬間だった!

ああ、あれからずっと夢を見続けているような気がする…

あ~あ完全に逆戻りしてまんな
ああ、ロスは続く
スポンサーサイト

カテゴリ: ラストディナー

tb: 0 |  cm: 0
go page top

奇跡の透明感

ラストディナー第1夜を観た


なんだあの透明感は

なぜあんなにも透明感を出せるんだろう・・・

生身の人間が演じて、何も使わず
演じるってことだけであれだけの透明感を出せるのは
この世の奇跡だ!!


ヨシオの言葉は、はっきりとは伝わってくるのに
なにか現実味がなく…

目の前にいるのに別の世界から聞こえてくるような
いや、でも目の前でちゃんと話しているような
夢と現実を行き来しているような

なんともいえない微妙な非現実感があって

麗奈ちゃんとの温度差が本当に切なかった


ヨシオが微笑めば微笑むほど切なくなる~

透明感がありすぎて、微笑まれても悲しくなるばかり


ここにいるけどもはや魂だけなんだなぁ…
物体として存在していないんだなぁ…

それがほんとに切なかった

言葉の内容よりも、彼の存在自体が哀しいんだもん
彼を見ているだけで切ないんだもん

麗奈ちゃんの気持ちと観ているこっちが完全に同化していた!



なんでこんな風に演じられるんだ、コウジヤマモトは!!
なにをどうやるとあんな演技ができるんだ~

理屈じゃねえんだ
きっと台本を読んだ時に五感で役を掴むんだろうなぁ…



いや、ほんとにあの透明感はすごい!!
コウジヤマモトの透明感は、美しいけどどこか悲しいのだ

そして、
あのふわっとすべてを包むような眼差しは罪だ~~~

あれ見ちゃったら、もうひっくり返りそうになったもんね
いや、ドロドロに溶けていきそうになったというべきか…


ヤバすぎるうううううう…




演出もステキだった

すっと消えたり
うおっと現れたり

そのたびに麗奈ちゃんと一緒にドギマギした…



で、やっぱ
「アンタもカントも」(by ヘド姐さん)

あははh~

なんでもかんでもモーたんに結びつけてしまうんで
(なんせロスだから)

登場一発目の「やあ!」

っから、すでにモーツァルトの残像を見てしまった(^_^;)

だって「やあ」だもん
「やあ」ときたら
「サリエリ、元気だったかい」
と続けたくなるのはモーロス患者なら仕方ないこっちゃ(あ~あ)

もちろん、去っていくときの最後の微笑みなんか
まさに天国で父上母上に再会したあと最後のモーたんの微笑みとダブらせてしまったし

途中、麗奈ちゃんがレストルームへ目をやったとき
男性用・女性用の意味で照明が青と赤になっていたのを見たら
「ああ、インディゴバージョン・ルージュバージョン」
って思ってしまった・・・(あ~あ)


それにしても
ライターをつける手が美しい!
シャンパングラスを持つ手も美しい
ナイフとフォークで食べるのも美しい

あれもこれも全部美しい
美しいという言葉しか出てこない自分がもどかしい…

ジャケットが惜しかったのがちと残念だったが(^_^;)

でも、いいのいいの
あの奇跡の透明感を持つ顔を見ているだけで
満足じゃ~~~~\(^o^)/

カテゴリ: ラストディナー

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ヨシオ!

まだまだまだまだまだまだまだまだ
まだまだまだまだまだまだ(しつこ~)

まだまだ魂をモーたんとサリエリ様にもっていかれたままの日々ですが…


『ラストディナー』のオンエアが近づいてきた

第1夜「また逢える日」

BSオンラインには写真もアップされていた!

そしてテレマップムービーでは第一夜の動画がアップされとった!

なんか現代人の姿が新鮮ですのう(あは)



名前がまたまたヨシオなのか~

よっし~再び(違)

よしお聞くと、藤原よっし~が懐かしい
このよっし~カワエエエエエ~


で、レディージョーカーの役も「よしのぶ」

「よし」「よし」続きですべてよし!
こいつぁ春から演技がエエぞ~~~

なんてくだらないダシャレをかましている間に時代は進み
ご本人はもう19世紀のヨーロッパへワープし始めておられる模様…

ロスがひどくてまだまだ平常に戻れないままだが、
いろいろ抜からぬようについて行かねば!


まずはよっし~だ!!



カテゴリ: ラストディナー

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プレミアムな男

すっかりモーツァルトな世界に浸っていて、
こんな時にあれですが(^_^;)

ドラマ情報がふたつ

まずはラストディナー

昨日完成披露試写会があったとな!

いろんな記事があったが耕史くんの名前が出てくる記事は
シネマトゥデイくらいかな…
「場面転換のない設定で、まるで舞台をやっている感覚。
脚本の言葉を大切にしようとすごい緊張でした。
相手役の山本耕史さんと演じながら、自分でいつ泣いてしまうか予測がつかないほど入り込んだ」
という麗奈さんのコメント。

3月近くになるともっと映像が出てきそうですな~
土スタとかプレマで!


そして新作ドラマ情報が!!

短編ドラマ「あなたに似た誰か」

第2話 「記憶の海」 山本耕史、中越典子、カンニング竹山、山本學

以前に出演した『永遠の泉』の原作と同じ小説からのドラマ化とのこと。
原作は藤原新也さんの『コスモスの影にはいつも誰かが隠れている』

この短編集は14編
・尾瀬に死す
・コスモスの影にはいつも誰かが隠れている
・海辺のトメさんとクビワとゼロ
・ツインカップ
・車窓の向こうの人生
・あじさいのころ
・カハタレバナ
・さすらいのオルゴール
・ 街の喧騒に埋もれて消えるくらい小さくてかけがえのないもの
・トウキョウアリガト
・世界でたったひとつの手帳に書かれていること
・六十二本と二十一本のバラ
・運命は風に吹かれる花びらのよう
・夏のかたみ

永遠の泉の原作が「尾瀬に死す」
第1話が「カハタレバナ」
第3話が「車窓の向こうの人生」

すると耕史くん主演の第2話「記憶の海」はどれをもとにしているんだろうか!?

共演がおこんちゃんだ~
気心の知れた二人がまたどんな風に絡むのか、楽しみですな!

オンエアは5月…

5月かぁ…
モントロンさまで頭がいっぱい、
副長強化月間で頭がいっぱい

そんなテンションの中、ふっと心を癒してくれるドラマになることを期待してます!
めっちゃとびきり二枚目コウジを、ひとつお願いしたい~


しかしBSプレミアのドラマが続くにょ~

上質のドラマでうれしいが、まさにプレミアな男だな(笑)
  


カテゴリ: ラストディナー

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ミステリアスな男

モーたんの初日が迫ってきて
あまりにドキドキし過ぎて具合が悪い(アホ)

と、そんな中で『ラストディナー』のプレマを初めて観た!!

こちらで書いたプレマの2分バージョン

各エピソードのシーンが少しずつ出たが、第1話ということで、麗奈さん・コウジバージョンのエピがいっぱい映った
\(^o^)/


舞台だ!
セットも耕史くんの登場の仕方も、まるで舞台
もろに一幕ものの舞台劇みたいだった

「ミステリアスな恋人役に山本耕史さん」

と紹介があり、台詞もいくつか聞けた~

シンプルな服装
軽く微笑んでいるミステリアス耕ちゃんが美しい~~~


他のエピソードもどれも面白そう~

個人的には、いっけいさんのやつと賀来さん・かたせさんのエピが特に

オンエアの日は3月9日…

このとき、自分がどうなっているか予測不能
モーたんロスで燃え尽き症候群になっているのか、
ちゃんと普通に暮らしているのか(大げさ)

でも、このドラマのミステリアス耕ちゃんで一呼吸できるかも…


カテゴリ: ラストディナー

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ラストディナーのBSプレマ

NHKオンラインの番組表に載っていた
BSドラマ『ラストディナー』のBSプレマップがオンエアされるぞ~

★2月2日(土)

・午前6:55~午前6:57(2分



★2月3日(日)

・午前2:57~午前3:00(3分)



★2月4日(月)

・午前6:57~午前7:00(3分)

・午後6:57~午後7:00(3分)

・午後10:53~午後10:55(2分)



★2月5日(火)

・午前11:33~午前11:35(2分)




番組表を見る限りでは、2分と3分があるようですが…
まだまだこれから、もっと長いバージョンのオンエアがあるだろうとは思いますが、とりあえずラストディナー初映像はこれで!

(間違いや変更などがあるかもしれませんので、予約するときは時間確認してくださいね!)


って、

自分が抜からんようにせにゃならんぜよ~
ブログに書いてしまうと、なんかひと仕事終えたって感じで、書いておきながら自分が録画予約を忘れることがままあるのだ(愚)

カテゴリ: ラストディナー

tb: 0 |  cm: 0
go page top

姿を消した恋人

ドラマご出演情報キタ~~~


NHKプレミア
『ラストディナー』第1夜「また逢える日」


田中麗奈さんとは『派遣のオスカル』以来の共演!
そして、脚本は岩松さんだ~


各紙だいたい同じような内容で載っていた

オリコン

まんたん

映画コム

シネマトゥデイ


スポーツ報知では麗奈さんのコメントもあった!

「幻想的なセットの中、ほぼノンストップで撮影していくので、ドラマというより舞台をやっているような感覚でした。新しいスタイルで作られたこのドラマが、皆様にどんなふうに届くのかとても楽しみです」

耕史くんは1年前に姿を消した恋人とな

平原さんが1話ごとにカバーするのは名曲ばかり…
MISIA「Everything」、
小田和正「たしかなこと」、
GO!GO!7188「こいのうた」、
森山直太朗「さくら(独唱)」、
米米CLUB「君がいるだけで」、
中島みゆき「糸」、
荒井由実「朝陽の中で微笑んで」


コウジ回はどの曲かな~

ネットに載ったのはこの7曲
でも、お話は8話あるから、あと1曲は平原さんの曲なんだろうか!?
まさか「ジュピター」

個人的にはコウジ回にはジュピター希望だが、
やはり恋人同士のラブストーリーとなるとEverythingか…

ま、それはオンエアを観てのお楽しみってことで



他の回のキャストもエエですな~

特に楽しみなのは、まりこと吉良さまの第2夜「最後の言葉」

あと、鎌田さんの書く第7夜「私が殺した女」もエエなぁ



いやはや、次から次へ、めまぐるしい~~
今年もコウジ祭りは続きますな!!!!!

2月のモーツァルトが終わったら、あまりの虚脱感で生ける屍になると踏んでいるのだが…
(ToT)(>_<)
でも、
3月はレディージョーカー、ラストディナー
4月からはモントロン
5月は副長強化月間

テンションが地の底まで下がるヒマはなさそうじゃ~
\(^o^)/





カテゴリ: ラストディナー

tb: 0 |  cm: 0
go page top