04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

我が家のお雛様

今日は楽しいひな祭り~♪

我が家のお雛様を今年も飾ってまする。

2017ひな飾り


このお雛様はワタスが生まれたときに両親が買ってくれたものだ。
七段飾りだったが、その中のお雛様とお内裏様だけを送ってもらい、
毎年で飾っているのだが・・・

なんせ25年も経ってて(あはは~サバ読み過ぎだろ(笑))

もとい!半世紀以上経っているので、ぼんぼりもコワレ、花代の花もコワレ
ほとんどの小道具がこわれてしまって、さらにお内裏様の持ち物もなくしてしまって・・・

ホントは娘が生まれた時に母が
「新しく買ってあげるよ」
と言ってくれたのだが、断ったのだ。

なんつうか、このお雛様の顔だちがすごく気に入っているのだ。
今はこんな感じの顔ではなく、もっとはっきりくっきりした目だったりする。
ワタシはこの楚々としたお顔立ちが好きなのだ~

だから新しく買わずに、今に至っている。


お内裏様がサフってますな(笑)
2017 お内裏さま

この記事に書いてるように、2012年以来、うちのお内裏様は「粛正」持ってます(あはは)

持ち物をなくしちゃったから、これしかないのよ(笑)


このお雛様のお顔立ちが好き~
2017 お雛様



粛正を見てあのころを思い出した。
ああ・・・2012年の桃の花の季節には、
頼長様登場でテンション上がっていたんだったなぁ

あれから4年が経って、大河再びじゃ\(~o~)/

三成さま登場は満開の桜が散り始める頃だろうか

スポンサーサイト

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top

コウジにムフムフ

さっき観た、『日本くぎづけ大学』

そんなにしゃべらなかったが、けっこうツボった(笑)

まあ、とにかく、いっつもいつも書いてしまうが

座高が低すぎるううう、立つとデカいぃぃ

んで

赤い靴履いてるううう

なんか萌えた、赤い靴に(なぜに)
座っている時は
「エエとこのボンボンみたいな服装やな」
と思って見ていたが、立って全身が映った時
赤い靴が目に入って、なんか萌えた(笑)

赤い靴を履いたコウジ

これが妙にムフムフしてしまったのだ
特に理由はないが・・・(あはは)


発言一発目に、「今は情報量が多すぎる云々」のくだり

ええこと言うた!!と思いつつも
ハタファリガルのことを語ってるのが、ムフムフだった(ふふふ)

いまだに印象に残っているんだろうなぁ・・・
新宿生まれの新宿育ちにとってのあのオレアイ島での体験の衝撃が。
ウルルントークショー(2010年2月)で
「天使のような人々」
と言っていたもんね~

「愛は携帯で伝えますか」
とか
「独りで闘っていける時間って
限られていると思うんですよ。
だからたぶんJr.さんも僕も
結婚したんだと思います」
とか

いろいろロマンチぶりを発揮してたコウジヤマモトにもムフムフしたのだが・・・

もっともムフムフしたのは、
やはりサフさまとイエモリたんのツーショットだわん

なんか、このお2人が接近していると
ひゃっは~~~
って気分になってしまい
そのさらに後ムフムフしてしまうのだ(笑)

ダメだ~
いくら現代にいても、あの二人が一緒にいると、
見いるこっちが妙に恥じらってしまい
ムフムフムフフフってなってしまう

ウレシイやらムフるやら(笑)

エエもん見させてもらいました\(~o~)/

サフ様とイエモリたんが
横に並んでいたり
縦並びになっていたり

ムフるわん

さらに「コウジさん」って呼んでて、ムフフだった(笑)



観終わってイチバン思ったのが
「ああ、コウジ舞台が恋しい~」
ってことだった。

だって、ゲストのみなさんが舞台について語ってるんだもん!

緊張するしないってことで耕史くん自身もちらっと語っていたけど
他のみなさんは舞台公演中だったり、お稽古中だったりしていて
なんかうらやましかったっすよ・・・

ああ・・・

ムフムフしたり、うらやましかったり

そんなこんなで、今年もあと一日でござるな(笑)

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top

サフに願いを

今日から7月!!

テンプレを七夕仕様にしてみまひた


嵐が丘方面のヨスガやら
ダメ元で応募した赤坂方面やら
仕事のことやら

お星さまにお願いをすることばっかし

このブログもぼやきばっかし(笑)

短冊が何枚あっても足らんな^^;


パンクな七夕にしようかとも考えたが
こういうときは和風がエエですのう

なんとなく和の方が気持ちが落ち着く・・・


このテンプレは頼長様の時のもの
懐かしの左府さま~~~

このテンプレだと、
「星に願いを」
っていうより
「左府様に願いを」
って感じに見えるな(笑)


そういえば、先日、職場の筆耕さんに山本頼長の写真を見せたら
「まあ、なんて美しい・・」
と、ため息混じりで見入っておられました。

ふふふ

なんせ、この麿呂は日本一の麿呂ですねん

ああ、エロくて美しいなぁ~

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top

七夕に寄せて

今日から7月ですなぁ・・・

今日から10日間は、さらにチョーど級の忙しさが来る


この忙しさを乗り切るまでは、
ほんのちょろい記事しか書けないんで


せめて・・・

テンプレだけでも七夕気分にしようかと・・・
懐かしの頼長様用テンプレを七夕風にアレンジしてみました!


7月といえば、頼長さまのお亡くなりになった月。
去年の今頃の自分の記事を読むと、
サフロスを患いつつもテンゼンさまに萌えていた(あはは~)


今年の7月はモーサリ一色のままで、
「ひたすら地獄」に堕ちたまま迎える七夕になりそう

ひたすら地獄“危険なひたすら感”(笑)に「わたしも」と共感のコメントをいただいていて感謝ですうう!
コメントのお返事は休みの日にさせていただきますが、ひたすら地獄の仲間がいてマジうれし~
\(^o^)/


七夕の短冊にはやはり
「あれをああしてほしい」
そして
「それをああしてほしい」
と書くだろう(何)


懐かしいテンプレを見ているとしみじみ思う、
日本一の麿であったなぁ
・・・と。

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top

勝手に思い込みソング

昨夜、夫がHDDの録画を整理し始めていて、だいぶ前に録ったユーミンライブを観ていた。
その中で流れた『Hello, my friend』

いい曲ですなぁ…
この曲はワタシも発売当初からずっと好きな曲だ。
カラオケでもよく歌う1曲!

・・・


・・・・・


だけど

・・・・

・・・

去年からは、

・・・

単に「好きな曲」ってだけじゃなくなった…

この曲を聴くと思い出してしまうのようになったのだ、
頼長さまを(え)

なぜにユーミンで頼たま!?


実は

その曲とは全然関係なくて、
歌われているシチュエーションもテーマも違うのに、
歌詞がガシっと琴線に触れてしまって、
自分の中で勝手に、半ばこじつけのように
耕史くんが演じた人物にダブらせてしまう曲がいくつかあるのだ!

それは、いったんダブらせてしまうと、
その後からは
「もうその人物の曲にしか聴こえない~」
というもので
勝手に思い込みソング”と勝手に名づけている(あはは)

この『Hello, my friend』も、そんな“勝手に思い込みソング”のひとつ。

去年の頼長さまの最期を観てからは、
この曲の歌詞があまりにハマってしまって…

いや、正確には、頼長さまの歌というより、
「頼長を思う信西の歌」!と言った方がいい!

特にサビの歌詞がたまらんのです

♪悲しくて 悲しくて 君の名を呼んでも
めぐり来ぬ あの夏の日 君を失くしてから♪

ここなんて、「あの夏の日」ってのがもう…
頼長さまが奈良で亡くなったのが夏だからピッタリで!


♪淋しくて淋しくてキミのこと想うよ
もう二度と会えなくても友だちと呼ばせて~♪

ううう
歌詞の中に「友だちと呼ばせて」とか「友だちでいさせて」って何度も出てくるんで、これがまさに信西の気持ちのような気がして…
信西が焼け落ちた左府さまのお屋敷の中で日記を見つける場面が浮かんできて、泣ける~~~~

ホントは友が亡くなったんじゃなくて失った曲なんだが(^_^;)
でも、
勝手に信西の気持ちをダブらせて
「キミ」は頼たまのことだと思いこんじゃってて
勝手に泣いてます(あはは)





拙者の“勝手に思い込みソング”はまだ何曲かあるのだが、
その最たるものはORANGE RANGEの『花』だろうなぁ…

これはワタシの中では、勝手に
組!!の副長の歌
となっている。

だって歌詞のほとんどがあてはまっちゃうんだもんなぁ


出だしの

♪花びらのように散りゆく中で♪

って歌詞がもうすでに「最期の一日」にハマっている…



♪愛し合ってケンカして
いろんな壁2人で乗り越えて♪

ってのが、まさに、もう、かっちゃんとトシ~~(ToT)

♪いずれすべてがなくなるのなら
二人の出逢いにもっと感謝しよう♪

とか

♪信じることで乗り切れること♪

♪君が残したモノは今も胸に
ほら輝きを失わず♪

とか

あああ、もう(ToT)


さらに

♪花びらのように散ってゆく事
この世界で全て受け入れてゆこう
君が僕に残したモノ
今という現実の宝物
だから僕は精一杯生きて花になろう♪

なんてあまりにまんま過ぎて、もう(ToT)
副長が局長のダンダラのハチマキを締めるシーンが浮かんできてしまう
「精一杯生きて」
が、
「精一杯戦って」に思えて…

カラオケで必ず歌う1曲であり、
しかも最後は涙目になりながら歌う曲!

勝手に思い込んで勝手にその世界にダブらせてます(あはは(^_^;))



こんな風に映像の人物については何曲かの“勝手に思い込みソング”があるが、舞台のキャラに関してはあまりない。
耕史くんの舞台はミュージカルがほとんどだし、ドリアンはストプレだったけどオリジナル曲がインパクトあって音楽劇のようだったんで、舞台の人物については、その舞台の曲しか浮かばなかったんだが…

でも

今回のモントロン!
やさぐれ場面を見たときある1曲が浮かんだ!

やさぐれモントロンを見て浮かんで、勝手に思い込んだのが
『ピガールの娘たち』というシャンソン
(原題はP'tites Femmes de Pigalle)
セルジュラマの曲。



妻を寝取られた男の歌なんだけど、
まあこれが陽気で危なくてエロくて!

ピガールって歓楽街だから、ピガールの娘たちってそういうオナゴたちなんだが。
妻を寝取られたのに、
「んなこたどうだっていいや~」
って(笑)
やたらルンルンしながら、いそいそとピガールへ出かけていく
「寝取られ亭主だけど僕はご機嫌だ~」
って自嘲気味だけど脳天気な男の歌(笑)

この曲がやさぐれモントロンにハマってハマって!
勝手にやさぐれモンたんのテーマソングにしています

って、

この曲を知っている人ほとんどいないだろうなぁ
(^_^;)

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 4
go page top

頼長さまオールアップ映像

今日は東大のホールで『清盛ファイナルパーティー』というイベントがあり、各キャストのみなさんのオールアップ映像が流れたそうでつ!

ワタシは多摩で、副長の兼定をいつも研いでおられる刀剣師の方のお話を聞くという企画に参加していて、清盛イベントに行けなかったのですが、頼友が参加して、頼長さまのオールアップ映像レポを送ってくれたので、そのままアップしまする!
友よ、ありがとう



『頼長さまオールアップ』ミニレポ

清盛ファイナルパーティーへ行ってきました!

180席用意されていたけど、それを大幅に上回る参加者で、300~400人はいたと思います。
大盛況でした!

頼長さまオールアップは、最後の回想場面で、
訓戒を息子たちに与えるシーン
だから、血まみれじゃなくて、美しい麿姿でした

花束を持って現れたのが、信西さん!
信西を見て「わぁ~い」って顔がほころんだ頼長さま。
信西さんの姿が映っただけで、会場大ウケ(笑)

信西さんから花束をもらい、がっちり握手を交わす2人
ほっとしたような嬉しそうな表情の頼長コウジさま!

「えっと明日から男が抱けないと思うと(残念…)」

会場大爆笑
スタッフにも大ウケしていたみたい(笑)

そして

「どうもお疲れ様でした」

と言ったあとで

「っていう感じで(コメント収録を)これ、また頭っから3回くらいやるの!?」

とスタッフに聞いていて、爆笑
スタッフが乗ってきて
「じゃあ後ろのショットから」
みたいに言ってまたウケテいました!


・・・・・と、こんな感じのオールアップでした。

コメントが面白すぎて、もう、もう
大ウケしました~



そして、もうひとつ、

父上忠実さまのオールアップ映像では、
花束を持って現れたのが息子の頼長コウジさまでした!

頼長さまの姿は、例のあの最期の姿だったので、
烏帽子も折れて、首の下の服が血で染まっているように見えました。

「息子から、お疲れ様でした」

と頼長コウジ。

ヨレヨレな姿で死にそうなメイクなのにニコニコ笑顔の頼長さまが映ったので、会場またまた大ウケで爆笑!

頼長さまは両手で父上の手をぎゅって握り締めていて、
息子から花束を渡され、嬉しそうな父上でした~
たぶん、最後の号泣シーンを撮った直後だと思うのですが、父上はすっごくおちゃめな表情でした
おどけた顔で何かおっしゃっていたのですが、聞き取れなかったです
(残念)

以上、頼長さま映像レポでした。




友よ、貴重なレポありがとう

ああ、よみがえる、愛しの頼たま~~~

しかし、なんて素晴らしいコメントなんだろう
「明日から男が抱けないと思うと」
なんて・・・

うけ過ぎて笑い過ぎて腹いてぇ~~~

さすが悪左府さまじゃ~~~(笑)

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 2
go page top

サフ熱

昨日から熱が出た~

どうも頭が痛くて
体の節々が痛くて
顔が熱いような気がして

でも、なんかテンションが高くて元気だったんで、
まさか熱があるとは気がつかなかった(アホ)

体温計で計ってびっくりしたぁ~(ドアホ)


風邪かぁ!?
ま、風邪でしょうな


でも

でも


もしかして

頼たまイッキ見のせいじゃなかろうか…

サフ毒にやられてしまったのかも、マジで!

イッキ見の翌日から頭痛が始まり、節々が痛くなり
フラフラし出したんだもんね~

ホントはこんな記事書いてる場合じゃないんだが
熱があるわりには、なんか元気でテンションが高い!!

やっぱ、これはただの風邪にあらず!!

左府さまに魂を吸い取られたがゆえの発熱なんじゃないか~
と本気で思えてきたぞ

うーっ

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top

イッキ見ヨリナガ

いまだ演劇ブックは、モントロンさまの写真を眺めてばかりで
記事が読めない~(え)
なんか王子さま過ぎて、宝塚のブロマイドのようなんだもん

そして

届いた薄桜記BOXのメイキング映像やインタビューを見て感動し
気持ちがいっきに江戸の元禄へ飛び

さらに連日のモーツァルトお稽古情報に心躍らせ
CDやらDVDで気分はすっかりおフランスになり

頭ン中がフランスやらコスプレやら元禄やらなんやらで収拾つかん

どれも萌えレベルが高すぎて、気が抜けないものばっかしなんだもんね~
新年になって頭が沸騰しっぱなしぃ~

・・・とそんな激しい嵐の中さらに嵐を呼んでしまった
それも超ど級な大嵐を・・・

頼長さまをイッキ見してしまったのだ~
なんでこんな時に(^_^;)

作った頼長セレクションを2階の古いデッキでも観られるようにDVDにも落とそうと思い、ダビしたのだ!
ブルーレイにダビするのは高速でできるのだが、DVDにダビするときは録画時間まるまるかかる。

(ざっくりした編集のセレクションは正味1時間半くらい)

画面を観ながらダビしたから、がっつり観た~~~~

いっきに観た~~~

いや、頼長様の場合「観た」というより「見た」がふさわしい

テンゼンは「見る」というより「観る」なんだが
頼たまは「観る」というより「見る」なのだ
ドラマとしてよりも、もう、左府さまだけをガン見だから…

見るというより「見つめる」って感じで、観察に近いかも
まさに凝視ですな!
目を凝らして、じっと、まじまじと、 穴が空く程に見る…

そして見ながら震えて悶える



ご登場からご退場まで一気に見た~~~

頼たまイッキ見

それも、ダビ中に見てさらにディスク確認のため見て

イッキ見を連続2回やった
イッキ見をいっきに2回(ややこしい(^_^;))

いやぁ、やるもんじゃないですな、こんなことを
頼たまをイッキ見するなんて無謀だった…

だって

あまりに溺れ過ぎたから…
神経の磨り減り具合がハンパないよ~~~
魂吸い取られて、ぐったり


危険すぎた、このイッキ見は

日本一妖しく美しく、そして切ない麿

ううううおおお
狂おしいよ~
これはもはや毒だわん

「山本頼長は別儀にござる!!」(by 安兵衛風)

この美しき麿に惹かれる気持ちは、他にないような危険な香りでいっぱい!
萌え~とか好き~とか感動!とか、そういった感情をはるかに越えた溺れっぷり

すでに頭が混乱でいっぱいいっぱいなのに
そこへさらに頼長さまを投入しちゃって、
もうわけわからなくなってきた

元禄やらフランスやらパンクやら雪やら桜やらセントヘレナやら
そこにまた平安が入ってきて大混乱



拙者の頭の中は今、カオスでござる…

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 4
go page top

頼長さまぁ~

今日発売のステラに頼たまのお写真があああ~

「あなたの好きなキャラクター(前編)」~源氏方・朝廷

写真が3枚
しかも義朝さんの次に大きい扱いだあ

2012-12-12_17-06-14_759-1.jpg
(ピンクで囲ったところ)

半ページより大きいもんね\(^o^)/

なぜ買ったかというと
家盛きゅんに言い寄る写真が、
なんと、なんと、ここへきて新しい写真!?

今までに見たことがない角度と表情~~
お口元がチュー見たいな感じでエロいぃぃぃぃ

この扱い
いかに左府さまが人気だったかがわかる!!!!!

そして左府さまのページをめくると
鳥羽りんやら信西やらストッキーやら為朝きゅんやら

大好きだったキャラがいっぱいだった~

コメント採用の方に抽選で送られるというポストカードセットの見本写真も
義朝と頼長さまの2人だった!!
33枚セットのポストカードの中からチョイスされた2枚!!
その1枚が頼りんだわあああ~ん\(^o^)/

左府さま人気、恐るべし…

やっぱ今年のナンバー1キャラは頼長さまだわん

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 2
go page top

山本頼長はこの世の宝じゃ

いよいよ明日からお歳暮のバイトが始まる!

「短期集中ロック講座」

ならぬ

短期集中バイトでござる!


拙宅を読み続けてくださっている方々なら

「あ~また始まるのね~」

と思ってくださるかと(あっははh~)

で、春からずっと録画しっぱなしの番組を
昨日・今日の2日がかりで編集し、ディスクに落とした…
バイトが始まると、時間の余裕が全くなくなるので、
このままの状態で年越しになったらヤバいんもんね(^_^;)


いろんなコウジ番組を編集したが、やっぱ頼たまは最高じゃのう~

頼長セレクションを作って
「大河ドラマ 藤原頼長」
というディスクが完成!!

久々に「宋銭と内大臣」から「勝利の代償」までの頼長シーンをいっきに観た!!

ああ、やっぱ頼長さまはすげ~や
観ていると、溺れてしまう…

あの気品
あの美しさ
あの悪さ
あのエロさ
あの儚さ

比類なき麿じゃあああ~~~

この世の宝じゃ~~~~


ああ、
もう、
頭が溶ける~~~

左府さまが好き過ぎて死ぬ~~~

すっかり戻ってしまった、サフロスが!!!!

頼たまが恋しいよ~~~(ToT)


先日、久々に清盛を観たら、なんと左府さまの息子の名前が出た~

流罪になる人たちの一覧表に「藤原師長」と書いてあったのだ!!

2012-11-13_18-31-38_252-1.jpg



この名前を観た瞬間に、左府さまのラストシーンを思い出した!!
「我が子師長」
息子たちに訓戒を述べる左府さまの姿が蘇ってきて、泣けた…

ホントにホントに山本頼長は素晴らしかったなぁ~
この世の中でイチバン美しい麿だった…

日本一麿が似合う

まさにそのとおりだった。
美しさと気品溢れる藤原摂関家の麿だった。

今さらながらにそのことを実感した!

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top

頼長鸚鵡三昧!

拙宅のこちらで書いた頼たまの鸚鵡

先日見てキマシタ~~(^O^)/

銀座一丁目にある広島ブランドショップTAUの3階

あああ

もう

見ただけで涙が出た(ToT)

無造作に置かれていてあまりにリアル
頼長さまの写真が添えられていた

(写真はクリックすると大きく鮮明になりまする)


頼長さまと寄り添うような鸚鵡

鸚鵡たん4




鸚鵡たんのバックショット

鸚鵡たん1



頼長さまと一緒に眠っているような鸚鵡たん

鸚鵡たん3


鸚鵡たん2


本当にリアルな鸚鵡
この鸚鵡たんを父上がそっと手にして号泣したかと思うと、それだけで泣けてきた…

「ちちうえ…」

「我が子よ~」

頼長さまの最期が蘇ってきて、つらい…

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top

頼長さまの鸚鵡

銀座一丁目にある広島ブランドショップTAUでは
9月16日~28日まで『平清盛展』が開催中じゃ~

それで、その常設展示の中に

なんと

なんと

左府さまの鸚鵡が飾られているとな!!

誰もが号泣した「ちちうえ…」の場面で使われた鸚鵡たんが見られるのだああ~


見たいよ~~~
すぐに見たいよ~~~
でも
拙者、来週にならないと見に行けない

かわりに行った頼友からその鸚鵡たんの写メが届きました~~

鸚鵡は写真はオッケーだそうで、
さらに、主催者の大河ドラマ「平清盛」広島県推進協議会にお問い合わせをしたところ
「お問い合わせのありました、藤原頼長様の鸚鵡についてですが,
写真をブログへのアップしていただいても結構です」
とのお返事をいただいたので頼友の写メをアップしまする!

チ、チ…ウエ2

うおおおお(ToT)

頼友の話だと
「3階の盛絵展示スペースの奥の壁際にあるガラスケースの中にいたよ」
とのこと。
友よ、ありがとうm(__)m

9月28日までなのでぜひぜひそれまでに拙者もこの目で見たいいいい
写真も撮りたいぃぃぃ~~~

なお、有楽町線銀座一丁目駅から東池袋駅までは所要時間は19分くらい。
つまり、左府さまの鸚鵡からジョナサンまで有楽町線一本で19分で行けまする

あうるすぽっとへ行かれる方は、その前に鸚鵡たんに会ってから向かっても行きやすいかと…

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top

上皇さまカッケエエ~

大河であまりに素晴らしい崇徳上皇さまを観て以来、
アラタさんに興味が湧き
別の作品を観てみたいと思っていた矢先に
BSプレミアでこんなドラマの再放送が始まった

『チェイス~国税査察官』

で、第1回を観てみたら

いやぁぁぁ~~
実に面白い!!

こんな面白いドラマを2010年にやっていたとは(^_^;)


龍馬が主役で、おりょうさん、ヒュースケン妻も出ていて
なにげに組!度が高い!

それに家成さまも出ていて上皇さまとのシーンがいっぱいあってツボった!

さらに黒猫ルーシーの占い学校の先生やら
アンフェアSPでコウジに復讐する犯人も出ていて
コウジ度も高かった!



とにかく

上皇さまが趣味過ぎて、萌えたあああ~

天才脱税コンサルタント役なんだが、ものすごくお耽美キャラ
しかも何か重い過去を背負ってる風な暗さもあり
悪魔的なんだが哀しさがある…

アラタさん、ホントにエエですなぁ
美しいぃぃぃ…



毎週水曜日の楽しみができて嬉しいなぁ\(^o^)/

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 7
go page top

こんな団扇をもらった!

頼友から
「扇ぎながら頼たまを思い出すよ~
名づけてサフロス団扇」
ってことで(笑)こんな団扇をもらった!

2012-08-22_07-16-07_52-1.jpg

典膳にハマっていてもサフロスはずっとずっと続いている…

あまりにも素晴らしすぎた、あの美しき麿
もっともっといっぱい見たかったなぁ

だってもったいないもん
あんなすごい麿があれだけの出番しかないなんて…

メインで見てみたいでおじゃる

扇ぐたびにサフロスのレベルが上がる団扇じゃ(あはは~(ToT))

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top

上皇さま、兄上さま、そして頼長さま…

明日が初日ってことで、今日はたぶんウサニのゲネプロ!?
フジの夕方のニュースや明日のめざましなど張っておいた方がええんでっしゃろな
動くスネーク大王がちょこっとでも映るかもわからんし…

そして明日は簿曜日!!
明日は薄曜日!!

嬉しいから二度言いました(笑)

ああもうマジでテンゼンが楽しみで楽しみでハイホー
世間はオリンピック一色だが、拙者はほぼテンゼン一色(あはは)




だが


しかし

そんな中で昨日からサフロスが再び重度になってしまったぁぁぁ

なぜか…

それは第30回を観てしまったから
そして、その後、禁断の頼長最終話をも観てしまったから

30話のタイトルクレジット
頼たまのクレポジションに上皇さまのお名前があああ~
2012-08-02_10-00-47_82-1.jpg

ここですでに泣けたのに
さらに上皇さまの次に出たのが兄上さまあああ~
2012-08-02_10-01-02_97-1.jpg


本編に入る前にすでに泣きモード
アバンでも保元の乱映像が出たし…


上皇さま
本当においたわしかった(>_<)

血の涙を流すお姿もあまりにも痛ましく哀しく
ひとときの心の安らぎもつかの間

魔物のような形相になられてからも見ていて痛ましかった…
上皇様の呪いの恐ろしさよりも、上皇様の苦しみが伝わってきて…

でも、最期にはお美しいお顔になられて、その美しさは崇高ですらあった。
心安らかに旅立たれたのだろうか

ただ、上皇さまの気迫の怨念シーンと冒険活劇風な船のシーンがイマイチかみあってなかった気がするんだよなぁ~
船のシーンがなんか劇画タッチなのが…どうも…
生きながら怨霊となる凄まじさ、それは恐怖というより痛ましくも哀れ
船の冒険活劇タッチと全然質感がちゃうもん
あと、上皇様が亡くなられる時にあの歌はなぁ~
頼長様の時のように哀切を帯びたアレンジのメロディだけにした方がよかったのでは…
上皇さまにあの歌が全然そぐわなかった
あのお美しい最期のお顔に歌は要らん!

などなどブツブツ言ってしまう
井浦さんの上皇さまがあまりに素晴らしいんでつい(^_^;)

でも、

井浦新さんの上皇さまは本当に素晴らしかった
この方の醸し出す高貴さは、天皇家の方々の高貴さだった。
儚げな美しさ、痛ましさ、執着心、プライド、哀しさ
この役を本当に大切に大切に演じられているのが伝わってきた。

(頼長さまもそうだが)
決して十分な描かれ方ではないと思うのだが、
そんな中ででも役者の力でその人物を際立たせてくれた!

保元の乱へ向かう時の、頼長さまと上皇さまの絡みがもっともっとあってほしかったなぁ
素晴らしいキャスティングだったので、
それが「かえすがえすも惜しまれる」(by 左府さま)


そして、兄上さまもご退場していかれた(ToT)

摂関家トリオ最後のおひとりだった兄上さま
高貴な麿として最後まで気品があった
藤原摂関家は他の公家とは違うのだ~という気品!
やはり佇まいや着こなしが全然違う!!

兄上さまの最後の台詞を聞いて泣いた(ToT)

「さんざん蔑んできた武士に頭を下げ、
一族のおのこを婿になどと頭を下げる私を
父と弟はやはり許さぬかもしれぬが…
こうして藤原摂関家を守ることが私の誇りじゃ」


「父と弟は、やはり許さぬかもしれぬが…」

うううううう

「父と弟」

うおおおおあああ~~~~


頼長さまが初登場の回が頭に浮かんできた
「頼長」
「父上」
「頼長」
「兄上」

お三方勢ぞろいの摂関家シーンを思い出してしまった!

頼長さまぁぁぁ~~~~~


で、この気持ちの流れでつい観てしまったのだ
あの頼長さまの最終回を~~~

ああ久しぶりに見たら
やっぱ泣けて泣けて泣けたよお~~~

サフさま、やっぱ日本一の麿じゃぁ~~~
もっともっと観たかった(>_<)

サフロスの波が押し寄せてきてしまい
昨日は腑抜けのようになってしまったのだった(あ~あ)

カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top