FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

本日(5/9)の公演・ライブビューイング中止

東京芸術劇場のサイトに残念なお知らせが…

本日(9日)「おのれナポレオン」昼・夜公演中止のお知らせとお詫び(続報2)

「中止対象公演:5月8日 19時、5月9日 14時・19時の計3公演」

「本公演中止に伴い、全国ライブビューイングの実施は、残念ながら、中止させていただきます」


とのこと。

明日からの公演についても今夜の20時以降に発表があるとのことです。


残念・・・

だけど仕方ない・・・

天海さんの回復を祈りつつ
チームおのナポのみなさんにエールを送ります。

スタッフ・出演者のみなさん
がんばれ~~~~

カテゴリ: おのれナポレオン

tb: 0 |  cm: 0
go page top

そんな…

こちらのニュースを見てあまりに驚いて…

なんと…

天海さんが…

本当にお気持ちを考えると胸が張り裂けそうです
でも、どうかどうか、治療に専念してください!
早く元気になられますようにと祈るのみです。


芸劇サイトには公演中止・出演者交代のお知らせが!!

「本日5月8日(水)19時及び明日5月9日(木)14時の公演は、中止とさせていただきます」

そして

「今後の公演ですが、天海さんの演じられたアルヴィーヌ役の代役を、宮沢りえさんにお引き受け頂くこととなりました。宮沢さんの勇気あるご英断に、心から感謝申し上げます。上演の再開時期については、現在、最終調整中です。」

「チケット払い戻しの方法、9日(木)19時以降の公演、ライブ・ビューイングの詳細等につきましては、本日17:00頃に主催者ホームページなどで発表させていただく予定です。」

とのこと・・・

宮沢さん、本当に大きいご決断をしてくださって…
今は、みなさんでお稽古でしょうか

宮沢さん、出演者のみなさん、頑張ってください!


ただただ応援あるのみです


がんばれ~、チームおのナポ!!



カテゴリ: おのれナポレオン

tb: 0 |  cm: 0
go page top

モントロンろん

いや~
昨日はホントに楽しかった\(^o^)/

前回は心臓破り席だったんで、
モントロンにロックオンし過ぎて
心臓破れそうで
余裕がなかったが(あはは)


昨夜はセンター枠の席だったんで、舞台全体をよく観て作品を堪能しますた~

あ、

あは

あはは・・・


ちょっとばかし嘘ついた(笑)

全体も観たが、時々はモントロンにロックオンしながら観た

あいや、度々はロックオンしつつ観た(笑)


タッチアンドムーブの時のロウに向ける変顔が、
無駄なほどパワーアップされていた(あはは)

あの顔はどこへ向かっているのだろうか(笑)
なにを求めているのだろうか(笑)



9歳のモンたんがいつも以上にキモ可愛かった

ここは、9歳になったモントロンもモチロン楽しみだが、
9歳になる瞬間を見るのが、何よりのツボなのだ

「俺は~」
と言いつつ椅子に微妙に座りなおし
椅子の背もたれにキチキチに背中を当てて
顔を上げた瞬間に9歳の男の子になっている
目も顔つきも手の動きも、そして首のすくみ具合いと肩も
一瞬にして9歳~~~

この変わり目がツボじゃ




ギターを弾いているときは、いつもけっこうシリアス顔
このシリアス顔がカッコイイが、
昨夜は、ギターを弾きながら、たまに微笑が出た!

ワタシが見た中ではギターモントロンが微笑んだのは初めてだった~
「マジ顔でギター」もエエが
「ギター爪弾きつつ微笑む」ってのもエエですなぁ

マジ顔で弾きつつ、時に微笑むギター貴族
この微笑に、なんかズキュンと萌えましたぁ~




そして

そして

モントロン語りなら、やっぱ名物を語らんとなぁ
名物て(あはは~)

おのナポ名物「レモネード・モントロン
略してレモロン(何)

昨日のレモロンは、
「これがまあすごかったわけ
(by ヘド姐さん風)

グラスを上下左右と自由自在に操るマジシャン・シャルル
その魔法のようなグラス芸に客席が「おお~」

そしてとにかく回る回る

さらに昨日はダメ押しのバレリーナまで出た~~~

グラスを持ちながら片足軸で1回転

ちゃんと回る前にアン・ドウ・トロワとポーズをキメていた~
ピルエットっていうのかな、そんな感じ
この回転は苦悩ダンサーズを思い出した~

まさにバレリーナのよう
「バレリーナのようにクルクル回る」とくれば
やっぱ思い出すのはMNRのこのフレーズ

♪And you're spinning like a 45
Ballerina dancing to your rock and roll♪

脳内では、「バレリーナ!」と唸なりながら歌う声まで再生された

ここでも客席が「おお~」


レモロンは

グラスマジック芸で「おお~」
バレリーナ回転で「おお~」

やはり名物じゃな(笑)



萌え顔は今までにもさんざん書いてきたが、昨日は特にここに萌えた

ひとつは
ナポレオンが死んで死因もわかり、密談も終わり
ロウとモントロンが二人一緒に奥へ引っ込むところ
行こうとするモントロンに
「まてよ」
とロウさまがさらなる疑念を抱いて立ち止まる
するとモントロンが壁ギリギリのところで振り返る

ここに萌えたあああ~~~(わかりづらい~(笑))

振り返りざまの厳しい顔が趣味過ぎ
そして、イチバン立ち姿がかっこよく見える斜めなシルエット
壁際で少し暗がりってのがさらにかっこよさ倍増で
燃えて萌えて萌えたあああ~


もうひとつは、ラスト近くのやさぐれモントロン
ぺらぺらとしゃべっていたと指摘され
「俺がかよ!」
「って俺かよ!」
このニ連発が歳っぽくて萌えるのだが
激萌えポイントは、その後

「自分がいやになるよ」
って時のモンたんがもう最高~~~
\(^o^)/

ちょっと苦笑いで
大きく手を広げて
首をちょこっと傾ける

これが、まあツボってツボって
なんでここがそんなに好きかというと全然説明できないんだが
(^_^;)
とにかくここが好きなのだ~~~

基本、シリアス顔、切な顔、苦しみの顔が好きで笑顔系は趣味じゃないんだが…

この時の、ちょっと照れたような苦笑いのような感じでふわっと微笑んだ顔を見たら、
ズキュン
ってやられましたああ~~~


そしてもうひとつ、昨日のカテコで萌えた顔があった
なぜか、これもまた微笑み系…

カテコのときは、いつも役から離れてちょっとホッとしたような微笑み耕ちゃんなのだが…
昨日は客席の前方に知り合いの方々がいたようだった!
で、カテコの時にその方々へ向かって一瞬笑顔を向けていたのだ!
その笑顔が「ふひょっ」って感じでカワエエのなんのって
気心の知れたお友達だったのか、すごくリラックスした笑顔だった。
ちょっとあどけないっていうか、少年のような顔になってて…

こんな顔を見ちゃうと、やられますなぁ
なんつう顔をするんだ、コウジヤマモト~~~

もう、ほんとにキュンキュンで
こっちまで幸せな気分になれまひた~\(^o^)/

カテゴリ: おのれナポレオン

tb: 0 |  cm: 4
go page top

おのナポDVD発売決定!

おのナポ、約1週間ぶりに行ってきました

久々のモントロン、ぐほ~


ま、ウザい感想は後にして(笑)
まずは嬉しいお知らせが!

劇場ロビーにこんなチラシがあああ~

『おのれナポレオン』DVD発売決定
のお知らせチラシ

2013-05-01_23-09-55_935-1.jpg

チラシには「2013年秋」とあるだけ…
まだ詳細は書いていない
ただ
「あの興奮と感動が、豪華特典とともにDVDで甦ります」
とあるから、特典映像かブックレットなどがつくのかも…

このチラシの下の部分に住所や氏名を記入してロビーのアンケートBOXに投函すると、DVD発売の案内を郵送してもらえるらしい。


発売は秋かぁ…

収録は、やはり5月9日だろうか!?

ホントに楽しみですなぁ\(^o^)/

カテゴリ: おのれナポレオン

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ジュヴレ・シャンベルタンが飲みたい

きのう日経23plusをゲットしてくれたナポ友は、
ゲットした後、おのナポを久しぶりに観劇したそうだ!
初日あけてすぐ観て以来のモンたんだったとのこと。

で、大興奮していた!

「すっごくイケイケになっていて面白さが倍増していました!
特にモントロンとナポレオンの場面があまりにノリノリで
レモネードシーンはバレリーナのようにターンしてたし…
客席にオオウケで、2人の場面は後半の名物シーンになっているような気がしました!」
と大感激したそうだ

そうかそうか
ますます進化してんのか~

ああ、モンたんが恋しい~~~

今も、ワタシの頭は、心臓破り席で悶絶したままだもんね(笑)



姪の披露宴も終わり、お義母さんもとても喜んで、無事帰郷
そんなこんなでホッと一息

ああ、こんな時は美味しいワインが飲みたい!!

なんでもかんでも
「アンタもカントも」(by ヘド姐さん)

すぐにコウジ関係に影響されるワタシなので(あはは)
今飲むなら
ジュヴレ・シャンベルタン!!

ナポレオンが愛したワインとして有名なワインだが

ワタシにとっては、
「舞台上でモントロンが勧めたワイン
として有名(笑)

あ、アルヴィーヌも勧めているから、正確には
「モントロン夫妻が勧めたワイン」
だな!

とにかく自分の中ではモントロンワインとして位置づけられている
このジュヴレ・シャンベルタン

飲んでみてぇ~~~

楽天を見ると、高いのから、まあまあなんとか買えそうなのまで、いろいろあるなぁ…


モーサリ期間中は赤一辺倒だった!

そしてモントロンが始まったら白ばかり飲んでいる

なぜだかわからんが、自分の中では
モーサリは赤
モントロンは白
なのだ。

なぜなんだろう・・・


ま、赤だ白だと言っても、ワタスが普段飲んでるのはディスカウントショップで買った激安ワインばかりでしゅ
(9歳のモンたん風)

(^_^;)

ワインの知識もないし、美味しさもわからん
安くて飲みやすいってだけで買っているんで…

でも、このジュヴレ・シャンベルタンはざっと見る限りほぼ赤ワインのようだ。

また赤に戻るとするか~

とにかく一度は飲んでみたいなぁ…

カテゴリ: おのれナポレオン

tb: 0 |  cm: 0
go page top

披露宴のスープ

都内某所にて

姪の披露宴なうでごさまする

きれいな花嫁姿に感涙しつつ
こんなスープのメニューにヲタ心がうずいた(^^;

moblog_4ae6e585[1]


パリー(^-^)/

「PARIS~」(by ナポレオン陛下)

ふふふー

カテゴリ: おのれナポレオン

tb: 0 |  cm: 4
go page top

続 懐かしのパリ~♪

前にここでも書いていたが、
久々に古いアルバムを引っ張り出して、
20数年前に行った時のフランスの写真をじっくり見てみた!

アルバムは何冊にも渡り写真の数も膨大、
ほとんど色あせてきている・・・


そんな中、ナポレオン関連の数枚の写真をスキャンしてみた!

色あせてぼやけた写真ばかりだけど、
自分で撮った写真ってのが今や貴重だぁ

昭和62年(1987年)のフランスで撮った写真。(古い~
コウジくんがガブローシュを演じている頃のフランスだぁ…

まずは、ルーブルで撮ったナポレオン戴冠式の絵の写真
戴冠式ルーブル

妻のジョセフィーヌに冠を授けているのがナポレオンボナパルト!
当時は、ただ有名な絵だから撮っただけだったが(^_^;)
今見ると、自分で撮ったナポレオンってのが貴重な気がする(あは)
(トリミングしてレクブログ法度の写真に使用中)


そしてベルサイユ宮殿
ものすごい数の写真を撮ってて、1冊のアルバムがベルサイユだらけ(笑)

正面口
ベルサイユ宮正面


ベルサイユ宮の戦史の回廊
(496年のクローヴィスの時代から、1809年のナポレオンのワグラムの戦いまでが描かれている )
ベルサイユ宮内の戦史回廊


ナポレオンの命令によって作られたという凱旋門
(この門が完成する前にナポレオンは亡くなっている)
凱旋門横



今や、ナポレオンっていうともう野田ナポレオンしか思い浮かばんです!

あまりにも魅力的で

チャーミングでカワイイ
でも、どこか切ない
英雄としてこだわったもの
それは、英雄であるがためにこだわらなければならなかったもの…

恐ろしいほどの孤独

天才がいかに周りを翻弄するか
翻弄された人たちがいかに彼の魅力にハマっていくか

そして天才だけが持つ恐ろしさ

時折見せる天才としての鋭さ
恐ろしいほど切れている!
凡人にはとうてい及ばないような切れ味!

野田ナポレオン陛下、サイコ~~~\(^o^)/



ナポたんには関係ないけど
ワタシにとっての英雄の写真も

たまたま通りかかったパリの街角で撮ったボウイさまのポスター
(ポスターは1987年グラススパイダーツアーのもの)
もう破れかかっていたけど、それがまた退廃的で美しい~
ポスター_edited-1


カテゴリ: おのれナポレオン

tb: 0 |  cm: 0
go page top

心臓破りな席(3)

※この記事もネタバレがけっこうあります



昨日は1週間ぶりのモンたんだった。

メイクの違いにまず「おお!」となった。

昨日の顔は、白汚しがなくなっていて、代わりに両頬とも茶色い汚しメイクになっていた。
白がなくなったからか、顔がよりシャープに見えて
小顔がさらに小さく、輪郭もシャープでカッコよさが倍増していた

そして、衣装
後ろ姿を激近で見てわかったのだが、
モンたんの青い軍服は後ろもかなり汚してあった!

擦れて汚れて着古した感がハンパなかった。
こんなに汚れていたのか~っと驚いたもんね…

陛下の軍服も後ろから見ると、飾りボタンがひとつだけなかったり
かなりヨレヨレだった…



昨夜のレモネードグラス芸は、今まで見た感じよりさらに高度なテクニックを駆使していた!
グラスを手に密着させながらくるりと回すマジシャン シャルル

その名人芸に、客席全体から
「おお~」
という声が上がっていた!!



昨日のモンたんはやはり暇になると前髪をいじっていたのだが
昨日は
「小指をいったんなめてから、その小指で前髪を撫で付ける」
という仕草を繰り返していた

小指をなめるときが、妙にセクスィー(笑)
小指を立ててるってのがすでにウフフっぽいから(
それをなめるからよけいに色っぽい…


あとなんだろ
まだまだいっぱいあったけど…
忘れました~(笑)

心臓破りな席が終わって、あまりにぼけら~っと腑抜けたんで
記憶が飛んでいった

昨日普通の席から観ていたモン友曰く
「舞台が始まって最初にやさぐれモントロンが出てきて、レクさんの目の前あたりで止まった時、ポッカーンとモントロンに見とれるレクさんの顔をハッキリ確認しました!
でもその後は、最初ですでにノックアウト状態だったのか深く座席に沈みこんでいたみたいで、うもれていて様子が見えなかったです」
とな!

あっはははは~
「沈み込んでうもれていた」って、
ワタスはうもれ人か~(笑)




舞台も後半へ突入し、ところどころのすきまがなくなり、濃密でかなりノッテきていて、それぞれの人物が自由に歩き出していた。

みなさん本当に素晴らしいのだが、特にナポレオン陛下があまりにも魅力的でやられっぱなしだぁ~



心臓破りなステージシート席

ロウさまがナポレオン陛下の首を絞めている時
「何をしているんだ~」
と慌てて止めに入るモントロン

その登場の時に、すごい速さでシート席の横を走り抜けて行った!

その走り抜けたときに起こる風を感じたのだった
「風」っていっても、ふーっと吹く風ではなく、
はっきり肌にあたった感じの風でもないのだが…
なんていうか
人が走リ抜ける時に空気が動く感じ
人の動く勢いみたいなもの…
モントロンが起こした生風を肌で感じた瞬間、
心臓がバックバクバクバク、


ああ、本当に心臓破りな、そして幸せな夜だった…

カテゴリ: おのれナポレオン

tb: 0 |  cm: 6
go page top

心臓破りな席(2)

※この記事は、いっぱいネタバレがあります



昨日のステージシート席!
前記事で書いたような“心臓破りな近さ”もさることながら
普通の席からは見ることが出来なかった萌え顔を見ることができる
という“心臓破りな顔”の席でもあった!

つまり、客席に背中を向けているシーンの顔を見ることができたのだ!



ママムーシのモンたん

アルヴィーヌと演じるモリエールのお芝居。
「慣れない台詞をやっとこさ言ってる時のモントロンは
いったいどんな表情なんだろ!?」
っていつも思っていた。
いつも客席に背を向けて言ってるから、その顔を見ることは出来なかったのだが、そこがバッチリ見えた~~
\(^o^)/

見る前は、
「いやいやながら演じているから、
めちゃ嫌そうな顔をしているんだろうなぁ」
と勝手に思っていたのだが・・・

これが、まあ、予想に反して、カワイイのなんのって
なんてカワエエ顔なんだ~~~

ものすごく嫌そうな顔っていうより、不本意ながらも慣れないことをやっとこさやっている感じ
で、いちいち陛下の顔色を伺っているから、ちょっとキョドりが入ってて
その感じが、なんともボクちゃん顔で、幼くてカワエエ~~~

さらに、トルコ風のオレンジ色がかったガウンが白肌に映えて、
よけいにカワイイやら美しいやら

お人形さんみたいだったあああ~


で、もう一箇所

やはり客席に背を向けている時のモンたんの場面。

ナポレオンを見ているその顔があまりにも切なそうな胸キュン顔だったので
いやあああ~~
ふひょ~~~~
っと萌えて萌えて燃えて頭が溶けた顔があったのだが
それがどの場面だったか、全然思い出せない~~~(^_^;)

確かナポレオンを見ている時だったと思うけど…
あ、やっぱ違うかも、誰かの話を聞いている時だったかも…

どこだったか覚えていない~
自分がヤバいほど溶けそうになったことしか記憶にない(あはは~)



ナポレオンを殺そうとする場面も、奥に潜んでいるモントロンがすごくよく見えた!

パニクった顔ながらも、その機会をうかがっている感じ
怯えたような目、うろたえながらも必死な顔

重そうに置物を持って陛下を一撃するところなんか目の前で
ガツン!!!!
って衝撃音がダイレクトに響いてきて、
あまりにビックリして、思わず座りながら飛んだ気がした(あはは~)
何度も見ているから、ここで殴るって知ってるはずなんだが…
ものすごい臨場感だったから、体がびくついてしまったのだった(笑)

あのガツンっていう強打音は、実はモントロンが床を蹴って出しているんだよなぁ…
絶妙のタイミングで、殴った音のように出すのが上手い!!


そして、3度目の襲撃の後の乱れ髪に萌えたああああ~

ここはいつも萌えるんだが…
特に昨日は間近で、荒い息使いも生々しかった

モントロンヘアーのクリクリヘアーな感じが、大きく乱れるとオスカルみたいになる。
ちょっと短めのオスカルヘアーに見えて、なおかつあの軍服姿だから~

あの乱れ髪のままサーベル持たせて
「我らは最後まで戦うのだ、自由と平等と友愛のために
シトワイヤン、ゆこおおおお~」
って姿を妄想した(あはは)



妄想といえば、チェスの場面。

アルヴィーヌの弾く月光に合わせてタクトを振るような仕草をするモンたん

始めは右手だけで、そのうち両手でタクトを振っている…
タクトを振る動作は小さいけど、「タクト&コウジ」とくれば
もうもうもうモーたんを思い浮かべてしまう

胸に手をあてて貴族お辞儀をすれば、
それはさ、さーさーさーサリたんを思い出してしまう


こんな風に、妄想したり萌えたり溶けたり飛んだり(笑)
その度に心臓バクバクで、汗だらだら顔は燃え続け、頭は沸騰、

まさに心臓破りな席だった!

カテゴリ: おのれナポレオン

tb: 0 |  cm: 2
go page top

心臓破りな席(1)

昨日の拙宅の記事を読んだ方で
「なんとなくいつもより気持ちが入っていないな」
と思った方もおられたのでは(いねぇか)

実は昨日、いや前の日から心ここにあらずだった…
何も手につかず
ゴミ出しも忘れ
部屋で独り言ばかりつぶやき

それは

「ついにトミーがアタシのことを」

ついに

昨夜、

モントロンさまを

ウワサのステージシート席で

観たあああ


昨日は、あまりに緊張し過ぎて
「芸劇にたどり着く前になんかやらかすのでは…」
という不安があったが

予想通り(あはは)

家から出たときには…
つっかけを履いたままで
途中で気がついてあわてて戻って靴に履き替え(^_^;)

中央線のホームでは…
来た電車に乗って、それが高尾行きであること発車寸前に気がついて慌てて降りた
高尾へ行ってどうする(愚)
間違えて下りホームで待っていたのだった(^_^;

もう20年以上使っている中央線ホームで、まさかのこのミス

・・・

と、そんなこんなで、いろいろやらかしながらも
なんとか辿り着けた池袋!

で、座ったステージシート席


・・・


・・・・・


・・・


うおおおおお

ぬおおおおお

ぐおおおおお


何度心で叫んだことか!
何度頭が沸いたことか!

いやぁ~
あまりに凄くて

モンたんが目に前に来ると、
それが目の前過ぎて近過ぎて

美しい手の甲の血管まで見えて
その血管にさえ萌えて


台詞の生声はいうに及ばず

裾を払う時の衣擦れのリアル感。
登場する時のカツカツというブーツの足音が
生音でダイレクトに耳に聞こえてくるのだ

もちろん、ステージシートだから、見えるのは後姿が多いし
場面によっては、セットや他の人にスッポリ重なって、モントロンの姿が全然見えない時が何度もあった。

でも、スポットが当たっていない時
暗がりで座っていたり、立っていたりの時、
目の前に来る来る!!!!!

近くにくると、その近さが生々しすぎるほどの近さで
あまりにも目の前にモンたんがいるんで、かえって現実味がなくて
今自分が見ているってことが実感できないほどだった…


後姿が多いってのが、それがまたフォ~~~~\(^o^)/
だって後ろ姿フェチなんで!
「コウジヤマモトの後姿ほど最強なものはない!」
「コウジヤマモトの背中ほど最高のものはない!」
と常々思っているから…

後姿パラダイスなステージシート席は、ワタシにはこの世の楽園じゃ~

世にも美しく完璧なフランス軍服を着た麗人の後姿が、こんな目の前にあるなんて~

ただ立っているときの手も、一見無造作にしているようだが、
しかし、指の先まで貴族さまの手になっているもんね

指の美しさは天下一品

こんなに美しい指先を持つ男が他にいるか~~~


後姿で悶え
指でとろけ

しかも、顔がこっち向きのときは
その目、その口、その鼻、その胸元までくっきりはっきりで
その汗、その息、飛んでるツバまで美しい(あはは)


開演してすぐは、目の前にやさぐれモントロンがキタとたんに、顔が燃えたみたいに熱くなって、汗がダラダラとで出来て顔だけ汗まみれになった・・・
「このまま顔が燃え続けて汗がで続けて、脱水症状になったらどうしよう」
と心臓バクバクした(アホ)

途中で汗が引いてヨカッタぁ(アホ)

でも、顔は最後まで熱いままだったなぁ(笑)

モントロンがこちら側に来るたびに心臓バクバクして体が震えていた。
まさに心臓破りな席だった…

カテゴリ: おのれナポレオン

tb: 0 |  cm: 0
go page top

こんなスリッパを買った!

春用のスリッパを買おうと思い、近くのディスカウントショップへ行った!

行ったら、こんなスリッパがあった~~~

2013-04-23_08-52-51_244-1.jpg


うおっ
なんだ!なんだ!
エッフェル塔に三色旗だとぉ~~~

あまりにもタイムリー

「アタシを喜ばせたい」

ワタシのためのスリッパじゃないか~(違)


ってことで早速購入

足元に春がキマシタ

2013-04-23_08-53-11_895-1.jpg

1足500円だからお財布にも優しかったしぃ~

カテゴリ: おのれナポレオン

tb: 0 |  cm: 0
go page top

華麗なる回転レシーブ

やっぱ、やっちまったか~
いつかはやると思っていたぜ!

って、なんのことやら(あはは)


20日(土)のおのナポのマチネを観たモン友から、爆笑レポがキマシタ

あのレモネード場面
グラスがまるで手に吸い付いているような華麗なテクニックで、グラスを自在に操っているモンたんだが…
あのシーンを観るたびに
「名人でも、いつかはグラスを落とす日が来るのでは」
とワクワク、いや(期待してすまん)、
ドキドキしておりました。

で、ついにやっちまったと(あはは)

そのとき観ていたモン友の爆笑レポをご紹介しまする
(ここからはモン友の20日マチネのレポです)


20日のマチネでおいしいハプニングに遭遇しましたー
ヽ(^。^)ノ

レモネードグラスの場面。
なんか前回見た時よりも低い位置でグラスを回そうとしたみたいでした。
なんていうか、調子に乗って
「いつもと違うことやってやる!」
って雰囲気がアリアリで…(笑)

で、回していたら、うまくグラスが手につかず
グラスを落っことしちゃいました~

あははは~~

そして、落したと同時にすごい早さで転がりながらグラスをすくい上げた
その様子は、まるで柔道の受け身か、
はたまた、
昔のスポコンドラマで見るバレーボールの回転レシーブのようだった!

すごい速さでゴロゴローン!!!と派手に転がりながら
グラスをすくい上げ、華麗に立ち上がりました
\(^o^)/

で、それを見ていたナポレオンが
「見なかったことにするから」
みたいなことを言ったんで
会場が大うけ
モントロンの華麗なる回転レシーブ(笑)と
ナポレオン陛下のアドリブで、
客席は大爆笑、大拍手が起きました!!


あと、もうひとつご報告
モリエールを演じる前にイヤイヤ顔してるシーン。
私が前回見たときは
「必死に覚えたよ!」
って言ってたような気がするんだけど
20日のマチネでは
「必死に覚えたしぃ!」
と、ちょっとギャル風というかより子供っぽくなってて
めちゃ可愛かったですぅ~(#^.^#)




友のレポはここまでです!
友よ、貴重な爆笑レポありがとう\(^o^)/

ああ、見たかった華麗なる回転レシーブを(笑)

柔道の受身か
回転レシーブか
って、
柔道一直線か
サインはVか~
(例えが古い(あはは))

華麗にグラスを落とし
華麗に回転レシーブ
そして
華麗に立ち上がる

ああ、見たかった、華麗なるハプニングを(あはは~)

カテゴリ: おのれナポレオン

tb: 0 |  cm: 2
go page top

ママムーシってなんですかぁ

「ママムーシ」ってなんですかぁ~!?

おのナポを観るたびにそう思っていた…

「ママムーシ」ってのがあまりにおもろい響きなので

「もしかしてミタニンが考え出した言葉で
それをモリエール劇に潜ませているのかも」

と勝手に思って、疑問をそのままにしていた。


意味があるのかないのかわからん暗号のような
答えがあるようで、実は無いような言葉
「赤い洗面器の男」再び~みたいな感じで(あはは)

勝手に思い込んで観ていました~(愚)

だって、「ママムーシ」って、聞いた時に適度に脱力させてくれるような、不思議な響きなんだもんなぁ(笑)


ところが、モン友が、ちゃんとモリエールを読んだ上で教えてくれたのだ!

すごいなぁ~
ワタシなんか
「何だろう!?この不思議な言葉は…」
と思いつつそのままにしていたのに…


劇中でアルヴィーヌとモントロンが見せるモリエール劇は
『町人貴族』
という作品で、その中にちゃんとあるそうだ「ママムーシ」が!!

「貴族になりたがる主人公が娘の結婚相手まで貴族のバカ息子にと押し付けようとするので、皆で主人公をだます。
嘘のトルコの王様から主人公へ授けられるのが「ママムーシ」というトルコの騎士の称号。
モントロンが演じている場面は、主人公が騙されているとも知らずにトルコの騎士になりきっていて、その姿を見て驚いている主人公の妻の場面」
とモン友が教えてくれた!

おお!そうか!そうか!そうだったのかぁ~

「ママムーシ」ってトルコの騎士のことだったのか

それでモンたんはああいうガウンのような衣装を着ていたのか!
そういわれてみると、あれはトルコ風な衣装だわん

今やっと気がついた(遅)

「ママムーシ」って本当にあった言葉だったのか~


モントロンはトルコ風な衣装も似合うのよね~
あそこは、本当はもっと笑いたいんだけど…
あのガウンを羽織った姿が美しくて
見とれてしまって、笑いそびれる(あはは)

で、ガウンを脱ぐと、青い軍服姿に戻るのだが
これがまた「うお~」っとなる

ずっと軍服姿でいるのもモチロン萌えるのだが

ああいう風にいったん長いガウンを羽織っていて
それを脱ぐとシュッとした軍服姿になるってのが、たまらんなぁ(鼻血)

今まで観ていた軍服姿が、さらにさらにさらにカッコイイものに思えるんだもんね(ヨダレ)

でへへへへへへ(何)



モリエールを読んだ友が、おのナポに出てくるもうひとつのモリエール作品についても教えてくれた!

それは劇中でアルヴィーヌがナポレオンに読んで聞かせている
『病は気から』

※ここからネタバレありなので隠します





-- read more

カテゴリ: おのれナポレオン

tb: 0 |  cm: 4
go page top

背筋萌え

50歳のやさぐれジゴロなモントロンと
セントヘレナの軍服モントロン

そんなに声を変えているわけでもないし
しゃべり方のテンポも変えていない

(モチロン髪型や衣装は違うし、表情の作り方も微妙に違うが)

この違いをどこで見せているか!?
どう演じ分けているのか!?



ワタシは背中だと思うのだ。
姿勢というか、背筋の張り方…


やさぐれモントロンはやや猫背な感じ

ちょっと前のめりになった背中
その背筋は、ピンと張っているというより
ちょいと緩んで若干丸まっている…

この感じは歳っぽい(~o~)
で、この時の上着が禁断の副長丈で
(サリエリ丈ともいう)
しかも色がダークカラーだから
ああ、もう、洋装副長っぽい~
あの丈は罪だから~
ああいう丈の上着は罪すぎるうううう


それに対して
セントヘレナの軍服モントロン
いつも背筋がピンと張っていてどんな時も崩さない

ベッドに腰掛けていても
セットの隅で立っていても
背筋はピンと張っている

その姿勢のよさ、フォルムが本当に美しい

どんなに落ちぶれていても
なげやりでチャランポランになっていても
背筋はいつもピ~ンと綺麗に張っていて
その背中に貴族としてのハイソ感が漂う

お育ちの良さを感じる背中…

軍服モントロンは、ポケットに手を入れてグレた態度をしていても
背筋の張り具合が綺麗なのだ~

だから、青い軍服がものすごく映える映える!!



ジゴロのやさぐれモントロンは、
ポケットに手をいれてたたずんでいる時、やや猫背・・・

そのやや猫背気味の背筋がたまらん
そんな背中にやさぐれた男の色気を感じて、萌える燃える

モントロンの背筋の張り方や佇まいには、あからさまな違いではなく、微妙な違いでの演じ分けがあるように思える…
(あくまでも今日観た時のワタシの印象ですが…)

やさぐれた背中
ザ・貴族な背中

微妙に違う背中


どっちもエエですなぁ~~

どっちも萌えますなぁ~

カテゴリ: おのれナポレオン

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ああモントロン!!

今日、行ってキタ、おのナポ

約1週間ぶりのモントロンさま、ふぉ~~~~~~
きゃあきゃあきゃあ

所詮、ワタシにはまともな舞台感想など書けないのだ(^_^;)

ただただ萌えるのみ
ただただ叫ぶのみ
ただただ悶えるのみ

もう、無駄な抵抗はやめよ~~~

♪鏡の中から聞こえる~自分を笑う声~♪


ってことで、いつもの萌え燃え記事です(笑)
※ネタバレもありです


今日は古田新太さんと向井理さんが来ていました!


で、久方ぶりに見たおのナポ

けっこうアドリブもありで

例えば、
マッサージ&月光場面では
モントロンがアルヴィーヌに向かって
「ずいぶん距離あるな~」
とつぶやいたり

レモネード場面では
グラスを振り回すモントロンに向かって
「もうそれってこぼれてるんじゃないの~」
と陛下がおっさっていたり

アルヴィーヌのあばずれ場面が、
あまりにもあばずれ過ぎて笑いが起きていたり(笑)

そういやあ、モンたん、17歳のときに
なんとかんとか総督とか名前がうまくいえなくてグダグダになってて(笑)
「もう1回!!
って、始めから言い直していた(あはは~)

みなさん、イイカンジでこなれてきた感アリ
役が自由自在に動き始めたようだった!




モントロン

ああ、モントロン

ああああああああモントロン

何度観ても、カコエエ~~~
美しい~~~~

きみ、フランス人だろ
実はフランス人だろ、しかも貴族の!
ぜってぇ、フランス人だろ!

似合い過ぎる、あまりにも

フランス軍服が普段着より似合う日本人って(あはは)

立ってよし!
座ってよし!
だらけてよし!
ねそべってもよし!
正面もよし!
斜めもよし!
後ろ姿もよし!
振り返ったらもっとよし!
ライトが当たってもよし!
当たらずに暗がりにいる時もよし!

どんなポーズでも絵になりすぎるほど絵になる

「日本一フランス軍服が似合う男」


ヨダレ出るうううう~
鼻血も出るううううう~




今日は、前に見た時とメイクが若干違っていたようだった!

前は、顔を白く塗った部分が両頬にあったんで、
笑うとけっこう顔がぷっくら見えたりしたんだが…

今日は、白は左頬だけで、右の頬は茶色い汚れになっていたから
顔がシャープに見えたもんね

で、鼻の頭だけちょこっと白く塗ってあるから、
カワエエやらカコエエやら!!

みなさんで陛下を迎える時なんて、モントロンのあの横顔の鼻のつんとした高さがたまらんわい~



萌えポイントはあまたあるが
今日はチェス場面で萌えた萌えた

特に、「ワーテルロー」という言葉が出てからのあの険しい顔
戦闘モードな怒り顔だから、琴線に触れる触れる

あそこはずっと怒りモードで、戦いを挑む時の顔なんだよなぁ…

ああ、溶ける…




そして、陛下から脱出計画の手紙の話を聞いているときのモントロン

陛下に向かって微笑みながらも
横を向いたとたんに消える微笑
そして微笑みのかわりに見せるゾッとするような冷たい顔

ああ、たまらん…


モンたんって、暇な時はいっつも髪の毛をいじっておるな(あはは)

クルクルと前髪を指にからめたり
それをさらに引っ張って延ばしたり(笑)
襟足を撫でたり

今日なんか、下あごを突き出して前髪を「ふ~っ」て噴いていたもんね
ふーって息をかけて、ふわっと浮く前髪が妙に笑えた!


そんなこんなで
今日も安定の萌えだらけだった(うほほほほ~)


カテゴリ: おのれナポレオン

tb: 0 |  cm: 2
go page top